カテゴリー「大和悠河- プロミセス・プロミセス」の3件の記事

2012/12/29

あなたはあなた。

先日、新国立劇場で見た「プロミセス・プロミセス」の感想です。

素敵な作品でした。
チャックもフランも2人ともよかったね(^ ^)とやさしい気持ちになれるそんな幸せな結末。

笑いとやさしさとせつなさ。
このどうしようもない世界のどうしようもない人々を愛しむ気持ちに溢れていて。
でも、おしつけるのではなくて淡々と描かれていて。
見る者に任される心地よさがあって。

人は自分に関わる出来事を自分の都合のよいように解釈しちゃう。
チャックは、フランがなかなか約束の場所に現れないのを
しつこいデートの相手を振り切るのに手間取っているんだなって思うし
フランは、あんなことがあってもまだ、彼は本当は私を愛しているのかもと思う。
んなワケないやん!と思いつつも、せつなくなる。

2回の延長の末に128対129でニックスの勝利。
ニックスファンなら絶対に見逃したら後悔したくなる試合でしょ。
「TVで結果だけ見ればいい試合だ」なんてそんなこと絶対にない。
そんなやせ我慢を自分に言い聞かせて、でも、フランを責めないチャック。
それどころか、彼女も努力してくれたんだしってポジティヴシンキング。
いいやつだよねぇ。
いいやつすぎてせつないなぁ。

職場の上司と不倫して、他人の部屋で自殺未遂。
こう書くとフランってば、とんでもないイタすぎる迷惑女なんだけど。
じっさいに目の前にいるフランは可愛くってせつない。
愛する人を信じたくて、でも不安でいっぱいで、いろいろ混乱してる。
こんなヒロインなのに、けっしてウェットじゃなくて、ドロドロしてなくて、純粋に見えるのは
悠河さんの持ち味が活きているからだと思う。

彼女が「彼は本当は私のことを愛しているのかも」って言うと
おもわずあははー(^ ^; と笑ってしまう。
この期に及んでまだそんなこと言っちゃって。でも可愛い。
けどせつない。
人はどうしてこんなに愛おしいのかしらと思う。

愚かだけど愛おしい。
愚かだから愛おしい。
こんな悠河さんを見れたことが本当にしあわせでした。

一緒に観劇した友人が、ゆうがちゃんはドラマチックに男性を翻弄する役ばかりじゃなくて
翻弄される役も似合うんだ、と軽い驚きを示して言ってたけど。
私も、こんな役が似合うなんて知らなかった。

いや知ってたんだ。宝塚ではそうだったもの。
シドやスチュアートはそうだったもの。
フランは、シドやスチュアートの側の彼女なんだなぁ。
こんな役が似合う人だったのだ。
それにあらためて気づけたことが、私にはとても新鮮でとてもうれしかったです。

続きを読む "あなたはあなた。"

| | コメント (0)

2012/12/27

もう恋はしないの。

12月17日につづき、12月21日22日23日と
新国立劇場中劇場にて「プロミセス・プロミセス」を見てきました。
この3日間は、藤岡正明さんがチャック役です。

22日のお昼は、いつも一緒に観劇してくれる観劇好きの友人と見ました。
彼女曰く、「いままでに見た、どのブロードウェイミュージカルよりも
登場人物の気持ちが納得できてよかった」とのことでした。

ブロードウェイミュージカルって、たしかに、なんでそこでこの人そんなリアクションなの?
あの人の気持ちがいまいち(倫理的に)理解できない…などと思うことってありますよね。

あと、笑っていいのかどうかわからないアメリカンジョークとか
英語のだじゃれを日本語にしてて面白くなかったり理解できなかったりとか。
(なんで翻訳の人って、そういうのを省くことができないんだろう? いらないじゃんと思う)

これまで、アメリカのミュージカルというと、そういう部分に引いてしまっていたけど
「プロミセス・プロミセス」には一切そういうところがなかったのが、良かった!
というのが、彼女と私の一致した意見でした。

やはり元の脚本がいいんだろうなぁ。
さすがニール・サイモン、なのかなぁ。

すっかり作品を気に入ってくれた友人、「再演があったらぜひ誘って」とのこと。
いや本当に気に入ったのねぇ。
三谷幸喜さんの芝居が大好きな彼女なので、なんとなくわかる気もします。
こういうの好きだよね。うん。

公演期間が長かったら、もう一度くらい一緒に見れたかな。
もし年末のこんな時期じゃなかったら。
時期的にどうしても見れなかった地元のファン友さんにも
この感激を味わってほしかったなぁ。
再演を切に切に希望です。

脚本も良かったけれど、音楽もまた本当によかったです。
せつなくて甘くってメロディアスで
気持ちが入りやすいの。
チャックとフラン(大和悠河さん)の「もう恋なんてしない」は毎回うるっとさせられました。

続きを読む "もう恋はしないの。"

| | コメント (0)

2012/12/20

恋したらどうなるの。

17日、新国立劇場で「プロミセス・プロミセス」を見ました。

翌日から夫の赴任先の長野で、3週間ぶりに会う娘と観光したり買い物したり料理したりして過ごしています。
いつもとちがうテンションにはしゃぐ中、ふと時が止まって悠河さん演じるフランが劇中で歌っていたフレーズが頭の中を流れていきます。

♪恋したらどうなるの? ららららら~ふにゃにゃにゃにゃ

1回見ただけなので、そのあとはメロディだけなんですけど(笑)

こんなせつない悠河さんを見られるなんて思ってなかったな。
どこにでもいそうな不倫の恋に悩むOLさん。
自分1人ではどうしようもなくて。
明るい笑顔の陰で泣いているような。

こんな可愛いのに、泣いてちゃいけない。
幸せになって笑っててほしい。

そんな気持ちになって見ていました。
ドレイファス先生の言葉は、見ている私の気持ちそのままでした。

浜畑賢吉さん演じるドレイファス医師は、
中川晃教さん演じるチャックのことを、どうしようもない奴だと誤解してる。
でも、そのどうしようもない人間に興味しんしんで、
温かく見守って、手助けもしてくれる。
このどうしようもない世界を愛おしんでる。

その目線が、2幕では全体を包んで
この舞台の世界が、私は大好きになりました。

あのラストもう一度見たい。
なんども見て、なんども思い返して
幸せな気分になりたい。
そう思います。
21日を心待ちにしています。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 | 宝塚 大和悠河がいた宙組 | \ 宙 組 !!/ | ♕ 花組 | ♕ 月組 | ♕ 雪組 | ♕ 星組 | ♖ 観劇 | ♖ 宝塚雑話 | ♖ ストプレ | ♖ ミュージカル | ♖ 歌舞伎 | ♖ 狂言/能楽 | ♖『エリザベート』 | ♖『ベルサイユのばら』 | ♖博多座。 | ♖宝塚観劇- 宝塚大劇場 | ♖宝塚観劇- 東京宝塚劇場 | ♖宝塚観劇-DC・青年館・ACT | ♖宝塚観劇-バウ・青年館 | ♖宝塚観劇-中日劇場・日生・オーブ | ♖宝塚観劇-全国ツアー | ♖宝塚観劇-博多座 | ♖宝塚観劇-梅芸メインホール・ACT | ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 | ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- | ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 | ♗ 宙組 風と共に去りぬ | ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 | ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 | ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA | ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 | ♗宝塚宝石箱 | ♘ 京極夏彦の本 | ♘ 波津彬子の本 | ♘ TONOの本 | ♘ あさのあつこの本 | ♘ 本の話 | おでかけ。 | つぶやき。 | 凰稀かなめ - ouki kaname | 凰稀かなめ - 1789 | 凰稀かなめ - The Beginning | 大和悠河- yamato yuga | 大和悠河- セーラームーン | 大和悠河- 糸桜 | 大和悠河- 南の島に雪が降る | 大和悠河- 細雪 | 大和悠河- CHICAGO | 大和悠河- Dream Ladies | 大和悠河- プロミセス・プロミセス | 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る | 大和悠河- MOON SAGA | 大和悠河- 土御門大路 | 大和悠河- My One and Only | 大和悠河- GULF | 大和悠河- Dream Forever | 大和悠河- 100年のI love you | 大和悠河- 風を結んで | 大和悠河- 綺譚・桜姫 | 大和悠河- まさかのChange?! | 大和悠河- 戯伝写楽 | 大和悠河- カーテンズ | 大和悠河-宝塚卒業によせて | 大和悠河-宝塚時代 | 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review | 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) | 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review | 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) | 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review | 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show | 宝塚観劇iii-A/L | 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ | 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) | 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review | 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) | 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE | 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show | 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review | 日々のこと。 | 映画・TVドラマ | 音楽