« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の6件の記事

2013/12/19

...be kind to him...he loves you so.

映画版『風と共に去りぬ』のDVDを見ました。

たぶん、ちゃんと見るのは初めてです。

原作小説の深みにはとうていかなわないけれど
でもとてもおもしろかったです。
映画のほうは登場人物の造形の魅力が勝っているかんじかな。

とにかく、ヴィヴィアン・リーのスカーレットが可愛い!

ワガママで自尊心が強くて、
相手の気持ちを思いやることを知らない
ほんとにひどい女性なんだけど、
こんなに可愛いくて魅力的なら、バトラーが夢中になるのも肯けます。
原作小説では、こんなひと、どこがいいのーーー!ふんとにもーーー!(ーー;)だったから。

いかに、見た目(目からの情報)が人の心に作用するものが大きいかを
痛感いたしました。身をもって。

スカーレットが強情だけど可愛く見える分、アシュレがひどい男に見えます。
映画はヒロインに同情的かな。
アシュレがどっちつかずの態度で彼女を縛りつけているような印象。

たしかに、原作でもそういう面はあり、それをバトラーが仄めかしたりもしてますが、
とにもかくにも、原作のスカーレットは強引すぎて、
それによってアシュレの自尊心を粉々にして、有無を言わさず彼女の思い通りに
してしまっているような部分も原作には描かれていたので
私はアシュレだけを責めることができない気がしたのです。

続きを読む "...be kind to him...he loves you so."

| | コメント (0)

2013/12/18

目の前でくずれ去る世界に憑かれているんだ。

『風と共に去りぬ』(マーガレット・ミッチェル著、大久保康雄・竹内道之助訳)全5巻読了しました。

これまで一度も手に取ったことがなかったのですが、
前月26日、東京公演観劇の帰り道、引き込まれたお芝居を思い起こすにつけ、
これはやっぱり読まなくちゃとキャトルレーヴで1巻を手にとりました。
それから3週間でようやく読み終えました。

うん。いまだからこそ、理解できる。
きっと若い頃だったら、物語の中にあるいろんなものに気づかず理解できず、ただストーリーを追って終わってしまっただろうなぁ。
公演を見たからこそ、なおさら心に落ちることも多々。
いま、出会えたことに感謝。

なるほど。
宝塚版はかなり原作とは設定がちがっているんだなぁ。
あのセリフは、原作ではこういう場面で使われていたんだなぁ。

悠未アシュレは、ほんとうに原作寄りな役作りだったのだと
つくづくと思います。
私が受けた印象はまちがっていなかったようです。(たぶん)

そして、これだけのものが詰め込まれた物語に生きているレット・バトラーという人物像と
その心情を、かなめさんが巧みに繊細に表現していることがわかって驚嘆。

続きを読む "目の前でくずれ去る世界に憑かれているんだ。"

| | コメント (0)

2013/12/14

ぼくはもう何も聞きたくないんだ。

お茶会に合わせて、12月8日と12月11日の
東京宝塚劇場宙組公演「風と共に去りぬ」を見てきました。

東京公演の初日あけてすぐの11月23日、26日に見たときと比べて、
かなめさんのレット・バトラーのテンポがかなりちがっていました。

脈が遅いというか、落ち着いているというか。
敏捷さを隠した、しなやかな緩慢といいますか。

記憶の中にある宝塚大劇場で見たレット・バトラーは
それに比べると、息遣いがまだ速かったと思います。
そこが、「どこか軽い」かんじにつながっていたのかもしれません。

いまは、足取りも息遣いも緩やかで、でもスーツの下には猫科の筋肉が。
という雰囲気で、身のこなしが、私が考えるレット・バトラーそのものでした。

いやはやもう、どうしたらよいかわからないくらい、好きでした。
思えば、演目が発表になったときには、あんなにヤサグレていたのに。
こんなに、かなめさんのバトラーに胸が疼いてたまらないことになるとは。

かなめさんのことだから、きっとまた、モンテ・クリスト伯のときのように
作り込んで、入り込んで、私を夢中にさせてくれるだろうという期待は
もちろんあったのですが、それにしても、こんなレット・バトラーを見せてくれるとは
ここまでとは、思っていなかったです。

続きを読む "ぼくはもう何も聞きたくないんだ。"

| | コメント (0)

2013/12/07

大切なものがあるということ。

こちらのほうも出ていました。
『コーラル~手のひらの海~』3巻。
昨年の夏に・・・^^;

こちらもポチり。

あいかわらず、せつなくて可愛くて残酷。
心の欺瞞をやさしくあばいていく。
そんなお話。

人は守りたい大切なものがあるから強くなっていく。
でも、大切なものがあるということは、おそろしいことでもある。

(憎しみもまた愛から生まれるのです――とバトラー船長も言っていたなぁ)

ものがたりはこのあと、どうなっちゃうんだろう。
いったい、主人公の珊瑚は、彼女のものがたりのなかの主人公の人魚のコーラルは
どんなものと向き合うことになるのだろう。
つづきが気になります。

巻末のおまけのものがたりが美しくて好きでした。
人魚の女王様のせつなくやさしい過去のおはなし。

| | コメント (0)

見知らぬあなた。

ツイートで『チキタ★GUGU』のB6新装版が出ると知ったので
アマゾンを確認したら、『カルバニア物語』の14巻も出てました。
―― 昨年の秋に・・・^^;

(いや、この1年忙しかったからなーーー。)
(去年はゆうがさんの舞台が立て続け、、、
 きわめつけに今年は青天の霹靂でかなめさん落ち、、)

というわけで、さっそくポチりました。

あいかわらず、TONOさんのお話の展開のうまいこと。

真相がわからない出来事には、かならずセットで
ありそうな虚偽がさももっともらしく噂となって流れるものなんだよねぇ。
でも、真相はぜんぜんちがうところにあったりする。

今回もほんのすこしせつなくて、温かくて、乱暴で
やっぱりせつないお話でした。
このエピソードはまだつづくようです。

しかし、20年頭頂を輝かせていた人が実は――
世界一美しい王妃だった人が――

まさかーーーー!って思うのは
人は他人のことを、手前勝手なイメージを拵えて
安心しているだけなのかな。
こうであってほしいというイメージのなかで。

恋人のことも、友人のことも、家族のことも。
知らないことだらけなのかも。

| | コメント (0)

2013/12/03

華のある人を育ててほしいな。

宝塚が宝塚である所以――
なにを以って宝塚と呼べるか。
それは、『華やかさ』と『夢』だと思うのです。

ほかの舞台ではなかなか見られないもの。
それが、人を魅了するのだと。

現実では有り得ないことも、在るように信じさせる力。
それだから男役も成立するし、
私たちに『夢見る力』も授けてくれる。

(じっさい、宝塚の舞台の上で繰り広げられるストーリーを受け容れられる私たちって
かなりそうとう『夢見力』があると思います^^;)

それがタカラジェンヌや宝塚の舞台のスタッフさんの『力』だと思います。

と、いまさらなことを書いておりますが、、、

続きを読む "華のある人を育ててほしいな。"

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »