« 見えざるモノを見たよ。 | トップページ | 永遠の夜明けが訪れる刻。 »

2010/01/11

自分信じて。

今日はお休み。
CSをつけていたら、「PARADISE PRINCE」の東京千秋楽やってました。

泣かされちゃいました。
アトリエでのたっちんのシーンとか、登場人物1人1人の言葉に身につまされます。
舞台上の1人1人が、台詞に本当に心を込めているのが、つたわってきます。
東京の千秋楽だからなおさらでしょうか。
「BELIEVE IN MYSELF」を歌う悠河さんの気持ちの高まりまでも
TV画面を通してつたわってきました。

景子先生、本当に良い作品を書かれましたよね。
エキシビションのシーンのオチだけは、やっぱり脱力しましたが(^_^;)
(惜しいんですよね~オチが)
それ以外は、どこも本当に良いですね。
人の心に寄り添い、ふるわせることができる作品だと思います。

自分に正直に、作品に真っ直ぐに向き合う――それがアーティストとして一番大切
というスチュアートの言葉。
それは、大和さんそのもののことのように思えるし、
彼女がこの春演じる戯伝写楽のおせいちゃんにも、インタビューなどから
そんなところが見えるような気がします。
彼女が(悠河さんが)自分自身に、作品に真っ直ぐに向き合って立ち向かえば
きっと良い作品になると思います。
それは、カーテンズのニキも同じかな。

現実は甘くない。でも、あきらめずにがんばりたい。
悠河さんを見ると、そう思えます。

それにしても本当に、これぞあて書きって感じがしますね。
どう書いたら、それぞれの役者が輝くか。
景子先生ちゃんと考えてくださってるんだなと思います。

アニメーションチームも、友達チームも、スチュアート'Sファミリーも
ドリームキラーのアンソニーチームも。
皆しっかりと自分の役を生きていて、魅力的なキャラクターばかり。

私、まちゃみちゃんのヴィクトリアがめっちゃ好きだったんですよ~~
超カッコイイ美人なのに、ヘン!!!でしょう(笑)。
そしてウチマタのともちんさんのシャルルも大好きでした。
そしてそして、蘭寿アンソニーのあのシケ!! オールバックにシケ!!!
これでもかってくらい大好物を出された気分(笑)。

えりこちゃんのケヴィン、本当にイケメン。いいやつ。(娘の)お婿さんにしたいNo.1!
たっちんアンジェラ。気丈さと脆さ。迸るような感情ののった台詞に泣かされます。
アリスちゃんのマギーは本当に愛らしい
「私だって昔にかえりたい」のシーンとかなんど見ても泣かされます。

まさこちゃんジャックは何気におかしさを誘う。けど本気出すシーンは凛としてて
背が高くてイケメンなんですよね。そのギャップに女の子はやられちゃうんじゃない(笑)。
ふだんはへたれだが、やるときゃやるぞ!的な。それズルイんじゃない(笑)。

みっちゃんラルフの“あのシーン”はもう独壇場でした。
大ラスだからって人の心を弄んでくれちゃって。
求められるのを待っているその表情がまさにS様なんじゃない(笑)。
とうぜん、あのなりゆきは、してやったりですよね。2度もハグされちゃって。ねぇ。

ラストのママ(ローズマリー)とハワード小父さまのシーンはやっぱりいいですね。
あれ?小父さまの台詞、ふえてません?
ムラはあんなに冒頭でスチュアートについて語ったかしら…。(うろ覚えですけども)

そうか~ラストは、ちょうどクリスマスなんですね。
ほぼ1年前の作品ですけど、今かみ締めて見ていると本当に感慨深い作品でした。

|

« 見えざるモノを見たよ。 | トップページ | 永遠の夜明けが訪れる刻。 »

コメント

私も観ていました。ダンシングフォーユーも。。。

たっちんのエトワールは何回観ても鳥肌ものですが

この一作後で、タニちゃんも、ウメちゃんも、

えりこちゃんも、まちゃみちゃんも退団したわけで

この千秋楽でももう決めていたのだろうかとかと

考えていました。もう一昨年のことなのね。。。

ところで。。。夫は本日博多におります。。。笑

投稿: 一陽 | 2010/01/11 18:08

◇一陽ちゃん、
私もダンシングフォーユー見てました。
同じこと考えてました。

この公演中のお茶会には行けなかったのですが、
行った方たちが、お茶会での悠河さんの雰囲気から
「たにちゃんはもう退団時期を決めていると思う」
とおっしゃってて、私も覚悟しなければと思いました。
(でも覚悟したよりも1作早かった・・・)

プライベートでもこの公演中の悠河さんは
1人の娘としての葛藤もあったではとか
この公演中に撮られたと思われる、まさこちゃんとえりこちゃんとの
CSのトーク番組で、2人の成長に対する喜びと期待をすごく語っていて
やっぱり後を託すこと(=退団)考えてるみたい・・・と思ったことなど
思い出しました。
そして、なによりトップとして、たっちんたち退団者をしっかりと
そして温かく送り出そうとつとめていた悠河さんだったと。
懐かしいですね。
懐かしさについ、この公演中に書いた
自分のブログ記事を読み返してしまいました。
ファンとしてとても充実した日々だったみたいです。

ご主人様博多でしたか。
今日の博多は風が強くて寒かったです~

投稿: theo | 2010/01/11 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見えざるモノを見たよ。 | トップページ | 永遠の夜明けが訪れる刻。 »