« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の2件の記事

2013/03/31

愛にみちたかなめとなれ。

3月25日26日に宝塚大劇場にて「モンテ・クリスト伯」と
ショー「Amour de 99!!-99年の愛-」を見ました。

ショーのコンセプトは、すなわち『宝塚愛』
タイトルどおり、99年もの長きにわたって愛されてきた“パラディダムール”宝塚への愛が
ぎゅうっとつまった作品でした。

(以下、ねたばれになります)

幕開けの華やかなこと!
正統派の宝塚レヴューのはじまりってかんじがもうすごくって。
テンションあがります。

そしてプロローグに歌われる主題歌が素敵。
レトロで往年の宝塚の主題歌らしい覚えやすいメロディ。
そして、愛にみちた歌詞。

大介先生の直球の愛!!!(笑)

かなめさんのソロ
♪愛に満ちた かなめ となれー
「アムール!」
もうあがるあがる!(*´▽`)
大介せんせい、ダイスキ!

曲の中で、花月雪星宙について歌われるのですが、
宙のところでは

♪翼広げて羽ばたこう
♪希望を信じて

大介せんせぇーーーー(´;ω;`)
先々代ファンにはたまりません。
(愛のスターかなめさんのお衣装もね♡)

♪キャトルヴァンディズヌフ 99年の愛~ はちょっと笑った。
(キャトルヴァンディズヌフ=4×20+19=99!!)

ショーのタイトルは『あむーるどきゅうじゅうきゅう』って読むんだねぇって
キャトルヴァンディズヌフじゃ言いにくいもんねーって。
そしたら、ちゃんと歌詞で歌ってた(笑)

ここのお衣装もとても素敵。
娘役は白のドレス、男役は白の燕尾に愛の紳士Sな人たちは
シャツがすみれ色。
キラキラしてるー(〃▽〃)

続きを読む "愛にみちたかなめとなれ。"

| | コメント (6)

2013/03/29

手をのばせば。

宙組宝塚大劇場公演「モンテ・クリスト伯」「Amour de 99!!」
3月25日と26日の3公演を見てきました。

魂をまだ劇場に残してしまっている気分です。
あーあそこに帰りたい・・・(;_;)

以下はざっとしていますが、「モンテ・クリスト伯」の感想です。

(ねたばれしています)

お芝居「モンテ・クリスト伯」は最近原作を読み返したばかり。
例によって、自分で勝手にハードルを上げてしまって、
初見の後は、それを篩い落とすひと手間が必要だったかな。

宝塚版は、原作小説とは設定がかなりちがうので
同じ名前の登場人物ではあっても、とうぜん、内面から全然ちがう。

原作を読み終えたばかりの私は、そこでおいてきぼりをくらったようで
とくに、ヒロインであるメルセデス(実咲凛音ちゃん)が受け容れがたかったのです。
キャラクター(性格)は原作のままのつもりで、宝塚版を見てしまうと
えええーーー?です。

いつまでも待つと言った舌の根も乾かぬうちに、1ヶ月で別の男と結婚して(原作とちがう)
再会したときには、『母親』という錦の御旗を全力で振り回してエドモンと
対決する。
なによこのひとーーー!(ーー゛)

おもいきりエドモン寄りな私はゆるせない気がして。
エドモンの瞳が傷ついてるやん!
で、ラストはあれでいいの?ねぇ?いいの?

納得がいかない気持ちを某ネットツールでつぶやいていたら、
ある御方が、その御方流のメルセデスの見方を語ってくださいました。
ナルホド!
なるほどね~
あのラストの告白を頭に入れて見れば、そのときどきのメルセデスの葛藤が理解できて
その気持ちに寄り添える気がする。

そう思って翌日2回目を見たら、メルセデスいい*\(^o^)/*!!!
になっちゃいました(笑)

エドモン・ダンテス(のちのモンテ・クリスト伯)の凰稀かなめさん、
最初の無垢な青年から復讐だけが生きる証な壮年の男に転身して、
さらにいろんな年齢のいろんな役に化けます。
その化け具合に瞠目。そして快感でした。
かなめさんすごーい*\(^o^)/*

続きを読む "手をのばせば。"

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »