« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月の3件の記事

2022/05/27

たとえ悲しみでもいいから。

5月25日にシアター・ドラマシティにて宝塚歌劇月組公演「ブエノスアイレスの風」を見てきました。

演目が発表された時、若々しさが持ち味のありちゃん(暁千星さん)には合わないんじゃないかなと思ったのですが、豈図らんや。
反政府ゲリラとしての活動に青春のすべてを捧げ仲間を亡くし生き残り、心に癒えぬ傷を抱えて虚しさに抗いながらいまを受け容れて生きて行こうとする男を、ありちゃんは丁寧にそして真摯に演じてその人物の像と影を浮き彫りにしていました。
あのありちゃんが——!ときっと多くの人が思ったのではないかな。

歴代のニコラスとも違ったクセのない芝居で、セリフがすっと入ってくるかんじ。
初演は映像で繰り返し見た作品ですが、ありちゃんが演じることで気づけたニコラスの心情もありました。

当時は紫吹淳さんのカッコよさにひたすら痺れて、じつは物語のシチュエーションについてよくわかっていない部分もあったかも。
宝塚を見初めの頃で男役のカッコよさに耐性がないところにもってきて、あの煮凝りのような濃さを浴びてしまって思考力よりも感性で見てました。
紫吹さん独特の洗練された身のこなしから繰り出される溜め台詞に完全ノックアウトされてたと思います。
「友達が、」(カウントできるくらいの間)「・・・死んだんだ」。
ここだけ切り取って見たら堪らず爆笑してしまうかもしれないけれど、作品の流れの中に緊張感をつくり観客を自分に集中させてから一気に感情の堰を切る技量はお見事。
まさに「ザ・紫吹淳」の真骨頂でした。

あのニコラスを、ありちゃんがどう演じるのだろうと思っていたのですが、思いのほかナチュラルなニコラスで、感情の流れも物語の文脈もしっかり表現していて、腑に落ちること腑に落ちること。
初演の頃は、人間やその関係性の複雑さ曖昧さが模糊としていても、その割り切れなさこそが現実だとストレスを感じずに鑑賞していたけれど、いまはなるべくわかりやすくクリアに演じるのが時流なのかな。とも思いました。
(悲しみの感情さえ自己責任という言葉で突き放される時代だからなぁ)

マサツカ作品にたびたび出てくる「7年」。
がむしゃらに理想を貫こうと世の中との軋轢に身を削り生きていた「あの頃」と、交わしてきた幾多の約束や人間関係がしがらみとなり折り合いを探しながら生きる「今」。
世の中を俯瞰し「あの頃」を冷静に思い返せるようになる時間が「7年」なのかぁ。
ありちゃんのニコラスは風間柚乃さんのリカルドとともに「あの頃」の想像を掻き立てるニコラスでした。
青春を共に過ごし理想を求めて熱く突っ走っていたんだろうなぁ。

そしてマサツカ作品に描かれるのは「不如意でも生きて行く人びとの悲哀」。
思い通りに生きている人なんていない、それでも生きて行く。というのはあたりまえのことだった。
いつまでも自己実現を諦めずにいられる時代になった今、この物語に描かれる人びとに共感することができるのか。
そんな危惧も杞憂に終わり、ピンと張りつめた糸のような芝居に終始見入り、終幕と同時に心からの拍手を送りました。
ありちゃんと月組メンバーの真摯な芝居を見ることで忘れていたことを思い起こさせられた気がします。

ありちゃん、下級生時代は芝居が課題だったとは思えないくらいいい芝居をするようになったなぁ。
心に響く歌、そしてダンスはもちろん素晴らしくて、異動後の星組を見に行くのがいまから楽しみで仕方ありません。

カーテンコールの時にありちゃんが「月組の好きなところ」を挙げていましたが、下級生たちが自分なりに考えて芝居に取り組みそれを上級生が温かく見守っているところ、皆が芝居に真摯なところ、袖ではふざけているのに、と語っていたと思います。
この「ブエノスアイレスの風」でも感じた月組の地に足の着いた芝居をまた見に行きたいなと思いました。

 たとえ悲しみでもいいから
 生きていればお前に会えるだろう
 忘れることはないよ・・・

| | コメント (0)

2022/05/20

カオナシ。

5月14日に博多座にて舞台「千と千尋の神隠し」を見てきました。イープラスの貸切公演でした。

まず客席に20~30代と思しき人が圧倒的に多いことに驚きました。
貸切公演だったことも関係あるのかもしれませんが、やはり演目ゆえかな。お子さんの姿もいつもより見かけました。
ふだん私が観劇する演目は40~50代がコア層なかんじなので、若い人がたくさん足を運ぶ演目は演劇の未来を明るくするなぁと思いました。

開演前に、博多座製作の「前のめりは後方席の視界を想像以上に遮ります」動画が映し出されたのも良き趣向だなと思いました。
毎公演アナウンスで注意されていることではありますが、それがどういうことで、どれくらい迷惑かは、ご存じない方も多いと思うので、開演前にこの動画を見ていると気をつけてもらえそうです。
観劇慣れしている方も初めての方も、皆が気持ちよく舞台を見られるようにこうした配慮はありがたいなと思いました。

この日時のキャストは、千尋=上白石萌音さん、ハク=三浦宏規さん、カオナシ=菅原小春さん、リン/千尋の母=咲妃みゆさん、釜爺=橋本さとしさん、湯婆婆/銭婆=朴路美さん、でした。
メインキャストの方もアンサンブルの方も最高のパフォーマーばかりで、音楽も演奏もほんとうに贅沢なものを見たなぁと思いました。

私は1階前方の席だったのですが、舞台装置の組まれ方、そこを行き来する演者さんやススワタリや呪詛の虫などのパペットの演出などは、2階席からのほうがよく見えるのかもと思いました。この作品は2階席の満足度が高いのではないかなと。
同一席種内での不公平感が少ないというのも大切な気がします。

原作のアニメはかなり昔に見たことがありますが、アニメよりも筋道がわかりやすい脚本・演出になっているようで、そうだったのかーと思いました。
アニメを見ていた時はあっちにこっちに気持ちが寄り道してしまって本筋が掴めていなかったのかなと思います。そういう寄り道が愉しみだった人には物足りなさもあるのかなとは思いました。

アニメのキャラクターをパペットで表現しているので、役者さんを見るのを楽しみにしている人はえっ?って思うのかなとも。
私はアニメでも大好きだった坊ネズミがハエドリに運ばれたり、ハエドリを乗せて歩いたりしているのを見られて楽しかったです。パペット使い巧いなぁ。本職ではなくアンサンブルの方が操っているんですよね。

ハクが龍の姿になった時、そして千尋とともに空を飛びながら自分の名前を思い出す場面を舞台ではどう表現するのだろうと思っていたのですが、人力とは!
歌舞伎の黒衣や狂言においての後見のように、アンサンブルの方々の力で空を飛んだり姿を変えたりしていて、こういう表現をするのかと膝を打ちました。
それがちっとも不自然に感じられないステージングが素晴らしいなと思いました。

千尋役の上白石萌音さんは、舞台に出ずっぱりで階段や梯子を上ったり下りたり舞台を駆け回ったりともの凄い体力と身体能力に驚きました。
ハクにおにぎりを渡される場面の張りつめていた糸が途切れた時の大泣きも凄い。
体の重心の掛け方使い方も子どものそれで、まさにアニメの千尋が抜け出てきたみたいで世界観に引き込まれました。
これぞまさに“恐ろしい子”。と思いました。

ハク役の三浦宏規さんはまず声が良いのと、龍の姿に変わり身する時に跳躍しての回転は目を瞠りました。2回転半以上回ったのじゃないかな。凄い。
彼があの白龍とイコールなのもすんなりと受け入れられました。

湯婆婆と銭婆役の朴路美さんも一声で全員が震えあがるような迫力とコミカルさが湯婆婆そのもの。同じ顔なのに銭婆になるとすっとした品が出て、坊ネズミやカオナシたちに対する慈愛に溢れていて素敵だなぁと思いました。

咲妃みゆさん、声がいいなぁ。千尋のお母さんのあの突き放した感じは、扱いにくい娘をもつ母のリアリティがありました。夫は子どもみたいな人だし、彼女が大人でいないと家庭が回らなさそう。
リンはアニメでもきっぱりと潔くて素敵な人だったけど、咲妃さんのリンも素敵な人でした。
いつかどこかで千尋とまた逢えたらいいなぁ。

カオナシ役の菅原小春さん、どうしたらこんな体の使い方ができるの? 不思議で思わず凝っと見てしまいました。
お面をかぶっているのに、そのお面に心模様が映って喜怒哀楽が見える気がするのも不思議。
銭婆にここに残って手助けをしてほしいと言われた時は、なんだかうれしそうに見えました。
カオナシとは何の暗喩なのか。現代に生きる人間の自我そのものなのかなぁ。などなどいろいろと考えてしまうキャラクターでした。

舞台化と聞いた時は、あのアニメだからこその表現を舞台でどう見せるのだろうと思っていたのですが、古典的ともいえる舞台の手法で描き切っていたことが清々しくもありました。
古来よりの演劇の奥深さやこれからの可能性も見ることができた気がします。
本邦の商業演劇に何某か新しい風が吹いたのかも。そんなことを考えながら帰路をたどりました。

| | コメント (0)

2022/05/04

グランカンタンテ。

4月26日に宝塚大劇場にて星組公演「めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-」「Gran Cantante(グラン カンタンテ)!!」をマチソワしてきました。

ショーはそのタイトルどおり、礼真琴さんが歌い歌い踊るショーでした。
懐かしいスペインものの柴田作品の主題歌や挿入歌を次々に歌い継いでいく場面は宝塚ファンとして心躍りました。
(わたし的にはタニウメで聴いたあの歌を、礼さんと美穂さんで聴いてることに妙なテンションの上がり方をしたり・・笑)
礼さんが大階段で「オンブラマイフ」を歌う場面は圧巻。
クオリティの高いショーを見たなぁ。これなら何回も見れるなぁ。と思いました。(といっても残るチケットはあと1枚なんですけど)

観劇から1週間たってしまったのですが、感想を書こうと思ったら、これが意外と細部を記憶していない・・涙。
全編スパニッシュだったせいかな。礼さんが凄かったのは間違いないんですけど。
鮮明に思い出せる場面は、瀬央ゆりあさんが銀橋で「ニンジン娘」を歌っていた場面。
瀬央さんの後ろで踊っていた極美慎さんの表情だったり。
それから礼さんが闘牛士の場面での牛さんの瀬央さんだったり。
ワッカのドレスの万里柚美さんだったり。太鼓を叩いてた華雪りらさんだったり。
天寿光希さんと音羽みのりさんが歌っている場面もあって、ああ退団されるんだなぁと思ったり。
フラメンコの掛け声がカッコイイと思ったり。
せり上がりして銀橋を渡る極美さんのお顏だったり。
見ている時は夢中で愉しんだんですが、場面の細部をほんとうに覚えていない自分に愕然。

ちょっと言い訳をさせてもらうと、「礼さんとその他大勢」か「礼さんと美穂圭子さんとその他大勢」なシーンが多くて、記憶力の弱い私には難易度が高くて・・。全編スパニッシュというのも記憶が混乱する原因かな。
礼さんだから成立してるショーだと思いますが、星組には素敵な人がいっぱいいたはずなのに、あまりピックアップされていなかった? されていたのに記憶がない?・・どっちだろう。
検証するためにも、もう1回見たいです。(どうか叶いますように・・涙)

美穂圭子さんの歌も素晴らしかったですが、ずっと歌われている印象で。ここぞという場面であの歌声を披露されるほうが記憶に残った気がします。
星組のいろんな人の歌声も聞きたかったなぁ。とくに娘役さんの。

パフォーマンスは本当に素晴らしかったのですが、礼さんと美穂さん以外のパフォーマーの顔があまり見えないショーだったかも・・と思いました。
でも、私の勘違いかもしれないので、もう1回絶対見たいです。
どうか早く公演が再開しますように。切に祈ります。

| | コメント (0)

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »