カテゴリー「♕ 花組」の24件の記事

2018/06/02

そうなることもそう遠いことではないかもしれませんよ。

宝塚歌劇花組博多座公演「あかねさす紫の花」と「Santé!!」、千秋楽を含めて7公演見ることができました。(当初の倍近くになっていました)
ライブビューイングもAB両パターン見ましたし(博多座公演のライビュなんて珍事)、この5月は博多座公演に浸った日々でした。

観劇するたびにさらにさらにと感動したこと思ったことが溜まっていくばかりで書けないまま日にちだけが経ってしまいました。
これまでに書いた人のこともさらにいろいろ書きたいのですが、収拾がつけられなくなるに決まっているので、今回は主に書いていない役ついての感想を残しておきたいと思います。


とうことで、天比古のことを。
ABパターンでまったく違った中大兄皇子と大海人皇子を見ることができましたが、天比古もまたABパターンではまったく違う印象でした。

柚香光さんの天比古は、ほんとうにもう額田王しか見えていない人でした。ほかのことは1ミリも。
心は浮世から遠く離れて、ただ額田に思い焦がれ寝食も忘れてしまうような。
けれども年月を経て再会した額田を見て、自分が思い描いていた理想はこの世には存在しないことを思い知り、これまでの自分の漂泊の人生の意味を見失って絶望したように見えました。
とてつもない暗闇に堕ちて光を見失っているいまだけれど、時が経ち憑物が落ちてしまえば息を吹き返し、また新たに己が希求する理想を彫り出す道を歩きはじめることができるかもしれない。
プロセスの途中にいる若き芸術家の印象をうけました。

こんな生活力のない芸術家肌の天比古を支える小月。
こういうダメな男性に惹かれる人いるよねぇと思って見ていました。
一緒に夢を見ているというよりはダメであればあるほど惹かれ支えたくなるある意味共依存関係だなと思いました。
(でも小月がいなくなってもまた誰かしらお世話をしたい女性が現れるんじゃないかなぁ。このタイプは)

鳳月杏さんの天比古は、現世の濁流の中でもがきながら唯一額田王を心の拠り所としている人のようでした。
額田だけがこの穢土から彼を救い出してくれるはずだった。
なのに成長し女性としての情念に身を焦がす額田を目の当たりにして、忽ちにして自分の菩薩を見失ったように見えました。
生きるよすがを失った彼がどうすれば蘇生できるのか想像できませんでした。
別人として生まれ変わる? 新たな信仰をみつける? 小月との生活に意味を見出して良い夫になる?

小月を演じた乙羽映見さんは三場の冒頭で物憂くしっとりと歌う歌がとても印象的でした。
惚れた相手に身を尽くす女性の姿に説得力がありました。

続きを読む "そうなることもそう遠いことではないかもしれませんよ。"

| | コメント (0)

2018/05/30

皇太弟とは次の天皇だ。

花組博多座公演「あかねさす紫の花」「Santé!!」が千秋楽が終わってしまい呆けているところに花組の11月以降の公演スケジュールが発表されて呆然としております。

そっかぁ。明日海さんは全ツではないのかぁ。また地元でお会いできると思ってしまっていたので残念です。
でも柚香さんに会えるのは確定したからうれしいな。
「メランコリック・ジゴロ」の2番手役スタンは誰になるのかな。ヒロインのフェリシアは誰だろう?

舞浜アンフィシアターの明日海さんの公演、気になるけどチケット難でとても見れないだろうなぁ。
花組DCとKAATはかちゃ(凪七瑠海さん)が主演なのかぁ。
蘭陵王は宝塚で見てみたい題材ではあったけど木村先生かぁ。サブタイトルの「美しすぎる武将」っていうのが・・・どうにかならないかな。

そして今後の人事の行方も気になるところ。
まぁ様(朝夏まなとさん)宙組が順調だったのは前任の凰稀さんからそのまま組を引き継げたことも大きいと思います。
組の2番手さんがすんなりトップになれないのにはその2番手さんにも事情(不安要素)がある訳で、その事情が猶予期間に払拭されれば問題ないのでしょうけど、不安要素を抱えたままで就任したとしたら順風満帆には行かないのは肯けます。
2番手さんに未だ不安要素があるのなら、それが払拭できるまで現トップさんにいていただくのがいちばん組のためにも延いては業績のためにも良いと思うのですよね。トップさんにも都合というものがあるかもしれませんけども。そこをWIN-WINにもっていくのがマネジメント側の手腕かと。

