« それが惚れるってことじゃないのか。 | トップページ | 死ぬまで一緒だ。 »

2019/09/26

将来のために。

9月8日に熊本市民会館、9月14日、15日、16日に福岡市民会館にて宝塚歌劇宙組公演「追憶のバルセロナ」「NICE GUY!!」を見てきました。

観劇の翌日には熊本城を観光しました。ボランティアの方にガイドをしていただき有意義な時間となりました。しかしとても暑い日でした(笑)。
復興中の熊本城の様子を間近に見ることができる加藤神社には、加藤清正の生前の口ぐせだという「後の世のため」という幟がはためいていて、前日「追憶のバルセロナ」で真風さんが演じていたフランシスコが芹香アントニオと誓い合っていた「将来のために」という言葉に通じるなぁと感慨深かったです。熊本城復興のために尽力している人びとや真風さんが熊本出身ということとも合わせていろいろ思わずにはいられませんでした。
(初演では退団される絵麻緒ゆうさんと成瀬こうきさんが交し合っていたセリフでもあるんですよね。正塚先生はここになにを込めたかったのかなぁとか考えてしまう印象的なセリフでした)

「追憶のバルセロナ」において、フランシスコ(真風涼帆さん)とイサベル(星風まどかさん)の関係とおなじくらい好きなのが、フランシスコとアントニオ(芹香斗亜さん)の関係です。
アントニオの考え方、立場がこの作品の世界観や作者の内心を表現していると思います。どうするべきか、なにを大切にして生きるべきかという問い。
無二の親友でありながら考え方が異なってしまった2人ですが、心からの信頼があればこそ、相手とはちがう考えをぶつけ合える2人の関係が好きでした。

命を懸ければなんでも守れると純粋な情熱に身を任せ戦争に赴いた若い2人が、現実の戦争の辛酸をなめ、1人は現実的な手段で生き残り、裏切者の汚名を着る覚悟で人命を救うために奔走する。
また1人は瀕死のところをロマの人びとに助けられ、社会の底辺で虐げられながらも仲間との強い絆のもと逞しく生きるその生き方に触れ(「ロマの女なんかどうにでもなると思ってやがる」のは決してフランス兵だけではないでしょう)、自分も草の根から人民に呼びかけ同志を増やし、ゲリラ的戦術でフランスの支配からスペインを取り戻す道を選ぶ。
再会するも考え方も生き方も対立する立場になっていた2人。けれど当時のフランスはとうにアントニオが共感した共和制や人道思想が通じる国ではなくヨーロッパ中を征服戦争によって蹂躙、支配しようとする国となっており、それを身をもって知ったアントニオもまたフランシスコと手を結びフランスに抗戦する立場に転ずる。

――というのが2人の生き方のおおまかな変遷かなと思うのですが、アントニオのセリフがバルセロナの状況を表し、またはフランシスコの心を大きく揺さぶるものでもあるのでとても重要だと思うのですが、芹香さんの滑舌が心配になるレベルで不安定なのが気になりました。これからますます重責を負う立場の人ですし将来を望まれている人だから放置せず専門家に相談されていたらよいけど・・・。
「妻になにをした!」というアントニオの咎めを聞いたフランシスコのマスクの下の表情が変わる瞬間が好きだったので、毎回あのセリフが明瞭に響くことを願っていました。
親友を思って歌う新曲はとても良かったです。歌唱力も雰囲気も。歌う時のシリアスめな表情が知的なかんじですてきでした。スマートかつ内心に憂いを秘める役が芹香さんにぴったりだなぁと。
歌がメインの作品なら不安はないのですよね。
個人的には、真風さんと芹香さんで「メランコリック・ジゴロ」や「愛するには短すぎる」などのバディ感のある、正塚先生の軽快なコメディを見てみたいと思っているので滑舌が改善されるといいなと思います。

フランシスコの婚約者セシリア役の華妃まいあちゃんは、イサベル役の星風まどかちゃんと好対照。スレンダーで大人っぽく控えめな印象の貴族のお嬢様。バルセロナではアウストリア家に並ぶ名家オリバレス家の令嬢で、おそらく現在バルセロナでいちばん高属性な独身女性。誰でもが彼女に求婚できるわけではないと思います。
(親友の婚約者を見るアントニオの表情にわずかに翳りがあるような気がして心のうちを知りたく思いました。親友に遠慮しているけどもしかしてあなたも彼女のことを・・・?)
セシリアは控えめな中にも自分が衆目をあつめて当然という意識も備えている人じゃないかなと思うのですが、そのへん雰囲気がもうすこし見えると良いのになと思いました。フランシスコに対して躊躇があるというか、もっと愛されている自信が見えたらいいなと。
まいあちゃん大人っぽくて実力もあるから、新公でもクセのある愛しても報われない役がつづいてたからなぁ。この役どころを掴むのに苦労したのじゃないかと思います。
でも何回か見ていると日を追うごとに真風フランシスコがセシリアをより愛おしげなまなざしで見るようになっていった気がして、そうするとセシリアにも自信が生まれ輝きを増したような。主人公に愛される役を繰り返し演じることで出てくる魅力があるのだなと思いました。
華妃まいあちゃんはこの公演の千秋楽で宝塚を卒業。さいごに「ザ娘役」な華やいだ役を演じられてよかったなと思います。

ロベルト役の桜木みなとさん、お芝居がほんとうに好きなんだろうなぁと。
イサベルに惚れているわけではないけれど、彼女を見ていると昔の恋人を思い出して辛くなるという複雑な心境の人物を繊細に演じているなぁと思いました。好きすぎてもだめだし情が薄くてもだめなんですよね。
そのまなざしに何を見ているのか、気になってしまう人物でした。
彼が投げかける強く激しい言葉がフランシスコに気づきをもたらし作品の主題にも迫っている、アントニオとともに正塚先生の内心を表している役。やりがいのある役を全力で演じている感が清々しく頼もしく、役に合わせて芝居もダンスもよりシャープに見えて、これまでの1つ1つの役をしっかりと糧としているのだなぁと感慨もひとしおでした。(誰目線?)
なにかをやり遂げる同志となりうる人間としてフランシスコを認め、ともに戦おうという「1人より2人」の場面、「アントニオを頼む」とフランシスコに託される別れの場面、そしてアンジェリカの荷物を持ってあげる場面、が毎回好きでした。

遥羽ららちゃんのアンジェリカがとてもチャーミングで大好きでした。
知ってはいたけどお芝居の上手い娘役さんだなぁと思います。(「バレンシアの熱い花」でも彼女が演じたシルヴィアの絶妙なよろめき感が世界観を成り立たせていたなぁと思います)
酒場でもセリフがとても聞き取りやすくて状況が瞬時に理解できるなぁと。
ロベルトのことが好きな感じも、2人で話しているフランシスコとイサベルのところに登場して自分の用件を伝えるところも間がいいなぁと思いました。
彼女のセシリアも見てみたかったです。(ららちゃんのセシリアは愛らしいお姫様感があるだろうなぁなどと思ったり。丸顔が星風まどかちゃんとかぶるので、今回はまいあちゃんのほうが対比がはっきりしてよかったのかなぁとは思います。)
ロベルトにカバンを持ってもらった後のリアクションの可愛いこと(笑)。毎回もうたまらん♡でした(笑)。

和希そら君のフェイホオがとても良い味を出していました(笑)。
フランシスコの家の使用人で、とくに大きなことをするわけではないのだけど、セリフを発するたびに観客の耳を引き寄せる、所作を変えるたびに観客の目を惹きつけ、見ている人の気持ちを変える。フェイホオという役としての芝居の1つ1つが効いているなぁ、空気を変えることができるパフォーマーだなぁと思いました。
「2人より3人」は毎回楽しみでした。わかっていても毎回クスっとしてしまうんですよね。間が巧いのだろうなぁと思います。

間が良いなぁと思ったのは、ロマのエンセナダを演じた秋音光さんもです。
イアーゴー(寿つかささん)に4日殺しを飲ませる場面(ここは5人の息もピッタリで)、そしてフランシスコとイサベルが会話しているところに割り込んで――「なによ」「なに怒ってるんだよ」「怒ってないわよ」からの2人が手を繋ぐのをマネして「いいなぁ」という場面は、初見の観客が多い貸切公演でもっとも笑いが起きていたように思います。

それからこの公演で凄いパフォーマーだなぁと思ったのが、ロマの親方ミゲル役の留依蒔世さん。
第一声から雷鳴のように惹きつける迫力の歌声。もともと歌唱力があるのは知ってはいましたが、低音のセリフがこんなにも明瞭でワイルドな大人の役がこんなにカッコよいとは。惚れそうになりました(笑)。
天彩峰里ちゃんとのデュエットの素晴らしいこと。2人の素晴らしい歌声には「宙組が誇る」という枕詞をつけたいです。
峰里ちゃんはソロの歌も情感に溢れていてロマの人生を生きる悲哀がつたわってきました。
こんなに素晴らしいパフォーマーがいる宙組がこれからますます楽しみだなぁと思わせてくれましたし、次の公演も2人にたくさんの見せ場があるといいなぁと思います。

全国ツアー公演は下級生がいろんな役で頑張っている姿をたくさん見られるのも楽しみの1つでした。
今回はじめて覚えた生徒さんが、次の大劇場公演ではどの場面にどんな役で出演しているのか注目して見たいと思います。

|

« それが惚れるってことじゃないのか。 | トップページ | 死ぬまで一緒だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それが惚れるってことじゃないのか。 | トップページ | 死ぬまで一緒だ。 »