« ふたり並んでミイラになるまで。 | トップページ | 苦しみもその罪も私が作ったただ一つの人生。 »

2018/03/31

未来を託されたもの。

3月20日と21日に宝塚大劇場にて宙組公演「天は赤い河ほとり」「シトラスの風」を見てきました。

「シトラスの風」は再演が繰り返されてきたことでこなれた名場面がいくつもあるのがやはりいいなぁと思いました。
プロローグでシトロンカラーの衣装を身に着けた出演者が舞台いっぱに並ぶ場面は今回の大劇場版ゆえの見どころだと思いました。
幕開きと同時に華やかさにわくわくし、舞台上の出演者の笑顔が眩しくて誰がどこにいるのが探すのもたのしかったです。

気になっていた銀橋の夢・アモール(間奏曲)はこうなるのかーと思いました。
4人というイレギュラーな並び。まぁこれが妥当なのかなぁ。

ステート・フェアーは星風まどかちゃんがひたすら可愛い。歌えて踊れて可愛くて早期抜擢もさもあらんと思いました。
可愛くて見ているとニヤニヤデレデレしてしまって自分の顔から何かが出ているような気がして焦りました。でもニヤニヤをとめられなくて・・・(^^;
まどかちゃんも可愛かったけどあおいちゃん(美風舞良さん)の振り切り方も凄くて思わずくぎづけに。
この場面でパラソルくるくるしているヤングガールはまどかちゃんを除くと狙ったように上級生娘役さんたちなんですね。
皆さん凄いです。愛らしいです(笑)。
ヤングボーイたちも狙ったように澄輝さん、凜城さん、星吹さん、美月さん、春瀬さん、七生さんで。
肘を張って首を振って行進する姿がとっても愛らしくて見ている私の頬も緩みまくってしまいました。
青スーツの実羚さんも脚長さんで素敵だし、家族づれや水兵さんたちも微笑ましいし、大好きだぁと思って見ていました。全編通しても1、2を争うくらいに幸せになれる大好きな場面でした。

上級生まで皆揃ってブンブンにヤングに徹している中、まどかちゃんが恋に落ちるのは大人っぽい真風さん(笑)。
そうか年上好みだったかとなっとくでした。
2人きりワールドも可愛すぎてたまりませんでした。皆に冷やかされるところも微笑ましくて良いカップルでした。

ステート・フェアーの余韻にひたっていると下手花道にアオザイにソフト帽のキキちゃん(芹香斗亜さん)がいて、「ネオ・ダンディズム」のチャイナ・ドラゴンがはじまってびっくりしました。
なんであのシーンだったんでしょう。素敵でしたけど(笑)。
キキちゃんの歌声はマイクに綺麗にのってとても聴きやすくていいなぁと思いました。

新場面のMr.ボージャングルスの場面は感動的でした。
皆すごいな粋だなと思いました。目がぜんぜん足りませんでした。とりあえずりくちゃんとそらくんに注目してましたけど次回はもっとほかの人たちも見たいなと思います。

中詰めのアマポーラは皆の衣装が素敵だったなぁ。
あのさわやかな空のような濃淡のブルーにひなげし色の刺し色が。
真風さんのお衣装の色ももっとアマポーラを意識した色だともっとよかったのになと思います。
アマポーラは大好きな曲ですしアレンジも良かったのですが、中詰めと思うとちょっと大人しめかなとも思いました。

ノスタルジアの場面は、まどかちゃんの「私のお父様」が素晴らしくて聞惚れました。「r」の巻き舌が好きでした。
中日劇場や全ツではパトロンの役を寿つかさ組長がされていて若造に愛人を奪われた大人の男が面子を懸けて白手袋を投げていたように見えていましたが、今回は2番手のキキちゃんがクレジットされていてどうなるのかな?と見るまえから興味津々だったのですが、真風さん演じる若き将軍ヴィットリオとの友情と恋に悩む青年像が浮き彫りに見えました。苦悩の末に友との決別を覚悟して手袋を投げつける苦い胸の内が見えたような気がしてなんともせつなかったです。
軍服の男役さんたち豪華なドレスの娘役さんたちの舞踏会も素敵で、ダンスをやめるとそれぞれに役づくりをして舞台のあちらこちらで小芝居がはじまるのも目が足りなくて困りました。
この場面もやはり大好きだなぁとしみじみ思いました。

今回のロケットは凄かったです。
初舞台生ロケットとは真逆の方向性の濃くてダンス力が光るロケットは圧巻でクセになります。

そして明日へのエナジー。
私はゴスペルのダンサーの娘役さんたちがキレキレに踊るのを見るのがこれぞ宙組!な気がして大好きなのですが、その中でとっても若さ溢れるダンスをしている娘役さんがいて誰?誰?と思ったらまどかちゃんでした。
そうか、今回はまどかちゃんが明日へのエナジーに入っているのか。星条さん特出だからこそですね。
トップの真風さんから歌い継ぐのは2番手のキキちゃん、そして3番手の愛ちゃん。
これぞまさに新生宙組のお披露目場面だと心が昂ぶりました。
エネルギッシュに踊る人たちを見るのも高揚しますが、2階から後ろで歌う1人1人の表情を見るのも感動しました。本当に皆心から嬉しそうに歌っていて見ていると幸せになりました。
このナンバー1曲のなかでいろんな感情が沸き起こり見終わった瞬間は客席にも心地よい疲労感が充満する気がします。

初演からずっと明日へのエナジーが終わるとトップ娘役さんによる夢アモールがはじまっていましたが、今回はまどかちゃんが明日へのエナジーに出ていたので、特出の星条海斗さんが銀橋を渡りながら「ドリフターインザシティ」を歌う場面になっていました。
“ザ・男役”な場面で、星条さん退団されるのだなぁと思いました。

つづくサンライズの場面は、真風さんのお披露目のための新場面でした。
なんとなく「シトラスの風」の世界観とは合わない気がして続けて3公演を見たところではまだ私の中でしっくりきていない感じがしています。
でも「ああもう真風さんはまぁ様をナイフで刺さなくてもよくなったんだなぁ」と思い至ったところで真風さんのトップを実感しました。
そしてまどかちゃんとのデュエットダンスで、これが新しいトップコンビだなぁとしみじみ。
身長差がとっても宙組らしいなぁとうれしく思いました。

そして大階段のLEDをバックに整然と白燕尾の男役のシルエットが逆三角形に浮き上がったときのなんとも言えない美しさに心が震えました。
正統派の白いスワローテイルにホワイトタイ、ゴールドのサッシュのいかにも正装な男役群舞。こういうのを見たかったのだとしみじみと堪能しました。
できれば真風さんとキキちゃんも正統派白燕尾で踊ってほしかったなぁ。白に太陽フレアをイメージしたような縫取りの特撮ヒーローテイストのお衣装と皆の白燕尾が不釣り合いで、それが一番残念でした。せっかくの「絵」が崩れてしまうようで。
いまからでも早替えで白燕尾にならないかなぁと思います。真風さんには一国を背負う人のロイヤルな正装が似合うのにな。

パレードは「シトラスの風」のテーマ曲で、なんだかテンポがとてもゆっくりめに感じたのは気のせいかな。
大階段を下りてくる宙組生の1人1人がとても晴れやかな笑顔で心打たれるパレードでした。
真風さんとまどかちゃんとキキちゃん、それぞれトップとトップ娘役と2番手の大羽根を背負って並ぶ絵はとても綺麗で、お披露目公演からこうして3本の大羽根が並ぶのも珍しいことだなぁと思いました。こういうのがやっぱりいいなぁと思いました。

とっても王道な宝塚レヴューでけして現代的とはいえないのですが後からじわじわと効いてきて思い出しては幸福感に満たされるショーでした。
観劇から1週間以上が経ち禁断症状が出始めています。
次回の観劇日が待ち遠しいです。

|

« ふたり並んでミイラになるまで。 | トップページ | 苦しみもその罪も私が作ったただ一つの人生。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたり並んでミイラになるまで。 | トップページ | 苦しみもその罪も私が作ったただ一つの人生。 »