« ヴィセント・ロメロ(Vincent Romero)のなぞ? | トップページ | ズビズビ・・・ »

2006/04/10

ヴィセント・ロメロ(Vincent Romero)のなぞ?――その後。

昨日の疑問。
ヴィセントは、英語名の“Vincent”のカナ表記をヴィセントにしているのかな?
と思っていましたが、
一夜明け、
やっぱり登場人物たちは、スペイン名で“Vicente”と呼んでいるんじゃないかな。
と思うようになりました。

“Vicente”をヴィセントと表記しているんだろーなーと。

“Vicente”はヴィセンテだと思い込んでいましたが、ヴィセントでも良いし…。

そうすると、英語のキャスト表がちょっと不思議ではありますが。ま、いいや。(いいんかい)


ヨーロッパの方々のファーストネームは、ほぼクリスチャンネーム(洗礼名)で、
これは聖書にでてくる聖人名からとられているようですが、
国によって、同じ聖人を指していてもスペルや発音が違うんですよね。
これがけっこう面倒。でもちょっと面白い。

ネットで辿っていくと、
特定の著名人の表記でも、英語形ありスペイン語形あり(その他あり)で、あまり統一されていないようでした。
現代のように、ワールドワイドに人が動く時代だととくにその傾向が強いような。
英語圏外の出身であることをウリにしている人ほど、母国語形の名前のままのことが多いようですが、それも活躍の場が英語圏だと、スペルは母国語のまま、読み方は英語風っていうパターンもありますねー。

意識的にされているにしろ、無意識にしろ、いろんなパターンがあるなーというのが結論。かな。
こだわらない人もいれば、こだわる人もいるでしょうけど、外国でどう呼ばれているかまでは、把握しきれないかもなぁ。


私は昔、赤毛のアンが、自分の名前は“Ann”じゃなくて“Anne”だと意固地に主張していたのが印象深く、以来スペル一つでも、アンのように怒る人もいるから気をつけなくてはと思いました。
いまでもやっぱり名前というのは、大事にしたいものの一つだなぁと、私は思っています。
他人が大事にしているものには敬意を払うというのは大切なことだと思うので。


ということで、ヴィセントを発端に話がどんどん違う方向にいってしまい、宝塚とはまるで関係のない話題になってしまいました。スミマセン。ご容赦を…。

|

« ヴィセント・ロメロ(Vincent Romero)のなぞ? | トップページ | ズビズビ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィセント・ロメロ(Vincent Romero)のなぞ?――その後。:

« ヴィセント・ロメロ(Vincent Romero)のなぞ? | トップページ | ズビズビ・・・ »