カテゴリー「音楽」の9件の記事

2011/09/05

生誕65周年。

本日午前0時をまわってちょっとして、Googleに飛んだら
Googleのロゴのイラストがフレディ・マーキュリー!!!!

イラストをクリックしたら、きゃぁぁぁ
「Don't Stop Me Now」にのせて
ステキなフレディのアニメーションがぁぁぁぁぁ)^o^(

そっか、今日9月5日はフレディのバースデーですもんね!
そして今年はフレディが亡くなった悲しい日から20年・・・。

アニメのとってもおちゃめなフレディに癒されて
もう何回も何回も再生しています。
これ今日1日限りですもんね。
(とりあえずDLはしたけれど)

虎さんに乗ってるフレディ。
王座に座るフレディ。
大好きだーーー

今カレ元カレ。
どうやら私は王冠が似合う人がタイプみたい(笑)。

今日1日とにかくグーグルにアクセスしまくりだわ、これは

Freddie Mercury Google Doodle

| | コメント (2)

2011/09/04

恋をしなくちゃ。

白土家のおばあちゃんが好きです。

元カレ今カレと同席して悪びれないところ。
けっしてふざけてなくて上品なところ。
とうとうロックをやるって言い出しちゃって・・・・・・
こんなことに・・・!
  ↓ ↓ ↓
「第六話 ロック・イン・一乗谷」
(9月1日よりオンエア)

おばあちゃん、ますますステキ
っていうか、これ、ライブ・イン・モントリオールの音源そのものじゃん・・・!

と思ったら、第五話の下のほうには「Freddie20years」ってクレジットがあるじゃないですか。
そうだったか、ことしはフレディが天に召されて20年目。。。
ということで、検索したらこんなイベントがあるじゃないですか。

クイーンのフレディ・マーキュリー没後20年メモリアルイベント
「QUEEN ROCK MONTREAL cinesound ver.」公式サイト

福岡でも上映アリですね。
これは行かねばなるまい。
あーでも映画館でオールスタンディング。
体力だいじょうぶかなぁ。私

11月は元カレと今カレの狭間で忙しいかも(笑)。

| | コメント (0)

2011/05/16

CANDLELIGHT DAY 2011

今日ブルガリアで開催されるようです。
(と思ったら昨日でした

Who Wants To Live Forever のブライアンのギターと
映像がリンクして胸を締めつける・・・


Candlelight Day 2011-QUEENのオフィシャルサイトの告示

The clip attached is part of a national anti-AIDS day campaign in Bulgaria called Candlelight Day. Now in it's 7th consecutive year, it is organised by a local NGOs coalition with the support of the United Nations' UNFPA and Y-PEER. The campaign aims to create awareness for AIDS-related issues including education and AIDS prevention. Candlelight Day takes place on 15th May.

| | コメント (0)

2011/03/25

手をとりあって。

Teo Torriatte konomama iko
Aisuruhito yo
Shizukana yoi ni
Hikario tomoshi
Itoshiki oshieo idaki

TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER)/QUEEN

今夜はこの曲を聴きたくなりました。
昔、深夜のラジオで聴いた曲。
アルバムの発売日を待って
それまでラジオを録音したテープを
何度も繰り返し聴いた曲です。

| | コメント (0)

2010/08/29

My Favorite Things♪

今日(8/28)は、地球ゴージャス「X-DAY」(ソワレ)に感動して
ホテルのバーで中洲の川面とネオンを見ながらお酒を飲んで、
中洲JAZZの2会場へ行きました。

地球ゴージャスのことは、ゆっくり書くとしまして、
中洲JAZZについて。
ひっさしぶりのLIVEで、興奮してます。

青山カレンさんが出演する清流公演に行くのに、橋を1つ渡り損ねて
川上に廻って遠回り。
あのへん春吉の○○ホテル街でして・・・。
ふだんだと気まずい雰囲気の場所ですが、少しでも早く着きたくて
路地をすすみましたが、けっこう健全な方をたくさん見かけたのは
中洲JAZZのせい???

時間的に、カレンさんの出演に間に合うかな???って感じだったのですが、
時間が押しているらしくて、どうやらまだのよう。
2曲くらい聴いたところで、カレンさん登場。
「LOVE FOR SALE」「SUMMER TIME」
そして「MY FAVORITE THINGS」という、とってもスタンダードな曲を歌ってくれました。
とくに、「MY FAVORITE THINGS」が好きだったなぁ。
涙でそうになりました。

続きを読む "My Favorite Things♪"

| | コメント (0)

2009/10/13

さよならを教えて。

秋のお休み。
BGMにフランス語の歌ばかり聴いています。
フランス語はまったくわかりませんが…(^_^;)

1つは、『ロシュフォールの恋人たち』。
ピンクのカトリーヌ・ドヌーヴがとっても可愛い
おしゃれなフレンチミュージカル映画です。

もう1つが、フランソワーズ・アルディ。
私が知っていたのは、「さよならを教えて」。
キュートなフレンチポップスという印象でした。
ストレートの金髪の横顔の
ジャケットの写真がとても印象的で。

そして、これが去年リリースされた彼女のベストアルバムのジャケット。
いま60代です。
シックでアンニュイで知的でカッコよくて、やっぱりキュート。

こちらが、彼女の公式サイト。→Françoise Hardy
すてき
キュートでアンニュイな若い頃の写真しかしらなかったので
こんな年齢の重ね方をしていたなんて、ぜんぜん知りませんでした。

さらに、中に入るとこのアルバムジャケットの大きな写真と視聴ができるページにいけます。
それがこちら→ 100 chansons
すてきでしょ
「さよならを教えて(Comment te dire adieu)」も、かなりしっかり視聴できます。
クルマのCMかなにかで、ほとんどの方が知ってらっしゃると思います。
TVスポット(VOIR LE SPOT TV)へのリンクもクリックしてみてください。
昔の彼女のスチールも見れます。
ね? すてきでしょう

とにかく、すてきでしょう~~~が云いたくて書きました(笑)。

フランソワーズ・アルディとカトリーヌ・ドヌーヴに耽る秋です。
(もちろん悠河さんは別格

| | コメント (0)

2008/11/26

Bryan Ferry。

久々に、昔のCDを引っ張り出して聴いております。
いま聞いているのは、コレ。
ロキシー・ミュージック(Roxy Music)のヴォーカルで、ソング・ライトも担当のブライアン・フェリーのベスト・アルバムです。

フェリーというと、1980年代当時ブリティッシュ・ロック界随一の伊達男といわれていました。
お洒落でキザでダンディ。だけど、決めすぎない、どこか崩した感じがカッコ良かったです。
鼻にかかった緩い感じの歌声も気怠くて好きでした。
いかにも「優男」なんですよね(笑)。

大学は美術専攻。(卒業後は美術の先生だったそう)
音楽に関しても、技巧よりも美意識重視ってところも、好きだった要因かな。

それで、歌詞がまた、良いのです。
何が良いって、情けないところが(笑)。
女の人にふられてメソメソしているような歌とか、君にめろめろだよ~とか言っているような歌とか。
で、そんなに彼女(or君)に惚れこんでいるのかと思っていたら、
次のターゲットが見つかったら、また、君にめろめろだよ~とか言っているみたいな(笑)。
で、失恋して傷ついている自分に陶酔しちゃっているところとか。
愛しているのは、彼女に翻弄されて恋に傷ついている自分自身だよね。
だけど、それが「可愛い男」に映るのが、彼の稀有なところです。

このアルバムは、ロキシーの最高傑作ともいえるアルバム「AVALON」から
「More Than This」や「Avalon」。
そして、個人的に私の大のお気に入りの「Slave to Love」、
ジョン・レノンのカヴァー「Jealous Guy」、
そして日本版には、ボーナストラックとして「Tokyo Joe」も入っていて、とてもお値打ち。(^^)
(↑その代わりに「Zamba」が入っていない)
(どうして「Tokyo Joe」かというと、木村拓哉主演のドラマの主題歌で日本でリバイバル・ヒットしていたから)

私は、これと、カヴァーアルバムの「TAXI」がお気に入りです。

収録ナンバー(UK版)は以下の通り。

続きを読む "Bryan Ferry。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/25

香港庭園。

某局の「世界の○窓から」を何気なく流していたら、懐かしい音楽が。

スージー&ザ・バンシーズの「ホンコン・ガーデン♪」。
な、なつかしすぎる~~~~(滂沱)(T▽T)
一瞬、空耳かと思いました。

ヴォーカルの、スージー・スー(Siouxsie Sioux)に憧れたなぁ。

私が10代の頃に憧れた女性の名前をあげると、彼女の他に、
マレーネ・ディートリッヒ、パティ・スミス、ケイト・ブッシュ。かなぁ。
なんちゅーか、皆それぞれに男前な女性ですね(笑)。
(たぶん、今と好みは変わっていない・・・(^^ゞ)
深く傾倒していたというより、生き方、スタイルに憧れたって感じです。

久しぶりにアルバム「カレイドスコープ」(Kaleidoscope / Siouxsie and the Banshees,1980)が聞きたくなりました。
が、レコードしか持っていない…(^_^;)
うちのプレイヤー、まだ動いたっけ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/28

KABA.ちゃん@power(toshinori yonekura CONCERT TUOR 2000)

昨日は、「紳士は金髪がお好き」を見て、ジーン・ケリーの「雨に唄えば」も見ましたが、「紳士~」ほどは盛り上がりませんでした。
娘たちも、最初は「宝塚と一緒だ~~~!」と面白がって見ていたのですが、「Gotta dance~♪」くらいからいなくなってしまいました。あらら。(^_^;)
私はたぶん、「紳士~」のほうが華を感じて好きなんです。
登場する美男美女もそうでない人たちも、私は「紳士~」のほうが「雨唄」よりもルックス的に好みみたいです。
それに「雨唄」の場合は、どうしても宝塚版と比べちゃうっていのもあるかな。
デビー・レイノルズ(キャシー)は可愛いなぁ(^^)と思うけど、「でも、うめちゃんのほうが可愛い・・( ̄ー ̄ )」と勝ち誇っちゃっている自分がいるんですよね・・・(^_^;)イタイ。
ジーン・ケリー(ドン)のタップやドナルド・オコナー(コズモ)の身体能力に驚嘆しても、やはり私はトウコちゃんや悠河ちゃんの笑顔でコロリ・・・といっちゃうタイプなんでしょうね(笑)。
やはり、なにより自分好みの笑顔にめろめろになるみたい。
そういう意味でも、7月の梅芸の「雨に唄えば」。いまからドキドキ。たのしみです。

で、「雨唄」のつぎに、先日のトークショーの映像を見て以来KABA.ちゃんが気になっていたので、米倉利紀のライブビデオをひっぱり出して見ました。
まずは、2000年のコンサートツアー「power」です。(下写真)

続きを読む "KABA.ちゃん@power(toshinori yonekura CONCERT TUOR 2000)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 宝塚 大和悠河がいた宙組 \ 宙 組 !!/ ♕ 花組 ♕ 月組 ♕ 雪組 ♕ 星組 ♖ 観劇 ♖ 宝塚 ♖ 歌舞伎座 ♖ コンサート ♖ ストプレ ♖ ミュージカル ♖ 宝塚大劇場 ♖ 東京宝塚劇場 ♖ 歌舞伎 ♖ 狂言/能楽 ♖TBS赤坂ACTシアター ♖『エリザベート』 ♖『ベルサイユのばら』 ♖キャナルシティ劇場 ♖シアタードラマシティ ♖中日劇場 ♖北九州ソレイユホール ♖北九州芸術劇場大ホール ♖博多座 ♖宝塚バウホール ♖宝塚観劇-全国ツアー ♖日本青年館ホール ♖梅田芸術劇場メインホール ♖福岡サンパレス ♖福岡市民会館大ホール ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 ♗ 宙組 風と共に去りぬ ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 ♗宝塚宝石箱 ♘ 京極夏彦の本 ♘ 波津彬子の本 ♘ TONOの本 ♘ あさのあつこの本 ♘ 本の話 おでかけ。 お知らせ。 つぶやき。 凰稀かなめ - ouki kaname 凰稀かなめ - 1789 凰稀かなめ - The Beginning 博多座みちあない 大和悠河- yamato yuga 大和悠河- 売らいでか! 大和悠河- セーラームーン 大和悠河- 糸桜 大和悠河- 南の島に雪が降る 大和悠河- 細雪 大和悠河- CHICAGO 大和悠河- Dream Ladies 大和悠河- プロミセス・プロミセス 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る 大和悠河- MOON SAGA 大和悠河- 土御門大路 大和悠河- My One and Only 大和悠河- GULF 大和悠河- Dream Forever 大和悠河- 100年のI love you 大和悠河- 風を結んで 大和悠河- 綺譚・桜姫 大和悠河- まさかのChange?! 大和悠河- 戯伝写楽 大和悠河- カーテンズ 大和悠河-宝塚卒業によせて 大和悠河-宝塚時代 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show 宝塚観劇iii-A/L 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review 日々のこと。 映画・TVドラマ 雑感 音楽