「あかねさす紫の花」で中大兄が大海人皇子に「皇太弟とは次の天皇だ」と言って、自分とともに政を為して行くことを求めるけれど、後日譚でいえば大海人皇子ではなく大友皇子に皇位を継承させようとして壬申の乱へとつながっていくのですよね。

中大兄に全幅の信頼を置いて「兄上は私にいずれ2人でこの国を治めていくことになる、よくものを見ておけと言っておられる」と額田に語って聞かせていた大海人皇子の輝くかんばせ。
最高権力者の苦しい胸の内を弟大海人に理解してもらいたくもそうはなりえず、「ばかものーーッ!!」と一喝したものの崩れそうになる表情を必死で堪えていた中大兄の弱音を吐くこともゆるされない孤独とかなしみ。
それらがいまだ鮮やかにまなこに焼き付いている現状で、この発表はなかなかきついものが。
(千秋楽の感想を書くつもりが飛んでしまうほどに。。。)

とりあえずは夏の大劇場公演「MESSIAH」と「Beautiful Garden -百花繚乱-」の観劇を増やせるか悩むことにします。
(家族が帰省する8月の遠征は難しいのだ。。。涙目)

| | コメント (0)

2018/05/24

射竦められていたというのもほんとうです。

5月17日、22日、23日に博多座にて宝塚歌劇花組公演「あかねさす紫の花」役替わりBパターンを見てきました。

主演の明日海りおさんの役が大海人皇子から中大兄に替わることで役の比重も変わり、セリフ、歌、場面もいろいろと変わっていました。

17日の初回の観劇時はまだAパターンの可哀想でたまらなかった明日海さんの大海人皇子の記憶が鮮やかに残っていて、中大兄の大海人への理不尽に気持ちがついていけなくて、また明らかにAパターンよりも額田が中大兄寄りで葛藤があまり見えないことに、心が混乱したまま観劇が終わってしまった気がします。
私のこの大海人皇子への気持ちのやり処は? Bパターンを好きになれるのかな。などと。

日を置いて22日の観劇時、私はガツンと衝撃をうけました。
どのあたりからかは定かではないのですが、気づいたら明日海さんの中大兄の目線に射すくめられていました。

有馬で中大兄が額田に心情を吐露する場面で、この人はとっても孤独な人なのだと思いました。
この華奢にも見える背中にどれだけ重荷を背負っているのだろうと。
有能さゆえに人の何十倍何百倍も責任を負い、決断し実行し、誹られもし反発もされ、その一本一本の矢を満身に受けてギリギリのところで踏みとどまっている誇り高い皇子がそこに見えました。
その皇子が、国を守り、治めていくために、自分の傍らにどうしても額田が必要だと言う。
その苦しい心のうちが伝わってきて、これはもう仕方のないことなのだと納得せざるを得ませんでした。

続きを読む "射竦められていたというのもほんとうです。"

| | コメント (0)

2018/05/13

あらやっぱり紫草ですわ。

5月6日と9日に博多座にて宝塚花組公演「あかねさす紫の花」と「Santé!!」を見てきました。

今年の博多座はお芝居「あかねさす紫の花」が公演日程前半と後半で、トップスターの明日海りおさんが役替わりをするという異例の上演スタイルだったのですが、前半のAパターンは大型連休もあり前もって観劇予定を立てることが難しく、当初は9日だけの観劇予定でしたが、急遽6日も見ることができました。
そしてこの6日を最後にショー「Santé!!」の客席降りが出演者とスタッフに体調不良者が出たためという理由でなくなってしまい、通路側の席だった私はまさに奇跡的に明日海さんをはじめとする生徒の皆さんにハイタッチと“Santé!!”をしていただけました。
9日も“Santé!!”可能な席でしたがこういう事情でしたので舞台の上の皆さんに向けて“Santé!!”してきました。
(公演日程の後半で客席降りが復活すると良いのですが)

さてお芝居「あかねさす紫の花」のAパターン大海人皇子主役Ver.(明日海さん/大海人皇子、鳳月杏さん/中大兄皇子、柚香光さん/天比古)の感想です。

じつを言うと、6日に観劇した時には鳳月さんの中大兄がいまひとつ決まらない感じをうけました。
中大兄という役は、主演のトップスター明日海さんの大海人皇子を圧倒する大きさと、大海人という夫がありながらも額田王が惹かれてしまう魅力が必要な難役だと思うのですが、ちょっと説得力が弱いかなぁと思えました。
しかし9日に観劇したときには己をつよく信じて迷いを見せない中大兄がそこにいました。
彼は欲しいと思ったものを我慢してはいけない立場なのだなぁ。
欲しいものを手に入れていく強さが中大兄を中大兄たらしめているのだなと思いました。
だからこそ皆がいずれ彼が帝になる器と信じて「大兄」と呼びならわしているのだと思います。

そんな兄を誇らしく眩しく思い慕っていることがよくわかる明日海さんの大海人皇子でした。
彼もまた王者の器なのにそんなことは思いもしない様子でした。

仙名彩世さんの額田は自己実現と幸福な家庭生活の狭間で揺れ動く女性の心が見えてとても共感しやすかったです。
幼い頃から気が合い趣味が合い息もぴったりな相聞歌を交し合える相手。黙っていても心が通じ合う相手。そんな大海人皇子との幸福な家庭に生きる自分と、少女の頃からの夢、自分が絶対だと思う中大兄に認められ、宮中で才能を存分に発揮して人びとに尊ばれて生きる華やかな自分と、どちらを選ぶか。
(おそらく中大兄を拒めばキャリアを失うのは必然でしょう)
それがどれほど茨の道でも後者を選びたい気持ちを抑えきれない。
ただあまりにも大海人とは魂が近しくて心が引き千切られる辛さに懊悩する姿が得も言われぬ美しさでした。
『畝傍は困ったことだろう――』
素の自分がどれほど懊悩していようとも、公の儀式の場では凛として誰よりも華やかに美しく輝いている額田に、やはりこの人はこういう瞬間が好きなんだなと思いました。
仙名さんは役を深く解釈して的確に表現できる技量の持ち主なのだなとシーラの時にも思いましたが、今回もそう思いました。

明日海さんの大海人皇子はとにかく可哀想でなりませんでした。
鳳月さんの中大兄、仙名さんの額田に対するとやや感情過多な気もしますが、否応なく引き込まれます。
幼い頃より心から慕いどこまでも従うつもりの兄と、魂の片割れのように愛する額田との間で苦しみ、どちらも尊く大事だから狂うしかなかったのだと思えて。
罪は兄と額田にあって、彼には露ほどもないのに2人への想いがあればこそ狂うほどに悩み苦しまなくてはならなかったのだと。
ここまで深く大海人皇子を演じて見せた明日海さんの後にこの役を演じる柚香さんにはかなりハードルが高くなったなぁと思いますが、どんな大海人皇子を見せてもらえるか楽しみにも思います。

続きを読む "あらやっぱり紫草ですわ。"

| | コメント (0)

2018/01/17

ひとりではさみしすぎる。

1月11日(木)に宝塚大劇場にて花組公演「ポーの一族」を見てきました。

シアタードラマシティで宙組公演「不滅の棘」を見た翌日でした。
同じ不老不死を描いていても置かれた立場がちがえばその意味もちがってくるのだなぁと思いました。

「不滅の棘」は一度は得たかけがえのないものを失った喪失の痛みが主人公のエロールを不信と孤独に陥らせ、癒えることのない愛の痛みが彼を苦しめていたように見えました。
この「ポーの一族」のエドガーはもう自分には手が届かなくなったものに飢えと憤りと絶望を抱いているように見えました。
肉体的に大人になって不老不死となったエロールと、永遠に未熟な少年のままでいるエドガーのちがいかなぁと思いました。

1回めは2階のセンターから見たのですが、冒頭の「ポーの一族」の大ナンバーに痺れました。
舞台の隅々にいたるまで華やかでダイナミックでこれぞ小池作品!と。
豪華な衣装を身にまとった美しい人びと。印象的なダンスのしぐさ。コーラスのフレーズ。
これから私が見ようとしているものこそまさに極上の美、永遠のいのちなのだと。
この作品を宝塚大劇場で見る意味を納得した瞬間でした。

舞台に息づく明日海りおさんのエドガー、柚香光さんのアラン、そして華優希さんのメリーベル。
ほんとうに少年少女にしか見えなくて。極上の美少年と美少女で。
手に入らないものをもとめて相手を傷つけずにいられないエドガーとアラン。
その血を流す心が見えるような苦しい2人の痛みへの共感。
そして見ているだけで幸福感に包まれるメリーベルの愛らしさと庇護の念を掻き立てられる脆弱さ。
この感じこそまさにかつて夢中になった「ポーの一族」だ・・・と思いました。

夢中になっていたのははるか昔のことで物語の細部はすっかり忘れてしまっているのに、メリーベルの「お兄ちゃま」で打ち震え、ほんとうにささいなセリフに、たとえばマーゴット(城妃美伶さん)の「やさしくしてあげてもいいわ」「かわいそうなお金持ちのみなしごになるんだもの」にあぁこれ、と思ったり。(覚えているものですねぇ)
クリフォード(鳳月杏さん)の言動に、そうそうこの人はこんな男だった!と思ったり。
エドガーが男爵(瀬戸かずやさん)に呼びかける「とうさま」に70年代の夢想家たちの自意識を思い出したり・・・。
彼らが生きて動いて言葉を話すことに感動し、かつてのあの時代の片鱗に触れ追憶し感慨無量でした。
こういう原作と宝塚歌劇のMixはいいものだとしみじみ思いました。

原作の記憶を呼び起こしてくれる役たちのなかでも、ことに仙名彩世さんのシーラが私はお気に入りとなりました。
「仮面のロマネスク」で彼女を見た時、なぜだかわからないけど花郁悠紀子さんの描く女性っぽいなぁと思ったのですが、その雰囲気が今回とてもシーラに合っている気がします。
そのもの腰や口調で大人の女性のやさしさや色香やにわかに醸す禍々しさを表現していて惚れました。
彼女がこの宝塚歌劇版「ポーの一族」に原作がもつ雰囲気―― 70年代の自意識に近づけてくれている気がしました。

続きを読む "ひとりではさみしすぎる。"

| | コメント (0)

2017/03/30

うっとりします。

3月25日、福岡市民会館にて宝塚歌劇花組公演「仮面のロマネスク」とショー「Exciter!! 2017」を見てきました。

みりおちゃん(明日海りおさん)、頼もしいトップさんになったなぁと思いました。
すごく充実している感じが伝わってきました。

新トップ娘役の仙名彩世さんは明日海さんと並ぶと『絵柄』がちがう印象でした。
(仙名さんは花郁悠紀子さんが描く女性っぽいなぁと思いました)
ヒロイン芝居を封印してきた弊害なのかもしれないけれど、芝居が固い印象でした。
作品のヒロインとして心が閃く一瞬が見えるように、見せる芝居を期待したいです。

「仮面のロマネスク」はあらためて復古王政時代の描き方に惚れ惚れしました。
貴族たち、ブルジョワたち、庶民たち。自然に語られるそれぞれの立場からのセリフが時代を表現してて。
貴族階級の中にも異なる立ち位置がさりげなく描かれていて。
それが物語の主題ではないのだけど、確実に登場人物たちの心に影を落としているから物語が運ばれていくのだなぁとわかる。凄いなぁと思います。

そして、やはり柴田先生の作品は娘役を選ぶなぁと思いました。
なぜだかはわかりませんが、メルトゥイユは人間不信なところがありますよね。
だから人を試してしまう。
ヴァルモンの態度に本当は傷ついているし嫉妬もしているけれど、世間や男性を見下して自分はさも打算で生きているように見せかけることで自分の弱いところ、自分の本心を押し隠そうとする彼女独特の矜持がある。
そんな強がりが魅力的で愛しくて、宝塚にはまりたての頃にCS放送で見た初演のメルトゥイユに私は心を掴まれました。
そのちょっとした可愛らしさが今回のメルトゥイユには感じられなかったな。

ヴァルモンが感じているはずの彼女の仮面に隠された魅力を私も感じたかったなぁと思いました。
そこが感じられないとヴァルモンがただの美貌だけの浮気おとこに見えてしまうから。
ヴァルモンの動機になりうるメルトゥイユかどうかが大事だと思います。

また今回はどういうわけか零落した子爵家を持ち直したヴァルモンの影の苦労や仮面に隠したメルトゥイユへの愛が印象づかなくて、結果的に女誑しぶりだけが強調されてしまったような気がします。
メルトゥイユにもヴァルモンにも仮面に押し隠している真の部分がある。
それが仄見えた一瞬にはっとさせられるから、その仮面を今生の別れとなるかもしれないギリギリのところで外すラストシーンが感動的なのになぁ。
2人の「あなたがいたから」という繊細で久しい想いが優美なロマネスクになった瞬間のなんともいわれぬ感動を味わいたかったな。

と思ってしまうのも、“初演信者”ゆえかもしれません。(しかも映像の)
ハードルが高くなってしまってる自覚が大いにあります。
いろいろ言いながらも見たいんですよねcoldsweats01
見たくもない作品や出演者ならはなから見ないですもん(笑)

続きを読む "うっとりします。"

| | コメント (0)

2016/12/14

あくがれいでた二つの魂どこへ誘う。

11月28日(月)宝塚大劇場にて花組公演「雪華抄」「金色の砂漠」を見てきました。

お芝居「金色の砂漠」、私これすごく好きだぁと思いました。
号泣したりカタルシスがあるかんじではないのですが、心にひたひたと何かが溜まる物語でした。見終わって水槽から溢れそうなものをギリギリのところで堪えている感覚に陥りました。

ストーリーは「私これ知ってる」という既視感があり、とくにひねった感じではないのですが(昔の少女漫画やパラレル系二次創作でよく見た懐かしい設定(笑))、関係性がすごくよくできていているなぁと思いました。
織り込まれたエピソードが効いていてそこに息づく登場人物たちの性格性や役割がよくわかりました。
登場人物1人ひとりに物語を考えたくなるほどどの役もしっかりと造形されていて、その心模様もわかりやすかったです。
ライトな宝塚ファン目線からも、役が多くてタカラジェンヌ個人をを楽しむのにもってこいな上に、それぞれ役どころが明確なのでストーリーがちゃっちゃと進むのもいいなと(笑)。
少々合理的すぎるきらいもありましたが1時間半で完結させるためには致し方ないと思いました。
設定や人物像が緻密で確かなものであれば総てを言ってしまう必要はないのだなぁと思いました。

設定にツッコミどころがあるとしたら、王女に男の奴隷をつけて身の回り一切の世話をさせておいて間違いが起きたら罰されるというのは、あまりにも非現実的で夢夢しすぎるしきたりだなぁと(^^;
むしろ何かあっても気にもされない大らかさというかいっそ暗黙の不妊対策、後継者対策でもあるくらいじゃないと理解不能だなぁと浮世に穢れた私は思います(笑)。(それも母系主義じゃないと成り立たないですけど)
まぁそれも「宝塚だから」で世間が納得してしまうのが宝塚のすごいところかな。

なによりも、そんなことはどうだってよくなるくらいに矜り高い主人公2人の愛憎の物語りが美しい“みりかの”によく合っていました。
みりおちゃん(明日海りおさん)は矜り高く才能溢れる青年が破滅していく物語がよく似合うなぁ。
というかもはや破滅じゃないのだよなぁ。このラストまでが一つの“美”なんだなぁって思えてしまう青年ギィでした。
永遠に紡がれる叙事詩の主人公がここにいるのだなぁと納得してしまうかんじ。
それはかのちゃん(花乃まりあさん)のタルハーミネもおなじ。

なんど生まれてもタルハーミネは金の砂漠へと走り出し彼女を追いかけ追いついたギィは彼女を抱いて砂塵の中で無垢に還っていくのだろうなぁ。
お互いに「愛している」を認め合うのにこれだけのシチュエーションが必要で。それこそが似つかわしい美しい2人。
美しいものたちはこうして永遠になるのだ。そうして至高の終焉を繰り返す。
(いやぁ美しいってたいへんですねぇ、、、)

そしてその物語りを浮き彫りにしていくエピソードと2人をとりまく人びと。

続きを読む "あくがれいでた二つの魂どこへ誘う。"

| | コメント (0)

2015/01/08

1/100 ❀☾❄★∞パラディダムール宝塚。(さらにつづき)

宝塚大劇場にて宝塚100周年フィナーレイベント
「タカラヅカスペシャル Thank you for100 years」の
12月20日14時、12月21日15時、12月22日15時を見てきました。

のさらにつづきです。

年も変わりいまさら感満々ですけど、せっかく5組のスターさんを一同に見ることができて
各組ごとのパロディで感じた組カラーが面白かったので
自分のための覚書として、、、

月組さんは23日の中継のみの出演でしたが、パロディが面白くて
涙流して笑ってしまいました。

まさおくんがミーマイのビル、ちゃぴちゃんがサリー
マギーさんが明日への指針の映画監督さん、コマちゃんがその奥さん。

マギーさんがまさおくんを自分の映画に出演オファーするんだけど
まさおくんに「ファンなんです」「ファンなんです」ってハイテンション。
隙あらば盗撮しようとするので、まさおくんが「いま撮ったでしょ!」
そのやりとりが、間だけで面白いんです。
ほんとに凄い!さすが月組さん!!!

・・・いや、私の勝手な月組のイメージなんですけど(^^ゞ

やっぱりね、パロディは躊躇してはなりません。
思い切りとタイミングが命です。
うまいなぁ~(笑)
2人のあまりの瞬発力とツッコミに、コマちゃんたじたじ???^^;

そしてまたちゃぴちゃんのサリーが超絶可愛かったです。

「愛希じゃないもん。ちゃぴだもん」

意味不明だけど可愛い~~~(≧∇≦)
「愛希さん」と呼ばれてキレるんですよ。
「ちゃぴだもん」って。可愛すぎてたまらない~~~happy02

たったそれだけだけど、このタイミングでこの表情で言うから
そこにいろんな意味や気持ちが読み取れて。。。
か・わ・い・い~~~happy02(そればっかり)

ビルとサリーだったはずのまさちゃぴが、急にスカーレットとメラニーになっちゃうとこも
とっても面白かったです。

「メラニー病気治ったの?」「病気じゃないから。妊娠。」みたいなやりとりも(笑)。

いちいちキレ気味のちゃぴちゃんがなんともいえず可愛いheart04
ちゃぴちゃんキレ気味なのにどこ吹く風でゴキゲンなまさおくん可笑しいhappy02

続きを読む "1/100 ❀☾❄★∞パラディダムール宝塚。(さらにつづき)"

| | コメント (0)

2014/12/25

1/100 ❀☾❄★∞パラディダムール宝塚。

宝塚大劇場で行われた宝塚100周年フィナーレイベント
「タカラヅカスペシャル Thank you for100 years」の
12月20日14時、12月21日15時、12月22日15時を見てきました。

いまの宝塚歌劇を担うスターさんたち、
そして101年からの宝塚を担う若手ホープさんたちを一同に見ることができて
ほんとうに嬉しかったです。

ねがわくば、もうすこし出演者の皆さんが識別できる演出だともっとうれしかったかなぁ。

ショー部分は創立から今年までの宝塚の楽曲から100曲を駆け足でお届けという感じで
歌っている人が誰だかわかるまえに見えなくなってしまったり、
お衣装も同じポジションの人たちは皆同じものなので、
各組の生徒さんたちについてあまり詳しくない私には区別がつきにくく
あとで調べるにも曲名もわからなくて。

せっかくの宝塚歌劇を担うスターさんの顔見世なのだから
名前と顔を覚えてられてこそ意味があるはずなのにな。
ここから101年につながっていくのだから。

けれどその同じお衣装で居並ぶということはある意味サバイバルで
身長、スタイル、華が一目瞭然。
この中で目に留まるというのは、私のツボにはまる人なんだろうなぁと思いました。

その頭身スタイルにいちばん驚いたのは麻央侑希さん。
歌いだして思わずオペラで確認したのは望海風斗さんと礼真琴さんでした。

続きを読む "1/100 ❀☾❄★∞パラディダムール宝塚。"

| | コメント (2)

2014/09/01

踊るなら。

8月28日(木)宝塚大劇場にて花組公演「エリザベート」を見ました。

明日海りおさんのトップお披露目公演です。
専科の北翔海莉さんが皇帝フランツ・ヨーゼフ役で特出。
役替わりで、柚香光さんが皇太子ルドルフ役の日でした。

ダンスが得意で歌が課題の蘭乃はなちゃんがエリザベート役で大丈夫なのかな?
と演目発表当初から心配していましたが、本人と音響さんの努力で
宝塚のエリザベートとしては及第じゃないかなと思いました。
エコーがすごいなぁとは思いましたが。

その他の主要メンバーである、明日海トート、北翔フランツ、望海ルキーニが
定評どおりに歌が素晴らしくて、ストレスなしに観劇できました。

柚香さんの容姿はやはり私の好みらしく、どこにいても目に入りました(笑)。
そして2幕のルドルフ。ステキでした♡ 悩めるプリンスだぁ。
眉間を寄せる表情も若い色気がありました。

水美舞斗さんのマデレーネ、クセになりそうな魅力♡
バスタブに浸かっているときの目線の使い方、色っぽい♡
そして、フランツを取って喰うぞー!ってくらいの強さがいい。
そうか、マデレーネって黒天使が化けているのだものね♡となっとくのマデレーネでした。

マダム・ヴォルフのコレクションの女の子たちのレベルが高くてよかったです。

黒天使がスタイリッシュ。こちらもレベル高し。
全員を見るには目が足りず(´・ω・`)
冴月瑠那さんがタイプでした♡
(彼女だけはお名前と舞台化粧が一致)

続きを読む "踊るなら。"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 | 宝塚 大和悠河がいた宙組 | \ 宙 組 !!/ | ♕ 花組 | ♕ 月組 | ♕ 雪組 | ♕ 星組 | ♖ 観劇 | ♖ 宝塚雑話 | ♖ コンサート | ♖ ストプレ | ♖ ミュージカル | ♖ 歌舞伎 | ♖ 狂言/能楽 | ♖『エリザベート』 | ♖『ベルサイユのばら』 | ♖博多座 | ♖宝塚観劇- 宝塚大劇場 | ♖宝塚観劇- 東京宝塚劇場 | ♖宝塚観劇-DC・青年館・ACT | ♖宝塚観劇-バウ・青年館 | ♖宝塚観劇-中日劇場・日生・オーブ | ♖宝塚観劇-全国ツアー | ♖宝塚観劇-博多座 | ♖宝塚観劇-梅芸メインホール・ACT | ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 | ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- | ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 | ♗ 宙組 風と共に去りぬ | ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 | ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 | ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA | ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 | ♗宝塚宝石箱 | ♘ 京極夏彦の本 | ♘ 波津彬子の本 | ♘ TONOの本 | ♘ あさのあつこの本 | ♘ 本の話 | おでかけ。 | つぶやき。 | 凰稀かなめ - ouki kaname | 凰稀かなめ - 1789 | 凰稀かなめ - The Beginning | 大和悠河- yamato yuga | 大和悠河- 売らいでか! | 大和悠河- セーラームーン | 大和悠河- 糸桜 | 大和悠河- 南の島に雪が降る | 大和悠河- 細雪 | 大和悠河- CHICAGO | 大和悠河- Dream Ladies | 大和悠河- プロミセス・プロミセス | 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る | 大和悠河- MOON SAGA | 大和悠河- 土御門大路 | 大和悠河- My One and Only | 大和悠河- GULF | 大和悠河- Dream Forever | 大和悠河- 100年のI love you | 大和悠河- 風を結んで | 大和悠河- 綺譚・桜姫 | 大和悠河- まさかのChange?! | 大和悠河- 戯伝写楽 | 大和悠河- カーテンズ | 大和悠河-宝塚卒業によせて | 大和悠河-宝塚時代 | 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review | 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) | 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review | 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) | 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review | 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show | 宝塚観劇iii-A/L | 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ | 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) | 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review | 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) | 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE | 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show | 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review | 日々のこと。 | 映画・TVドラマ | 音楽