« 不滅の恋人、青春のプリンス。 | トップページ | 「マラケシュ・紅の墓標」(博多座)。 »

2007/12/09

「追憶のバロセロナ」が好き。

久しぶりにCSで「追憶のバロセロナ」を見ました。

好きだなぁ~~~この作品。
いままでに見た正塚先生の大劇場作品で、一番好きかも。
正塚先生のコスチュームものって珍しいですよね。

なんとなく、「バレンシアの熱い花」へのリスペクト、オマージュ的な感じもします。
スペインもの、フランスに対して蜂起、主人公が貴族から義賊(“黒い風”)へ、
そして貴族の若様である主人公とロマの娘の恋。とか・・・
(こちらの貴族の若様にもフィアンセがいたのだけど・・・)

主人公が貴族の身分を捨て、ロマの娘と結ばれるラストは、
「バレンシア~」で溜まっていた受け手の積年の心の澱
を解放する効果(カタルシス効果?)もあるかも。

この作品のどこが好きって、いろいろ好きな要素はありますが、
まず、男前がいっぱい!!!! これは外せません。
主人公はもちろん、親友、ロマの友、敵役のフランス将校、みんな男前~!

そして、正塚ワールドの必需品、信念のオヤジの存在(=まりえったさん)が
またカッコイイのです。

立場や生き方が違う者同士が、お互いを理解しあうという正塚節も健在だし。
それぞれが、自分に課せられた人生を一生懸命に生きている。

その結果、親友と敵対する立場になったり、愛していた人が遠い存在になったり、
切ないこともあるのだけれど、受け入れて前向きに生きていくなかで
それをブレイクスルーして行くところも。

待ち受けているのは安穏な未来ではないとわかっているけれど、
それでも希望を感じることができるラストも好きです。
この作品で退団していく人への愛に溢れた作品でもあるなぁと。
(残る人たちへの愛もあるなぁと)

以前見たときには思わなかったのだけど(今だからこそかもしれないけれど)、
自分の贔屓の生徒さんが、こんな作品に当たると幸せだなぁとも思いました。

|

« 不滅の恋人、青春のプリンス。 | トップページ | 「マラケシュ・紅の墓標」(博多座)。 »

コメント

私も観ていました。
本当に溜飲が下がるとはこのことか。。。
ロマの娘とちゃんと結ばれるし(笑)
またおきゃんなイサベル(名前まで似てる)をようこちゃん
がやったら似合うだろうなぁなんて考えていました。
もちろん、ぶんちゃんの演説っていうのかしら?
「私が倒れても第2第3の黒い風が出てくる云々、、、」
のところがいいなあと思いましただ。。。

いい作品でしたね。ぶんちゃんもかっこよかったわ。

投稿: ichiyo | 2007/12/09 01:50

◇ichiyoちゃん、
以前見たときも好きだったんですが、
「バレンシア~」のあとに見ると、また違った感慨がありました~
「バレンシアの熱い花」を、時を経て正塚先生がやるとこうなるのかな~と思って、
それも面白かったです。
うん、イサベルはようこちゃんに似合いそうな気がします。

絵麻緒さん、良かったですね。
正塚先生も、良いセリフを書かれていますよね。絵麻緒さんのフランシスコに。
フランシスコ(絵麻緒さん)とアントニオ(成瀬さん)の掛け合いの歌のシーンも好きです。
(成瀬さん、すっとした貴族らしい男前~)
セシリアのとなみちゃんの失神シーンも好きです。姫役者ですよね。

以前CSを見たときの自分の感想を読み返したら、やっぱり、そのときも
「贔屓の組でこういう作品をやってくれないかなぁ」って書いてました(笑)。
いまも同じ気持ちです。
(再演希望ってことじゃないのです。あくまでも「こういう作品を」なの)

投稿: theo | 2007/12/09 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/17314857

この記事へのトラックバック一覧です: 「追憶のバロセロナ」が好き。:

« 不滅の恋人、青春のプリンス。 | トップページ | 「マラケシュ・紅の墓標」(博多座)。 »