« ズルイ男@宝塚 | トップページ | バレンシアの熱い花 (drawn by さいとうちほ) »

2006/12/16

エル・アルコン―鷹― ?!!!

昨日12/15は、宙組大劇場公演を含む、宝塚歌劇の来年後半のラインナップが
公式サイトで発表になりました。

仕事帰りに寄ったスーパーで、yuさんから
「バレンシアの熱い花」ですって~とメールをいただき、
やったぁ!スペインものだぁ~♪
と揚々と帰宅してPCを開いた私の目を釘付けにしたのは。

  ..................................................................................................................................
    星組
    グラン・ステージ
    『エル・アルコン―鷹―』
    ~青池保子原作「エル・アルコン―鷹―」「七つの海七つの空」より~
    脚本・演出/齋藤吉正
  ..................................................................................................................................

かなり動揺してしまいました。

昔はまったなぁ。
ティリアン・パーシモンが好きでした。
柿=パーシモン(persimmon)を覚えたのもこの作品から(笑)。

宝塚でやるのかぁ。
しかも、悪役のティリアンが主人公とは。
(解説からはまちがいなくそう読めます)

もともとこの漫画は、「七つの海 七つの空」という
父親を殺されたお坊ちゃまが海賊(キャプテン・レッド)になり、復讐を遂げるストーリーで
主人公の敵役(ティリアン・パーシモン)が凄じく魅力的で人気となり
サイドストーリーとして発表されたのが「エル・アルコン―鷹―」という経緯なのです。
で、こっちのほうが絶対売れた…(^_^;)

解説によると、ヒロインが女海賊ギルダ?
この人、満身に傷痕があって、最期もとっても悲惨だったはず。
とても宝塚的ではないのだけど・・・。

どうするんでしょう齋藤先生。

私の勝手なイメージだと
 キャプテン・レッド=たにちゃん
 ティリアン・パーシモン=ミズさん
だったんですけど…(^_^;)

ちなみに、レッドはLed ZeppelinのLEDですよね?
金髪碧眼のキャプテン・レッドのモデルは、ロバート・プラントです(笑)。

それでもって、
キャプテン・レッドは、ドリアン・レッド・グローリア伯爵のご先祖で
ティリアン・パーシモンは、クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐のご先祖です。

ミズさんとたにちゃんが、組本(宙)で扮装していた
「エロイカより愛をこめて」のあの2人です。

・・・・たぶん、あの印象が強いんだと思う。(^_^;)

とうこちゃんが、ティリアンかぁ。
ヒールな雰囲気は合うかも。
でも、とうこちゃんだと華奢すぎる気が…。

あすかちゃんが女海賊ギルダ?
これは、とっても可哀想な気がします。
このあたりは、大幅にキャラを変えるのでしょうか。
それとも、エピソードを大幅に省く?
原作者の青池保子先生がどこまでゆるしてくれるか・・・が問題?

そして、ティリアンに復讐心を燃やすイギリス海賊(キャプテン・レッド)は
誰になるんでしょうか。
キラッキラの金髪美形キャラなのよ~~~!
もとは、こちらが主人公だったんですから。

ちなみに、月組でリカさん主演で上演された「大海賊」も
国は逆だけど、貴族の若様が復讐のために海賊になるお話でしたよね。
この作品を見たとき、青池作品の影響をうけているのかな~と思ったものでした。

キャプテン・レッドを主人公にすれば、とても宝塚的なのに
あえて、ティリアン主人公ですか・・・・。
(たしかに、とうこちゃんはレッドってかんじじゃないけど…うーむ)
(でもオスカルやったんだから、やれそうな気もするけど…)

とにもかくにも。
作品ファンがたくさんいますからね。
作品世界を壊したら、すっごいブーイングだと思いますよ~。
齋藤センセー、よろしくです。(圧力)

|

« ズルイ男@宝塚 | トップページ | バレンシアの熱い花 (drawn by さいとうちほ) »

コメント

初カキコです。
よろしくお願いします。

私も、「エル・アルコン」「七つの海 七つの空」に
びっくりしたひとりです。
いいんですか?
青池作品を宝塚でやってしまって…。

theoさんがおっしゃるように、レッドが主人公のほうが
宝塚的ですよね。
華奢なとうこさんがティリアンをどう演じるか?
不安であり、期待あり…というところです。

水さん…ティリアン
タニさん…レッド
で、見たかったなぁ。(組本を最近見直したばかりなので、
影響受けてます)

投稿: しの | 2006/12/16 07:43

しのさん、
こちらこそよろしくです♪

レッドが主人公だと「大海賊」と設定がかぶって
支障アリなんでしょうかねぇ。
なによりもやはり齋藤先生は、
とうこちゃんにティリアンをさせたいのかなぁ。とも。

私もたのしみでもあり、
見たら細かなことで文句を言ってそうな予感が
今からします・・・(^_^;)
(好きな原作の舞台化、映画化等はどーしても…)

「原作とは別物」と割り切れるくらいの良さ・面白さがあると、
それも払拭されてたのしめると思うんですけど。
きっと原作漫画ファンのあいだでも話題になると思うし
良い作品になるといいな。と思います。

私も組本の影響だと思うんですけど、
とくにミズさんの少佐がお似合い~と思ってたので
ティリアン(少佐のご先祖)はミズさんのイメージなんですよね。

久しぶりに組本を引っ張り出して見ていたら
いろんな意味でしみじみ…してしまいました。

投稿: theo | 2006/12/16 11:50

スーパーだったのですね。
同時にメールした水月さんは、映画鑑賞中だったとか(笑)
しかも、興奮してしまって、乱雑な文章でした・・・。
次回からは、もっと落ち着いてメールしますね♪

そうそう、最初の方を読んでいて「大海賊」を思い出していたんです。
『これの再演もいいよね』と、あいさんとお話ししていたばかりだったので・・・。
ちょっと興味がでてきました♪

投稿: yu | 2006/12/16 23:57

そうなんですよ~(笑)>スーパー
厳密にいうと運転中にメールが入って、
スーパーの中で見たら!ってかんじでした。
私もアセアセで、ヘンなメールを返しましたけど…(^_^;)
もちろん買い物はさっさとすませて急いで帰宅したんですよ!

たにちゃん主演だったら、きっとレッドが主役の話になったでしょうね。
というか、素直に「大海賊」再演?(笑)

「エル・アルコン」は、
わたるさん演じたエドガーが主人公の話だと思ってみてください。
ふつう宝塚では有り得ないですよね。
だからこそ興味がわく気もしますが。
しかもサドで冷酷で絶倫なんだな、コレが…f(^_^;)
当時、少女漫画の主人公としても有り得なかった設定ですけどね。
これを齋藤センセーがどう料理するのか。

11月は宙の全ツで手一杯な気がしますが、
遠征する全ツの会場しだいでは、ムラに立ち寄ってみたいような…。
たぶん、無理かなぁ~とは思いますが。
(たにちゃんを目の前にしたら、他の何も目に入らない気がするので)
(その頃今より少しは気持ちが落ち着いてたら、見られるかも?)

投稿: theo | 2006/12/17 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/13084084

この記事へのトラックバック一覧です: エル・アルコン―鷹― ?!!!:

« ズルイ男@宝塚 | トップページ | バレンシアの熱い花 (drawn by さいとうちほ) »