« 克己のジェントルマン。 | トップページ | 清く正しく慎ましく。 »

2008/03/01

ちがいます。

2週間ぶりにムラへ行って来ました。
今回、本当に行って良かったです。
シャルマンの別の髪型を見ることができたのもそうですが、
それ以上に、個人的にいろいろと。

それについては、またちゃんと書いておきたいのですが、
2週間ぶりに観劇して、前回の観劇の際の感想に
記憶違いや思い違いがあることを、見ながらつくづく思いました。
本当に記憶ってアテにならないですね~(>_<)。
人は、見たいように見、聞きたいように聞くものだと、しみじみと思いました(^_^;)。

具体的にはいろいろとありますが、たとえば、
悠河ちゃんの「すんごいブーツ」は、中詰めの赤い衣裳のときじゃなくて
その前のオレンジ系の時に履いていたものだったり。

あと、印象がちがったのは、
中詰めの「Passion」。とってもオトコノコっぽいと思っていたのに、
今回見てみると、とっても俺様になってました~)^o^(

シャルマンも、悠河ちゃんが一方的に轟さんを想っているように見えていたのに、
2人がまるで見せつけるように官能的で、熱くて・・・ヤバかったです。
可愛い「弟さん」が、とっても悩ましくて、ますます「この関係って・・・?」と
頭を悩ませました。

さらに木曜日の3時公演で見た新しい髪形(シャギーが入ったアレンジボブというのかな)
のシャルマンが、とっても可愛くて可愛くて。
またまた、「どおゆう関係?」状態です。

「大空へ」の場面のまちゃみちゃんも、とても華があったし。
(初に見たときは、ようこちゃんがいないことに心が捉われて過ぎていたのかも)
カルナバルの悠河ちゃんとまちゃみちゃんの関係も好きです。
全体的に、カルナバルの悠河ちゃんが俺様で、
それがとても好きでした。

ほかにも、ちがうところ、思い違いがいろいろとありますので、
どうぞ、たしかめてみてくださいませ。

|

« 克己のジェントルマン。 | トップページ | 清く正しく慎ましく。 »

コメント

theoさん、遠征お疲れ様でした。
木曜日の公演は、2公演とも本当にいい舞台でしたね。
私も一週間ぶりの観劇でしたが、11時の舞台で轟さんらの台詞回しが変化していて、台詞噛むところも無くなり、かなり完成形に近いと思いました。
が、3時の舞台はそれを上回る素晴らしさ。
なんと言うか、はじめからみんなのテンションが違う!台詞も演技も振りも組子全員楽しそうで楽しそうで、それプラス余裕も見れて。
何なんだろう?舞台上での小芝居もアドリブ満載。そしてタニちゃんのマッカーサーは、11時公演より声が一段と低くなり、貫禄が出ていました。
朝鮮戦争勃発で白洲さんと対決するくだりは、まるでマッカーサーが降臨したようで圧巻(><)
冷静であるべき司令官が、軍人の誇り、意地、思い通りにならない焦燥、葛藤、平和への思いやジレンマなどが混沌となり、一気に爆発したのかと思いました。
タニちゃん、感極まったのか泣きそうでしたね。ここで泣いたらいかんと思ったのか、お顔を真っ赤にしてこらえているのが見えました。
まわりもその雰囲気が伝わったのか、引きずられたのか熱かった。解任の知らせを持ってくるジーンも走りこんでくるところから良かったです。
そして、演説の場面。最初から泣くのかしらと思っていたら、「もうやりきった、思い残すことは無い!!」という清清しい、威風堂々たる姿でした。
ショーも最初から、みんなニコニコ笑顔でおまけにあの鬘(^^)
アダルトから一転して若い貴婦人。中年(失礼)の叔父様に誘惑され、もう少しで落ちそうになりながらも、あと一歩で我に返って振り切るって感じ(爆)新たな妄想に悩まされるかも(爆)

本当に「みんな、今日いいことがあったのかしら?美味しい差し入れか、このあと宴会でも?」なんてtheoさんと冗談言い合ってましたが、もしかすると後半の演目とも関係あるのかななんて、昨日考えていました。
後半演目は完璧にあてがきみたいなので、それも楽しみです。

投稿: エレナ | 2008/03/01 09:57

◇エレナさん、
木曜日は本当にありがとうございました。
とってもたのしかったです! 充実した遠征になりました。

エレナさんの公演感想は、私が言いたいことそのもの~!
私が漫然と感じて言葉にできないでいたことを、わかりやすく書いていただけて
私はもう書くことがないわ~happy01

私も、あのときのマッカーサーは感極まって泣いてしまうのではないかと思いました。
あの胸中に去来するものはなんだろうと思っていました。

>冷静であるべき司令官が、軍人の誇り、意地、思い通りにならない焦燥、葛藤、
>平和への思いやジレンマなどが混沌となり、一気に爆発したのかと思いました。

まさにその通りですね。
かれも、白洲さんと同じく、自分のプリンシプルを貫いている人ですね。
そしてプリンシプルを貫くということが、どんなに高い精神力を必要とすることかということを、
教えられた気がしました。
本当に、何かが降臨したかのようでしたね。
演説のときのあの表情は、やりきった人の満足と安堵感だったのですね。

観劇後のエレナさんの、ヘアスタイル違いのシャルマンに対する表現には爆笑させていただきました。
まさに(笑)。
轟さんの眼差しも心なしか、いつになく甘くてめろめろってかんじじゃありませんでしたか?
その余波か、金曜日の轟紳士の瞳も輝いていた(ように見えた)んです。
「こ、このヒトたちわ~~~!」って感じで、目を逸らしてしまいそうになるくらいラブラブに感じました。
(もしかして、客席に見せつけてる???と)

私は、「美味しい差し入れ」に一票!だったのですが(笑)、
そうか~昨日の発表に関係していたのかもしれませんね~

投稿: theo | 2008/03/01 10:39

◇エレナさんへ、追伸。
あの「すんごいブーツ」、エレナさんに履いていただきたいです~(笑)

投稿: theo | 2008/03/01 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/40318838

この記事へのトラックバック一覧です: ちがいます。:

« 克己のジェントルマン。 | トップページ | 清く正しく慎ましく。 »