« もう理屈はいい。 | トップページ | 雨にぬれた薔薇のように。 »

2009/06/26

ともに人であればこそ。

宙組東京宝塚劇場公演「薔薇に降る雨」「Amour それは…」
6月25日の2公演を見ることができました。

ジャスティンのこと、私はずっと上から目線で見てて、
勝手な男だとか人タラシだとか言っていましたが
今日の公演を見ていて彼の気持ちがわかったような気がして胸が詰まりました。

特にエストールにやる瀬なさをぶつける場面に涙でした。

親の子を思う気持ちを利用する奴がいる。
娘の両親を思う気持ちに付け込む奴がいる。
心に秘めた一輪の薔薇。彼女の選択を受け入れ、自分とは二度と交わることのない彼女の人生をひそかに応援する覚悟を決めていたのに、それが邪悪な誰かの思惑によって脅かされようとしている。
それに対する強い憤り、やり場のない怒り。
それが凄く伝わってきました。

イヴェットの窮状を救う事ができて、本当に心が晴々としたこと。
だからこそ、渡米する気持ちになり、ヘレンとも結婚する気になれたこと。
イヴェットとは、決して交わらぬ自分の人生を歩む気でいたんだと思います。

そんな一つ一つの思いが感じられうるうるし通しの観劇でした。
何度も見た作品なのに不思議ですねぇ…。

明日はどんな感想を持つのか、楽しみです。

|

« もう理屈はいい。 | トップページ | 雨にぬれた薔薇のように。 »

コメント

なるほど。。。

深いっすねぇ~~

私もねぇ、、、見る度に受け方が違います。

私も気持ちもあるかもしれないし、悠河さんの演技にも

違いがあるし、、、今日はどんな感想持ったかな?

投稿: 一陽 | 2009/06/27 15:01

◇一陽ちゃん、
もともとエストールとのやりとりのあとのアリアは好きで、
ムラの初日あたりは↑の見方をしていたと思うのですが、
何度も観劇するうちにジャスティンに親しみ過ぎて
彼の心が見えなくなっていたみたい・・・

間をおくほうが新鮮に見られますね。
イヴェットへの想いも…今回は、せつない男だなぁ~と思った観劇でした。

ちなみに、ジャスティンは下手で見るほうがせつなくていい男だとおもいます…(^_^;)
(上手から見ると勝手な男の印象のほうが強くなっちゃう…)

投稿: theo | 2009/06/27 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63653/45454497

この記事へのトラックバック一覧です: ともに人であればこそ。:

« もう理屈はいい。 | トップページ | 雨にぬれた薔薇のように。 »