« 雨にぬれた薔薇のように。 | トップページ | 愛の墓標。 »

2009/07/06

ありがとうございます。

終わりました。

 

蒸し暑い中、私たちのためにガードの誘導に奔走して下さった他会の皆様、
本当にありがとうございます。
お蔭様で悠河さんを見る事に専念できました。

 

会のスタッフさんお手伝いの皆様、いつもありがとうございました。

 

フェアウェルを終えても実感が湧かなかった私ですが、
悠生ちゃんから「もう今までのようにお会いする事もなくなるから」と告げられて、
初めてそんな事も気がつきました。

 

悠河さんが宝塚にいる間は約束を交わさなくても当たり前のように劇場付近で
お茶会でお会いした皆様と、もうこうして会う事も無くなるのかと思うと、
急に淋しさが湧いて来ました。
悠河さんが宝塚にいないという実感がこんなところから沸いて来るものとは…。
皆さんと悠河さんのお話を出来てどんなに幸せだったか、あらためて感じます。
それなくしては私のファン生活は語れません。
ていうか、有り得ませんでした。
皆様本当にありがとうございました。

 

またいつか、どこかで当たり前のようにお会いすることができたら…と
今は願わずにいられません。

|

« 雨にぬれた薔薇のように。 | トップページ | 愛の墓標。 »

コメント

カーテンコールからパーティまで
私は大和さんを見ても話を聞いても
涙は出ませんでした。
完全に卒業してしまった姿を突きつけられて・・。
すっきりしたのかも。
ただ、ただ、
七帆ちゃんの挨拶ではないけれど
別れがさびしい・・・と胸がいっぱいで
皆さんとのサヨナラの方で胸がいっぱいで
最後の最後になき顔でさよならしてしまったような
気がします。
本当に楽しかった思い出がたくさんです。
ありがとうございました。

投稿: 悠生 | 2009/07/06 20:39

◇悠生ちゃん、
私も同じです。
下級生の挨拶に涙をおさえ、七帆ちゃんで嗚咽してしまいましたが、
悠河さんの挨拶の時は、泣かないでしっかり目に焼き付けました。
パーティも。

なのに、悠生ちゃんに言われて、はじめて寂しさがこみ上げてきました。
悠河ちゃんが卒業しちゃうって、そういうことなんだ・・・と。
皆で、「大和悠河」を愛(め)で、ツッコみ、時に憤り…
でも、それが「愛」で、
そんな存在である悠河ちゃんが大好きでした。

パーティでも心の中でいっぱいつっこんだし…(^_^;)
でも幸せそうに輝いている悠河ちゃんを見ている時間は幸せでした。

いつかまた、そんな時間を共有できたらと願わずにいられません。
悠河ちゃん次第ですかねぇ・・

投稿: theo | 2009/07/06 20:57

theoさんこんばんは。

なんとか前楽サヨナラショーを見る事ができ、
悠河さんの輝く姿、目に焼き付けられました。
昨日もお見送りしてきましたが、号泣でした。
友人に誘われて初めて宝塚を見たのが2年前。
悠河さんに出会えて宝塚が大好きになりました。
会にも入っていないイチファンですが、
精一杯見つめられて幸せでした。

でも寂しいです。パレードの悠河さんは、
浄化されたような透明感溢れる感じで、
もう男役ではなかったような気がしました。
とはいえ、男役ではない「大和悠河」になっても、
応援していきたいと思っています。

こちらのブログを拝見するのが本当に楽しみでした。
どうぞこれからもお続けください。
書き込ませていただきありがとうございました。

投稿: pupurun | 2009/07/06 21:27

◇pupurunさん、
悠河さん、本当に可愛い女性オーラでいっぱいでしたね。
パーティでもそんなかんじでした。

この14年間、辛いこともたくさんあったと思いますが、
「幸せ」と言い切って卒業する姿に優しさを感じます。

そして、いままで決して泣き言は口にしなかった悠河さんが、
ちょっとだけ弱さを見せているような気がします。
そんな悠河さんが、またまたさらにいとおしい気がする私です。
大和病はつづくようです・・・(^_^;)

pupurunさんもありがとうございました。

投稿: theo | 2009/07/06 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうございます。:

« 雨にぬれた薔薇のように。 | トップページ | 愛の墓標。 »