« やっぱりともちんが好き。 | トップページ | やさぐれ、ヤメ。 »

2008/08/29

やさぐれてます。

博多でお会いしたうみのさんに、
「アンドレなんてきもいと思いません? だってストーカー以外の何者でもないもの」
と毒を吐いたバチが当たったようです・・・涙。
(うみのさんは、いまもれっきとしたベルばらファンの方)

でも・・・でも・・・すっかりメタボリックで醜くなった「昔の恋人(比喩)」になんて、会いたいとも思わないもの(滂沱)。
私にとって、宝塚の今の「ベルばら」はまさに、それ。

でも、いとしい王子のために、会いに行きますわ。ええ。名古屋まで。。。
「昔の恋人(比喩)」に毒づきながら、
前代未踏、前人未聞の美貌のアンドレを堪能させていただきますわ。

|

« やっぱりともちんが好き。 | トップページ | やさぐれ、ヤメ。 »

コメント

どうどう、落ち着かれませcoldsweats01

アンドレ編ということは「アンドレ様…」というバージョンになるのかしら?
でも外伝だから、またアナザーストーリーを練り込みのパターン?
タニちゃんがアンドレ…となるとロザリーがウメちゃん?
オスカルは?様々な疑問満載の私。
テオさんの注目はジェローデルがどういう扱いか?かしらん。
恋敵として対の扱い(らんとむ君と)でも面白い作品になるのではと思います。

メタボな昔の恋人とは言い得て妙!本当に毎回毎回がっくりくる部分がほとんどで。
でも一瞬の華を何とか見出そうと必死になるのもファンの悲しさかもしれません。

ペガサスに乗って宙を舞うオスカル(大劇場では指差して笑っていたひとが)crying
女性蔑視のことば(女のくせに生意な)angry
古くさい言い回し(釈迦に説法)coldsweats02
原作に添わない言葉遣い(アンドレから見たレニエは旦那様であって、ご主人様ぢゃないだろう~)annoy
…等々まだまだ文句は山ほどありますがどうかまともな部分のある
ベルばらにしてくれえ~と叫ばざるを得ません。

私の中では初代オスカルの榛名さんが大切な場面で真知子巻き&突然ドレスの突然女言葉に小学生ながら唖然とした覚えが…それからのトラウマがあるにもかかわらず「今度こそは」と見続ける私は完全に鴨ですね。

前代未踏、前人未聞の美貌のアンドレ。ぜひ堪能してくださいませ。
ヘアスタイルが気になるうみのでした~。

投稿: うみの | 2008/08/30 00:06

◇うみのさん、
すみません。コレを書いたときは、本当に混乱しておりました。
(前代未聞と打ちたかったのに、前代未踏になっちゃったくらい・・ええいままよ、でやけっぱち)
今は、もう大西洋のように心の広い私ですよ。ハハハ・・

そうでした! ジェローデル!
ぜひぜひ、彼にショコラを引っ掛けてもらいたいものです。
ジェロ様には、それをキザにヴェネチアレースのハンカチで拭っていただきたい!
もちろん、ジェロ様にはその前に、「妻の使用人云々」の高慢なセリフでアンドレを逆上させてもらわねば。
(ジェロ様がともちんなら、とてもうれしい♪ たにvsとも萌え~)
ともーデルでこのシーンがあるなら、それでリピれます!

そうか・・・そういう心境でいらっしゃるんですね。
心中お察し申しあげます。
榛名オスカルのあれは・・・どう考えても、ベルばらのオスカルを理解した人が書いた脚本とは思えなかったです。
そして私も、女のくせに、女でありながら、女の身で、女にも・・・と、女女言うセリフが、どうにも堪えられないのです。腹が立つというより脱力します。
聴きたくないセリフを耳に入れない術を会得してから、観劇に臨みたいと思います。

投稿: theo | 2008/08/30 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/42317794

この記事へのトラックバック一覧です: やさぐれてます。:

« やっぱりともちんが好き。 | トップページ | やさぐれ、ヤメ。 »