« 将校の恋。 | トップページ | 寿美礼色の今宵の愉しみ。 »

2007/12/02

マタ・ハリ。

「黎明の風」のポスターを眺めていたら
ようこちゃんが、だんだん、人妻というより
女スパイに見えてきました。

轟さんはそのボス。

アメリカン・オフィサーと日本人の美人エージェント。
新憲法制定をめぐって仕掛けられるハニートラップ・・・・・・(笑)

哄笑を残して去っていくようこちゃん・・・・見たいなぁ。

(そういえば、「フェット・アンペリアル」でもようこちゃんはスパイやってましたね)

実は・・仕掛けているほうが仕掛けられていたりして・・(逆ハニートラップ?)(笑)

スミマセン。
いまだ現実逃避中です・・・・

|

« 将校の恋。 | トップページ | 寿美礼色の今宵の愉しみ。 »

コメント

やーん、もう。Theoさんたら。。。

マタ・ハリ・・・・私もだーい好き!

インドネシアが舞台だった?
でも本人はオランダ人だったっけ?
(うわ。すごい曖昧な記憶で書いてる>ちゃんと調べろよ)

あとで出なおすかも?
とりあえず送信して。。。と、逃亡・・・

投稿: ichiyo | 2007/12/02 14:04

思い出しました。

ジャワ生まれのオランダ人だ。(多分ハーフ)

ジャワの王家の末裔っていうふれこみでパリでダンサーで
活躍したんだから、ほんとようこちゃんにやってほしいな。

確か、腕の動きがものすごくセクシーなダンスだったはず。

タカハナ時代の初期にあったような娘役がタイトルロール
みたいな作品があってもいいなぁ。【マタ・ハリ】それで
悠河さんはマタ・ハリに翻弄されるフランス人将校か?

投稿: ichiyo | 2007/12/02 14:10

◇ichiyoちゃん、
コルチザンヌでダンサーで、フランスとドイツの二重スパイ。
ガルボやディートリッヒも
マタ・ハリをモデルにした映画のヒロインやってますよね。
映画は見たことないんだけど。
るいちゃんがやった川島芳子は、“東洋のマタ・ハリ”の異名がありましたよね。
私のイメージだと、ようこちゃん=峰不二子ちゃんなんだけど(笑)

宝塚でやるなら最後は大どんでん返しのハッピーエンドがいいな。
悠河ちゃんは、マタ・ハリのロマンスのお相手のロシア人将校で、
その正体はじつは大泥棒とかね(笑)。

投稿: theo | 2007/12/02 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/17246419

この記事へのトラックバック一覧です: マタ・ハリ。:

« 将校の恋。 | トップページ | 寿美礼色の今宵の愉しみ。 »