« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の2件の記事

2019/03/07

君はそういう幸せを追っているのか。

2月2日から25日まで博多座で上演された宝塚宙組公演「黒い瞳」の感想のつづきです。

「黒い瞳」の出演者が発表になったときに私が予想した配役と実際の配役がちがったのが、ミロノフ大尉、ベロボロードフ、ズーリン、パラーシカでした。
私の中で、ワイルドな髭面のコサックのベロボロードフと澄輝さやとさんが結びつかなかったのです。
あき様(澄輝さん)は軍服だろうと勝手に思って、ミロノフ大尉かなぁズーリンかなぁと・・・。
それがまさかのベロボロードフ!

初日はやはり澄輝さんが浅黒い肌で髭を生やしていることに違和感がありましたが、いつしかカッコよくて見惚れていました。
あのコサックの衣装に髪型にお髭でカッコイイのはもう神の技かと。
無造作にしているようでめちゃくちゃオシャレだと思いました。
フロプーシャ(春瀬央季さん)と並ぶと眼福極まりなかったです。(ははぁさては大将面食いだなと思いました)

ニコライ、プガチョフ、ベロボロードフ、フロプーシャの4人の反乱軍本陣の幕舎の場面、好きでした。
大将と貴族の若造を訝し見る2人の目線の圧が場面の緊張感を作りだしていたなぁと思います。
プガチョフも内心居心地が悪かったのではないかしら(笑)。だからさっさとあの場を離れてでて行こうとするのでは…。

プガチョフの挙兵前からの知り合いでずっと一緒にやってきたのに、世間知らずの貴族の若造をやたら依怙贔屓する大将に不満を持つのはわかるなぁ。
おたがい昔からの知己だと思っていたのに疎外感を感じてしまいますよねぇ。
ニコライの姿を見るたびにベロボロードフのイライラが増しているようでした。(嫉妬か?)
それが裏切りの動機の1つなんじゃないのかなぁ。
(プガチョフも無頓着だから・・・そのへん。理想高き人にありがち)

プガチョフを裏切りズーリンに斬られてしまうけれど、この人(ベロボロードフ)にはこの人なりの一貫した行動原理があったのだと思いました。


蒼羽りくさんが演じたマクシームィチは、ミロノフ大尉の部下で国境警備隊の一兵卒。純朴で人の好さそうな若者像がりくちゃんにとても似合っていました。
赴任してきたニコライの荷物を運んだり、パラーシカに呼ばれて暴れる山羊をなだめに行ったり。
このまま平和な時が続いていたら家族をたいせつにする兵隊上がりの農民として暮らしていけたのかな。
いやそれはやっぱり無理かな…時代が場所が生まれがそれをゆるさないだろうから・・・。

コサックでありながらミロノフ大尉の部下になった経緯はわからないけど、彼以外にもいるように描かれていたので仕事を得るため政府軍の国境警備隊に入隊しているコサックは少なくはなかったのかな。
そういう彼らのもとにコサックの長プガチョフの蜂起の知らせがもたらされる。気持ちは大きく揺らいだことだろう。
コサックの仲間が身内がこのロシアでどんな扱いをうけどんな暮らしをしているか。
世直しの英雄プガチョフの天下になったらきっと…と。大きな希望を感じたのだろうなと思います。

けれどもミロノフ大尉にひとかたならぬ温情をうけたとみえるマクシームィチは、自らのアイデンティティと大尉や恋仲のパラーシカを思う自分の気持ちとの間で大きく揺れ動いているのが伝わってきて見ていて辛かったです。
恋人に「生きているんだぞ!」と絶叫するシーンはニコライとマーシャとも重なり、幸運な主人公とはちがう彼の境遇がなおさら憐れを誘いました。

政府軍に見つかったらどんな無惨な目に遭うかわからないのに命懸けでパラーシカの頼みを聞いてニコライのもとにマーシャの手紙を届けに来るマクシームィチ。
プガチョフ軍に捕らえられたミロノフ大尉たちを正視できずにそっとその場から離れて行くマクシームィチ。
善良な彼だからこそ敵対する人たちにも思いをかけずにいられなくて、それゆえ苦しみ深く傷ついているのだなぁとりくマクシームィチを見ていて胸が痛くなりました。

シヴァーブリンの凶弾からニコライを庇った時のりくマクシームィチの微笑みを浮かべた表情は、ニコライを守り切った安堵に満ちていてやっと自分を認めることができたようで涙を誘われました。
ずっと罪悪感とアイデンティティとの狭間で苦しんでいた彼にようやく安らぎが訪れたようで・・・。

雪のコサックとして踊るりくちゃんは微笑みを浮かべて幸せそうで、きっとマクシームィチの魂も雪の大地に浄化してすべてを優しく包んでいるのだろうなぁと思いました。千秋楽が近づくにつれ、さらにさらに透明感が増していた印象です。

雪のコサックは、ベロボロードフだった澄輝さんやプガチョフ役の愛ちゃんたちも微笑みを湛えて浮世のすべての執着から解き放たれ、真ん中で互いを愛おし気にみつめあうニコライとマーシャを祝福するように優しく踊っていて、その姿に舞台美術の白い世界やロシア民謡の黒い瞳のアレンジの音楽も相俟って、見ている側の心も浄化されるようなカタルシスを感じました。
だから見れば見るほど好きになっていった気がします。

続きを読む "君はそういう幸せを追っているのか。"

| | コメント (0)

2019/03/02

やつのさいごの顔を見守ってやりたいんだ。

2月25日、宝塚歌劇宙組博多座公演が千秋楽を迎えました。

初日から3週間とちょっと、かつてないほどの頻度で観劇しましたが、この日の舞台は出演者全員の集中力が凄まじくて、どこを切り取っても至高の千秋楽だったと思います。

プガチョフ役の愛月ひかるさんが「次はいつ、どんなかたちで逢えるかな、俺たちは」というセリフを発する場面の無音の客席に、劇場中が身じろぎもせず集中しているのがわかりました。

それを受けたニコライ役の真風涼帆さんも何か込みあげるものを堪えているように見えました。
政府軍がプガチョフを追い詰めていると聞き、マーシャにどうしても奴の最期の顔を見守ってやりたいんだとニコライがその心情を吐露する場面も、いつもに増して思いが込められているように思いました。
私はそこに真風さん自身の愛ちゃんへの気持ちが重なっているように感じられて胸がいっぱいになりました。

「口笛を吹き雪の上に歌を書こう」と歌いながら絞首台に向かうプガチョフの歌い終わりに鳴り止まない拍手。
真風さんも次のセリフを言うまでの尺を長めにとって客席の思いを受け止めてくれていたように思います。
主演の真風さんの気遣いがそこここに感じられた舞台でした。
(宝塚ファンが大事にしたいことをわかってらっしゃるなぁと思います。足らなくもなく過剰でもなくバランス感覚が絶妙)

愛ちゃんの底力と真風さんのトップとしてのキャパシティ、そして宝塚ファンの愛を感じた心に残る千秋楽でした。

どんな苦しい役であってもその役として苦しめるところが愛ちゃんの凄いところだと思います。
漠然と曚い雰囲気を醸し出すだけではなくて、ちゃんと板の上で苦しむことができる強さを愛ちゃんは持っている人だなぁと思います。

この博多座公演中に出逢った人から、どうして愛ちゃんはもっと早く本気を出さなかったの?と言われたけれど、私はいつだって愛ちゃんは本気で自分と向き合っていたと思っています。なかなか結果に結びつかなかったけれど、それがようやく実を結んだのだと思います。
遅いとか詰めが甘いとかは本人がいちばん感じているだろうし、それでもなお自分の弱点と向き合い続けている愛ちゃんが好きです。
だからこの博多座で愛ちゃんが見せてくれたものはとてもうれしかったですし、きっとこの次もこの先も輝いて見せてくれると信じています。
この先も良いことばかりではないことは彼女がいちばんよくわかっていると思います。
それでも進む勇気を愛ちゃんは持っていると信じています。
その姿を私は見届けたいと思います。


以下は公演期間中に書けないでいた「黒い瞳」についての感想です。

続きを読む "やつのさいごの顔を見守ってやりたいんだ。"

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »