« 舞台で華やぐ杏ちゃんが愉しみでした。 | トップページ | 繰り言・・・。 »

2006/12/23

フランス語のコメディ=芝居の意味。かな。

宝塚の公式サイトで、来春の宙組の各公演の出演者の振り分けが発表になっていました。

蘭寿とむ君のバウヒロイン、まちゃみちゃんなんだ~!
大野先生の探偵ものですよね。大人っぽい話になるのかな?

余談ですが、タイトル「NEVER SLEEP」と聞いて、
チャンドラーの「大いなる眠り(THE BIG SLEEP)」を思い出しました。
私立探偵フィリップ・マーロウが出てくる「ハードボイルドの古典」といわれる作品。
(私は読んだことないですが…^_^;)

「NEVER SLEEP」の簡単な解説に、
「決してハードボイルド的ヒーローではない等身大の主人公」とあるので
もしやチャンドラーを意識しているのかな?なんて思ってしまいました。
チャンドラーの主人公とは真逆の主人公を目指しているかな~って。

大野先生作品だし、すごく興味があるのですが、
この時期、私はルパンでいっぱいいっぱいだろうな~~(涙)。
名古屋(中日劇場公演)に行きたくて…。

で、「A/L(アール)-怪盗ルパンの青春-」の出演者。
主演コンビ(たにうめ)のお披露目。
まだ2人の相性も未知数・・・どきどき。
組長のまりえったさんがバウなので、公演組長はすっしーさんになるんですね。
(博多座の時といっしょですね)
あおいちゃん、ともちん、みっちゃん、たっちん・・・うん、並べるとなかなか手堅いかも。
はっちゃんとまさこちゃんが入っているのもうれしい♪

公演タイトルに、「la comédie musicale」とありますが
フランス語で、コメディは喜劇という意味だけじゃなくて「芝居」の意味もあるので
 ex.) コメディ・フランセーズ → フランスの国立劇場(劇団)、フランス座
喜劇とはかぎらないんじゃないかな。
「la comédie musicale」→「音楽的演劇」→「(宝塚的な)ミュージカル」の意味くらいで
使われているような気がします。

このほかにも、宙組はバウ・ワークショップに、轟さんのディナーショーとコンサートも。
(両方あるんだ~!)(音乃いづみちゃんは、両方に出演?)
生徒さんもファンも大忙しですね!


先の予定も立てねばならず・・・でも、お正月からの東宝公演もこれからですよね。
ムラとの変更点はあるんでしょうか。
杏ちゃん・・・(涙)。

|

« 舞台で華やぐ杏ちゃんが愉しみでした。 | トップページ | 繰り言・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/13169297

この記事へのトラックバック一覧です: フランス語のコメディ=芝居の意味。かな。:

« 舞台で華やぐ杏ちゃんが愉しみでした。 | トップページ | 繰り言・・・。 »