« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月の3件の記事

2020/12/18

彼女を信じてくれてありがとうございます。

12月13日と14日に宝塚大劇場にて、宙組公演「アナスタシア」の前楽と千秋楽公演を見てきました。

約2週間ぶりの観劇でしたが、こんなにも深まるものなのかと驚きでした。
特に前楽はすべてがピッタリとはまった快感と夢見心地が途切れることなくラストシーンに導かれました。

ほんとうにあえて挙げるとすれば1か所だけ、1幕の終幕間際のヴラドのアドリブへの客席の笑い声が次のディミトリのセリフまで残ってしまったのが惜しかったことくらいでしょうか。時間にして何秒もないタイミングなんですけど、ほらやっぱりアーニャはアナスタシアでしょ?と確信できる私の好きなセリフに被ってしまったのが・・。でも客席が湧くのを禁ずるのは違うと思うし、さりげない言葉だから良いのであって語気を強めても興ざめだし、まさに舞台は生ものだなぁと思いました。でもほんとに一瞬現実に戻ったのはそこだけで、夢を見続けた3時間でした。

千秋楽は客席も雰囲気がちがったし、舞台の上も独特の緊張があった気がします。
ディミトリ(真風涼帆さん)がアーニャ(星風まどかちゃん)との別れを意識する歌を歌えば、私もつい「ああ大劇場で宙組のまどかちゃんを見るのも今日が最後なんだ・・寂しいなぁ」などと雑念が入ってしまい、前日のように無心で見ることができませんでした。
1幕で真風さんは喉をいかしてしまわれたのかな。前楽の方が声が自在に伸びていたと思います。慎重に音を置いて歌われていたようで、前楽よりもおとなしめなディミトリでした。そのぶんせつなさは千秋楽のほうが増して感じられた気がしますが私の気持ちのせいもあったかもしれません・・。

アーニャ役の星風まどかちゃんも、前楽はオールパーフェクトだったのに千秋楽は何回かセリフを噛んでいてこれも千秋楽かなぁと思いました。でもセリフを言いなおししてもダウンせずクオリティを保てるのは流石だなぁと思いました。これほど信頼できるパフォーマーはそうそういないなぁとあらためて星風まどかちゃんという存在の稀有さをおもいました。

ふりかえると1か月前にはじめて観劇して以来、ディミトリのことばかり考えています。
サンクトペテルブルクの路地裏で生きるストリートチルドレンだったんですよね。お父さんは強制収容所で亡くなり、お母さんはそのずっと前からいない。
この街で生き抜くには賢く抜け目なく立ち回らなくては。まともなことをしたって生きてはいけない。盗んだり人を騙したり。力のない子どもは捕まれば殴られたり蹴られたりはあたりまえ。自分を生かすので精一杯だったよね。

悪びれてはいるけれど、アーニャに出逢って、彼女をパリに連れて行くために一生懸命お金を作ろうとする姿は胸を締め付けました。人様のお財布からお札を抜いている姿も。そうしたって出国許可証を手に入れるだけのお金は作れないんですよね。それもとてもせつない。
ヴラドやアーニャに出逢わなければ、ディミトリも悪友たちとウォッカに溺れるしかない人生だったかもしれない・・・この街で。

親のいないストリートチルドレンだった彼が大公女様のプリンスになるというおとぎ話なんだなぁ、これは。

おとぎ話は自分で作ればよいと強がりを言っていたけれど。アーニャがダイヤモンドを持っていなかったら成立していないお話。

彼がアーニャを心から信じたから起きた奇跡の夢物語なんだなぁ。
そんなことが自分に起きるなんて少年の頃の彼は思いもしなかっただろうなぁ。ほかの誰かになれたらと、そんな無邪気な空想を少年だった彼も想い描いたことがあるのだろうかと、凍えてひもじい夜にどんな夢を見ていたのだろうと思うとせつなくてたまらなくなります。誰かの温もりの中にいた幸せな記憶はいつのことだったのだろうと。

ほんとうはアーニャが主人公の物語なのだろうけど、宝塚版だからこそのディミトリの比重が私は好きです。アナスタシアの過去ほどは彼の過去は描かれていないけれど、だからこそもっともっと彼のことを知りたいもどかしさはあるけれども。

でもそれも前楽と千秋楽にはみんな真風ディミトリに見ることができました。
彼が歌う歌詞が情景となってはっきりと見えた前楽、そして千秋楽でした。
「In A Crowd Of Thousands」で浮かび上がってきた痩せて汚れた少年と大公女様の邂逅。2人がともに記憶していたおなじ情景。
そしていま目の前で彼女に跪くディミトリの姿。幾度かつながりかけては消えた線と線が交わった奇跡の瞬間を私は目の当たりにしている——。
アーニャに出逢う前、少年の頃の思い出、アーニャに出逢ってから・・・どのディミトリも私は愛おしくてたまらなくて大好きです。

自分をみつけても手を振ったり笑いかけたりしてはだめだというディミトリの言葉に、千秋楽は専科に異動してしまうまどかちゃんと宙組に残る真風さんが重なって、たまらなくせつなくもなりました。こんなところでも雑念が・・・涙。
けれどあんなに鳥肌が立つほど息の合った「In A Crowd Of Thousands」を聴いたあとでは・・・。
このコンビだからこそのハーモニーを私はもう生では聴けないのだと思うと寂しさがぐっと押し寄せてきました。たぶんこの状況(コロナ禍)では私は東京まで公演を見に行くことは叶わないだろうから・・。
この作品を真風さんとまどかちゃんの主演で見ることができて良かったと思います。

続きを読む "彼女を信じてくれてありがとうございます。"

| | コメント (0)

2020/12/03

ロシアのねずみは賢くなけりゃ死ぬだけ。

11月24日に宝塚大劇場にて宙組公演「アナスタシア」を見てきました。

2週間前に見たときよりもさらに面白く感じました。
2幕のベッドサイドで歌われるディミトリとアーニャのデュエットなどはあまりに息ぴったりで鳥肌が立ちました。

そしてやっぱり私はディミトリの過去と現在が気になり物語から置いて行かれかけました。
親のいない少年がどうやっていままで生きてきたのかと・・・「My Peterburg」を歌う彼の心情はどういうものかと、思いをめぐらせているうちにナンバーが終わってしまう。同情させないところがディミトリらしいところなのだろうなと思うけれども。

落ち込んでいるアーニャにご褒美だと言ってオルゴールを手渡したり、彼女のために人形を買って荷物にしのばせてあげたりしているところを見ると、見かけによらずロマンティックな一面があるのだなと思います。
そんなことをしてあげている時の彼の心の中は、どんなにかあたたかだっただろうなとか、彼自身はそんなことを誰かにしてもらったことがあるのだろうかとか、考えずにいられませんでした。
彼の心の中の甘美な空想と彼が過ごしてきた現実を思うとせつなくて。

マリア皇太后に彼女を信じてもらえてはじめて褒美をもらった気分だと言うところは、彼のこれまでの人生にご褒美、プライズをもらえるような場面がはたしてどれだけあったのだろうと、そしてこの褒賞が彼にとってどんなに輝かしいものだろうと思って胸が熱くなりました。
お金をもらうよりも大切なものが彼の中にあること・・・。ペテルブルクの街で生きて行くために盗んだり騙したり殴られたり蹴られたりしていた少年を思うと。

自分が信じたアーニャを皇太后に認めてもらうことがご褒美。そんなディミトリの気持ちはジェンヌさんを応援する宝塚ファンにも似ているなと思いました。自分ではない誰かのために一生懸命になる気持ち。その人のしあわせを願う気持ち。その人が輝くことを誇りに思う気持ち。
宝塚ファンには入り待ち出待ちにお茶会があるけれど、ディミトリはこの先一切アーニャと関わらずに生きて行こうとしていたのですよね。それはとてもせつないなぁ。馬車の上から手を振ってもだめだぞと。

ディミトリに訪れたしあわせな結末を、ディミトリの中の少年にも語って聞かせてあげてほしいなと、そんなことを思いながらラストの家族写真を見ていました。

このハッピーエンドだけれどもどこかせつない物語。
今月のチケットがあと2回分あるのですが、どうぞ無事に見られますように。
しあわせな千秋楽を迎えられますようにと心から祈っています。

| | コメント (0)

2020/12/02

この新しい星の世界で。

11月25日に梅田芸術劇場メインホールにて宝塚歌劇星組公演「エル・アルコン-鷹-」「Ray-星の光線-」を見てきました。

「Ray-星の光線-」は大劇場公演を見たときも、奇をてらうことのないストレートな演出で、シンプルにこれでもかの素材勝負のショーだなと思いましたが、全国ツアーバージョンはさらにその色合いが濃くなっていました。
舞台装置はいたってシンプル。笑いも取りに来ない。ひたすらにソング&ダンスという構成でありながら、一時も飽きさせることなく楽しませてくれる琴ちゃん(礼真琴さん)は最高にエンターテイナーだなぁと思いました。
中村一徳先生のショーは選曲がとても好きなのですが、もとめられているパフォーマンスは宝塚歌劇では限界があるとずっと思っていました。それゆえタカラヅカナイズされたパフォーマンスこそを愉しむものだと思っていた私の先入観を、琴ちゃんは気持ちの良いほど裏切ってくれました。

オープニングにロックな主題歌でアジテートしていくのは中村一徳先生のショーの定番で、「Ray」もたがわずそのパターンなのですが、梅芸で見た「Ray」は、オープニングからえっこれは?と思わず前のめりにさせられる衝撃的ななにかがありました。
バックビートのノリ方がちがうのでしょうか。シンプルなソング&ダンスにはちがいないのですが、琴ちゃんをはじめとするメンバーが、ロックはロックに、ジャズはジャズとして歌って聞かせてくれるので、何曲歌い継いでも単調に感じることなく愉しむことができました。さらにこのカウントでこんなに踊る???ともはやあっけにとられる身体能力とリズム感を惜しげもなく披露してくれて、あっという間の55分でした。(体感としては15分くらい)琴ちゃんについていく星組メンバーも凄いと思いました。

それから星組会(ファンクラブ)がリードする手拍子がどのナンバーにも合わせてきて、一緒に手拍子することで私自身も舞台上の人たちが奏でるパフォーマンスに参加しているような気持ちになれてとても楽しかったことも記しておきたいと思います。
ホール中を満たす興奮。感染予防対策のため歓声1つある訳でもないのに、手拍子と拍手だけで、ここまで舞台と客席は一体となれるのだなと思いました。
それも見る者の心を動かすパフォーマンスがあればこそ。
琴ちゃん率いる星組の可能性の大きさを感じ、明るい未来を確信しました。

続きを読む "この新しい星の世界で。"

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »