カテゴリー「♕ 月組」の23件の記事

2018/09/09

誰にも束縛されず自由に生きるの。

9月6日と7日に宝塚大劇場にて月組公演「エリザベート」を見てきました。
ちょうど役替わりの境目で、両方のルドルフを1回ずつ見ることができました。

期待以上に面白かったです。
とてもわかりやすく具体性が見えるエリザベートでした。
舞台センスの良い人たちが芝居で見せるエリザベートだなと思いました。

結婚式翌朝のシシィの「私だけに」に心の中で100万回肯きました。
この場面でこんなに納得できるなんて。

ゾフィーが強烈でなくても、フランツがシシィの心情に鈍感でも(むしろ今回のフランツはよく理解しているように見えました)、シシィには「あたりまえ」のことがもう窮屈で耐えられないのだと感じました。

世間からしたらどうしようもないワガママ女でしょう。
常識をわきまえ国母の責任を背負って生きてきたしゅうとめゾフィーの手にはとても負えない女性だと思いました。
まして彼女を心から愛しているフランツにはなおさら。
トートですら最後まで手を焼いてしまう。
そんな愛希れいかさん(ちゃぴちゃん)の自我の強いシシィが清々しくて、とっても好ましかったです。

「私だけに」の歌詞も内面の比喩ではなくて、ほんとうにそのまんまなのだと思いました。
ことの善悪なんかではない。正義感やモラルでは動かない。責任感も彼女を動かしはしない。
何ものにも束縛を受けずに「自由」に生きて行く ―― そう意志を固めた清々しさが全身から発せられる「私だけに」に私は心酔し、ただただ惹きつけられて見てしまいました。

シシィがこれだけ強いので、ほかの役が過剰にニュアンス付けをしなくても筋が通ってしまう。
もともとの楽曲、もともとのストーリーにかなり寄っているから頭の中を疑問符でいっぱいにすることがなく、ノンストレスで見られるエリザベートでした。

またほかの人びとも緩急のある芝居やセリフ回しで、カギとなる言葉、仕草、などがはっきりと印象づいてとてもわかりやすかったです。
とにもかくにも全部出し切る、というのではなく、引くところは引いている印象。
熱いパワーで圧倒されるという作風とは違う、とてもセンスの良いもの見ることができたと思いました。

続きを読む "誰にも束縛されず自由に生きるの。"

| | コメント (0)

2017/12/09

あの瞬きに導かれ。

12月2日と3日、福岡市民会館にて宝塚歌劇月組公演「鳳凰伝」と「CRYSTAL TAKARAZUKA」を見てきました。

「鳳凰伝」。楽しみで仕方ありませんでした。
まずバラクは誰?と思いましたよね。れいこちゃん(月城かなとさん)か、いいではないか、楽しみだなと思いましたよ(笑)。

脚本の部分で物を申したいところもあるのですが、それでもこの作品が好きだなとあらためて思いました。
主演のカラフ役の珠城りょうさんが歌う主題歌にしみじみと聞き入りました。
甲斐先生の曲はいいなぁ。盛り上がるなぁ。木村先生の歌詞もいいなぁ。木村先生なのになぁ。

カラフは実感を求めてさすらっている若者なんだなぁ。
かつての華々しい凱旋も彼には熱き血潮を滾らせるものではなかったのだなぁ。

初演の和央ようかさんのカラフは、圧倒的なビジュアルと比類なき実力のある男、なにもかもがこの世界と乖離している自己を感じずにはいられず、世界との齟齬を埋める何かに出逢うことを夢見ている男に見えていました。
どうしようもなく孤独に生まれついた人だなぁと。
そして、いずれ世界を手に入れる男だぁと。
ゼリムもタマルも心から彼を慕っているけれども、彼らでは彼の心を埋められない。
そんな彼が対等でいられる唯一の男が、バラク。
この人と対になるのはもうトゥーランドットしかないよねと思えるカラフでした。

その初演のイメージとはまったく異なる珠城さんのカラフを読み解くように見るのはとても面白かったです。
珠城さんのカラフは内面が若い印象をうけました。若くて清々しいカラフでした。
孤高ではない。世界を信じている人だなぁという印象を受けました。
国は滅ぼされてしまったけれど不幸ではない。
ただ恵まれていた過去に実感がないのだなぁと。
愛情深い父の存在、自分を心から慕うゼリムやタマルのような人びとが他にもきっとたくさんいて。
皆が自分によくしてくれて、皆を大事にも思っていて。だから感謝の言葉も素直に発せられて。
慈愛に満ちた世界に育ち、うたがいもなく幸福であったのだろうけれど、それゆえに心から渇望するものがない。
恵まれた環境を失ってもそれを惜しいとも思わないでいる青年、それが珠城カラフだなと思いました。

そんな彼の目に飛び込んで来た星。
初めてその熱い血潮を滾らせたもの。
手に入れること以外考えられない希望。
彼に「いま生きている自分」「いのち」を感じさせたもの。
それがトゥーランドットなのだなぁと思いました。

続きを読む "あの瞬きに導かれ。"

| | コメント (0)

2017/05/22

帰ろうよ。

5月11日と18日に博多座にて宝塚月組公演「長崎しぐれ坂」と「カルーセル輪舞曲」を見てきました。

「長崎しぐれ坂」上演が発表になった時点で、なぜこの演目なんだろうという思いが拭えませんでした。
年に一度のこの時期だけは地元で数週間、好きな時に宝塚を見に行けることを楽しみにしている身としては。
でも生で見たら気持ちは変わるんじゃないかと期待して1回目の観劇をしましたが、やはり気持ちは盛り上がりませんでした。

博多座には盆もセリもあるのに一切使わず、書き割りとカーテン前の芝居の繰り返し。
まるで大衆演劇を見ているようで宝塚を見た時に感じる高揚を感じることができませんでした。
脳内麻薬に支配されるあの感じを楽しみにしていたのに。

昔のバスガイドのような轟悠さんのセリフ回しがもともと苦手ではあるのですが、今回の伊佐次はとくにそのクセが強烈なのもダメでした。
こざっぱりとした江戸言葉が聞きたかったのに。
どすを利かせればいいというものではないと思うのです。

轟さんもトップの珠城さんももの凄く熱演されているのは伝わってくるので、そんなふうに思う自分が嫌になって客席にいるのがいたたまれなくなってきます。
なんでこんな思いをしながらここにいるのだろうと。

とはいえ1週間前よりも格段に芝居が上達している暁さんに感動したり、愛希さんの和物のお化粧もきれいになっているのに気づいて嬉しくなったり。
有限の日々の中で精いっぱいに努力し成長されていく生徒さんを見るのは宝塚を見る喜びであり愉しみであることをあらためて思いました。
私がもとめる宝塚は、瑞々しい夢を見せてくれる世界であることです。
技術は及ばないところがあっても輝くものを持っている宝石たちを演出や舞台効果で手厚くフォローし輝かせて見せてくれる世界が好きなのです。
もちろんその手厚いフォローに甘んじず惜しまず自分を発する姿がそこにあってこそですが。

私としてはもっと宝塚らしく華のある舞台を期待していたのでがっかりではあるのですが、こんなに地味なお芝居でも、客席が集中しているのは、轟さん珠城さんをはじめとする出演者の芝居力が高いからだと思います。
皆セリフがクリアで聴きやすいです。

「カルーセル輪舞曲」は大劇場で見たとき以上に楽しくて、このショーを見るため、そしてお芝居で成長していく生徒さんたちを見るためにリピートするか、それともショーだけの幕見をするか、愛を試されている気がしています。

続きを読む "帰ろうよ。"

| | コメント (0)

2017/01/28

旨酒を飲もう。

1月16日に宝塚大劇場にて月組公演「グランドホテル」とショー「カルーセル輪舞曲」を、1月17日に「グランドホテル」の新人公演を見てきました。
月組新トップ珠城りょうさんの本拠地お披露目公演でした。


フェリックス・アマデウス・ベンヴェヌート・フォン・ガイゲルン男爵役の珠城さんは異例の研9でのトップ就任で学年のわりに地に足の着いた落ち着いた雰囲気を持つ男役さんでした。
大きな欠点もなく安心して見られるタイプだなぁと思いました。
いかにも貴族で上流風だけど、ちょっといわくありげな男爵といったかんじが良く出ているなぁと思いました。

エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ役の愛希れいかさんはさすが!でした。
どこか現実とは乖離した感覚の女性。名高いバレリーナとして若い頃はロマノフ王家とも親交があり沢山の贈り物と栄誉を授かっていた人が革命と重ねた年月によって残酷にも多くのものを失ってしまって。
唯一残った彼女にとっての人生そのものであったはずの踊ることにさえも喜びを失いかけていた時に若い男爵と恋に落ちて生きる喜びを取り戻す。
そのもう若くはない女性のキャリアや人生を感じさせる役づくりで、心の動きの見せ方も素晴らしかったです。
珠城さんとのボレロの場面は最高でした。珠城さんの肩から降りるときの脚の流れの素晴らしいこと。
もう娘役の域を超えてしまってるかなぁとも思えました。女優さんだなと。
彼女見たさに劇場に行きたくなるジェンヌさんです。
実咲凜音さんが「双頭の鷲」に出演したみたいにさらにハイレベルな作品に出演する機会があるといいのになぁと思います。

オットー・クリンゲライン役の美弥るりかさんはしょぼしょぼの役でも華があるのが宝塚らしくていいなぁと思いました。宝塚スターが演じるオットーという感じでした。
「We'll Take A Glass Together」での男爵との掛け合い、とても愛嬌があって魅力的でした。あの場面とてもいいですねぇ♡

役替わりのフラムシェン(フリーダ・フラム)は海乃美月さんが演じていました。
歌、芝居、ダンスともにお上手で娘役として出来上がってる方だなぁと思いました。
上昇志向でチャンスのために自分自身の女性性を駆け引きに使ってしまうという宝塚の娘役さんが演じるには珍しいタイプの役ですがちゃんとそんな女の子に見えましたし、こういう女の子たちがいたのが1928年のベルリンなのだろうなと思えました。
その上で上品さも残っている娘役さんらしさが海乃さんの持ち味なのかなと思いました。
彼女に対してプライジングがとても酷い男に見えました(笑)。

続きを読む "旨酒を飲もう。"

| | コメント (0)

2016/04/28

人生を選び取る勇気。

4月16日と17日、福岡市民会館にて宝塚歌劇月組全国ツアー「激情」「Apassionado!! III」を見ました。17日はツアーの大千秋楽でした。

14日夜と16日未明に熊本で震度7の地震が起き、福岡でも一晩中スマホが鳴り微震が繰り返す状況で16日は寝不足状態での観劇となってしまいました。16日14時公演ではショーの冒頭で揺れがあり、安全確認のため公演中断、そして最初からやり直しになりました。
その間、主演のたまきちくん(珠城りょうさん)は小林幸子状態で身動きもできず舞台上にいて(たぶん開演前からその状態)、数分間幕もあいたままで、そんなたまきちくんに客席から万雷の拍手が起きました。皆たまきちくんにがんばれーって思ったと思います。
客席にいる人も出演者も同じ眠れない一夜を過ごしいまここにいるんだなぁ。ところどころ不自然に空いた客席は今日来るはずで来られなかった熊本やその他の地域の方たちなのだろうなぁ。皆それぞれの胸になにかを思って劇場にいたのだなぁと思います。

さて、そんな中で見た公演の感想です。

お芝居「激情」は初演とはまったくちがう印象をうけました。キャストのバランスでこんなに見え方が変わるのかと驚きでした。

3公演見ましたが、どうにも私はメリメに共感できませんでした。なぜだろうと考えたのですが、メリメがただの見目良い傍観者に見えてしまったからではないかと思います。
この作品にメリメが登場する意味は? 存在意義が見出せなかったのです。
かちゃ(凪七瑠海さん)のメリメは端正で上品なおぼっちゃまに見えました。その造形はメリメとして正解だろうと思います。が、ホセの生き方に憧れると言いながらも、安全な立ち位置からホセを眺めて彼のことを分析したり同情したりしているだけな気がして、それだけなら客席で見ている私にもできることだと思って、なんのために彼はここに登場しているのかわからなかったのです。

カルメンという決して捕らえられない自由な鳥のような女に強烈に惹かれ、そんなカルメンのためになにもかも捨ててしまうホセという男に心動かされて、自分にはないその勢いと人生に憧れ、それを描き出したいという衝動に突き動かされて、こののちメリメは創作に彼自身の才能と情熱をぶつけることになるのではないのかな。
強く憧れながらも自分はホセのようには生きられない、そんな自分を省みながらも、ホセとカルメンを目の前にしてその時々に彼もまた変わっていく部分があるのじゃないのかな。ホセやカルメンにはない強い自制心ゆえに見せるものもあるのじゃないのかな。そんなものが見たいのに見えなかったから。
分析や同情のためだけに登場されても ―― それならその尺分ホセを演じる珠城さんの芝居をもっと見たいと思ってしまいました。その芝居から、私自身がいろいろと感じたいし考えたいと思いました。
皆に恐れられるジプシーの首領ガルシアとのコントラストは見事でしたが、それだけじゃなくてメリメの役作りではもっと内面も追求してほしかったなぁと思います。メリメの内なる葛藤が感じられなかったので、ただ安全なところから傍観しているだけのモラトリアム青年のように見えてしまったのが、彼にイラついてしまった原因のような気がします。

続きを読む "人生を選び取る勇気。"

| | コメント (0)

2015/12/25

新世紀も愛と夢と。

12月20日(日)Tジョイ博多にて、『タカラヅカスペシャル2015-New Century, Next Dream-』16時の部のライブ中継を見てきました。

東京公演中の花組を除く、月、雪、星、宙と専科からの選抜メンバーが出演。
ことしは100周年等の縛りもなく、第1部は「愛」、第2部は「夢」をテーマに2000年以降に宝塚で上演された作品のナンバーを、いまをときめくスターが歌うという宝塚ファン歴10年余の私にとってとても楽しい構成となっていました。
新世紀の宝塚はこれまでどおり、愛と夢と、そして歌の力を大事にして未来に向かっていくのかなぁと思わせる内容でした。 また恒例の組ごとの公演にちなんだコント場面もハイクオリティでした(笑)。

トップさんたちのMCでは、退団を発表したばかりのまさお君(龍真咲さん)が話題の中心になっていました。
つとめて台本どおりに進行しようとするみっちゃん(北翔海莉さん)とまぁ様(朝夏まなとさん)に対して自由すぎるまさお君(笑)、そこを締めるどころか便乗する轟さん(笑)、台本どおりに進行しようとするもことごとくまさお君に粉砕させられてしまうちぎちゃん(早霧せいなさん)(笑)、といった印象をうけました。

一生懸命すぎて身振り手振り話の内容が大仰になってしまうちぎちゃんを華麗にスルーする轟さん(笑)。
それを同期としてフォローしようとする気持ちがあらぬ方向に饒舌になりすぎ余計可笑しなことになってるまさお君(笑)。
ちぎちゃん発端の2人ペアで手を合わせて作る『輪』をスルーする轟さんをとび超えて、ちぎちゃんと一緒に作るまさおちゃんとか。
けっきょく轟さんはノってくれなかったけど、みっちゃんとまぁ様はやってくれましたよね。

この一連のやりとりを見ながら、トップさんたちと轟さんとの学年差がここまで開きすぎると絡みにくいんじゃないかと感じました。
いくら轟さんがフレンドリーであってもこのメンバーで轟さんに生のリアクションを返すことができるのは、近年風共で相手役として共演したまさお君だけじゃないかなぁ。
それもまさお君のキャラだからこそできるんじゃないかと。もしまさお君がいなかったら・・・(寒)。
来年以降のタカスペ、どうなるんだろう。
トップさんたちが轟さんに遠慮して面白い返しの一つもできないMCなんて、客席から見てもつまらないだろうな。
そんなことも感じた宝塚新世紀のタカスペMCでもありました。

以下、プログラム順に曲名と出演者の覚書き。

続きを読む "新世紀も愛と夢と。"

| | コメント (0)

2015/01/08

1/100 ❀☾❄★∞パラディダムール宝塚。(さらにつづき)

宝塚大劇場にて宝塚100周年フィナーレイベント
「タカラヅカスペシャル Thank you for100 years」の
12月20日14時、12月21日15時、12月22日15時を見てきました。

のさらにつづきです。

年も変わりいまさら感満々ですけど、せっかく5組のスターさんを一同に見ることができて
各組ごとのパロディで感じた組カラーが面白かったので
自分のための覚書として、、、

月組さんは23日の中継のみの出演でしたが、パロディが面白くて
涙流して笑ってしまいました。

まさおくんがミーマイのビル、ちゃぴちゃんがサリー
マギーさんが明日への指針の映画監督さん、コマちゃんがその奥さん。

マギーさんがまさおくんを自分の映画に出演オファーするんだけど
まさおくんに「ファンなんです」「ファンなんです」ってハイテンション。
隙あらば盗撮しようとするので、まさおくんが「いま撮ったでしょ!」
そのやりとりが、間だけで面白いんです。
ほんとに凄い!さすが月組さん!!!

・・・いや、私の勝手な月組のイメージなんですけど(^^ゞ

やっぱりね、パロディは躊躇してはなりません。
思い切りとタイミングが命です。
うまいなぁ~(笑)
2人のあまりの瞬発力とツッコミに、コマちゃんたじたじ???^^;

そしてまたちゃぴちゃんのサリーが超絶可愛かったです。

「愛希じゃないもん。ちゃぴだもん」

意味不明だけど可愛い~~~(≧∇≦)
「愛希さん」と呼ばれてキレるんですよ。
「ちゃぴだもん」って。可愛すぎてたまらない~~~happy02

たったそれだけだけど、このタイミングでこの表情で言うから
そこにいろんな意味や気持ちが読み取れて。。。
か・わ・い・い~~~happy02(そればっかり)

ビルとサリーだったはずのまさちゃぴが、急にスカーレットとメラニーになっちゃうとこも
とっても面白かったです。

「メラニー病気治ったの?」「病気じゃないから。妊娠。」みたいなやりとりも(笑)。

いちいちキレ気味のちゃぴちゃんがなんともいえず可愛いheart04
ちゃぴちゃんキレ気味なのにどこ吹く風でゴキゲンなまさおくん可笑しいhappy02

続きを読む "1/100 ❀☾❄★∞パラディダムール宝塚。(さらにつづき)"

| | コメント (0)

2014/12/25

1/100 ❀☾❄★∞パラディダムール宝塚。

宝塚大劇場で行われた宝塚100周年フィナーレイベント
「タカラヅカスペシャル Thank you for100 years」の
12月20日14時、12月21日15時、12月22日15時を見てきました。

いまの宝塚歌劇を担うスターさんたち、
そして101年からの宝塚を担う若手ホープさんたちを一同に見ることができて
ほんとうに嬉しかったです。

ねがわくば、もうすこし出演者の皆さんが識別できる演出だともっとうれしかったかなぁ。

ショー部分は創立から今年までの宝塚の楽曲から100曲を駆け足でお届けという感じで
歌っている人が誰だかわかるまえに見えなくなってしまったり、
お衣装も同じポジションの人たちは皆同じものなので、
各組の生徒さんたちについてあまり詳しくない私には区別がつきにくく
あとで調べるにも曲名もわからなくて。

せっかくの宝塚歌劇を担うスターさんの顔見世なのだから
名前と顔を覚えてられてこそ意味があるはずなのにな。
ここから101年につながっていくのだから。

けれどその同じお衣装で居並ぶということはある意味サバイバルで
身長、スタイル、華が一目瞭然。
この中で目に留まるというのは、私のツボにはまる人なんだろうなぁと思いました。

その頭身スタイルにいちばん驚いたのは麻央侑希さん。
歌いだして思わずオペラで確認したのは望海風斗さんと礼真琴さんでした。

続きを読む "1/100 ❀☾❄★∞パラディダムール宝塚。"

| | コメント (2)

2014/10/14

グローイングアップ。

10月4日(土)宝塚大劇場にて
月組公演「PUCK」と「CRYSTAL TAKARAZAUKA」を見てきました。

人生初PUCK!!
そして、8月の博多座以来の月組観劇。
さらに、ひっさびさのみやかちゃぁ~\(^o^)/

かちゃは銀英の東京公演以来だし、みやちゃんは全ツの愛短以来です。
どちらも2年ぶりでした。

PUCKよかった♡ なんども泣きました( ; ; )
おとぎ話サイコーです\(^o^)/

うん。これは再演希望があるはずだわ。と思いました。
いまに通ずる小池先生のエッセンスがぎゅうと詰まっているなぁ(笑)。

妖精たちの会話が好きだったなぁ。
なぜかうるうるしてしまって
いつまでも聴いていたかったなぁ。
天守物語にも通ずるものが・・・。
無邪気で可愛くて残酷で、真実。
妖精の目線は芸術家の目線なんだなぁとも思いました。
(私が小池先生の「エリザベート」の解釈が好きなのもそこなのかもと思いました)

無邪気に妖精を演じている生徒さんたちもとてもよくて。
演じていた琴音和葉さんたちにプライズを!と心から思います。
大好きでした。

続きを読む "グローイングアップ。"

| | コメント (0)

2014/08/17

あなたの空腹は満たせませんが心は満たします。

8月2日(土)博多座にて月組公演を見ました。
和物のショーを含む3本立ては、博多座では初かな。

和物のショー「宝塚をどり」では、さいしょコマちゃんがわかりませんでした。
日本もののお化粧は、わかりやすい人といつもと違って見える人といるんですねー。
私はコマちゃんの涼しい流し目が好きでした。
マギーは男役の着物の着付けがカッコよかったです。とくに懐あたり。
和物でも、あーさはすぐに目に留まりました。
たまきちくんの貫禄には驚きました。
まわりがみんな華奢だからかな。

お芝居「明日への指針」は軽いタッチで。石田先生らしさがそこここに。
長春とか黎明とかモンテとかいろいろ、ちょっとずつ。
罪と赦しとおやじギャグ的茶化し。
見たい真実と見たくない真実。
どんなことをしても生きてほしかった母の思いのくだりでうるっとしました。

ショー「TAKARAZUKA花詩集100!!」はとにかくお衣装がすごいですね。
ここでもやっぱりコマちゃんの流し目が好きでした。
そしてあーさの月下美人♡ 美人だーheart04

男役さんたちが羽根扇で可愛く踊る場面が好きだったです。
月組さんはキュートな男役さんが多い♡
というか、あとでプログラムを見たら、まさおくんより上級生は組長さんとマギーだけ!!
若いわー。
このメンバーを率いて、まさおくん、ほんとがんばったんだと思いました。

ちゃぴちゃんは、よい仕事するなぁ。
ちゃぴちゃんでショーはかなり底上げされているかんじ。

客席降りのまさおくん、
「ここにイカ刺しと龍真咲があります。あなたならどちらを選びますか?」
(とうぜん「龍さん」というお返事をもらって)
「空腹は満たせませんが、あなたの心を満たします。ジュテーム♡」
って言っていたと思います。(たぶん)

うん。
なっとく。
笑顔で、そう言うまさおくん、ステキだと思いました。

開演アナウンスから受けてしまう、この愛すべきキャラクターに乾杯♡
この比類なき「龍真咲」というコンテンツが、
この数ヶ月間、贔屓組にヘヴィに入れ込んできた私を癒してくれました。


宝塚大劇場公演から、東京、博多と4ヶ月間、
まさおくん、100周年の重責おつかれさまでした。

またPUCKも見に行けたらいいな。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 | 宝塚 大和悠河がいた宙組 | \ 宙 組 !!/ | ♕ 花組 | ♕ 月組 | ♕ 雪組 | ♕ 星組 | ♖ 観劇 | ♖ 宝塚 | ♖ コンサート | ♖ ストプレ | ♖ ミュージカル | ♖ 宝塚大劇場 | ♖ 東京宝塚劇場 | ♖ 歌舞伎 | ♖ 狂言/能楽 | ♖TBS赤坂ACTシアター | ♖『エリザベート』 | ♖『ベルサイユのばら』 | ♖シアタードラマシティ | ♖中日劇場 | ♖北九州芸術劇場大ホール | ♖博多座 | ♖宝塚バウホール | ♖宝塚観劇-全国ツアー | ♖日本青年館ホール | ♖梅田芸術劇場メインホール | ♖福岡サンパレス | ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 | ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- | ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 | ♗ 宙組 風と共に去りぬ | ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 | ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 | ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA | ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 | ♗宝塚宝石箱 | ♘ 京極夏彦の本 | ♘ 波津彬子の本 | ♘ TONOの本 | ♘ あさのあつこの本 | ♘ 本の話 | おでかけ。 | つぶやき。 | 凰稀かなめ - ouki kaname | 凰稀かなめ - 1789 | 凰稀かなめ - The Beginning | 大和悠河- yamato yuga | 大和悠河- 売らいでか! | 大和悠河- セーラームーン | 大和悠河- 糸桜 | 大和悠河- 南の島に雪が降る | 大和悠河- 細雪 | 大和悠河- CHICAGO | 大和悠河- Dream Ladies | 大和悠河- プロミセス・プロミセス | 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る | 大和悠河- MOON SAGA | 大和悠河- 土御門大路 | 大和悠河- My One and Only | 大和悠河- GULF | 大和悠河- Dream Forever | 大和悠河- 100年のI love you | 大和悠河- 風を結んで | 大和悠河- 綺譚・桜姫 | 大和悠河- まさかのChange?! | 大和悠河- 戯伝写楽 | 大和悠河- カーテンズ | 大和悠河-宝塚卒業によせて | 大和悠河-宝塚時代 | 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review | 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) | 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review | 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) | 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review | 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show | 宝塚観劇iii-A/L | 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ | 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) | 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review | 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) | 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE | 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show | 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review | 日々のこと。 | 映画・TVドラマ | 音楽