カテゴリー「大和悠河- 100年のI love you 」の17件の記事

2011/10/12

必ず明日は来る。

悠河さんが宝塚を退団して6作目の舞台となった「100年のI love you」。
彼女がこの2年間で自分自身の血肉にしてきたものが
ギュッと詰まった100分間だったように思います。

在団中もそうでしたが、退団してからも
やっぱり私は坂道を一生懸命に登っている悠河さんがたまらなく好きなのだと
実感した公演でもありました。
坂道というよりも、あえて切り立った険しい崖を選んで登ろうとするその純粋さと
投げ出さない意思の強さが好きです。

一見怖れを知らないように見えがちだけど
怖れを知らないわけではない、それと闘い克ちながら登り続けている人なのだと
ひとたび知ってしまうと目が離せなくなってしまう。

そんな彼女だから
シンデレラロックのシドやパラダイスプリンスのスチュワートが似合うのはもちろんのこと、
彼女が演じた芸術家たち・・・無名時代のモディリアーニや
成功と名声とジャズエイジの狂騒に我を見失い大切なものを失うフィツジェラルドの苦悩や
おのれの高慢さと繊細さに振り回される若きエゴイスト、青春のプリンスミュッセの葛藤が
美しくリアルに胸に迫ってきたのだと思うのです。

続きを読む "必ず明日は来る。"

| | コメント (4)

2011/10/02

ひとりじゃない。

9月8日から12日まで、
日本橋の三越劇場に「100年のI love you」を観劇するため上京し
いつもの上京より時間に余裕があったので、観劇の合間に見聞したことを
記録しておこうと書き始めて早半月が過ぎ、月も変わってしまいました。

半月以上経って、いまさら感充満ですけど、
いまも心に残っていることを書いておきたいと思います。

ショーでは、悠河さんが1人で「ALL BY MYSELF」を歌うシーンがありました。
あのときの悠河さんの歌声が、表情が、いまも心に染みています。

 若さは至らないものね ほんとうの愛を知らない・・・

せつなくて、涙が出た回もありました。
ことに千穐楽は言葉に出来ないいろんなものが溢れてたまりませんでした。
全公演をご覧になった方によると、悠河さん自身も泣いていた日もあったとのこと。

元気でぶっ飛びな“きずなちゃん”(役名)に、
あらあらと思ったり、笑ったり、ニヤニヤしたりキャ~happy01heart04になったり。

そんな時間を過ごしたあとで、愛にまつわる素敵なナンバーに耳を傾けほっこりした頃、
愛にはぐれて1人になってしまった不安を歌う彼女の心が
聴いている私の心にも共鳴してくるようでした。
人は、失って、はじめて気づくことがある・・・

物語の最後は、最初と同じレストラン。
孤独を知って、少し大人になって
不安も知って、少しためらいがちなきずなちゃんに
ともちゃん(今井清隆さん)が、「奇跡」を歌いかける。
あの深い声で。

 僕は神様でないから本当の愛はたぶん知らない・・・

この曲、はじめて聴いたのは何年前だろう。
聴くたびに、さだまさしだなーって(笑)。いきなりエクスキューズでコソクなところが(笑)。
素敵な歌ですけどね。なんか出だしのとこ、ふふっと思うんですよね。
(さださんの照れなんでしょうかね。理屈っぽくて論理的に真面目なのかな)

でも、今井さんが歌うとぜんぜんコソクに聴こえません。
不器用で真正直な人なんだわーheart04と正反対なことを思います(笑)。
(人って本当に見かけに左右される・・・それくらい見かけは大事ですよね)

続きを読む "ひとりじゃない。"

| | コメント (3)

2011/09/17

大和悠河をお愉しみください。

日本橋の三越劇場で、ミュージカルショー「100年のI love you」を見ました。

作演出構成の玉野先生の意図自体が、
大和悠河を含む5人の出演者の“いろんな面”を歌とダンスと共にお愉しみください
というものだったと思いますが、
彼女自身もまた、

自分に出来ること、
大和悠河がお客様から期待されていること、を
舞台の上で十分に発揮していたなーと
本当にエンターティナーだなぁと思います。

そのウエストの細さは
その脚の長さは
そのお○ネは
そのお色気は
その天真爛漫さは
そのジャケットのパフォーマンスは
そのウィンクは
その目線は
その1人ベルばらは
そのお歌は
その表情は
その涙は

隅から隅まで愉しませてくれてありがとう。
「大和悠河」を愛させてくれてありがとう。
これからもついて行かせてくださいと
あらためて思った舞台でした。
この舞台をつくってくださった皆様に感謝です。

そしてまた次の新しい大和悠河を愉しみにしています。

| | コメント (2)

2011/09/15

1人では困ることも2人ならどうだい?

9月8日(木)~9月11日(日)の4日間、東京は日本橋にある三越劇場で
ミュージカルショー「100年のI love you」を見てきました。

すご~くたのしい舞台でした。

平泉きずなちゃん(大和悠河さん)と小笠原ともやくん(今井清隆さん)の
2人の幼馴染みのカップルが(年の差何歳の幼馴染みなのかな~coldsweats01
別れてまたくっつくという流れで、いろんなショーのシーンが繰り広げられるかんじかな。

愛は沢山の経験の中から探すもの、というきずなちゃん。
愛は一途な気持ちを育てるもの、というともちゃん。
2人の考えは平行線。

きずなちゃんは、ホームレスになったりお金持ちによろめいたりロミジュリしたり
街角でナンパしたり、ともちゃんと家族を交えてもめたりホスト見習いになったり
1人ベルばらしたり・・・

私がいちばん好きだったシーンはやっぱりロミジュリかな。
とっても正統派なジュリエットのお衣裳にストレートヘアの悠河さんが可愛くてheart04
「ナイフよ、これがお前の鞘です」と胸を示してナイフに語りかけるところ
もうたまらなくキュンキュンheart02しました。

シェイクスピアのロミジュリのセリフがほとんどまんまで、
衣裳もロミジュリ風コスだけど、じつは平家の血筋のまさつぐさん(原田優一さん)と
源氏の血筋・・・かもしれない平泉きずなちゃんの恋は許さない!別れよ!と
放つまさつぐさんのパパ(玉野和紀さん)という設定なんだけど(笑)。

原田さんと悠河さんのシェイクスピアの台詞回しが本当にいいのです。
「どうしてあなたは平家なの?」
プププ。
きずなちゃんも名セリフのパロディをさらっと言っちゃうし。

悠河さんはジュリエットまんま。
原田さんは、・・・すこし・・・いやえーっとだいぶ変なロミオなんですけど
でもとーーーっても滑舌よく音楽的にセリフを言われるから、ついうっとりなんです。
そして、あのニーノ・ロータの名曲にのせて歌う!!!

  ♪どぉしてぇぇいけないぃぃほんとぉのぉ恋なのにぃゆるされなーい
  ♪わかーさは罪なのかーそれーならー
  ♪消えてしまぇぇ世界がぁぁ(鼻濁音)

うわ~~~うっとりheart04 でもうわ~~~~なキャラ。(ちびまる子ちゃんに出てきそうな)
毎回の私の心の葛藤といったらありませんでした。

続きを読む "1人では困ることも2人ならどうだい?"

| | コメント (3)

2011/09/11

神様が逢わせてくれた大切なあなた。

三越劇場公演「100年のI love you」千穐楽が終わりました。
しばし放心…。

良い舞台でした。
笑いのツボを押されまくり大笑いして、
美しいメロディーと詩と歌声に感動しました。

どのシーンも選べないくらいに好きでしたが、
どうしても選ぶなら
「ロミオとジュリエット」でしょうか。

大好きな大好きなニーノ・ロータの「ロミオとジュリエット」の旋律を奏でるヴァイオリンと
原田優一さんのヴォーカルの美しさ。
こんなにも素晴らしいのに…
どうしてあなたはこんななの…???!
なコスチューム&キャラクターのロミオまさつぐさん(汗)

