« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の1件の記事

2016/01/31

お前はいつも私を奮い立たせてくれる。

1月26日(火)宝塚大劇場にて宙組公演「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~」と「HOT EYES」を見てきました。
いまの宙組の強みと弱点がはっきりと見えた公演だったなぁと思いました。


(以下ネタバレ含みます)

お芝居「Shakespeare」は脚本の粗のほうに気がいってしまい、2回の観劇では登場人物の気持ちに感動するところまで至らずに終わってしまいました。

ウィルと父親との関係、ジョージの野望の顛末、夫婦愛、劇団の人間模様、どれもさいごまで描ききれていないのがもったいないなぁと思いました。
もうすこし筋道を整理したら格段に面白さが増すだろうにと。

せっかくタネを撒いたのに芽が出るのを待たずに、花屋で買ってきた花籠のアレンジを並べて見せられたみたいながっかり感。
たしかに花籠は可愛いけれど、あのとき撒いたタネはどうなったの?と釈然としないまま。
脚本家は、自分が書き出したものについてさいごまで責任をもってほしいぞと。

シェイクスピアへのリスペクト場面が随所に挿入されていましたが、それが登場人物たちの感情の高まりや関係性の緊張感とリンクしていないため、ストーリーの本筋をわかりにくくしてしまっている。
また演じる側もそれに引きずられてしまって、役としての心情を表現する妨げになっていて逆効果であった気がします。
その影響がいちばん大きかったのが、真風さん演じるジョージ・ケアリーかな。
前半マクベスになぞらえるようなシーンで銀橋も時間もじゅうぶんに使ったのに、さいごはあのオチですかい?的な役。
真風さん自身、いったいどう見せればいいのか、つかめていないのじゃないかなと思いました。

彼がウィルとアンを仲違いさせるに至る彼自身の気持ち、大事なとことだと思うのですが描かれていない。
ダーク・レディのシーンは必要?―― あのシーンでウィルは自分の欲望を自覚したように描かれていましたっけ?
ジョージがサウサンプトン伯やエセックス伯を仲間だと紹介するも、共に政敵に立ち向かうシーンは描かれていない。
もっと3人とウィルとで政敵を追い詰めるところを描き、それに対して逆襲されるかたちでの捕縛、そしてウィルが台本を書けないという大ピンチからのアンの愛…と、後半をしっかり描いて盛り上げてほしかったなぁと思います。

物語に起伏がないために、どう演じればいいのか演じる方もわからないのではないかな。そのせいか皆がそれぞれに自分の得意な芝居をしているだけになってしまっている。
人物を描ききれない分、演者自身のキャラクターに頼りすぎているために、物語(主題)に対しての人物像や役割が不明瞭になってしまっている。そのために主題がぼやけて心地がわるいなと。
そんなふうに感じました。

シェイクスピア劇のなにが面白いって『人間』を深く描き出しているところに感心し共感できるところで。シェイクスピアを題材にとるなら、やはりそういったところを期待していまうわけなのだけど、肩透かしされた気がしました。

かなり辛口で申し訳ないですが、前半これは面白くなりそうだと期待したのに、それが途中で放り投げられてしまったようで残念に思ったからなのです。

と、脚本には辛口ですが、演じる生徒さんたちはさすが、大空時代、凰稀時代に芝居で鍛えられてきた組なだけあって、しどころがなさそうな場面であってもしっかりと見せているなぁと思いました。

続きを読む "お前はいつも私を奮い立たせてくれる。"

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »