« 長くもがなと。 | トップページ | 人生は美しい。 »

2011/01/14

妖精の翅。~スノードロップ~

妖精の背中から生えているのは羽根?or翅(はね)?

私は、天使にあるのが羽根(翼)。
妖精にあるのは翅だと思っています。

そう思うのは、昔見た妖精の絵の記憶のせいだと思います。

昭和40年代頃、
森永のハイクラウンというチョコレートの
箱に入っていたのが、
シシリー・メアリー バーカーさんという方が描く
花の妖精たちのカード。
水彩で描かれた愛らしい妖精たち。

かれらは、その名前に由来する花の花びらの服をまとい、
背中には透明な翅や蝶々のような翅をつけ
花々のあいだを飛び回っていました。

このところ、ちょっとセロトニンが不足しているのかなというかんじで
たいしたことでもないのに涙が出たりしてました。
(涙が出ると鼻が詰まるのがくるしい・・・(ーー;)

ちょっとした言葉がぐぐっ。
娘を思うとたらっ。
天候のせいで日照不足が原因かと思われます。

なのに(というか元々日照不足とかいう些細な理由だからかな)
現金なもので、悠河さんのオフィシャルサイトが更新されて
アップされた写真をいろいろ見ていたら、イッキにハイに(笑)。
えへへへー
ってかんじです。
ロウからハイへといそがしいです。

それをつぶやいていたら
「楽しい思い出が蘇りますね・・・」とリツイートをいただき
本当にそのとおりだなぁと思いました。
あの幸せな思い出は、私を元気に、笑顔にしてくれます。

遠くに住んでいるのでなかなか会える機会に恵まれない。
地元で日々暮らしているときは、堅実にまじめにって思っているのに
久しぶりに行って、あの魅力にやられちゃうと・・・・・(^_^;)

きっと彼女には不可視の翅が生えていて
はばたくたびに、人を虜にする成分が大量に入った鱗粉を
振りまいているのじゃないだろうか・・・・・・
とかね(笑) 本気で思ったりします


さて、
シシリー・メアリー バーカーさんの絵。
薔薇や桜の妖精ちゃんなど明るく華やかな子が基本私は好きなのだけど、
やっぱり気分のせいか、いまはこの冬の花の妖精の本の表紙の子が気になります。
この子は、スノードロップ(待雪草)。

この絵についている詩も
ディナーショーで悠河さんが歌った「THE ROSE」を思い起こさせてくれます。
雪に埋もれていても
ほんのすこしのおひさまの愛をかんじて咲く花
それがこのスノードロップなのです。


小さい頃、この妖精たちのカードを眺めるのが大好きでしたが
「ハイクラウンは子どもにはもったいない」と考える母には買い与えてもらえず
(高級なチョコレートという触れ込みで売られていたので・・・)
たまに会う祖父に買ってもらうだけなので、カード自体はあまり集まらなくて、
すこし大きくなって1人で紀伊国屋書店へ行くようになってから、
洋書コーナーでポストカードや絵本をみつけてすこしずつ集めていました。
でもいま、手元には1枚も残っていません。
妖精たちだけに消えちゃった ・ ・ ・ ?

(余談ですが、森永ハイクラウンのCMは鳳蘭さんがなさってたんですよね)
(ベルばら前の私が知っている唯一の宝塚=ハイクラウンの鳳蘭さんでした)
(ハイクラウン=高級チョコレート ∴宝塚=高級 っていうイメージもあったかも)

そんなことを思いつつ、なつかしくて、
いまならオンライン書店で注文できるんじゃないかと思って検索したら、
いま巷で流行の「大人の塗り絵」にこのシリーズもあるみたいで
洋書のこれを買うべきか、大人の塗り絵シリーズのほうを買うべきか
悩んでいます。
そもそも大人の絵本シリーズの「冬の花の妖精」にも、
この子はいるのだろうか・・・
どなたか、ごぞんじですか。

ちなみに「大人の塗り絵」シリーズは
こちらです↓
シシリー・メアリー バーカーさんの妖精の絵は、
画像検索ですぐに見られますので、
見てみてくださいませ。
たぶん、同年代の方は懐かしいと思います

|

« 長くもがなと。 | トップページ | 人生は美しい。 »

コメント

おおお~!花の妖精たちカード、ありましたね。

私はお茶づけ海苔(永谷園)の浮世絵(東海道五十三次?)カードを集めていました(汗)

確かにハイクラウンは大人のチョコでした、子供はLOOKチョコ!バナナ味が微妙?(笑)

キャラメルのハイソフトも高級感を漂わせ手強かった(笑)

なにげにハイつながりの記事、ナイス!

蘭トムの花組トップに驚く634より(笑)

投稿: 近藤634 | 2011/01/17 11:40

◇634さん、
ありましたありました(笑)
北斎とか広重とか、あと世界の名画シリーズみたいなのも
ありましたよね~<永谷園のお茶漬け

あとね、ほとんどヌガーのチロルチョコ(笑)。
私はバッカスとラミーが好きでした♪
(いまでも好きです)

来年は蘭寿さんを見に行こうと思っています。
ショーがある公演がありますように。。。(>人<)
(ファントムはパスすることに・・・)

投稿: theo | 2011/01/17 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長くもがなと。 | トップページ | 人生は美しい。 »