« 「追憶のバロセロナ」が好き。 | トップページ | 李歐とか葉宗明とか的場冬彦とか。 »

2007/12/09

「マラケシュ・紅の墓標」(博多座)。

今日はCSで博多座版「マラケシュ・紅の墓標」を見ました。

今月これで3度目です。何回見ても好きなんです。

ムッシュ・コルベットに泣かされ、イヴェットに泣かされ、
アマンに泣かされ、レオンに泣かされ、
リュドヴィークに泣かされ、ファティマに泣かされ、
クリフォードに泣かされて・・・
切ないのに、はじまると、つい見入ってしまいます。

ラストで、リュドヴィークが歌う歌も、喩えようのないくらいにせつなくて
だけど、不思議と聞いていると、自分の中の何かが浄化されるようで
もっと聴いていたい。また聴きたいと思ってしまいます。

荻田先生の詩って本当に心に染み入ります。
深い孤独の闇を知る者の寛容さのようなものを感じます。

悔恨と痛みをともなう受容と、そして癒しと。
傷を負ったものだけが知る快楽かもしれない。
歌いきるおささんも凄い。どこまでも深遠で、素敵。

中毒性のある作品だなぁと思います。

|

« 「追憶のバロセロナ」が好き。 | トップページ | 李歐とか葉宗明とか的場冬彦とか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/17320038

この記事へのトラックバック一覧です: 「マラケシュ・紅の墓標」(博多座)。:

« 「追憶のバロセロナ」が好き。 | トップページ | 李歐とか葉宗明とか的場冬彦とか。 »