カテゴリー「♖キャナルシティ劇場」の3件の記事

2015/12/11

あくまで執事。

Manashitsuji
12月5日(土)6日(日)、福岡キャナルシティ劇場にてミュージカル「黒執事-地に燃えるリコリス2015-」を見ました。

「黒執事」。かなり以前に友人からコミックを勧められていました。が、その当時は大和悠河さんに夢中で漫画を読めない体質に陥っていました。(1つに夢中になるとダメなのです私

原作はまったく知らないままにただひたすら古川雄大さんを福岡で見られる機会を逃してはならないという一念で友人にチケットをお願いしたのでした。
その後、広瀬友祐さんが「1789」でフェルゼン役を演じられると知り、AKANE LIVさんも出演と知り、わ~~~*\(^o^)/*となりました。

観劇前に原作を読んでおこうかなとも思いましたが、知らないままに見てどれくらい楽しめるか試すのも面白いなと思い、あえて読まないでおきました。
執事っていうくらいだからヴィクトリア朝の英国が舞台でポスターの雰囲気的にゴシックかなぁ~くらいの認識で、開演までに友人から切り裂きジャックの事件がモチーフになっていることを教えてもらいました。ナルホド。頭の中でポーのような黒い霧がたちこめる猟奇な世界を想像しながら開演を待ちました。

舞台の幕が開き、さいしょに目の前に出現するものたち。地下牢。鉄格子。少年。黒装束。覆面。暗黒。猫背の男。―― おおお~ゴシック。怪奇ロマンの世界だぁ。

地獄から這い出てきたような猫背で歪な表情の男が一瞬で背筋のピンと張った端正な執事に変貌。―― わぁ。ステキ
居丈高な少年マスターと白皙の美男執事。うん、半ズボンだよね。わっ靴下止め♡ 燕尾だよね。テール長いなぁ(=脚長っ!!)。
世紀末で耽美でデカダンで悪魔主義とか(私の趣味の)ど真ん中だよね。

がしかし。
数分後、メイドのメイリンや庭師のフィニ、料理人のバルドさんが登場したあたりで、こ、これは・・・(汗)。

そういう世界観ですか?! わかりました、そのつもりで見ます!(笑)

―― まさに演出家の思うツボ?!

チャールズさんたちとかドルイットさんとか(笑)。

続きを読む "あくまで執事。"

| | コメント (0)

2015/09/06

門は開かれている。

Kifujinn
今日9月6日(日)キャナルシティ劇場にて『貴婦人の訪問』を見ました。

とても面白い物語で、これはじっくりストレートプレイで見たいなと思いました。

(以下ねたばれします)

彼は善良な家庭の好青年。
彼女は美人だけど父は呑んだくれで母はあばずれと評判。
2人は愛し合い、彼女は裏切られて、酷い仕打ちをうけても誰からも信じてもらえず、蔑まれて、味方もなく、堕ちるところまで堕ちて故郷を去った。

それから数十年、巨万の富を手に入れた彼女は故郷を訪れた。
復讐のために。自分をどん底まで突き落とした故郷の人びとへの。

法廷で疑いもなく彼に味方し、彼女の言い分に何一つ耳を貸さず彼女を『殺した』人びとへの。
『善良で何一つ間違わず生きている人びと』への。

彼女は、目に見えない罪を目に見える罪に置き換えに来た。

罪や過ちの存在を認めない人びと。
あってはならないものは『ない』のだ。
『事件はなかった』 『被害者はいなかった』

文科省の調査に『いじめゼロ』と報告する学校関係者とおなじだろうな。
集団にとって不都合なものはひっそりと抹殺される。

「自分で決めろ」と親切ごかしに親友にピストルを渡された時、アルフレッドは初めてあの時のクレアの気持ちを理解したにちがいない。

市民皆の安全の為に射殺された黒豹は、皆に信じてもらえず『殺された』クレア自身であり、市民皆の安寧な生活の為に死を願われるアルフレッドだ。

だから黒豹の死骸を見つめるクレアの瞳には意味があるのだと思う。
だから、黒豹の死骸とアルフレッドの遺体を覆う布が一緒だったのだと思う。
あの布は――。
あのあたり、もうすこしクローズアップして見たかったなぁ。

続きを読む "門は開かれている。"

| | コメント (0)

2015/07/17

女が立てる波風が男の船を走らせるのさ。

Gvg7月11日(土)、キャナルシティ劇場にて、劇団☆新感線の『五右衛門VS轟天』の福岡公演初日を見ました。

劇団☆新感線はゲキ×シネでしか見たことがなかったのですが、前日に急遽お誘いいただき見ることができました。
(しかも誘ってくれた某U月氏が急用で見れなくなるという…ザンネンなことに)
いやぁもうおかげさまで、すっごくたのしい時間を過ごさせていただきました。

しかもしかも、女海賊アンヌ様(天海祐希さん)がサプライズゲストとしてひょっこり1場面登場されて、めちゃくちゃテンションあがりました。
いやぁあのワイルド&ノーブルな海賊姿 そして華やかな笑顔 これは惚れます。

天海さん登場の主旨はどうやら吹き替えの映画の宣伝のようで、キャラクターのぬいぐるみ同伴(笑)
古田さんはもちろんそこをつっこまずにいられない(^_^;) 古「宣伝ね」 天「宣伝です(笑)」
天海さんはゲキ×シネ「蒼の乱」のPRで台湾に行かれたときの話しも。
「蒼の乱」がとても好調で「ターミネーター」の新作を買わずに「蒼の乱」を買った映画館もあったとドヤってらっしゃいました。
すかさず「(こっちを)買ったの?馬鹿ねー」って呆れる古田さん(笑) 訳あって女装シーンだからなんだか言葉遣いも絵的にも、可笑しいのなんの(笑)
男前美形の天海さんと、女装古田さん(*^^*)

台湾帰りだからか、天海さんの差し入れが大量のバナナらしくって、それにもつっこんでらっしゃいました。
天海さんとバナナ
それから、ぜひ劇団☆新感線の台湾公演を!とおっしゃってました。
古田さんが座長(いのうえさん?)が飛行機だめだから~とおっしゃってましたが、眠らせて引きずって…とうれしそうに天海さん。
新感線の公演にまた出てくれる?と訊ねる古田さんに、ぜひ!と天海さん。なるべく早く、身体が動かなくなる前にって。古田さんと肯き合ってらっしゃいました(笑)。

とにかく、古田さんと天海さんの掛け合いがおもしろかったです。
古田さん、下ネタも言われてたみたいで(笑) (劇中で繰り返される例の単語とか(;^_^A) それに「コラッ!」と返す天海さん、いいなぁ。お2人とも頭の回転がすばらしい。
(てゆうか美人に「コラッ!」って言われたいだけなような・・・少年のような古田さん

と、とても楽しいひと場面でした。


さて、以下はほとんど前知識もないままに見た感想です。

(ねたばれしています)

続きを読む "女が立てる波風が男の船を走らせるのさ。"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 宝塚 大和悠河がいた宙組 \ 宙 組 !!/ ♕ 花組 ♕ 月組 ♕ 雪組 ♕ 星組 ♖ 観劇 ♖ 宝塚 ♖ コンサート ♖ ストプレ ♖ ミュージカル ♖ 宝塚大劇場 ♖ 東京宝塚劇場 ♖ 歌舞伎 ♖ 狂言/能楽 ♖TBS赤坂ACTシアター ♖『エリザベート』 ♖『ベルサイユのばら』 ♖キャナルシティ劇場 ♖シアタードラマシティ ♖中日劇場 ♖北九州ソレイユホール ♖北九州芸術劇場大ホール ♖博多座 ♖宝塚バウホール ♖宝塚観劇-全国ツアー ♖帝国劇場 ♖日本青年館ホール ♖梅田芸術劇場メインホール ♖歌舞伎座 ♖熊本市民会館 ♖福岡サンパレス ♖福岡市民会館大ホール ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 ♗ 宙組 風と共に去りぬ ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 ♗宝塚宝石箱 ♘ 京極夏彦の本 ♘ 波津彬子の本 ♘ TONOの本 ♘ あさのあつこの本 ♘ 本の話 おでかけ。 お知らせ。 つぶやき。 凰稀かなめ - ouki kaname 凰稀かなめ - 1789 凰稀かなめ - The Beginning 博多座みちあない 大和悠河- yamato yuga 大和悠河- 売らいでか! 大和悠河- セーラームーン 大和悠河- 糸桜 大和悠河- 南の島に雪が降る 大和悠河- 細雪 大和悠河- CHICAGO 大和悠河- Dream Ladies 大和悠河- プロミセス・プロミセス 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る 大和悠河- MOON SAGA 大和悠河- 土御門大路 大和悠河- My One and Only 大和悠河- GULF 大和悠河- Dream Forever 大和悠河- 100年のI love you 大和悠河- 風を結んで 大和悠河- 綺譚・桜姫 大和悠河- まさかのChange?! 大和悠河- 戯伝写楽 大和悠河- カーテンズ 大和悠河-宝塚卒業によせて 大和悠河-宝塚時代 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show 宝塚観劇iii-A/L 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review 日々のこと。 映画・TVドラマ 雑感 音楽