« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年6月の1件の記事

2014/06/04

愛を抱きしめたこの胸に迷いはない。

いつか来る日がきました。
覚悟はしていました。
だからドキドキしないだろうと思っていましたが、やっぱり動悸がしました。

どんなときにどんなふうに卒業を決めるのか、どんなふうに卒業していくのか。
それも含めて『個性』だなぁと思っています。
かなめさんの決断を、こころから祝福したいと思います。
(でも、会見の様子を見るのはまだつらいな・・・)

昨日、宝塚大劇場公演宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-』の千穐楽映像を
CSのタカラヅカニュースで見ました。
TVの前でそれを見ながら、自分でもどこがという理由もわからないまま、
涙が流れていました。

劇場でもそんな感じのベルばらでした。

かなめオスカルに引っ張られて、宙組が熱くなっているのがたまらない。
もともと真っ直ぐで熱い組だという認識ですが、
かなめさんのもとに1つになっているのを見ると胸がいっぱいになります。
(ファン丸出しですみません。―― ・・まぁ・・いまさらですか・・)

ほんとうに、宙組の良いところが、ありったけ出ている作品になっていると思うのです。
民衆も、衛兵隊も、1人1人のエネルギーの圧がすごい。
それを真っ直ぐに表現できているのがすごい。

かれらのために思い悩むオスカルを見ていると目頭が熱くなり
オスカルを見つめる皆の瞳がキラキラしているのを見て涙が流れる。

かなめさんが情熱を傾けた宙組が、いま力強く輝いている。
―― 私にはそう見えました。

『愛を抱きしめたこの胸に迷いはない――』
かなめオスカルのその表情に、真実を見ました。

たくさんの愛を抱きしめて、かなめオスカルは宙へ還る。
かなめさんの思いもきっと宙につたわたっていると信じています。

この舞台は、東京宝塚劇場でさらに深まっていくでしょう。
かなめさんの思いも、宙組の思いもさらに、、、
それを確かめに、私も上京しようと思います。
チケットがなかなかないので、どれだけ見れるかわかりませんが。
私ももう迷いません。

| | コメント (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »