« ビルとマリアおばさん。@博多座 | トップページ | シモンズだったの? »

2008/08/11

カリスマの息子。

公式サイトで発表されている「Paradise Prince」の配役を見て、いろいろと思いを馳せています。

ともちん、シャルルって。
おフランス系、もしくは仏領出身の人?

たっちん、アンジェラって名前なんですね。
アンジェラ、愛称アンジー。
「アンジー」というローリング・ストーンズの名曲がありますよね。
そして、アンジェラというと、デヴィッド・ボウイの元奥さんのアンジェラ・ボウイを思い浮かべる、かつてのロックおたくの私です。
(ボウイとストーンズは交友があったので、「アンジー」という曲名にもいろいろ噂がありますねぇ~)
とりあえず、ボウイのex.wifeのアンジェラさんは破天荒な性格の人だったようで、いろいろと伝説があります。
バイ・セクシャルの夫婦だったとか、スキャンダラスな暴露本も。

一樹さんは、ゴールドウィンなんですね~
ゴールドマインだったら、狂喜乱舞してしまうのに・・・(^_^;)

公式の悠河さんの写真を見て、最初に思ったのが、「アンディ・ウォーホル?」
ヘアスタイルが。

アートのことは、ほとんどわからない私ですが、アンディ・ウォーホルは私にとってカリスマでした(笑)。
70~80年代のロックやポップ・アートの世界には、本当に「カリスマ」や「○○の神様」が存在していました。
名前だけで、存在だけで、人をひれ伏させる人々が。

ミック・ジャガーやデヴィッド・ボウイにルー・リード、イギー・ポップ・・・。
私にとってのカリスマな人たちが、崇めていたのが、アンディ・ウォーホル。
だから、わけもわからず私も尊敬の念を抱いていました。
(師匠の師匠ってかんじですかね)

すこし世代はくだって、デヴィッド・シルヴィアンもウォーホルを大変リスペクトしてました。
ヘアスタイルまで似てた・・・(笑)(サングラスするともっと似てた・・・)
「Gentlemen Take Polaroids」とか歌ってたし。
(ウォーホルはポラロイドを撮るのが好きだったみたい)

ネットもなかった時代なので、もっぱら雑誌が情報源で。
写真めあてに洋書コーナーに通ってました。
タブロイド版の音楽情報紙の写りの悪い胡散臭い写真を食い入るように見てました(笑)。
ルー・リードをはじめとするベルベット・アンダーグラウンドのメンバーとボウイ、イギーがホーム・パーティをしているような写真を見たことがあります。
ルー・リードの男の恋人といわれたとっても美青年のレイチェル・スウィート君も写っていたと思います。
(彼は、ドラァグ・クイーンでもありました。綺麗でしたよ~)
男の恋人がいながら、女性と結婚していたり・・・
尖がって時代の先端を行っていましたねぇ。それがカッコよいと憧れていた私でした。
ロックとかモダン・アートの世界の扉の向こうには、父や母や学校の先生が知らない世界が拡がっていると憧れていたのです(笑)。
それが快感で。
身近な大人の言うことよりも、カリスマな彼らの言う言葉が黄金のように輝いて見えたの。。。(^_^;)
((笑)や(^_^;)を多用してしまうのは、どうしても苦笑いなしでは語れないからです・・・)
(昔の恋人・・・いえ、「昔の傷だわ」by イヴェット)

そんな、とっても素直じゃない青春時代を過ごしていました。
エレナさんとも語ったことがあるのだけど、むかし日向の道をまっすぐ歩くことができなかったからこそ、いまになって、足元に何が転がっていようと、まっすぐにしか歩まない悠河さんに惹かれるのでは・・・と(笑)。
なんつーか、よくもまあ、切ないくらいまっすぐっつーか、頑固に育ったこと・・・と思わせてくれる悠河さんが大好きです(笑)。

たとえば・・・共感するのは、マラケシュのイヴェットやリュドヴィークなのですが、
見ていて切なく、涙が出てしまうのは、しずくちゃんのサリーだったり、シンデレラ・ロックのシドだったりします。

話があっちにこっちに行っていますが、
カリスマを父にもったら・・・子どもってどんな気持ちだろうなぁなんて。
そんなことも、「Paradise Prince」の解説を読んで思ったりしています。

|

« ビルとマリアおばさん。@博多座 | トップページ | シモンズだったの? »

コメント

オリジナル物の初見前は色々妄想が膨らみますよね(笑)

カリスマ…という事でなくとも世間から偉いといわれる人や
成功を収めた父母の元で萎縮してしまい自分を見失う子供を
何人も見てきました。自分はたいした人間じゃないけれど
子供は別人格だから色々な事で追い詰めたりしないように
したいな~と思っていたら余りにお気楽に育ってしまい
それはそれでどうしたものかと・・・苦笑

考えてみたらパラプリの大劇場初日はもう来月なんですね。
そうしていつの間にか年末になってしまいそうで怖いです。

投稿: ichiyo | 2008/08/12 04:51

◇ichiyoちゃん、
たぶん、私たちやちょっと上の世代と、その親世代ほど
価値観が断絶した親子世代もないのではないでしょうか。
かなりギクシャクした、あるいは硬直した親子関係で育ってきた人が多いようで、
その子世代が親になって、親のようには育てまいと手探りの子育てで・・・
良いのか悪いのか、結果はまだまだわからないけれど、
愛していることだけは、ちゃんと伝えていけたらいいなぁと思います。
うちの能天気な極楽シスターズにも。。。(^_^;)

そうそう。そういえば、うちの極楽シスターズも名前がカラーズです。
パープルとグリーンなの(笑)。

投稿: theo | 2008/08/12 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/42140041

この記事へのトラックバック一覧です: カリスマの息子。:

« ビルとマリアおばさん。@博多座 | トップページ | シモンズだったの? »