« ただいまです~。(&バウ公演のこと) | トップページ | 宙バウの感想アップしました。 »

2004/11/01

やっぱり宝塚!(花舞う長安のこと)

星組大劇場公演は、博多座で何度も観た「花舞う長安」と「ロマンチカ宝塚'04~ドルチェ・ヴィータ~」。
一部キャスティングが変り、人数が増え、ハコが大きくなり・・・いったいどういう変貌を遂げるのか、興味津々たのしみにしてました。

なによりバウの「THE LAST PARTY」を観た後でこのお芝居を観て、私は「ああ宝塚だぁぁぁ(はぁと)」と心の底から思いました。
何が、というと巧くは言えませんが、この豪華さ華やかさ、大きさ、ストーリーも(ちょっぴり陳腐&チープだったりするのも)、やっぱり宝塚だと…。
そして私は、これが好きなんだ~~としみじみ思いました。だから宝塚にハマってしまったんだ!と。
脚本に難ありと言われてしまう「花舞う~」ですが、宝塚らしさは十分に堪能できると思います。好きです私。
タニちゃんのことは抜きにして、どっちをリピートする?となったら、「花舞う~」を絶対に選んでしまうだろう私です。

「THE LAST PARTY」も感動するストーリーなのですが、女性を怒鳴りつける男性が苦手な私なので、途中心地よく見ていられない箇所もありまして…(涙)。(ってゆうか心地よく観るタイプのお芝居じゃないから仕方がないのですが)
玄宗はいとしい楊貴妃を怒鳴りつけないもん。楊貴妃に骨抜きになっていたって、やっぱりどこか余裕を感じさせる男性像で、そこが好きです。
安禄山のへつらいをうれしそうに受け入れたり、妃にデレデレしたり…と、ちょっと馬鹿っぽく見えたりもするけど、相手の前で構えないのは、本当は強い精神の持ち主だからでは。玄宗の大きさ寛容さをそこに感じるんですよね。
騙されないぞ!傷つけられたりしないぞ!と構えない居ずまいが好きです。その時々の相手の言葉をたのしんでいる様子が。これは、脚本がそうだからか、わたるさんだからかはわかりませんが…(笑)。(両方かな?)

さて、初めての、そして1回きりの観劇でしたが、気づいたことなどを少々書き留めておきますね。
えー、まず檀れいちゃんがメチャメチャ色っぽかったです。博多座でも色っぽかったけど、5倍増しかそれ以上に色っぽさが増していました。
容易にモノにはできなさそうでいて、でも案外俺にもチャンスが…?と思わせるような女性ですね(笑)。こりゃ男たちはそそられるわ…(苦笑)。
嫋々とたおやかに居て、でも簡単に言いなりになるとかではなく。言いたいことも言うのだけど、意固地に抗うのではなく、自分に与えられたものを受け入れて環境に応じて自分を変えて生きていく柔軟な女性のようでした。

玄宗は楊貴妃に骨抜き。
カノチカちゃんの芳楽公主のシーンがなくなっていて、追加になった場面が・・・楊貴妃を思って心そこに在らずの執務中の玄宗さま。
何か筆を動かしていらっしゃると思ったら、、、アラビアの国使への親書に楊貴妃への想いを綴っちゃあダメっしょ!(笑)。
さらにお馬鹿さんになっている玄宗さまでした。でも好きですよん。
戦闘シーンのヘアスタイルは、十二国記に出てくる延王?を思わせて若々しくていっそう素敵でした。

トウコちゃんはしゃべり方がドン(雨唄)でした! 独特の抑揚ですよね。なんかいや~~らし~~(笑)。
問題の楊貴妃さまを襲うシーン・・・赤面しました。
楊貴妃が肩に掛けていた衣を剥いで素肌をモロだしにして、かぶりつこうとするのですわ(>_<)。
戯れ…まさに情事って感じです。これで何人もの女人をモノにしてきた手練れだと誇示せんばかり。
タニちゃんの時には、ここに至って辛抱堪らず、一途さから思わず手を出してしまった…!と見えていたシーンが、こ、こんなことに~~~!(@□@;)(いえ、いいんですけどね。目の保養でしたし…)

なんていうか、楊貴妃に色気が増したのも、安禄山がオトナだからかしら? 
キャスティングが1人変るだけで、お互いに相乗効果というんでしょうか、なんだかオトナの世界に足を踏み入れた「花舞う長安」だったような気がします。

|

« ただいまです~。(&バウ公演のこと) | トップページ | 宙バウの感想アップしました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/3641240

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり宝塚!(花舞う長安のこと):

« ただいまです~。(&バウ公演のこと) | トップページ | 宙バウの感想アップしました。 »