« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月の2件の記事

2018/11/14

あらしのよるに。

11月6日に博多座にて新作歌舞伎「あらしのよるに」を見てきました。

原作は読んでいましたから、まちがいなく泣いてしまうのはわかっていましたが・・・。
中村獅童さんのがぶがもう(涙)。
心の中で自分の抑揚で読んでいたものを芝居巧者に感情を込めてセリフにされてはもうどうしようもありませんでした。
見た目は強い狼なのに、心の中は優しいのが獅童さんのビジュアルにぴったり。
狼の本能として山羊のめいを食べたいと思うけれど、そんな自分を恥ずかしいと思い、たいせつなめいに嫌われるのではと身もだえして必死でがまんする姿。
自分はお腹をすかせているのに、めいが美味しい草をたくさん食べられるように見守ってあげる。
めいが安心して自分のそばにいられるように、本当の自分を面に出さぬように必死で耐えている優しさ。
「~やんす」という口癖はコミカルで自分を抑えようと身をよじる姿はせつないやら・・・。
記憶を失ってしまった場面での豹変ぶりはまさに役者さんだなぁと思いました。
(記憶がもどってホッとしました)

なにも知らぬげに無邪気にがぶを慕っていたように見えためいもまた、内心は狼であるがぶを怖いと思う自分を必死で抑えてなにも気にしていないように見せかけていて、そのことに深い罪悪感を覚えて悩んでいたことが3幕でわかって、それもまた心を揺さぶられて涙でした。
その気持ちは女性としてよくわかりました。
疑ってはいけないと思うのにちょっとした挙動に怯えてしまう気持ちとその罪悪感。
尾上松也さんのめいは、すごく中性的でそこがまたなんとも魅力的でした。

みい姫の中村米吉さんが愛らしいくも気高いお姫様で、登場するたびにいいなぁ♡となりました。
めいが打ち明けられない秘め事を持っているのを聴いた場面では、めいを信じて無理強いに告白させないフェアネスにいたく感心しました。
山羊の?上に立つに相応しい立派なお姫様。マイフェアレディ♡
みい姫の登場場面が楽しみでした。

客席には小さいお客様もちらほら見受けられ、客席降りではそんなお客様を可愛いお花に見立てて弄ってみたり。
近道と称して通路ではない客席と客席の間を無理やりに通って行ったり。
花道から小さいお客様をみつけて弄ったり。
がぶが義太夫の方に遊ばれたり。
客席を盛り上げ笑わせる演出やアドリブも満載でお子様が思わず立てる愛らしい笑い声も聞こえて微笑ましい空間になっていました。

絵本が原作でわかりやすい作品になっていましたが、見得を切ったり花道を飛び六方で引っ込んだりと、歌舞伎らしさもふんだんで、やはりこれは歌舞伎演目なんだなと思いました。
歌舞伎だからこその感情表現とこの獣たちの架空のお話の相性も抜群だなぁと思いました。

この作品を博多座で見ることができて本当によかったなと思いましたし、歌舞伎未経験なお若い方にぜひこの作品をすすめたいなと思いました。

| | コメント (0)

2018/11/10

なにかを探し迷い路をゆく。

11月4日と5日に宝塚大劇場にて、宙組公演「白鷺の城」と「異人たちのルネサンス」を見てきました。
5日は大劇場公演の千秋楽でした。

両作品とも、いつも見ている宝塚作品を思い描いていると初見で戸惑ってしまうところもあったのですが、4週間ぶりに見るとそんなことはまったくなくて、どっぷりと世界観に浸って見ていました。

「白鷺の城」は神泉苑のチョンパからなんだか涙涙で自分でも可笑しいくらい感動していました。
私はどうやら玉藻前(星風まどかさん)の心を勝手に想像してうるうるしてしまうようです。
吉備真備(真風涼帆さん)に恋をして遥々大陸から日本まで渡ってきたのに、気がついたら恋しい人はこの世にいなくて。
人で非ざるものが人に恋をして、けれども人とは生きる時間がちがっていて・・。そのせつなさ(涙)。
義長の最期を語る八重の姿にかつての自分を重ねて歌うところなどはたまらなくて。
葛の葉の場面もその心境を表す舞踊が涙を誘いました。
初っ端のチョンパの華やかさ、そして真風さんの安倍泰成の見目麗しさに心が大きく振り切ってしまい、さらにありえない美丈夫の吉備真備に魂が飛び出そうになってその居所が定まらなくなってしまっているせいか、その後はちょっと心を押されるだけで感情が高潮のように溢れてしまったのかもしれません

異種婚姻譚、転生譚というだけでも私は弱いのですが、こんなにも美しい人たち、美しい背景、せつない音楽でやられちゃあもう涙を垂れ流すほかにすべがありませんでした。
そして真風友景さんの包み込むような優しさ。たとえ恋しい相手であっても牙を剥いて見せる妖狐と知っていても心を開かせようと正面からみつめる瞳。
「あなたを手放さぬ」と言う強い意思に見ている私はドキリとさせられて。
そして玉藻がもうすこしで懐に入ってきそうなところで・・・。まるで1人異世界から来たようなほんと場違いな無三四めに~

友景と玉藻は悲劇で終わったけれど、百年以上の時を経て平和な時代の市井の男女に生まれ変わって祭りの夜に出逢うとか(泣)。
ともに人で、年の頃もほどよくて、それだけで(涙)。この世の出会いは奇跡に満ちているのだなと。
戦でも謀でもなく、祭りに情熱を傾けられる至福。
そんな2人の手を、かつて泣く泣く息子を突き放さざるを得なかった母だった人と同じ面影の人がニッコニコで繋がせるとか。
胸がいっぱいで笑い泣きでした。


そして「異人たちのルネサンス」。届かない向こう側。
私がこの作品を好きなのは迷いの中にいて辿り着けていない人に共感するからかもしれないなと思いました。

自分のメインテーマがわからず彷徨いつづける天才。
完璧主義なのかな。愚直なまでに求道者で。
真理を追い求め作品に完成のピリオドをまだ打てないでいるようで。

続きを読む "なにかを探し迷い路をゆく。"

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »