カテゴリー「♖北九州ソレイユホール」の3件の記事

2019/06/06

この世界 残酷だ。

5月26日に北九州ソレイユホールにて、ミュージカル「笑う男」を見てきました。大千秋楽の公演でした。

ストーリーも良いしキャストもすごくハマっていると思いましたが、なにかカチッと来なくて消化不良かなぁというのが見終わった感想でした。
ウルシュス(山口祐一郎さん)の歌をはじめ、どのナンバーも歌詞が示唆するものを深く考えたくなるのにそれを活かせていないかんじがしました。
主人公のグウィンプレン(浦井健治さん)が何に迷い何に惑わされ何に憤り何に目覚め何を求めたのか・・・わからない訳ではないのだけど、見ていてああなるほどとなる前にハイ次!って進んでいく感じで、展開に「間」がほしいなぁと思いました。
ナンバーも1人で歌うものが続いて、圧倒されるようなパフォーマンスを愉しむという感じでもなくて。それならやっぱり登場人物の内面をさぐらせてほしいなぁと思いました。
とくに私はウルシュスの気持ちを追いながら物語に浸りたいなぁと。そこには私の心に響くたくさんの金脈がありそうでした。

好きだったのはウルシュス一座のパフォーマーたちのやりとり。とても人間的で。かなしくもありやさしくもありたくましくもあって。イキイキとした場面だったなぁと思います。
なかでもデア(夢咲ねねさん)を励まそうと一座の女性たちが歌う場面は心に溢れてくるものがありました。彼女たち自身も見世物一座に身をおくそれぞれに訳のある人たちだろうに・・・。ああだからこそデアの心の痛みにこんなに寄り添えるのだなと思いました。
こんな心と心のやりとりがもっと見たかったなと思いました。
グウィンプレンもウルシュスもジョシアナ(朝夏まなとさん)も自己完結しちゃっているんだよなぁ。
作品の主題にあるものは好きなので再演されたらまた見たいなぁと思うのですが、そのときはすっと心に入ってくるといいなぁと思います。

朝夏さんの女優姿を見るのは宝塚退団後初だったと思うんですが、まったく違和感がありませんでした。考えたら傲慢でキュートなスカーレットを現役時代にたくさん見てるのでした(笑)。(緑の帽子のシーン可愛かったなぁ)
傲慢でひねくれもので素直なジョシアナ公爵役は彼女にとても合っていると思うのに、心情もたくさん歌っているはずなのに、はじまりから終わりに至るジョシアナの変化が不鮮明に思えたのはなぜかなぁ。彼女がいちばんグウィンプレンに影響され変わっているはずだよねぇ。
私はやっぱり貴族院の場面がすべてに向かってうまく作用していない気がするなぁ。それがジョシアナの見え方にも影響しているように思います。

宇月颯さんがウルシュス一座の女性パフォーマーとして参加されているのを発見してうれしかったです。ジャンプも高くてさすがだなぁと思いました。これからもまた舞台で宇月さんを見られたらうれしいな。
一座の場面はすごく好きだったし、デア役のねねちゃんとのお芝居もよかったです。「涙は流して」の場面をまた見たいなぁと思います。

デア役の夢咲ねねちゃん、浮世離れした雰囲気で世界観を作り出してしまうのがさすがだなぁと思いました。まるで夢を見るような心地で私はねねちゃんのデアのことを見ていました。
ウルシュスはこの世は残酷だと主張しながら、このデアを儚く脆いものとして過剰に保護しようとするんですよね。そこにウルシュスが心の奥に閉じ込めた真の希望がある気がするのだけど。
彼の言う『残酷なこの世界』では生きていけないはずのデアを大切に守り育てたウルシュスの心の奥にあるものを知りたいなぁと思いました。
その心があるから人間は滅びずに存在していられている気がするのです。
その心が危機を迎えている気がするいまだから、この作品が投げかけている主題が響いてくるのではないかなと思います。

| | コメント (0)

2013/08/11

あなたに愛を。

宙組全国ツアー公演「うたかたの恋/Amour de 99!!」
7/26の北九州ソレイユホールと7/27、7/28の福岡市民会館での
6公演を見ました。

先日はお芝居の感想だけで終わってしまったので、
ショー「Amour de 99!!」の全ツヴァージョンの感想を。
(と言ってももう2週間も経ってしまっていますが…(^^;)

大劇場の時から大好きなショーでしたが、全ツ版もよかったです。
演出家の紹介と写真がなくなって、すっきりしました。
コンセプトを知らないお客さんには、宝塚っていつもこんなショーを
やっているのかと思われそうで、ちょっとムムムですが、
まいっか。楽しいから(笑)。

幕開き。チョンパは銀橋がないのでステージ上で。
その分華やぎは薄れるかな。
でもやっぱり照明がついたときの客席のボルテージはすごいですね~。

そして、ここのみりおんののびやかな歌声はやっぱりいいなー。
皆で歌う主題歌大好き♡

 あなたに愛を あなたに夢を
 あなたに命を あなたに奇跡を♪

ついいっしょに口ずさんでしまいます。
すごくしあわせになれる主題歌です。

花月雪星宙をテーマの歌い継ぎも大好きです。
このプロローグだけで体温上がって、気分が高揚します。
ほんとに、こんなプロローグをまた見れてしあわせ~~~(∩´∀`∩)♡

続きを読む "あなたに愛を。"

| | コメント (6)

2013/08/02

おまえを清らかなままでおこうとした誓いを、自分で破ろう。

宙組全国ツアー公演「うたかたの恋/Amour de 99!!」
7/26の北九州ソレイユホールと7/27、7/28の福岡市民会館での
6公演を見ました。

約半年振りに“地元で”かなめさんに会えて、とっても興奮して
いまは燃えかすの状態です(^^;

かなめさんのルドルフのあまりのはまりっぷり、
あまりの美しさに気が動転しました。

そしてこれは、『宝塚歌劇のルドルフ』なんだなぁって思いました。
柴田侑宏先生の世界のルドルフだと。

大人で、艶っぽい遊びもたくさん経験している。
そのくせ、すべてを捨ててもいいと思えるような女性に出会うことを
待ち望んでいるロマンティストでもある。

また政治的には、保守派でもなく急進派でもなく、理想主義者。

数々の浮名を流している様子のルドルフですが、
上手に遊ぶ、というよりは、その高すぎる理想ゆえに、
うまくいかない現実からの逃げ場としてだったり、
八つ当たり的な遊び方、のような気もします。

(エリザベートは旅に逃げ、ルドルフはラヴアフェアに逃げている?)

大人びた見た目にくらべ、心はうんと純粋、子どもなのかもしれません。
自分の苦しみで精一杯で、相手の気持ちに思い至っていない。

だから奥さんも苦しめているし、関係した女性から恨みをもたれたりしてしまう。

そこらへんが巧くないというか、不器用というか。
自分自身が狡猾さを持ち合わせていないために、他人の狡猾さに気づかないというか。
そこが、彼の悲劇性を増しているように思いました。

理想と現実の狭間で、自身が身動きがとれなくなっているところに、
さらに、怨恨や陰謀によって陥れられてしまう。

続きを読む "おまえを清らかなままでおこうとした誓いを、自分で破ろう。"

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 宝塚 大和悠河がいた宙組 \ 宙 組 !!/ ♕ 花組 ♕ 月組 ♕ 雪組 ♕ 星組 ♖ 観劇 ♖ 宝塚 ♖ コンサート ♖ ストプレ ♖ ディナーショー ♖ ミュージカル ♖ 宝塚大劇場 ♖ 東京宝塚劇場 ♖ 歌舞伎 ♖ 狂言/能楽 ♖TBS赤坂ACTシアター ♖『エリザベート』 ♖『ベルサイユのばら』 ♖キャナルシティ劇場 ♖シアターBRAVA! ♖シアタークリエ ♖シアタードラマシティ ♖三越劇場 ♖中日劇場 ♖九州厚生年金会館 ♖佐賀市文化会館 ♖北九州ソレイユホール ♖北九州芸術劇場大ホール ♖博多座 ♖国際フォーラムCホール ♖大野城まどかぴあ大ホール ♖大阪城ホール ♖天王洲銀河劇場 ♖宝塚バウホール ♖宝塚観劇-全国ツアー ♖宝山ホール ♖帝国劇場 ♖広島文化学園HBGホール ♖御園座 ♖愛知県芸術劇場大ホール ♖新国立劇場中劇場 ♖日本青年館ホール ♖梅田芸術劇場メインホール ♖歌舞伎座 ♖渋谷区文化総合センター大和田さくらホール ♖熊本市民会館 ♖福岡サンパレス ♖福岡市民会館大ホール ♖青山円形劇場 ♖青山劇場 ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 ♗ 宙組 風と共に去りぬ ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 ♗宝塚宝石箱 ♘ 京極夏彦の本 ♘ 波津彬子の本 ♘ TONOの本 ♘ 本の話 おでかけ。 凰稀かなめ - ouki kaname 大和悠河- yamato yuga 大和悠河-宝塚時代 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show 宝塚観劇iii-A/L 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review 映画・TVドラマ 音楽