« 君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#3 | トップページ | 君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#5 »

2007/03/20

君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#4

1幕終了後、友人はたにちゃんのことを「噛んでもゆるせる(笑)」と言ってました。
(それって、タニ落ちの第一歩??)
ストーリーは強引だけど(笑)、といいながらそれも喜んでくれているみたいでした。

そう…強引なんですよね、展開が(笑)。
まるで少女漫画のように。
それも、マーガレットや少コミ、白泉系じゃなくて「なかよし」系。
着替えて髪型を変えただけなのに、なぜ目の前の美少女戦士(or怪盗○○○○)がクラスメイトだとわからない?!系(笑)。
でも、それにこだわったら面白くないっつーやつです。
こういう作品は、愉しむツボをまちがえちゃいけません。

この作品のツボは・・・それぞれやりすぎるくらいのキャラクター芝居と絶妙でコミカルな間。
齋藤先生のオタッキーなセリフとアイテム&仮装パーティのコスチューム(一部)。
そのときどきの登場人物たちの切ないキモチ、
そして、役者のルックスと放たれる魅力!(これ大切)
作品のあちこちに仕掛けられているチープで甘い罠。(高尚の反対)
この魔法にかかってこそ、愉しめる作品だと思います。
(これから、芝居がこなれるにつれて、アドリブやハプニングの対処とかも楽しめそうです)

友人にトップ娘役の子は、池銀のイメージガールで、梅田の駅にいっぱい顔が出ている子よ~
と言ったら、「ああ!」とわかってくれたみたい。
(ちょうど阪急梅田駅にはうめちゃんがいっぱいでした)
娘役だけどオトコマエと言われててね~と言ったら、
「あーそれで、この展開(笑)」と納得してくれました。
新しい雰囲気のコンビねとも。(えへへ。そうでしょ?)
友人のとっても感触の良い反応に、うれしくなりつつ、2幕へ。

(ちっとも本題にいかなくてゴメンナサイ)

|

« 君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#3 | トップページ | 君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/14321204

この記事へのトラックバック一覧です: 君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#4:

« 君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#3 | トップページ | 君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#5 »