« 高坐と木戸銭。 | トップページ | ストーリーはひとつじゃない。 »

2015/09/27

元のもくあみとならんとの心なり。


河竹登志夫著『黙阿弥』(講談社文芸文庫)を読みました。

なぜ二代目河竹新七が『黙阿弥』と名を改めたのか。
旧幕時代から明治半ばの移り変わる時代の中を歌舞伎の狂言作家として生きた河竹黙阿弥の心の奥の真の思いを、黙阿弥の孫である著者がたくさんの資料を読み込んで解き明かす本でした。

本邦の演劇(歌舞伎)を西洋の先進国のように上流の人びとが観賞する高雅で社会的地位の高いものにしようと新政府のお偉方が「演劇改良」の名の下に、彼の脚本演出にお門違いな口出しをする。
さらには、彼の役者の意向を汲み宛書をするやり方を「俳優の奴隷」と指弾し、歌舞伎の様式にのっとった時代物を「無学」と蔑む。
それでも歯向かうことはせず忍従を貫く黙阿弥さん。

一つには、人気狂言作家となるまでに、同じ作家や役者、座元などといった人びととの人間関係にもまれてきた彼自身の経験から、相手の気持ちに副い、他人との諍いを避け、慎重に用心深く生きるということが処世術として身についていたこともあると思う。(役者に親切、見物に親切、座元に親切の「三親切」が彼の金科玉条だったそう)

もう一つはやはり時代かなぁと。
武士たちが攘夷だ佐幕だ勤皇だと国の頂をかけて争っていても、江戸の町人や芝居小屋の人びとにしてみたら、将軍の世から天子様の世に変わろうと顔色を窺う相手が変わるだけのことで、時代に応じた商売をしていくのはいたっていつもどおりのことなんだなぁと。
どんなに羽振りのよい役者でも、お上のご機嫌を損ねたら家は潰され家財は壊され、お江戸追放の憂き目。抗えない身分制度の中で生きてきた人びとの感覚が黙阿弥さんにも備わっているのだなと。
「俳優の奴隷」だの「無学」だのと見下されても、狂言作者である以上はいまをときめく権力者に歯向かったりはしない。芝居を守ること小屋を守ることは何にも替えられない大切なことだから、それがなくなっては狂言作家として生きられないから。職業が即ちアイディンティティーそのものの時代の人なんだなぁと。

けれど、そんな人前で感情を露わにし激昂することのない彼であっても、内心は思うところがあったに違いない。
それこそ一字一句にもこだわる江戸狂言作家としての矜持や美学が。
芝居のわからぬ政治家や学者の先生方こそ何ものぞと。
いまは黙っているけれど、いつかまた私でなければならない日がくるならばと。
隠居名の「黙阿弥」に込められた彼の真意――『元のもくあみとならんとの心なり』。
なるほどなぁと納得でした。

冒頭の鹿鳴館時代の「天覧劇」の様子。黙阿弥の生い立ち、かかわった江戸や明治の著名な人びと。華やかな面々のそれぞれの立場や行動を資料から浮き彫りにしてイキイキと描写されていて、まるで時代小説のように面白く読めました。
江戸時代と明治時代が地続きであることがよくわかりました。

時代はつねに先へ先へと動いているし、政が天子様へ返され鎖国が解かれようと、町人からすれば顔色を窺う相手や取引きの相手が変わるだけのこと。
将軍の世だろうが天子様の世だろうが、天災も西洋文化やコレラなどの流入も止められない。
むしろ時代の変わり目はビジネスチャンス。いつの世も経済人が先端を行き、学者や政治家はそれを後追いするものなんだなぁと。
それはいまの時代もおなじだなぁと思いました。

政府主導の「演劇改良」は新しい時代の新たな日本の演劇を作ろうとする方向に行けばいいのだけど、歌舞伎を無粋に改良しようとしたところが無理な話だったのだなと。
何もかもを急ピッチで進めていかなければいけない時代だったからこその錯誤かな。
いまでこそ歌舞伎とストレートプレイがまったく違う演劇であることは理解できるけれど。

こんなにも高い娯楽性と芸術性を備えた「歌舞伎」でありながら、役者を1匹2匹と呼ぶような社会的に下の下に置かれたものを、先進諸国並みに上流のものにしていこうとした当時の偉い方々の慌てぶりは、鹿鳴館時代当時の日本の姿を象徴しているのかもしれない。
かくして「天覧劇」が催されるのだけど、そこに至るまでの改良派の苦心奔走もまた、日本が世界と肩を並べる文明国になるために必要なことでもあったのだろうな。
その恩恵にあずかり、こうして演劇を娯しめる今があるということかな。
そう思うと改良派の方々にもそれに反発した方々にも感謝だなぁ。

それにしても、いまに残る黙阿弥さんの写真はどれも口元をへの字にした気難しそうなものばかりで、この本に描かれていた思慮深く慎重で忍従はしても調子のよい追従はしなさそうな雰囲気がうかがえる。
こんな江戸の大作家黙阿弥さんの性格を受けついだ糸女さんに仕えた繁俊さんとみつさんは、ご苦労だったろうなぁとあらためて思ったのでした。

|

« 高坐と木戸銭。 | トップページ | ストーリーはひとつじゃない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高坐と木戸銭。 | トップページ | ストーリーはひとつじゃない。 »