« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の3件の記事

2016/02/19

悪足掻きをやめねぇから面白い。

1月22日(金)三越劇場にて初春新派公演「糸桜」を見てきました。
新派に大和悠河さんが出演、波乃久里子さんと共演というトピックに観劇前からわくわくしていました。

「糸桜」は、歌舞伎の狂言作者河竹黙阿弥の娘糸女と、彼女の養子で演劇学者の繁俊、その妻のみつを描いた「作者の家」(河竹登志夫著)を原作とした劇団新派の新作。私にはなじみのない世界の話と思っていたのですが、劇中で波乃久里子さん演じる糸女が泉鏡花を褒めたり(新派の代表作となる戯曲をたくさん生んだ作家ですからね)、みつの嫁入り道具一式が日本橋三越で揃えたものと披露されるセリフがあったりして(まさにその日本橋三越にある劇場での上演!)、そうかこの地で生きていた人たちのことなのだなぁと距離が縮まった気がしました。

新派の方たちのお芝居は短いセリフでも意味や感情がすっと伝わってくるのが良いなぁと思いました。
ダイナミックな舞台転換や歌舞や見得を切ったりも一切無く、簡単な大道具と生活感のある小道具の中でセリフと繊細な動きで心のリアリズムを見せる芝居に、歌舞伎界出身の市川月乃助さんと宝塚出身の悠河さんが挑んだわけですが、やはりそれぞれの出身から身についたものが見え隠れする。体当たりで演じているからこそ湧き出づるもの、それもまたこの作品の味のような気がして、なんともいえない思いが見ている私の心に広がりました。
1幕さいごのあたりで、月乃助さん演じる繁俊と悠河さん演じるみつが、おたがいさまと、すこしずつ夫婦になっていきましょうと向かい合う場面では、2人の役の境遇と役者として生き様が二重写しとなり、思わずほろりと涙が出てしまいました。

この作品から新派に入団する決断をされた月乃助さんの心にあるリアルが、繁俊という役を通じて発せられているようにも感じました。
裕福でありながらも荒れた家庭で居所なく育ったみつは、この縁談を機に新しい環境で自分の居場所を作っていこうとしている。そこは豊かな実家とは正反対の質素な作者の家で、さらに姑の糸女はとてもクセがあるし夫はその糸女の養子で彼女に逆らえない。そんな面倒な家の中にあってもうじうじせずにさっぱりとしている。もちろん思うことも言いたいこともあるだろうけど、自分の役目を一つ一つものにしてこの家を自分の居場所にしようとしている。そんなみつの様子もまた、宝塚時代からいまに至る悠河さんの姿勢と重なって私にはとても感慨深かったです。

続きを読む "悪足掻きをやめねぇから面白い。"

| | コメント (0)

2016/02/09

20個もあるの。

1月25日(月)梅田芸術劇場メインホールにて、星組公演「Love & Dream」を見てきました。
時間が経ってしまいましたので覚えている範囲で簡単な感想を。

柚希礼音さんトップ中の2012年頃から別箱公演といえばほぼコンサートな星組さん。
トップが交代して北翔海莉さんになってもつづいていますね~。なんだかうらやまし

ディズニーとのコラボとなるこの「Love & Dream」、まずはミッキーマウスマーチなどの楽しいナンバーを愛らしく踊る十輝いりすさん、七海ひろきさん、十碧れいやさん、麻央侑希さんの長身4人の麗しの星の王子様ズにガツンと心を掴まれました。こういう愛らしさは普段の舞台ではなかなか出会えないなと(笑)。

星組の舞台にいるかいちゃん(七海さん)を見るのも初めてで、まさこちゃん(十輝さん)、かいちゃん、ゆっこちゃん(麻央さん)の3人並びでかいちゃんが凹になるのは新鮮に感じましたし、また宙組4代目ファンとしては、みっちゃん(北翔さん)、まさこちゃん、かいちゃんの並びは懐かしかったです。
この並びを見られるのも、この別箱公演ならではだなぁと思いしっかり堪能しようと思いました。
―― そして先日まさこちゃんの退団発表があり、ほんとうに見に行けてよかったとしみじみと思いました

「世界に求む」ではひろ香祐さんの歌声とても素晴らしかったです。星組95期の妃海さん、礼さんの歌声の素晴らしさは知っていましたけど、ひろ香さんも負けない素晴らしさ。星組95期恐ろしい期・・・(lll゚Д゚) さらに瀬央さんもいるんですよね・・・
それから、シナーマンで北翔さんの前に歌った方もとても素晴らしくて、あとでお名前を人に聞いたのですが音咲いつきさんとのこと。
彼女たちの歌声とお名前を認識できたのも、この公演のおかげだなぁ。齋藤先生よい演出をされるなぁ。と思うと同時に、一本もののお芝居がつづいた宙組のことをつい考えずにいられませんでした。自称宙組ファンなのに、きっと知らない才能がいっぱいなんだろうな・・・と。(翌日ひさびさに見る予定の宙組のショーがとても貴重に思えました)

この「Love & Dream」、みっちゃんの安定の歌声に加えて歌が得意な生徒さんに見せ場があり、長身美形の男役さんたちは眼福で、目にも耳にも心にもたっぷり栄養―愛と夢―をもらったかんじでした。
さらに娘役さんたちがとても愛らしくて、齋藤先生恒例の娘役さんによるアイドルユニット場面もあり(笑)

そして私がこの公演でいちばん心を奪われたのが、トップ娘役の妃海風ちゃん
ほんとうに愛らしくていじらしくて
元気溌剌でがんばり屋さんで、馴れない立場に戸惑いながら、一途な努力と真心で道を拓いていく彼女はとってもディズニープリンセスと親和性があるなぁと思いました。
一瞬にして空想の世界へと翔んでいけそうなところも(笑)。
リトル・マーメイドの歌を歌う風ちゃんは、ほんとうにアリエルに見えました。
未知の世界を夢見るマーメイドプリンセス。
とても魅力的でした。

しみじみとこの公演を成功させたのは、みっちゃんの力が大きいなぁと思います。
最初から最後まで全力のパフォーマンス。終始笑顔で。
プロフェッショナルだなぁ。
どのパフォーマンスも素晴らしかったですが、さらに願望を言うと、風ちゃんが歌って感動したアナ雪の「レリゴー」をみっちゃんの歌声でも聴いてみたいなぁと。
みっちゃんの艶のある歌声や迫力のある歌声は聴けたけれど、お得意のハイトーンも聴いてみたかったなぁと思いました。
これは、またのお楽しみにとっておきなさいということかな(笑)。

観劇したのは寒波に見舞われた日で雪の中を列車を乗り継いでの遠征でしたが心はホカホカになりました。
愛と夢のひとときをありがとうございました。

| | コメント (0)

2016/02/04

僕の瞳がなぜチカチカしてるかって?

 ―→ それは君があまりに可愛すぎるからだよ。  【さすがまぁ様(〃▽〃)


ということで、1月26日(火)宝塚大劇場にて宙組公演「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~」と「HOT EYES!!」を見てきました。
お芝居「Shakespeare」の感想は前の記事で書きましたので、ショーについて。

ダイナミック・ショー「「HOT EYES!!」―― 藤井大介先生のショーだから「!!」はお約束!!

2013年から宙組のショーといえば大介先生の作品ばかりで「またか」という気もしなくはなかったですが、見終わった感想は「楽しかった*\(^o^)/*」
名シーンと思えるような場面こそありませんでしたが(そう感じるのも私が大介先生のパターンに慣れてしまっているせいかもしれません)、どの場面も楽しかったです。
構成演出が平均点あれば、あとは出演者の技量やモチベーション次第でいくらでも楽しくなるのが宝塚のショーなんだなと思いました。
楽しくてあっという間に終わってしまいました。

上級生実力派の4名(組長副組長にきゃのん、てんれー)による白い人たちは、いかにも大介先生のショーらしいけれども、もったいない使い方だな~と思いました。が、あえて外すことでこれまで埋もれていた方たちにチャンスが到来したのだったら、それも一つのやり方かも。
1年前にくらべて遥かに成長し輝いている生徒さんたちの姿が印象的でした。

数十年ぶりの「全場大階段」が売り物のショーとのことでしたが、それについては大階段が活きているシーンもあれば、なくても良い場、ないほうが良い場、とありました。
全場大階段であるがゆえに、かえってメリハリがなくなってしまっている気がしました。

活きているなぁと思ったのは、ダークアイズの場面。大階段でストーリー性のあるダンス場面は珍しく、前方で朝夏さんと真風さんが絡み階段上でそれを支配しているように妖しく見ている伶美うららちゃんの図がとても美しくて印象的でした。
朝夏さんが1人で踊る場面は、階段をなくして舞台奥まで平面で使ったほうが迫力あるダンスが見れた気がしましたし、パレードでは両脇にある柵のようなセットが邪魔で、いつものようなパレードの階段降りの迫力が薄れてしまっている気がしました。
オープニングで出演者たちがどんどん大階段から降りてくる場面は華やかでわくわくしましたが、この使い方はよくありますよね。
つまり、大階段は必要なときにあればよい。大階段がない方が見栄えがしそうなシーンを作ってしまうなら「全場大階段」は売りにはならないなと。

続きを読む "僕の瞳がなぜチカチカしてるかって?"

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »