« 愛するしあわせ。 | トップページ | 君ゆえに。 »

2009/05/06

君を忘れようとつとむれど。

宙組宝塚大劇場公演「薔薇に降る雨」「Amour それは…」
5月4日と5日の3公演を見てきました。

ジャスティンのキャラが変わっていたように思いました。
精悍で性急な男に。
同じセリフなのに、間の取り方とか、語気の強さで、見え方が変わるものだな~と思いました。
正塚先生の描く男性は、ともすれば小心で器が小さく見えてしまうので
4/28に見たときくらい、余裕があるほうが好みかも。

また正塚先生の本は、ちょっとした副詞の使い方にもこだわりがあるみたいで、
本当にちょっとしたところだけど、それが飛んでしまうと、「あ、もったいない」と思ってしまう。
言い換えではニュアンスが出なかったり・・・。

と、この作品は好きなのですが、ヘビーにリピートするには、少々難もなきにしもあらず…
アドリブがないこともそうだし、言葉が心地よく流れるのも。。。
こまかーい間とか、語気の違いで感じ取れるものの違いをたのしむのもいいのだけど、
観劇の間隔が空かないと、それも・・・
(今回の私の老体に鞭打つ観劇パターンにも問題アリですが)
(だって、退団公演なんだもん~~~~涙。。。)

と思っていた矢先の5/4の15時公演の出来事は、ちょっと面白かったです。

(以下ねたばれです)

運転はそこそこだという蘭寿男爵に、
「じゃあ、おとなしめのを送るか」と言うはずのジャスティンが、言葉につまり
「じゃあ、あれぐらいのを送るか」。

さらりと言ってのけたのはいいけど、私の頭の中は
「あれぐらい?あれぐらいって?どれぐらい?」とぐるぐる。

すると、男2人で港で感傷的になるのもなんだか的なことを言うはずの男爵、
いっこうに言葉が・・・・
(ジャスティンの想定外の一言で飛んじゃった???)

ど、どうしたの、とハクハク状態で固唾を呑んで見ていましたが、
本当に、言葉がでない男爵・・・。
なんでもないような顔で男爵の言葉を待つジャスティン。(戦犯はおまえだー!)

しばし無言の男2人・・・
(ジャスティンは、期待の瞳で男爵の言葉を待ってる)
(その瞳にたじろぐ男爵・・・)(←↑このへん、私の妄想がはいってマス)

ようやく、「ボクたち、変ですね…」とジャスティン。
変です。本当に、いろんな意味で…(^_^;)

「言葉がみつからなくて…」と男爵。
(それって、告白前の常套句ですが・・・)

で、またしても互いに言葉もなく…というか互いに言葉を探りながら、みつめあう・・・。
こらーーー!
よけいに妙な方向に思ってしまうやんかーーー!(私だけ?)
もう、ホント、あやしんですけど、あんたら・・・(汗)。

このあと、後を託す者と託される者の絶妙な心に染みるやりとりになるはずなんだけど、
どうやって、そこまでもっていくつもり。。。

「会社・・・・」と男爵。
アナタから切り出しますか・・・?!

「よろしくたのみますっッ!!!」力いっぱいジャスティン。

そして無事、いつもの流れになったのですが。(ああ残念。・・・ってコラ!)
本当にドキドキしましたよ~(^_^;)

ダレダレに観劇していた私の、心のカンフル剤になりました。

魔の中日? 皆おつかれなのかなー。
6日の新人公演を終えて休演日があけたら、
いよいよ残り10日。
怪我のないように、元気に公演を続けてくださりませ。
祈ることしかできないのがもどかしいです。

|

« 愛するしあわせ。 | トップページ | 君ゆえに。 »

コメント

theoさんこんばんは。

1日に、母を連れて二度目の観劇に行ってきました。
ほんとにお芝居って時間が経つと変わるものですね。
20日のMY初日で見たちょっとかわいらしさもあるジャスティン(最後の「これ、アメリカ行っちゃうよ」とか)が、ずっと声を張り上げていて、男くささ全開になっていてびっくりしました。

母は宝塚観劇二度目、大劇場初体験だったのですが、真近で大和さんを見て魂を抜かれていました。さらに蘭寿さんや北翔さん、なにより美羽さんの歌声に心揺さぶられたようで、いい母の日プレゼントにもなりました。

ショーはやっぱり物足りないままですが(あくまで好みの問題ですけど)、黒燕尾のところでは涙が止まらなくなりました。
ショーで泣いたのは初めてで、大和さんのことが本当に好きなんだと実感しました(笑)。

今週末に大劇場最後の遠征で、2公演見てきます。
どんなジャスティン、イヴェットに会えるのか楽しみでなりません。

この観劇後はなんとかもぐりこめたディナーショー、そして東京公演…。1公演ずつ大切に観劇したいと思います。

投稿: pupurun | 2009/05/06 23:38

◇pupurunさん、
やはり舞台は生もの。
見ないと、この変化はわかりませんよね。
お母様にも、良いプレゼントになったようで、よかったですね。(^^)
次回観劇では、どんなジャスティンに会えるんでしょう。
どきどきですね。
大劇場での公演もあと10日。
休演日明けには悠河さんの化粧前も白になりますね。。。
1日1日を大事に過ごせることを心から願っています。

投稿: theo | 2009/05/07 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/44913452

この記事へのトラックバック一覧です: 君を忘れようとつとむれど。:

« 愛するしあわせ。 | トップページ | 君ゆえに。 »