« 2020年1月 | トップページ

2020年2月の3件の記事

2020/02/25

方々、さらばでござる。

2月12日と16日、東京宝塚劇場にて宙組公演「El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-」と「アクアヴィーテ!!~生命の水~ 」を見てきました。
2月16日は千秋楽でした。東京宝塚劇場で千秋楽を観劇するのは、凰稀かなめさんの退団公演以来です。(近年はありがいたいことに映画館のライブビューイングで見させてもらっていますが・・時代は移り変わりゆきますです)

同公演は、宝塚大劇場で12月上旬に観劇して以来2か月ぶりの観劇でした。
待ち遠しくて、1月の終わりに観劇まであと何日かなぁと考えて、まだ半月以上も先なことに愕然としたりもしていました。
この公演は上演期間が1か月半と通常より長かったのでした(涙)。(「白夜の誓い」の時も1か月半だったので、東京の2月公演はそういう傾向なのでしょうか)

ということで待ちに待っての観劇の感想です。

「エルハポン」はストーリーの流れがすごくよくなっていると感じました。出演者全員の目指すところが1つになっていると。
そのうえで、それぞれの役の奥行きも感じられてとても面白く観劇しました。

いちばん変わった印象をうけたのは、星風まどかちゃん演じるカタリナかな。心の動きがすごく伝わってきました。
酒場でのシーン。いつもより声のトーンがちがうカタリナ。無理に明るくふるまおうとしているよう。
治道の帰国が近いことを知り1人ですべてを背負う覚悟でいるのかなぁ。でも寂しさは隠せないでいる。昔の幸せな頃を思い出したり。明るく自分に言い聞かせてみたり。揺れ動いている気持ちがすごく伝わってきました。

いつもは気丈なカタリナの弱さに触れた治道の戸惑い、心に湧き出す愛しさ、その思いゆえに彼女が笑みをとりもどすように柄でもないダンスを自らいざない(でもいつのまにかあっさり会得していた・・さすが剣士)、というそんなエモーショナルな流れが手に取るように見えて。
いつのまにか言葉はなくとも交わす目線とダンスとで心を通わすようになっていた治道とカタリナに涙しました。
そこから治道と訣しあらためて覚悟を決めたカタリナが歌うアリアのなんとも心に沁みること・・。2人の芝居がここまで来たのだなぁ。
真風さんは心を打つ芝居を自然にする人だなぁ。そして千秋楽にはずれなしの人だなぁと思います。
みちすじがちゃんと見えている人なんだろうなぁと思います。

主演の2人の芝居の深まり。そして2人とはちがうところで繰り広げられる人物たちの生き様、咆哮もさらに面白くなっていました。

続きを読む "方々、さらばでござる。"

| | コメント (0)

2020/02/24

守るべきものは。

2月17日に宝塚大劇場にて星組公演「眩耀の谷」と「Ray」を見てきました。―― の感想のつづきです。

瀬央ゆりやさん演ずる謎の男の正体は薄々察せられるものがありましたが、ほんとうに謎なのはなぜ彼は礼真を・・・?ということでした。
終盤にその理由が明かされるわけですが、そこがちょっと腑に落ちないといいますか。

血統だけではないはずですよね。血統だけでいうなら瞳花だって該当するし、ほかにも末裔は幾人もいそうです。なにより瞳花の幼い息子だって。
礼真の資質こそ相応しいからですよね。そこがふわっとしてた気がします。対比させる誰かとかがいたら面白いのになぁ。
愛月ひかるさん演じる管武将軍がもっと亜里の謎に踏み込む野心的な人物として描かれていたらなぁ。瞳花を通じてなにかを悟って動いているとか。

幼子をめぐる話の流れがなんともすっきりしないのです。管武将軍の無情さ、保身のための計算高さをあらわすだけの道具になっているようで。
瞳花も。美しく舞っている場合じゃない気がして。我が子を思う気持ち。母の嘆きはそんなものではないのでは。もっと主体的にかかわろうとする意志が見たかった。

管武将軍、幼子、瞳花。
このあたりの描き方、焦点の当て方が物足りなく感じます。
演じる方の力でなんとか埋めてもらうしかないのかな。来月もう一度見る予定がありますので期待したいです。
(が、新型コロナウィルスの蔓延も甘くみてはいられない状況で、今回が唯一の観劇であったかもしれません)

謎の男を演じる瀬央さんは、ごく普通の男のような雰囲気から話がすすむにつれていわくありげになっていくかんじが面白かったです。


宣王を演じる華形ひかるさんは、私欲でうごく狡猾そうな暴君の雰囲気。
巫女の敏麗を演じる音羽みのりさんは、宮殿の女性の誰よりも強い力をもっているように見える臈長けた女性。
宣王の妾妃瑛琳を演じる小桜ほのかさんは目ぢからのあるクールな印象の女性で、敏麗とは姉妹らしい。

この姉妹の目的もいまいちわからなくて。
宣王が「黄金の谷」に心動かされる人間であることは熟知しているのですよね。
瑛琳を寵妃にするために画策しているということなのかしら。
もしかして瞳花が盲目となったことにもかかわっていたりする? それは飛躍のし過ぎかな。
すんごくアクの強い婀娜な姉妹だったので印象的なのですが、思い返すとなにがしたかったのかよくわからない(笑)。
けど見応えのある姉妹で気になりました。

春崇役の有沙瞳さん。語り口調が優しげで、そしてお上手です。
ラストのしあわせそうな笑みが印象的で忘れられません。彼女のおかげで満足して良いものを見たわ~~としあわせな気持ちで幕間をむかえました(笑)。

印象的といえば、礼真をいざなう神さまの使い、小鳥か蝶かと見紛うようなしなやかに舞い踊る動きが美しくて。
あとでプログラムを見ると、水乃ゆりさんかな?
星組はデキル娘役が多くて層が厚いなぁとしみじみ思いました。


さて、ショー「Ray」について。
これは中村B先生、本望だろうなぁと思いました。
ロックもジャズも歌いこなす琴ちゃん(礼真琴さん)。シャウトもウィスパーも思いのまま。ヴォーカリストだわ。

MUSIC AND DANCE, SONG AND DANCE,DANCE,DANCE ‼︎なショーで、 素材で勝負って感じのスピーディーなショーで楽しかったです。
手拍子も裏打ちでノリやすくてよかったです。(「アクアヴィーテ」の頭打ちがずっと違和感で・・楽のウィスキーボンボンまでも涙)
なんというか、まさしくショーを楽しんでいる!という気分。

で気分がのったところに登場する愛ちゃん(愛月ひかるさん)。
ナニソレ。
ナニそのハットの被り方。ナニそのスーツの着こなし。ナニその長い脚のさばき方♡
正しく宝塚だわ~~~~♡

正統派エンターテイナーと正統派タカラヅカが交互にきて、なんだかムヒムヒ笑っちゃうショーでした。
そしてどっちついても踊る踊る踊る!星組生。
新生星組ってこうなんだ! まさしく新しい星組をお披露目されたかんじがしました。

綺城ひか理さんも天華えまさんも歌うまっ。
極美慎さんもそういうニュアンスで歌えるんだ。
この世代の男役さんの充実ぶり、凄いなぁ。

男役さんに負けていない、それぞれが半歩前に出ているような勢いの娘役さんにも驚きます。
娘役さんがカッコイイ(笑)。

そして名も知らぬ下級生にも綺麗なひとたちがたくさん。(星組下級生の舞台化粧技術すごい???)
そして踊れる。歌える。驚き。
ほかの組にだってチャンスさえあえば踊れる歌える生徒さんたくさんなのかもしれないけど、とにかくこれがいまの星組なのねと。
いろいろ瞠目するショーでした。(詳細はあまり覚えていない・・・笑)

星組はたまに見るせいもあると思うけど、下級生だと思っていた人の成長に驚きます。
星組さんは育てることに長けているのかなぁなんて思いながら帰路につきました。

来月もう一度見れることができますように!

| | コメント (0)

2020/02/21

真実を知るには勇気がいる。

2月17日に宝塚大劇場にて星組公演「眩耀の谷」「Ray」を見てきました。
期待の新トップコンビ礼真琴さんと舞空瞳さんの大劇場お披露目公演。チケットを手に入れるのは難しいかなぁと思っていたのですが、宙組東京千秋楽観劇の翌日に日にちを絞ってプレイガイドの先行にエントリーしてみたら幸運にも観劇が叶いました。

