« ナウオン~THE LAST PARTY | トップページ | やっぱり宝塚!(花舞う長安のこと) »

2004/10/31

ただいまです~。(&バウ公演のこと)

バウ2公演と大劇場1公演見てきました。

タニちゃんは全身全霊でフィッツジェラルドを演じていました。
作家としての苦悩、夫として父親としての苦悶が胸に迫りました。(キザるとやっぱりリカさんの面影が…!)
かなみちゃんはとっても華があり、タニちゃんと歌い踊り愛を語ると、照明が明るくなった?と思うくらい舞台が華やぎます。目が釘付けになるカップルでした。
精神を病んで病院からスコット(タニちゃん)宛ての手紙を読むシーンが切なかった…。
五峰さんは、スコットの身を案じ愛情を注ぐ、美人なのに男女の愛より母性が勝ってしまうシーラという女性を切なく心豊かに演じていらっしゃいました。
あひちゃんは、自分にも他人にも厳しいヘミングウェイ役。人間的な弱さをさらけ出すスコットが許せず、スコットを追い詰めることは、自分自身を追い詰めることになるのに、尖った切っ先を突きつけずにいられない…どこか心に暗いものを秘めているように見えました。真面目な芝居をする方ですね。
スコッティ役の咲花杏ちゃん、父親を思うシーラとの電話のやりとりに、泣けました。
スコットを取り巻く女性たちの中で、誰になりたいか?と言われたら、迷わず私は娘のスコッティ!と答えます。ハンサムでダンスが上手で娘に甘い父に溺愛される娘・・・いいなぁ。。。
秘書のローラ役の美風舞良ちゃんは、舞台を和ませてくれました。
宙組の下級生さんたち、なにげにお芝居が巧い?(巧い子たちを揃えたの?) 嬉しい驚きでした。1人何役も演じて、舞台セットまで動かして、本当に働き者の下級生さんたちでした。
(酔っ払い役なのに、さりげなくシャンパングラスを片付けたり、幕間で床のお掃除をしたり…)
1幕で、セットの壁に郵便ポストの口が開いて、そこにスコットが書き上げた原稿を投函するシーンがあるのですが、30日午前の公演はポストの口が開いていなかったみたいで、壁を叩いて裏にいる下級生に合図してました。双方とも焦ったでしょうね(笑)。
美郷真也さんは、若い才能を見出し援助する出版社の編集人。大人の男を好演して舞台を締めていらっしゃいました。

大劇場公演を見終わって外に出るときに、タニちゃんの出に遭遇したのですが、この人がフィッツジェラルドを演じたとは信じられないくらい無防備で、ほどよい倦怠を漂わせるその姿に見蕩れてしまいました。

星組大劇場公演は、貸切ということで、アドリブもあったみたいです。
1回しか観られなかったのが、とってもとっても残念に思えた舞台でした。
ショーは博多座とは別物といっても良いかも…。
1回しか観られないから見逃すまいと目を凝らしていたのですが、「一体どこを見たらイイの~~(>_<)」ってくらい、舞台上のあっちにもこっちにも見所があって、目眩がしてしまいました。
詳しくはまた書きますね~。
(こんやは限界なので・・・)

|

« ナウオン~THE LAST PARTY | トップページ | やっぱり宝塚!(花舞う長安のこと) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/3596901

この記事へのトラックバック一覧です: ただいまです~。(&バウ公演のこと):

« ナウオン~THE LAST PARTY | トップページ | やっぱり宝塚!(花舞う長安のこと) »