こんなシーンなのに、まるでおかまいなしに可愛い可愛いジュリエットきずなちゃん。
姿も声も私をうっとりとさせてくれました。
これがホストのシーンで客席を落としまくった人と同一人物とは信じがたい…。

この2年間、様々なものを吸収して成長し続けてきた人なんだなぁ。
大和悠河という人に、これからも沢山の夢を見られることを確信できたファンとしてとても幸せな舞台でもありました。

ラブストーリーのラストの今井清隆さんとのデュエット「奇跡」で流れた悠河さんの美しい涙に
この作品を一緒に作って来られた皆さんとの絆が
客席で見ている私にも感じられた気がして
なんだかとても胸がきゅんとしました。

笑えて泣けて…こんなに素敵な舞台を見せて下さった皆さんに感謝です。

| | コメント (4)

2011/09/06

初日。

昨日1日は、Freddie For A Day で1日過ごしてしまった私ですが、
今日からは、悠河さんDay(笑)。
「100年のI Love You」の初日です。
crown おめでとうございます shine

私は初日の今日は行けないけれど、明後日から
“Days at 三越劇場”(笑)

はじめての場所。はじめての劇場なのでドキドキです。
1日目だけはゆえあって新橋泊。
ホテルに荷物を預けて日本橋三越へ向かいます。
がんばれ私(と私に出逢う人々)。

公演時間等からして、いつもより時間に余裕ができそうなので
ちょっと観光めいたこともしてみたいと思います。
蘭寿さんの「ファントム」も見に行くつもりです。
そうそう。一陽ちゃんがヅカバーなるものに連れて行ってくれるそうです。
テンションについていけるかしら?
悠河さんのDVDを持っていってもよかですか?

| | コメント (2)

2011/09/03

愛するということ。

ついさっきのことだけどもう土曜日になってるんですって?
びっくり。

娘にゴミないー?と云われて気づきました。
(わが市は夜間にゴミ回収なのです)

なんか頭の中で曜日がズレていて焦りまくり。
土曜日なんだねー。しみじみ。
てことは3日後には「100年のI love you」が初日なんだぁ。
あー!!! お茶会の振込みしてないー!(アタタ・・月曜日忘れないようにφ(..))

あたあたしていたところに、こんなのを教えていただきました。
 ↓↓↓
「100年のI love you」大和悠河ソロパート - YouTube

わ~)^o^( ゆうがさんが満載だーheart04
ぴあCHANNELさんありがとうheart01

でも、デフォルトが音量大みたいなのでご用心。
書斎にいる夫にまる聞こえで焦りましたcoldsweats01
(素で答えにくい質問をしてくる人なんで面倒くさいんだもんsweat01

見てると客席降りがあるっぽい???
ますますたのしみだー。
で、やっぱり私は青いドレスの綺麗なお姉様にドキドキときめきます。
早くお会いしたいなぁheart04

お昼にはゆうがさんからの夏の終わりのメッセージカードも届いたし
my初日まで心はゆうがさんがいっぱいで過ごせそうです。

| | コメント (2)

2011/08/30

いのちつづくまで。

8月が終わる。

今年の8月はひたすら忍耐で乗り越えるのしんどいなーと思っていたのですが
いやいや思いのほか楽しかったですhappy01
星組さんのおかげだ♪
1年ぶり2年ぶりの人にも会えたし。

なんだかんだであと1週間で三越劇場「100年のI love you」が初日を迎えて
10日ほどしたら私もやっと悠河さんに会える♪
あんまりずーーーっと会わないでいるとこのままフェイドアウトしても大丈夫かも?
なんて思う瞬間もある。
会わないことに慣れるから。
でも会っちゃうともーそりゃー盛り上がっちゃいます。
やっぱり好きだわ~魅力的だわ~heart04とつくづく思うんですよね。
会わないなんてゼッタイムリ!!!!bearingって思います。
なんだか遠距離恋愛に似てますね(笑)。


さて自分の初日までもう少し。
それまではYouTubeにアップされたPVを見て過ごそうと思います。

三越劇場「100年のI love you」玉野和紀・大和悠河ほか - PV

美女にドキッ。男前にキュン♪
はやく生でお会いしたいです。

(上京したらしたで、観劇以外のお楽しみもあるしheart04

この命果てるまで、こうしていられたらいいな。

| | コメント (2)

2011/08/13

だから、夏が好き!

おおっ知らぬ間にぴあチャンネルに動画がアップされていました。

「100年のI love you」 玉野和紀・大和悠河

ゆうがさん玉野先生に遊ばれてます(笑)

先生が作ったんでしょーもーぅ!(←可愛イイ!!!happy01heart04

北海道に行かれた方からのメールをまとめると
「ヤバくて可愛くてカッコよくて反則(笑)」らしいです。
チケット増やすという人が続出とか。
私も増やそうかな。
と考え中。

っていうか、航空券の予約をすっかり忘れていたですよ。
気がついたら4週間前をきってた!
このシーズン高いのに・・・weep
慌ててネットを見たら、あんのじょうbearing

旅費がなければなぁ。
といつも思います。

続きを読む "だから、夏が好き!"

| | コメント (4)

2011/07/26

100年先までアイラブユー。

Facebookに、悠河さんの動画も追加になってます。

髪さらに伸びましたね~heart04

ゆうがさんが演じるいろんな愛のカタチをたのしみにしたいと思います。

お稽古の様子とインタビューは、
8月のCS(スカイステージ)のOGエンターテイメントNAVIでも流れるみたいですね。

玉野先生のブログによると、上演時間は1時間40分となるようです。
マチソワしても楽勝かなぁ。
(チケット追加しようかなぁ・・・どうしよ)

今日はお稽古お休みみたい。
ゆうがさんはリフレッシュできるのかな。

残り5日お稽古したら北海道入りですって。
北海道いいなぁ。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 | 宝塚 大和悠河がいた宙組 | \ 宙 組 !!/ | ♕ 花組 | ♕ 月組 | ♕ 雪組 | ♕ 星組 | ♖ 観劇 | ♖ 宝塚雑話 | ♖ コンサート | ♖ ストプレ | ♖ ミュージカル | ♖ 歌舞伎 | ♖ 狂言/能楽 | ♖『エリザベート』 | ♖『ベルサイユのばら』 | ♖博多座。 | ♖宝塚観劇- 宝塚大劇場 | ♖宝塚観劇- 東京宝塚劇場 | ♖宝塚観劇-DC・青年館・ACT | ♖宝塚観劇-バウ・青年館 | ♖宝塚観劇-中日劇場・日生・オーブ | ♖宝塚観劇-全国ツアー | ♖宝塚観劇-博多座 | ♖宝塚観劇-梅芸メインホール・ACT | ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 | ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- | ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 | ♗ 宙組 風と共に去りぬ | ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 | ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 | ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA | ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 | ♗宝塚宝石箱 | ♘ 京極夏彦の本 | ♘ 波津彬子の本 | ♘ TONOの本 | ♘ あさのあつこの本 | ♘ 本の話 | おでかけ。 | つぶやき。 | 凰稀かなめ - ouki kaname | 凰稀かなめ - 1789 | 凰稀かなめ - The Beginning | 大和悠河- yamato yuga | 大和悠河- セーラームーン | 大和悠河- 糸桜 | 大和悠河- 南の島に雪が降る | 大和悠河- 細雪 | 大和悠河- CHICAGO | 大和悠河- Dream Ladies | 大和悠河- プロミセス・プロミセス | 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る | 大和悠河- MOON SAGA | 大和悠河- 土御門大路 | 大和悠河- My One and Only | 大和悠河- GULF | 大和悠河- Dream Forever | 大和悠河- 100年のI love you | 大和悠河- 風を結んで | 大和悠河- 綺譚・桜姫 | 大和悠河- まさかのChange?! | 大和悠河- 戯伝写楽 | 大和悠河- カーテンズ | 大和悠河-宝塚卒業によせて | 大和悠河-宝塚時代 | 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review | 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) | 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review | 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) | 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review | 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show | 宝塚観劇iii-A/L | 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ | 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) | 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review | 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) | 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE | 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show | 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review | 日々のこと。 | 映画・TVドラマ | 音楽