« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の3件の記事

2010/03/09

夢かうつつかわからない。

8ヶ月前に発表されて以来、ずっとたのしみにしていたカーテンズ。
可愛くてピュアなニキちゃんとも、とうとうお別れで寂しく感じています。

 

初日にびっくりしたニキの声。
なにより、私たちファンがあの声に慣れるのが最初の壁だったかも。

 

初日は、出しなれないトーンの声にニュアンスや感情を入れるのに
苦戦しているように見えました。
東京楽近くや大阪では感情や可愛いニュアンスを出せるようになっててよかった~
と思いましたが、2公演ある日のソワレになると声が疲れるのか不安定になってたかな。

 

本場から届いたという衣装はどれも似合っていたし(たぶんお直しなし)
金髪碧眼のビジュアルも大和悠河さんにぴったりの役でしたが、
やはり男役から転身の第一作目にソプラノという設定が、いちばんの難題だったかも。

 

チョーフィさんと踊る「最高の見せ場」のダンスはもう最高。
まず、ニキが踊れないチョーフィさんをリードして・・・という設定も
コミカルさとやさしさに溢れて微笑ましくて、にやけちゃうし。

 

途中から空想の世界になって・・・本当に夢かうつつかわからない・・・
ファンタジックなセットに、優雅に踊るダンサーたち。そして心地よいミュージック。
まさに、Let's Face The Music And Dance!
まるで、ジンジャー&フレッド!

 

ボクはどっちだった?!って・・・ジンジャーに見えるわけないでしょうが!(笑)
このおとぼけさん!(^^)!(^^)!って毎回チョーフィさんにつっこみたかったです(笑)。
そういうところが、チョーフィさんの魅力ですよね。
フレッドよ、と真面目に答えるニキもたいがいですけどね(笑)。
本当にお似合いのおとぼけカップルだわ~)^o^(

 

夢をリアルに見ることができる。
舞台ってこれがあるからいいのよね。

続きを読む "夢かうつつかわからない。"

| | コメント (2)

こんなことでいいのかと。

ミュージカル「カーテンズ」名古屋公演を見ました。
本当に本当の千秋楽でした。

 

東京の初日に見たときは、ここは笑っていいの?と思ったり
この人どういうキャラクターなのかなと腑に落ちなかったりもしましたが
それが、スタッフや出演者の方々の力で、どんどん面白いものになっていき
名古屋ではここまで!!(笑)というほど、たのしい作品になっていました。

 

もともとがブロードウェイのミュージカル通の観客向けの作品だと思うし
演出家もアメリカの方を招聘していたし、じっさいに日本の板の上に乗せてみて
お客の反応などから、わかったことなんかもたくさんあるのだと思います。
すこしでも面白く、よりよく、という出演者、スタッフの皆さんの気持ちが
こうして素晴らしい作品に仕上げたんだなぁと感無量になりました。

続きを読む "こんなことでいいのかと。"

| | コメント (0)

2010/03/04

ウルトラスペシャルスーパーピュア!

2月28日、3月1日と月末月初の大変忙しいときに、
カーテンズ大阪公演行ってきました。

 

すごーーーくたのしかったです。
東京初日にツボがわからず首をかしげた作品が、東京の楽には
ハッピーになれる作品に大変身していましたが
大阪ではそれ以上でした。

 

ニキはもちろん、チョーフィさんもアーロンさんもジョージアもボビーも
みんな可愛い。みんなピュアなんです。
大人の純情、ピュアな気持ちがいっぱいつまった作品でした。

 

で。大阪のチョーフィさんはホント自由すぎです(笑)。

 

(以下ねたばれかな)

続きを読む "ウルトラスペシャルスーパーピュア!"

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »