カテゴリー「大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る」の3件の記事

2012/11/13

もはや涙は乾いてしまったけれど。

(超ねたばれしています。未見でDVD購入予定の方は読まないでね)

 思い出の街に雨が降る
 泣き濡れたあの日が甦る
 もはや涙は乾いてしまったけれど…

「薔薇降る夜に蒼き雨降る」のナンバーが脳裏から離れません。
千秋楽から一週間以上経っているのに。
本当に記憶に深く残る作品でした。
荻田先生らしい言葉の世界。色。人間関係。
それぞれの出演者に宛て書きされたような個性ある登場人物。
本当に癖になる作品でした。
見終わってからのほうが後をひく。

 思い出の薔薇に雨が降る
 かりそめの恋人を憐れんで
 もはや涙を流してくれる人もいないけれど

悠河さん演じるカッサンドラは
アンダルシア出身のロマ。
「教養のない父親と勇気のない母親」の元を飛び出して、
バルセロナのバルで観光客相手のフラメンコダンサーをしてた。

続きを読む "もはや涙は乾いてしまったけれど。"

| | コメント (0)

2012/11/04

葛藤を捨てた女。

「薔薇降る夜に蒼き雨降る」愉しんでます!
この設定、この世界観大好きです。
騙し合う人たち。
笑顔。愛の言葉。裏の顔。
いちばん愉しんでいるのは作者でしょ。
きっと書いてて楽しかっただろうなー。

荻田レッドに荻田ブルーの舞台。
深紅の薔薇と煙る雨の蒼。
情熱と褪めた心。

「それもまた嘘なのに。」

女の嘘を知りながらさらに深みへとはまっていく心。
悪い女と知りながら、これ以上悪い女にしたくはなくて、無力を自覚しながらも何かをせずにはいられない男たち。
痛いほどにわかるー。

 甘い地獄の責苦に悶え 苦し紛れに嘘をつく。
 赤く染まる闇 傷口はさらに深く抉られ溢れ出す恋心。

うーん荻田ワールド♪( ´▽`)

カッサンドラは葛藤しない女。
刺激的なこと面白いと心惹かれること利益になることだけを追い続けて生きる女。
故郷を飛び出した時、そう生きると決め
葛藤することを捨てたんだと思う。
そんな彼女が愛しい。
人を動かすのは、冷めた理性ではなくて理不尽な情熱だから。
人は、情熱に駆られてばかをするほど幸福感に満たされることはない生き物だから。
ばかな情熱を注ぐ対象を待ち焦がれているものだから。

カッサンドラが魅力的なのは、そのあざとさと白々しさとわかりやすさゆえ。
だから彼女に騙される。
騙されずにいられないから騙される。
騙されたいから騙される。
愛しいと思ったらもう踏み外している。
そんな女だから。

そんな彼女にはまって
この作品にはまって
私は重症です。

| | コメント (2)

2012/11/03

A ROSY RAINY NIGHT.

銀河劇場にて「薔薇降る夜に蒼き雨降る」を見ました。

おもしろーい。
ナルホド! バルセロナだから、伯爵夫人なのか!
ナルホド! だから、カッサンドラなのか!(ギリシャ神話に由来の)
ロマについてもちゃんと説明されてて、
ナルホドの連続で思わず前のめりになってしまう作品でした。
好きだわー、私こういうの。

現代ものなんだけど大仰で劇画ちっくな展開・世界観の中で鮮やかに生きられるのは、元タカラジェンヌだからだと思います。
その世界観の中でDIAMOND☆DOGSのダンスが炸裂。
すごーい!

宝塚ファン的には、悠河さんの問答無用の華とプロポーションと茜さんの歌、園加ちゃんのダンスが堪能できて、美味しかったです。

続きを読む "A ROSY RAINY NIGHT."

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 宝塚 大和悠河がいた宙組 \ 宙 組 !!/ ♕ 花組 ♕ 月組 ♕ 雪組 ♕ 星組 ♖ 観劇 ♖ 宝塚 ♖ 歌舞伎座 ♖ コンサート ♖ ストプレ ♖ ミュージカル ♖ 宝塚大劇場 ♖ 東京宝塚劇場 ♖ 歌舞伎 ♖ 狂言/能楽 ♖TBS赤坂ACTシアター ♖『エリザベート』 ♖『ベルサイユのばら』 ♖キャナルシティ劇場 ♖シアタードラマシティ ♖中日劇場 ♖北九州ソレイユホール ♖北九州芸術劇場大ホール ♖博多座 ♖宝塚バウホール ♖宝塚観劇-全国ツアー ♖日本青年館ホール ♖梅田芸術劇場メインホール ♖福岡サンパレス ♖福岡市民会館大ホール ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 ♗ 宙組 風と共に去りぬ ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 ♗宝塚宝石箱 ♘ 京極夏彦の本 ♘ 波津彬子の本 ♘ TONOの本 ♘ あさのあつこの本 ♘ 本の話 おでかけ。 お知らせ。 つぶやき。 凰稀かなめ - ouki kaname 凰稀かなめ - 1789 凰稀かなめ - The Beginning 博多座みちあない 大和悠河- yamato yuga 大和悠河- 売らいでか! 大和悠河- セーラームーン 大和悠河- 糸桜 大和悠河- 南の島に雪が降る 大和悠河- 細雪 大和悠河- CHICAGO 大和悠河- Dream Ladies 大和悠河- プロミセス・プロミセス 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る 大和悠河- MOON SAGA 大和悠河- 土御門大路 大和悠河- My One and Only 大和悠河- GULF 大和悠河- Dream Forever 大和悠河- 100年のI love you 大和悠河- 風を結んで 大和悠河- 綺譚・桜姫 大和悠河- まさかのChange?! 大和悠河- 戯伝写楽 大和悠河- カーテンズ 大和悠河-宝塚卒業によせて 大和悠河-宝塚時代 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show 宝塚観劇iii-A/L 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review 日々のこと。 映画・TVドラマ 雑感 音楽