「眩耀の谷」はお芝居としては初の謝珠栄先生の大劇場作品でした。
古代の中国が舞台の作品として、音楽も舞踊も舞台美術も素晴らしいものでした。それを表現している星組の皆さんも。
凄いものを見たわと思いました。

宙組公演「エル ハポン-イスパニアのサムライ-」を見て、人を育てるということが明日への希望だなぁとしみじみと思ったのですが、この「眩耀の谷」を見てさらに、命をつなぐ次世代への愛が連々と人を生かしているのだなぁと思いました。
主人公が民を扇動し殲滅されゆくさまを美化する「メサイア」が美しければ美しいほどエモーショナルであればあるほど受け容れ難かった私には、この主人公礼真(礼真琴さん)の苦悩するさま、そして彼の決断に深く共感しました。

礼真の瞳には、そこに生きている人々の姿が見えている―― そう思いました。
生きるために、次代に命をつなぐために、虐げられ傷ついた民たちが必死で銀橋を渡っている姿に心迫るものがありました。
彼らを護るため目を配る男たちにも。
生きるということがどれほど尊いか。それを見せられたような気がしました。
有沙瞳さん演じる春崇がそれを象徴しているような役で幸せな気持ちのなかで終幕を迎えることができました。

「まことを知るには勇気がいる」
自分が真実と思っているものは、都合よく修正されたそれではないのか。
おそらく主演の礼真琴さんのお名前にも掛けられた“マコト”という言葉を噛みしめながら、この時世だからこそいっそう心に響くものがありました。

礼真琴さんは父母を敬愛し、尊敬する人の言葉に素直に感銘をうける純粋な青年丹礼真を全身全霊で演じてらっしゃいました。
礼真として民を思う気持ちはそのまま組を思う気持ちとも重なって見え、この役を通じて彼女自身が大きくなるにつれ、さらに深みのある作品になる予感がしました。

見ているとどんどん湧いてくる謎と、それが解けていく面白さ。
あのとき意味があるとも思わなかった礼真の行動にちゃんと意味があったのか!とか。(金属で叩くと火花が散る黄鉄鉱は「愚者の黄金」とも呼ばれる)
このさき公演を重ねてネタバレが浸透してしまってからは、内面を表現する芝居が勝負かなと思います。
磨かれていくことでさらに面白くなる作品だと思います。

ヒロインの瞳花を演じる舞空瞳さんは、一族の王の妹で舞姫の役。
可憐な彼女にぴったりな役かと思いきや、盲目にされ、しかも幼い子どもと生き別れてしまった悲しい女性の役。
彼女にとってこの役は挑戦だなぁと思いました。女性として言い尽くしがたい悲惨な憂き目に遭ったという実感は正直まだ伝わってこなくて、セリフの上だけになってしまっている感はありました。
盲目の役ということで目ヂカラを封印されてしまうのも難しいところかなぁ。星組には目ヂカラのある娘役さんが多いから(小桜ほのかさんとか音羽みのりさんとか小桜ほのかさんとか)つい薄い印象になってしまうのも気の毒な気がしました。
彼女がどうこの役を掴んでいくかで作品も深まっていくだろうなぁと。
盲目ながら舞う姿はとっても美しくて彼女の魅力が発揮されていました。ラストシーンで礼真と並ぶ姿も美しい対でした。

管武将軍役の愛月ひかるさんは、まだまだ本領発揮とはいかないかなぁというのが正直な印象でした。
まだお芝居が臆病というか。
もっと礼真の心酔が当然に思える武将としての器の大きさやキラキラ(ギラギラ?)したカリスマ性が見えたらいいなぁ。
そこからのギャップが見せどころじゃないかしら。
そうすると礼真の苦悩の理由に説得力が増すと思います。
コスチュームの似合いっぷりはさすがでしたので、役に相応しい色気も加味して魅せてほしいなと思います。

ひきつづき謎の男役の瀬央ゆりやさんについて書きたいところですが、健康管理も社会的責任なご時勢、睡眠時間確保のため、後日にいたしたいと存じます。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