« 夜霧のしのび逢い。 | トップページ | ぬるいかな。 »

2009/10/22

固ゆで卵は喉に詰まる。

高村薫さんの『リヴィエラを撃て』を読んでいます。

淡々とした描写でありながらどこか物悲しさが漂うところが、高村さんだなぁと思います。

思いを切々と語るのではなく、見たまま記憶のままを、ただ描写する。
そこで筆にのるもの、のらないものの、ちょっとした取捨選択。
それで思いが伝わってくるのが凄いなぁ。

筆がのってきたときに仄見えるセンチメンタリズムと、一段落ののちの侘しさ。
抑制された筆運びを台無しにしない程度の。そのバランスが絶妙。
そこにはまってしまうのかも。

政治経済、国際組織、物理化学の専門用語はまるっきしわからないけど、
描き出される「一瞬一瞬を黙々と働き、淡々と命を費やす男」に惹かれてしまう。
彼に向けられる女の言葉、肉親の言葉、同志や敵か味方がわからない者たちの言葉。
浮き上がってくる男のプロファイル。

何のために――。
これほど自分を抑制してまで、
何に命を懸けているのか。

ある一瞬にそれを感じることができたら
それが、ハードボイルド小説を読む醍醐味だと思います。
男が、心の奥底に封じ込めている口に出せない思い、一瞬過ぎる迷いや甘さ。
それがなにゆえなのか。

自己主張のつよい雰囲気ハードボイルは多いけど、
これはなかなかの作品と思いつつ読みすすめています。

|

« 夜霧のしのび逢い。 | トップページ | ぬるいかな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜霧のしのび逢い。 | トップページ | ぬるいかな。 »