« 宙組「バレンシアの熱い花」初日。 | トップページ | 「バレンシアの熱い花」語り。 »

2007/06/24

「バレンシアの熱い花」@加美乃素貸切公演

6/23(土)、はじめて加美乃素の貸切公演を観劇しました。
かしちゃん(貴城けいさん)がイメージキャラだったので、加美乃素の貸切といえば雪組。
という印象をずっと持ってました。
(かしちゃんが星組に特出した「1914/愛」では星組でありましたね)

かしちゃんが宙組に組替えになった「竜馬伝」では、宙組で貸切公演が開催されていましたが、
かしちゃん退団後、どうなるのかな?と思っていたら
この宙組公演で貸切公演がある、しかもお披露目初日の翌日ということで、
なんとかチケットとれないかな~と、はじめて加美乃素製品を購入して、応募してみました。

毎回、司会進行の方(社長さん?)が良い味だしている…とも聞いていたので、
それも密かに期待しておりました…(^^)

(以下、ネタバレいたします)

加美乃素の貸切、ということで、男性の姿が目立ちました。
男性トイレの列も、はじめて見たかも・・・。

で、お芝居のラストちかく、フェルナンドがイサベラをかき抱き
「私は君を、心から愛した」と言うところで、
斜め前の席のご年配の男性が、目頭を押さえられて・・・
「あらまあ、何かお心当たりの過去でもお持ちなのかしら?」
なーんて、つい思いましたが。
(たぶん、たんに目がお疲れになっただけだと思います…笑)

家庭を守る健気な奥様と、企業戦士、そして奥様には秘密の過去が?・・・なんて
ちょっと想像逞しくしてしまいましたです。ゴメンナサイ。<(_ _)>
(きちんとした、姿勢の良いご年配の男性でいらっしゃいましたです)

私事ですが20年前、結婚のご挨拶に訪問した先の奥様が、
お子さんが入院した時も、ご自分の親御さんが危篤という時も
出張先のご主人には一切知らせず、ぜんぶ自分1人でこなしてきたと
誇らしげにおっしゃって、それがサラリーマンの奥さんの務めだから
あなたも頑張りなさいとおっしゃったこととか、
夫の親戚の伯父伯母たちに、
「旦那様が朝帰りをした時は、玄関で三つ指をついて、にっこりお迎えしなさい」
「そのほうが男性は堪えるものだから」
と言われたこととか、をバレンシアを見て、思い出しました。

そう言われた私は、心の中で
「え~子どもが大変な時、辛い時こそ、夫と分かち合いたいのに…」とか
「夫が好きなことをするなら、私も好きなことをさせてもらう~」とか
思ったものですが…(^_^;)

上述の奥様は、ご自分の生き方に誇りをもっていらっしゃって、
私が「え~?」と思ったその事にこそ、ご自分のレーゾン・デーテル(存在理由)を
感じていらっしゃるのだろうなと思います。
この奥様は極端なのかもしれないけれど、企業戦士として、その妻として
日本の高度成長期を支えた方々が「バレンシアの熱い花」をご覧になったら、
また私とは違った感想になるのかも?と思ったりします。

反対に、お若い人たちはどうなんでしょうか。
私の娘なんかを見ていると、私の若い頃よりもずっと保守的な考え方をしているようにも思うし、
「え?それで男の子は納得してくれるの???」と驚くようなことを異性に要求してて
また、男の子もそれを受け入れていたりするので、
これが噂のジェネレーションギャップってやつ?と驚いたりするので…。

世代間の男女観の違いで感想が変わるのでは?と思うこの作品は
案外面白いことになるかも…なんてことを考えた貸切公演でした。

さて、幕後はトップコンビ+蘭寿さん、北翔さんへの花束贈呈などがあったのですが、
ようこちゃん宛ての花束とらんとむ君宛ての花束が入れ替わる「手違い」があって
進行の社長さん?のおっしゃり方(あたふたし方?)がなんとも和むというか…
4人それぞれへの一言感想とかもおっしゃって、その内容も温かく和みました(笑)。
加美乃素製品ともども、これからも宙組をよろしくお願いしますということを
何度も言ってくださって、本当にありがたいことだなぁ~~と思いましたです。

4人それぞれの挨拶もあり、悠河ちゃんの、ことし発売75周年を迎える加美乃素の
ように、発足10周年の宙組も、皆様に長く愛されたい…というかんじの内容に
なんて立派なご挨拶を…と、ついつい母心になってしまいました(笑)。

|

« 宙組「バレンシアの熱い花」初日。 | トップページ | 「バレンシアの熱い花」語り。 »

コメント

theoさん、こんばんは。
先日は色々とありがとうございました。
とても楽しい観劇になりました☆

社長さん?のご挨拶、素敵でしたね~。
私ですらおぼつかない(ダメじゃん)、
役名をきちんと覚えてられて、
説明までしていただけるのですね。
(しかも、コメントつき)

何度も何度も、バレンシアの観劇を
宣伝していただけて、その辺も
人柄の良さがでておられました。
75年だなんて、すばらしいです。

近くの席のおじさまたちが、ショーでは
一つ一つに拍手をしてくださってて、
その辺も嬉しい観劇になりました。


投稿: yu | 2007/06/24 23:41

yuさん、
こちらこそ、バナナの件をはじめ、あれもこれも
いろいろとありがとうございました。
(洗顔フォームも使ってみてくださいね…笑)

加美乃素の貸切、ふだんとは異なる風景が見られて
新鮮なかんじでしたね。
おじいちゃまが、小学生くらいのお孫さん(女の子)を連れて観劇、
なんていう風景も、私には微笑ましく新鮮に映りました。
出演者4人の挨拶もあって、本当に良かったです。
(幕間の抽選のみっちゃんも良い味出してましたね)

投稿: theo | 2007/06/25 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/15542965

この記事へのトラックバック一覧です: 「バレンシアの熱い花」@加美乃素貸切公演:

« 宙組「バレンシアの熱い花」初日。 | トップページ | 「バレンシアの熱い花」語り。 »