« ちがいます。 | トップページ | 2/28のマッカーサー@「黎明の風」 »

2008/03/01

清く正しく慎ましく。

昨夜、ムラから帰ってきました。
今回の遠征は、本当に本当に行ってよかったとしみじみ思っています。

もちろん、シャルマンの違うウィッグを見ることができたのも、その1つです。
あの髪型が、条件付の限定だったとしたら(ex.平日3時公演とか)
あとは、ムラ&東宝のお茶会合わせの観劇しか予定がない私は
もう見られるチャンスがないかもしれないし・・・。
ヘアスタイルが変わるだけで、関係性まで変わったように見えることが
たまらなく不思議で・・・
本当に良いものを見せてもらった~ 来てよかった~~(>_<)。。。と大興奮しました。

そして、公演を見ていて、舞台の悠河ちゃんを見ていて、
なんて自分は俗世に穢れているのかな~って、情けなくなりました。
皆全力で舞台を良くしようとしているんだ…と、はっとする刹那がありました。
なんなんでしょうね。
たとえば、初舞台生ロケットを見ていたら、突然流れてくる言い知れない感情とかと同じ?
それと同じようなものを、舞台から感じました。
木曜日の3時公演は、本当によかったです。
笑顔に涙が出そうになったり、ちょっとした誰かのアドリブ台詞が可笑しかったり。
轟さんも、風共のシーンでどんどんエスカレートしていくし(笑)。
なんでしょう。
見ている私も高揚するような。
なぜかわからないけど、小さなことの積み重ねにじわじわっときていました。

そして、もう1つは、出会いやご縁に感謝です。
自分は、なんて薄汚れているんだろうと、ここでも思いました。

1人のジェンヌさんを、長く応援していくことの素敵さをしみじみ感じました。
なんて心が寛いんだろう。器が大きいんだろう、と自分の小ささが情けない気がしました。
おっしゃることは楽しくて面白いのに、そのなかに含まれているやさしさとか
人としての大きさとか。しみじみと感じさせてくださるファンの方たちに、
和まされ、癒されて自分を猛省させられました。

自分の努力のみで自分を変えることは、私にはとても難しく険しいことですが、
こんなかたちで素敵な方たちとのご縁によって、すこしでも自分が変われたらいいなぁと思います。

宝塚には、ビギナーには不思議な決まり事とかもあるけれど
そんな決まり事に護られていることもあるのだということも感じました。
皆で支えあっている世界なんだな~と。
そういったことや、そういったことを大切にしている方たちにも
これからは敬意をもっていたいと思います。

というわけで猛省したので、私も心を入れ替えようと思います(笑)。
汚れが溜まってきたら、また宝塚に行って心を洗濯してこよう…と。
(とはいえ、それには先立つものの問題が・・・・bearing

宝塚の魅力が、また1つわかったような気がしました。
なにより私にとってはとても大切な宝物を得られた遠征でした。

|

« ちがいます。 | トップページ | 2/28のマッカーサー@「黎明の風」 »

コメント

お帰りなさい!
なかなか得る物が多かった遠征だったみたいですね。
私も泥まみれですよぉおおおお。

宝塚に住みたい。
息子のお友達のお母様のご実家があの目の前のマンションで
(宝塚ファンでは特にないみたいですが)羨ましい。

東宝のようこちゃんのお休みが決まったり。
次の本公演のラインナップが出たり一喜一憂ですが
ファン生活を楽しみましょう。

投稿: ichiyo | 2008/03/01 12:22

◇ichiyoちゃん、
綺麗事ばかりじゃ現実は生きられないですよね~
泥をかぶらなくてはいけないことも多々。
でも自分を省みられる機会をもてることは、
人として幸せだなぁと思いました。

お芝居の中には、前回見たとき
演じている生徒さんが可哀相で、正直、目や耳を塞いでしまいたい場面もありました。
でも、今回はその場面を、生徒さんたちが面白い場面にしようと盛り上げているのがわかったんですよ。
私も俯くことなく笑えて、その刹那、皆の気持ちにうるっとしてしまいました。
どの役の生徒さんも、本当に良い舞台を作ろうとがんばっているんだなぁと思いました。

脚本上、え~それは…と思うところもないとはいえなかったですが、
それ以上に、熱くて前向きで心温まるメッセージが伝わってくる作品だと思います。
白洲さんが歌う主題歌もストレートなメッセージがいいなぁと思います。
人はどんなことからでも学べるんだなぁと。
どんな状態からでも、きっと前にすすめるんだなぁと。
立場の違う人をみとめ、思いやる気持ちとかも。
いろんなことを経験した大人ほど、泣ける作品かもしれません。

ichiyoちゃんも、東宝で感じてくださいね。(^^)

投稿: theo | 2008/03/01 13:54

お帰りをお待ちしておりました。

theoさんのブログは、私には頷くことばかり。
まだ一回しか観ていない私は、何度も観る意味が分かったように思います。

娘とも、今年は無駄遣いをやめて、一回のところを二回観れるようにしようと、目標を決めましたよ。

黎明だからなのか?
悠河さんだからなのか、又観たくなる。
私が今まで生きてきて、無い感覚で不思議でしょうがないのです。

宝塚恐るべしですね(笑)

投稿: ayumi | 2008/03/01 22:09

◇ayumiさん、
そうなんですよ~
なんども見たくなるのが、宝塚の魅力でしょうかね~??
演じている人たちも、いろいろとアプローチを変えて来られたりするので、
納得いかなかったところが、次に見たら、ストンと落ちることもありますし、
今回の悠河さんみたいに、鬘を変えてこられたりすると
また見え方が変わって、新鮮だったりもして・・・。
役替わりなんかがあったりすると、もう(笑)
まさに、思うツボにはまるかんじですね・・・(^_^;)
劇場まで近ければ、週1とか通いたいですが。。。
そうもいかないので、初日近くに1回、楽近くに1回くらいの
感じでみたいな~と思っているんです。
(今回は、それにプラスで中日あたりに見ることができて、ラッキーでした)

投稿: theo | 2008/03/01 22:58

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/40322224

この記事へのトラックバック一覧です: 清く正しく慎ましく。:

« ちがいます。 | トップページ | 2/28のマッカーサー@「黎明の風」 »