« 「バレンシアの熱い花」@加美乃素貸切公演 | トップページ | 美しく残酷なひと ~「バレンシアの熱い花」語り。(その2) »

2007/06/25

「バレンシアの熱い花」語り。

22日からはじまった宙組大劇場公演、大和悠河サンのお披露目公演。

「バレンシアの熱い花」は、再演でもあり漫画も出ているので
ストーリーをご存知の方も多いと思います。
なので、初日もあけたばかりではありますが、
ちょっと具体的な感想をいくつか書いてみようかな…

ってことで、以下、ネタバレしまくります。

悠河さんは、復讐のために表と裏の顔を持つ青年侯爵フェルナンドの役です。

初日、2日目を観劇した段階では、まだ表の顔のほうがつよくて
裏の顔がはっきり見えてこないかな…と思って見てました。

っていうかですね、
お芝居の冒頭、まだ退役する前にレオン将軍と面会する訳ですが、
そのときの青い軍服姿が、晴れやかで爽やかで、もうキラキラ~~~なんです。

初日あたりの硬さも良い具合に加味して、初々しくて・・・
真面目でソリッドな白い御曹司様そのもの。なんです。
(眼福で、きゃ~~~~)^o^( なんです)

この白い御曹司様が、心に復讐を誓って遊び人に変貌する訳ですが・・・

私としては、復讐を誓う場面、
「ああ、神よ。私のこの激しい憎しみをどうかゆるしたまえ」(であってる?)
のところ、もっとどろどろやってもらうといいかな~なんて思いました。

フェルナンドの情熱はバシバシわかるのですが、真っ直ぐなんです。
青い軍服の端正で素晴らしいビジュアルが邪魔をして、
激しく人を憎み恨むという心の冥晦に堕ちている様が見えにくくて。
(悠河さんの個性には一番かけ離れた遠い世界だとは思うんですが…)

悠河さんは、光りが強い分、同じくらいの濃くて強い闇を作らないと
影が見えないみたい・・・。
この影こそが、イサベラと結びつく大切な部分だと思うので、ぜひ、と。

あと、エル・パティオ(場末の酒場)の場面。
ロドリーゴが貴族の若様風にまわりから浮いていて、
フェルナンドはすっかり場慣れていなくちゃいけないと思うのですが
あのステキなお衣裳のせいか、フェルナンドのほうが浮いているような…。
ステキなお衣裳はいいのですが、もうちょっと崩した遊び人風が良いのにな。と。
で、酒場の女たちにきゃーきゃー言われる軽薄な感じで。

女たちにきゃーきゃー言われるといえば、
その前のルカノール公の夜会でも、もっと貴族のご婦人方に
モテモテなナンパ男のシーンが見たかったなぁ。
ナンパな顔と復讐に燃える鋭い瞳を使い分けて見せてほしいなと。

で、イサベラに誘われる場面も、不品行で不健康なかんじがあるといいな~。
(悠河ちゃんにそれを要求するか?ってかんじですが)
遊びの関係みたいで、じつは…っていうのがいいと思うんですけど。

あ~(^_^;)
私が演出家だったら、こーするのにあーするのにって・・・
ドシロートのくせに、考えてしまうのです。

初日を観劇して、なんだか平面的に感じて。。。。
1つのおなじシーンでも、もっと“情報”を詰め込める気がするのは
(もちろんセリフ以外で)
何もわかってない勝手なシロウト考えなのかしら…。
なんていうか、もったいないわ~~って思ってしまって。

演出にちょっとうーむ。。。となってしまったのですが、
このへんは、演じる人たちが埋めていくところなのかなぁ。
だとしたら、これから熟れてきたら、良くなるところでもあるのかな。

もっともっと良くなる余地があると思うので、悠河さんたちには
役を楽しみながら、さらに良い作品にしていってほしいです。

なんかすごいエラソーに語ってしまいました…。
でも本当にもっともっと良くなると思うんです。

とかいって、次に観に行ったら、すーごく良くなっていたりして♪
と期待してます。(^^)

|

« 「バレンシアの熱い花」@加美乃素貸切公演 | トップページ | 美しく残酷なひと ~「バレンシアの熱い花」語り。(その2) »

コメント

悠河さんは、光りが強い分、同じくらいの濃くて強い闇を作らないと、影が見えないみたい・・・。
なるほど、そうかも。とすごくうなずきました。
それが出たら怖いものなしの何でも来い!って感じですね。
スポニチの批評も(希薄で、、やや淡泊、、、)と同じような
事が書かれてますね。課題かも。
でも、タニちやんのTOP就任を「遅すぎた感・・」と
うれしいコメントも。
今週末、楽しみにしております。

投稿: moon2moon2children | 2007/06/25 07:12

ゆうがさんは何もしなくてもキラキラ発光体なので。。。
ここは役作りで頑張るってところでしょうか?
真ん中に立つと黒っぽい役はなかなか出来ないからそういう
チャンスがあったらうんと弾けてもらいたいですよね。

>遊びの関係みたいで、じつは…っていうのがいいと思うんですけど。

つまり本気になったらお互い不幸になる。だったらお互い自分に
うそをつき続けたほうがいい。というのがにじみ出たらいいな
ということですね。(まちがってたらごめんなさい)

私も女ったらしなゆうがさんも観てみたいです。

投稿: ichiyo | 2007/06/25 08:23

たにちゃんはライトのいらないミラーボールだと思っています。
それも強烈な!
フェルナンドはしどころの無い役だと初演の時の記憶があります。
熱いラモンに悲劇のロドリーゴ、
下手をすると2人に食われそうな役。
そこの所を危惧してましたので、そんな感想は聞かなかったから、
たにちゃん、やったじゃんって思ってた位。(^^;)
育ちの良い公爵家のご令息で、ぴったりじゃんって思ってた私。
あまりのビジュアルと華に目が眩んでいたのかしら?
映像で一部分でしか観ていないので、早く、全部が観たいです。
8月まで観られ無いのが辛いです。

投稿: ゆうがなママ | 2007/06/25 21:43

 たにちゃんは、今まで常に日の当たる場所にいた人なので、実際には日の当たらない影の部分っていうものが想像しがたいのかな?役を作っていくにあたって、その人の生きてきた道・過程ってずいぶん反映されるものだと思うし・・・。
 でも、MY初日になる今度の土日は、もっともっとよくなっていると信じています。まだまだ、駄目出し・手直しが入り、進化している途中なのでしょう。観劇する度に新しい姿を見せてくれるのを楽しみにしています。
 土日に皆様に大劇場でお目にかかれるのを楽しみにしています。

投稿: la-mer | 2007/06/25 22:34

◇moon2moon2childrenさん、
◇ichiyoさん、
◇ゆうがなママさん、
◇la-merさん、
コメントありがとうございます。m(_ _)m

私もそう思います、moon2moon2childrenさん。
持って生まれたものと、持っていないもの。
それぞれの出し方加減を意のままに操れたら、本当にナンデモ来いですよね。
それが一番難しいのでしょうけど。
初日を見ていて、「生まれながらに持っているもの」に苦戦しているように見えて…。
でも誰でもが持っているものではないので、そのキラキラ感は大事にしてほしいですしね。
ゆうがちゃんにとってフェルナンドは試練の役かもしれません。
これを乗り越えた悠河ちゃんはスゴツヨだぞと。(^^)

ゆうがなママさんがおっしゃるように、フェルナンドって
他の2人に比べてしどころがない役だと思いました。

私もichiyoさんがおっしゃるような感じになるといいなと思っているのですが、
なにしろ、フェルナンドとイサベラが絡むシーンって、2~3場面くらいなんですよね。
ロドリーゴとシルヴィアの恋愛模様のほうが何倍も細かく描かれているし、
ラモンの恋心のほうがわかりやすく描かれています。

なのに、主演2人には恋に堕ちる過程も、愛し合っているという描写もないままに、
愛の告白、本心の吐露・・・になるので、なかなか演じるのが難しげです。
僅かな絡みのなかで、イサベラに対するそういった表と裏の感情を表現しないといけない…

初演でも、こんなにフェルナンドとイサベラとの絡みって少なかったのかしら?
・・・と疑問に思っていたのですが、ゆうがなママさんが、
初演でもしどころのない役だったとおっしゃっているので、
初演でもこれくらいの絡みだったのでしょうか。
本当に、初演の榛名由梨さんは、このあたりをどう演じられたのかしら?と気になります。

でも、いろいろと表現できる余地もたくさんあるように思ったので、
ようこちゃんとともに、濃厚で切ない関係をつくりあげていってほしいなと思います。

la-merさん、私は悠河ちゃんって、たとえ打ちのめされ、傷つけられても
暗い影をまとわないで、キラキラしているような気がして…。
苦労しても苦労しているように見えないタイプ?なんて思えて。
だとしたら、ちょっと気の毒かなぁなんて…勝手な思い込みですけどね。(^_^;)
ちょうど、今のショーの中にそんなシーンがあって、私は胸がいっぱいになったんですよ。

投稿: theo | 2007/06/25 22:44

こんばんは~!

theoさんの「私は悠河ちゃんって、たとえ打ちのめされ、傷つけられも
暗い影をまとわないで、キラキラしているような気がして…。苦労しても苦労しているように見えないタイプ?なんて思えて。だとしたら、ちょっと気の毒かなぁなんて…」
というコメントに、私も同感です!きっと、いろいろ辛いことがあったあろうけど、キラキラ輝いている悠河さんは、すごいな~と思います。
初日の観劇時は、胸がいっぱいでした(^^;)
22日に放送された、スターロングインタビューを見て、涙してしまいました。そして、トップになれて、良かったね~!!と、しみじみ思いました☆

初日より、お芝居もショーも進化しているそうですし、次の観劇が楽しみですね(^^)

私は、スカステの初日とインフォメーションの放送をリピートしてます!明日は、NOW ON 放送ですね~♪♪楽しみですね♪♪


投稿: のり | 2007/06/28 19:53

のりさん、
私は、ショーの土星の場面で、
傷つけられてもまだ人を信じているFANTASISTAの表情が、
たまらなく好きでした。
だからこそ、次の再生の場面になるんですよね。(うるる‥(T-T))

突撃レポートで、主演男役の感想を訊かれた悠河ちゃん、
ちょっと感極まっているように見えませんでしたか?
泣きそうなの我慢してる?と思うと、私までうるうるしてしまいました。
ナウオン、本当にたのしみですね♪
次の観劇も待ちきれないくらいたのしみです。

投稿: theo | 2007/06/29 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/15550515

この記事へのトラックバック一覧です: 「バレンシアの熱い花」語り。:

« 「バレンシアの熱い花」@加美乃素貸切公演 | トップページ | 美しく残酷なひと ~「バレンシアの熱い花」語り。(その2) »