« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の4件の記事

2013/05/27

利子もつけずに。

5月18日昼、21日夜、22日昼、東京宝塚劇場にて
宙組公演「モンテ・クリスト伯」「Amour de 99!!-99年の愛-」を見ました。

私にしてはめずらしく、遠征3日で3公演の観劇なのは
土曜日は夕方から所用があり、火曜日のマチネは某社の貸切だったためです。

貸切公演にもさまざまあって、カード会社や旅行社の貸切は私にも観劇のチャンスが
ありますが、学校貸切や企業の福利厚生または上得意様向けご招待貸切ですと
つてがないかぎりチャンスがないのです(u_u。)

でもおかげさまで、それぞれに観劇後、観劇前に公演について友人たちと
たっぷりお話でき、その後の観劇が深まった気がします。
いつもはこんなこともなく慌しくマチソワしているので貴重な時間がもててよかったです。

1日1公演ずつ3回見ましたけど、お芝居は3公演とも変化が見えました。
18日昼は、ムラで見慣れた安定のお芝居だったかな。若い生徒さんたちのお芝居が
かなりよくなっていたぶん、かなめさんがやや迫力不足にもかんじました。
(座席のせいかもしれません)

21日夜、なんだかお芝居全体が大きく変わった印象をうけた公演でした。
それまでの公演では、赦しを説こうとするファリア神父の言葉が信じられないというように、
だれにともなく叩きつけるように甲高く言い放っていた、そのため狂気をつよく感じさせていた
『利子もつけずに?!』が、
自分のなかのもう1人の自分に問うかのように、内向きの言い方に変わっていて、
僅かな冷静さが残っているように見えるぶん、どうしもうもない深い絶望、やりきれなさ、
無力感に打ちひしがれているように、感じられました。

ファリア神父とこういうやりとりを、何年も何年も、気が遠くなるほど何年も
つづけて来たのだろうな、、、と思わせる言い方で、
見ていてとても遣る瀬なく胸がしめつけられるようでした。

それ以外でも全体的に抑え気味でありながら、ずっと深いところにあるエドモンの苦しみを
じわりと感じさせるお芝居になっていたように思いました。

主役がからむ場面だけではなくて、決闘をやめさせようとするメルセデスとそれに対する
アルベールの応酬も、なんだかすごくよかったです。
気持ちがすごく入っていて間が絶妙でした。
アルベール、フランツ、ボーシャンの決闘前の場面も、それまで見たどの回より
さらに胸に響いてきました。

続きを読む "利子もつけずに。"

| | コメント (6)

2013/05/10

そのひとと出逢ったときから世界は貌を変えた。

4月25日、26日、27日、宝塚大劇場にて「ベルサイユのばらーフェルゼン編ー」
星組トップスター柚希礼音、宙組トップスター凰稀かなめ特別出演公演を見ました。

特出のお2人については前記事で熱く(^^; 語ったので、
今回の特出版「ベルばら」を見て、脚本などに関して思ったことを。

(ねたばれです)

私が見た公演は、特別出演ヴァージョンということで、
プロローグとフィナーレに特出の2人のナンバーが加わったことのほかに、
2幕で、オスカルの結婚話に苦悩するアンドレのシーンと、
アンドレによるオスカルの毒殺未遂のシーンが追加になっていました。

通常公演ヴァージョンでは、そのシーンの替わりに、スウェーデン国境で
フェルゼンとジェローデルが国境守備隊と立ち回りをするシーンがあるようです。

そのため特出ヴァージョンの2幕は、かなりオスカルとアンドレに時間が割かれていて
「フェルゼンとオスカルとアンドレ編」といっても過言ではなさそうでした。

そして、この2幕のオスカルとアンドレの場面は、過去に上演されたフェルゼン編などと同様、
国王夫妻救出の助力を請いに、スウェーデンに帰国しているフェルゼンのもとへ
尋ね来たジェローデルが、フェルゼンにオスカルの消息を尋ねられ、
「オスカルは死にました」と告げたところから始まるわけです。

そこから場面は過去の革命前夜のフランスへ。
今宵一夜からはじまり、パリ市内~バスティーユの戦闘という
オスカルとアンドレの場面になるのですが、
いつもここは無理矢理だなぁと思っていたところへ、

続きを読む "そのひとと出逢ったときから世界は貌を変えた。"

| | コメント (9)

2013/05/06

そのひとは薔薇の花のようだった。

4月25日、26日、27日、宝塚大劇場にて「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」
星組トップスター柚希礼音、宙組トップスター凰稀かなめ特別出演公演を見ました。

宝塚ファンになってこのかた私は、ベルばらだけはイヤ~><と言い続けてまいりました。
昔リアルタイムで漫画を読んでいて、それこそオスカルのセリフは諳んじて言えるくらい
ベルばらファンでした。
はまると一直線なのは昔からで、寝ても覚めてもベルばら漬けの子どもでした。
ですが、だんだんと歳を経るにつれ、オスカルが厭わしくなっていきました。

自己評価高くて、なんでも自分ひとりで出来たと思っているところとか。
侮辱を受けたら倍返しでやり返さないと気がすまない好戦的なところとか。
人の心を傷つけていても気づかない無神経なところとか。
歴史の歯車に比べたら無にも等しいとか言っちゃう不遜で尊大なところとか。
はぁ?ナニ様~~~?(゚Д゚) って。

ようするに世間知らずで独りよがりな典型的お嬢様なところが。

でも、最近になってオスカルのそんなところも可愛いなぁと思えてきたのです。
如何なる心境の変化か。
あの不遜さも、鈍感さも、彼女の魅力だなぁと。
思うに、博多座でかなめさんのラインハルト様の魅力に目覚めてからの
この心境の変化ではないかと思うのですが。

不遜で鈍感だけれど、自分の非に気づいたときの彼女ときたら、
それまでが雲を突き抜けるような塔の上にいたとしたら、
地面に埋もれるくらい凹んぢゃう。
とても臆病になっちゃう。
そこがとっても素直で、純粋で、いいなぁと。

そんな心境になってきたところで見た、このかなめさんのオスカル。
ぎゃっ、ナニコレ?!!!
ど、ど真ん中なんですけど。。。。⊂⌒~⊃。Д。)⊃

続きを読む "そのひとは薔薇の花のようだった。"

| | コメント (5)

2013/05/02

美しきアンドロギュヌス。

4月28日と29日、東京国際フォーラムCホールにて
宝塚OGによる宝塚歌劇100周年プレ記念公演「DREAM LADIES」を見てきました。

懐かしいナンバーを新しい振付で、
しかも少人数でありながらこの迫力はさすがだと思いました。

このところ、かなめさんにうつつを抜かしている私ですが
やっぱりゆうがちゃんいいわー♡好きだわー♡と思いました。
いまの大和悠河が好き。

とんでもないプロポーションで(あのバストの厚み、ウエストの細さ、細腰はナニ(≧≦)?)
ハードなデザインのウエストをしぼりにしぼったジャケットとパンツスタイル。
ウェービーロングヘア。
その姿で、わたるさんと袖近くで不敵に嗤いアイコンタクトしてた瞬間なんて
脳みそ爆発しそうでした私。(ブルーイリューションのシーン)

まさにハンサムウーマン♡
わたるさんとのコンビいいわー(〃▽〃)

こういうシーン、最近の現役さんで見ない気がする。(私が見てないだけかもですが)
すごい衝撃だったの。

男役ではない。
でも男役以上にカッコイイ2人だと思ったの。
こういうのが好きなの。
こういうのが見たかったのーーー♡♡♡

まさに美しきアンドロギュヌス。

続きを読む "美しきアンドロギュヌス。"

| | コメント (4)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »