カテゴリー「映画・TVドラマ」の24件の記事

2015/07/30

思えば果敢ねぇ身の上だなァ。

Kichiza7月20日、仕事帰りに中洲大洋にてシネマ歌舞伎「三人吉三」を見ました。

黙阿弥ってすごい、、ってやっぱり思っちゃいますねぇ。
三人吉三は10年ほど前に博多座で、お嬢玉三郎、お坊段治郎(月乃助)、和尚獅堂で通し狂言を見て、やっぱり黙阿弥さんすごいって思ったんですよね~。

あのときは、玉三郎さんのお嬢がいちばんの見物でもあり、とにかく素晴らしく、そして様式美を堪能しましたが、シネマ歌舞伎のこの三人吉三は、コクーン歌舞伎の演出ゆえか、はたまた演じる勘九郎さん、七之助さん、尾上松也さんの若さゆえか、とてもリアルな三人吉三を堪能しました。

面構えが若造なんですよね。
美しさよりも荒削り。
このあたりは映像ゆえになおさら感じられた気がします。

彼ら3人が大川端庚申塚の前で、義兄弟の契りを交わして、
「思えば果敢ない身の上だなァ」と見栄を切ったときの表情のアップを見た瞬間、うわっと切ないものがこみ上げてきました。
この若さ。
こんなに悪ぶっているのに。
捨て犬が心細げにふるえて寄り添っているのを見たときのような胸の痛みが・・・。

5歳でかどわかされて旅芸人に売られて育ったお嬢、
母を早くに亡くして極道者の父親のもとで捻くれて育った和尚、
武家に生まれながら幼い頃にお家断絶、仇討ちを言い聞かされて育つも果たせぬままに虚しく浪人のお坊、
いわば社会の孤児である3人。
だれかのかけがえのない存在になりたかった魂が3つ。

どうせいつかは惨めに果敢なくなる身の上。
ならばその命を義兄弟のためにと。
その見かけや言動とはうらはらの純粋さに胸が痛くなりました。

勘九郎さん、七之助さん、松也さん、お若い3人だからこそ。いまのお3人だからこその激しさ、迫力、疾走感、純粋さを見ることができた気がします。
できることなら生で見たかった!という口惜しさ。
けれども映像だからこそ、時間を置いてまた見れる。
そのとき私はどんな感想を抱くのかを楽しみたいなぁと思いました。

| | コメント (0)

2014/03/27

迦陵頻伽の迎えのように。

Nihonbashi
3月27日、グランドシネマ「日本橋」を見てきました。

泉鏡花原作のお芝居。
日本橋の芸者のお孝さんを玉三郎さん、清葉さんを高橋惠子さん。

清葉さんはお孝さんにとって天女のような存在なのかなぁ。
なりたかった存在が清葉さんなのかなぁ。
張り合っているように見えるけど、ただそれだけではなくて、いつも彼女の心の裡には清葉さんが存在するんだなぁ。
泣きました。 お孝さんの心がせつなくて。

(お孝さんと清葉さんの関係に「長い春の果てに」のステファンとクロードが思い出されました)

高橋惠子さんの清葉さんは、ただ優しいだけじゃない凜とした女性でした。
彼女が神々しければ神々しいほど説得力がでるのだなぁと思いました。
その企みのない毅然としたまっすぐな横顔は天女でした。

(TOHOシネマズ天神にて)

| | コメント (0)

2013/12/19

...be kind to him...he loves you so.

映画版『風と共に去りぬ』のDVDを見ました。

たぶん、ちゃんと見るのは初めてです。

原作小説の深みにはとうていかなわないけれど
でもとてもおもしろかったです。
映画のほうは登場人物の造形の魅力が勝っているかんじかな。

とにかく、ヴィヴィアン・リーのスカーレットが可愛い!

ワガママで自尊心が強くて、
相手の気持ちを思いやることを知らない
ほんとにひどい女性なんだけど、
こんなに可愛いくて魅力的なら、バトラーが夢中になるのも肯けます。
原作小説では、こんなひと、どこがいいのーーー!ふんとにもーーー!(ーー;)だったから。

いかに、見た目(目からの情報)が人の心に作用するものが大きいかを
痛感いたしました。身をもって。

スカーレットが強情だけど可愛く見える分、アシュレがひどい男に見えます。
映画はヒロインに同情的かな。
アシュレがどっちつかずの態度で彼女を縛りつけているような印象。

たしかに、原作でもそういう面はあり、それをバトラーが仄めかしたりもしてますが、
とにもかくにも、原作のスカーレットは強引すぎて、
それによってアシュレの自尊心を粉々にして、有無を言わさず彼女の思い通りに
してしまっているような部分も原作には描かれていたので
私はアシュレだけを責めることができない気がしたのです。

続きを読む "...be kind to him...he loves you so."

| | コメント (0)

2012/02/19

悲しみだけが夢をみる。

一昨日は、「悲しみだけが夢をみる」というTVドラマをぶっ通しで見てしまいました。
1988年のNHKの銀河テレビ小説です。

オープニングの宝塚の空撮や、旧音楽学校、花の道、宝塚大劇場などの
風景に惹かれて第1話を見て、ついついつづきを…。
主役は富田靖子さん。宝塚温泉街の旅館の一人娘さんの役。
彼女のお母さん役が、淡島千景さん!
ご本人同様に元宝塚の娘役スターで今は大劇場対岸の旅館の女将という設定。
映像に昔の淡島さんご本人のブロマイドが何枚も出てくるんですけど、
そりゃ~そりゃ~麗しくて美しくて。

主人公の親友で音校生役が有森也実さん。音校の制服が可愛い♪
じっさいの旧音楽学校で撮影されているみたい。
音校教師役で、但馬先生、故寺田先生ほか、劇団関係者の名前も。
音校生役はじっさいの生徒さんたちかな?

私が知らない宝塚の町が興味深くて。
宝塚ファミリーランドや、旧宝塚大劇場。
舞台になっている旅館は、本物の建物を使用しているみたい。
大劇場から見えていたあの建物は、やはり旅館だったのよね。
でももう私が通っていた頃は、営業してなかった気がする。
ソリオもセルカもワシントンホテルもない宝塚。
街灯には、「宝塚第一ホテル」の文字も見える。
旅館やホテルがもっといろいろあったんだ。
宝塚ワシントンホテルにある島家さんは、もともとあの場所にあったのかとか。

続きを読む "悲しみだけが夢をみる。"

| | コメント (2)

2012/01/24

理想郷を見たよ。

今日はシネマ歌舞伎「天守物語」を見てきました。

大好きな世界で30年の昔から見たかった舞台の映像化。
本当に心の底からぽやぽや〜って感じです。

泉鏡花の世界が具現化されてる。
愛しの富姫がしゃべってる。
富姫(玉三郎さん)と亀姫(勘太郎さん)の戯れ合いの愛らしさ憎たらしさ(笑)。癒される〜。

美しくて無邪気で残酷で鮮やかで愛嬌があって純粋で
まさに私の理想の世界。
目の前にこれを見せつけられたら現実が厭になって悲しくなってしまう。

図書之介(海老蔵さん)が登場して物語が動きはじめるより前の、
富姫たちの世界に心躍りました。
ずっと浸っていたい。
朱の盤坊(獅童さん)とお腰元衆の戯れの場面で涙がボロボロ零れました。

家臣たちがわらわらと天守の最上階まで上がってきた場面は見たくなくて思わず目を閉じてしまいました。

私も富姫側の住人でいたい。
心の中は私も中二の頃のまま。
大人でいることがしんどいときって誰しもあるよねと午後の地下鉄に乗り合わせた人々の顔をぼーっと見ながら思いました。
みんなえらいなぁ。

今日の私はかなり誠(GULF)寄りです。
いや今日だけじゃなくていつもか。
じゅうぶんニート生活やっていける能力あるもん。(今でも半ニートだし)
だから彼にイラっとしちゃうのかな。

いつかこの美しくて愛嬌があって純粋できっぱり男前で妖艶な理想郷の女主富姫を悠河さんで見られたら幸せだなぁ。

| | コメント (2)

2011/11/19

泉鏡花とシネマ歌舞伎。

これ見たいです。
 ↓ ↓ ↓
シネマ歌舞伎『天守物語』『海神別荘』『高野聖』予告編

「天守物語」は見たい見たいと思って30年。まだ未見なのです。
「海神別荘」も海老蔵さんの公子では見ていません。
「高野聖」のあの世界、好きでした。
泉鏡花と歌舞伎の非現実性と色気、すごく相性がいいですよね。

シネマ歌舞伎、福岡では中洲大洋でしか上映がなく、
1週間足らずで終わってしまうので、見逃しっぱなしです。
今回も、1月から・・・。  (ううう、ゆうがさんしだいかなぁ。。。;;)

 ■「天守物語」2012年1月21日(土)~
 ■「海神別荘」2012年2月18日(土)~
 ■「高 野 聖 」2012年3月17日(土)~

| | コメント (2)

2011/07/02

薔薇が咲くんじゃない。

ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」を見てきました。

いままでのゲキシネの作品に比べると、ひねりはなくって
悪者の人生観語りもほとんどなくって
ひたすらにステキな天海祐希さんをご堪能くださいな内容だったかな。

とはいうものの、1幕ではポニー(神田沙也加ちゃん)が
バルバネグロ(橋本じゅんさん)に赤いドレスを着せてあげる歌で
涙だーだーな私でした。(なぜに)
2幕のエリザベッタ(森奈みはるさん)の熱演にもうるうるでした。

気がついたらバルバ・ネグロが大好きになっていた私(笑)。
可愛いんだもーん。

しかし沙也加ちゃんの母親ゆずりの“可愛いしぐさ”はいいですね~heart04

浦井健治くんのシャルル王子、最初は彼だと気づきませんでした。
あまりにコミカルにへたれで登場したので(笑)。
3000シャルルがめちゃくちゃツボでしたhappy02
ラストのああっも何かと思ったら・・・そんなこと~???
ステキすぎて(笑)めっちゃツボにはまってしまって。
シャルル王子大好き。

沙也加ちゃんもまた見たいなー。
11月5日のキャナルシティ劇場の「I LOVE YOU, YOU'RE PERFECT, NOW CHANGE」
やっぱり「DREAM FOREVER」の三原(広島)公演とダブっちゃいました。
三原。。。どうしよう泊まるとこないしなぁ。
前日、光(山口)公演後に徳山か広島に泊まって翌朝三原に向かうかなぁ。
なんて考えていたからちょっと心が揺らいでます。

| | コメント (2)

2011/06/05

愛があるんじゃない。

今日はゲキシネ「五右衛門ロック」を見てきました。

例によってキャストも全く知らずに見に行きましたが
おもしろかったーー\(^o^)/

中島節炸裂でした。
手負いのクガイ(北大路欣也さん)の渋いこと渋いこと!
背負っている男の生き様がたまらんでした。

ホッタル族の生き方を私は否定はしない。できない。
運命に抗い何が何でも生き抜く生き方も肯定するけれど
疲れた心を癒さなくちゃいけないときもある。
そんなときに出逢いたい人たちもいる。
生きて死ぬこと。
つまりそれをどうするかが、その人らしさですよね。

森山未來さんってこんなに踊れるんだー!びっくり。
松雪泰子さんの立ち姿の美しさ。
江口洋介さん、やっちゃう?やっちゃう?本当に?やっちゃったー!\(^o^)/
川平慈英さんってそんなことができちゃう人だったの?

こうしたら面白いだろうな。でもやらないよねと思うことを全部織り込んでいるカンジ。
たまりません。
五右衛門さん、その変装はいくらなんでも無理がありすぎなんですけど(笑)。

濱田マリさんと橋本じゅんさんの夫妻が可愛かった(笑)。
そして高田聖子さんと粟根まことさんが新感線だわーって。

音楽がとってもよかったです。
いつもゲキシネを見て映画館を後にするときは気分がロッカーなの(笑)
(気分だけですが。道行く人は誰も私がそんな気分なんてわからないと思いますが~)
本当にこの世界観の隅から隅まで好きです。

さあ、来月はいよいよ薔薇とサムライを見るぞー。

| | コメント (0)

2011/05/07

いるけどいないんです。

昨夜は、下の娘と映画「豆富小僧」を見に行きました。

彼女のチョイスはだいたいこんな感じです。
職場のお得意様には「妖精ちゃんの○ちゃんです」と紹介されるらしい20歳です。

娘の職場もなんだか不思議なところなんですけど。
ピュアでいい方たちばかりで親としてはありがたいと思っています。
でも世知辛いこの現代社会の中で大丈夫かな?
だからこそ、需要があるのかな?
などなど。
心配しだすと尽きないけれど・・・

お豆富ちゃんを見ていると、隣に座っている娘ととってもかぶって見えて複雑・・・
隣で娘は泣いていました。
うーん。
親としては、そんな道は選んでほしくはないぞ。
なんとか巧いこと交渉して、見苦しかろうが「どっちも生きる道」を
切り拓いてほしいぞ。。。

だがしかし、その「交渉」が、とてつもなく困難なのが彼女なのだった。。。

達磨さんのように始終ついて回れたらいいんだけど。
20歳も過ぎたいま、そうもいかない。
(数年前まではそうしていたんだけど。いつ呼び出しかかってもいいように仕事は在宅で)
(でもいまは、悠河さんを見に行かせて~~~否、行ってきますから後はよろしくと)
(↑理由はそっちかい!)

原作(豆腐小僧双六道中)とは出てくるキャラクターは同じでも
まったく違うストーリーとなっていまいた。

わたくし的にお気に入りキャラだった猫股の三毛姐さんが
ああいう造形になるとは衝撃でしたが・・・
(私のイメージだと、美人で鉄火肌で色っぽい山猫廻しのお銀さんで)
(ていうか、ありていに云うと大和悠河さんの造形でイメージしてたので)

無駄に3Dで面白かったです(笑)
女の子のお母さんの声が檀れいちゃんでした。

| | コメント (4)

2011/04/22

太陽が噛みついてる。

「SHIROH」、また見たいなぁ。

キャストもストーリーも何も知らずに見たので
吉野圭吾さんが登場したときは、興奮したなぁ。
しげちゃーーーんheart04
あんな死に方ができる人は、圭吾さんの他にはいないと思います。
あの瞬間をまた見たいなぁ。

杏子さんのハスキーヴォイスを聴けるとも思ってなかったです。
お福さん、シリアスキャラかと思ったら、パパ(益田甚兵衛)とのコンビがコミカルで面白かった。

大塚ちひろさんのリオ、私は白鳳時代の仏像を思い浮かべていました。
興福寺仏頭や法隆寺の夢違観音とか。優しげでおおらかで優美でエキゾチック。

高橋由美子さんのさんじゅあん(寿庵)は、小粒で愛らしくも闇市を取り仕切る首領の凄みと
益田四郎を慕う健気さと優しさとを兼ね備えた女性でした。
四郎は自分の迷いで頭がいっぱいだから、なかなか気づいてもらえないのがせつないやら。
(けっこうストレートに近い形で告ってますよねぇ。四郎はトーヘンボクですねぇ)

続きを読む "太陽が噛みついてる。"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 | 宝塚 大和悠河がいた宙組 | \ 宙 組 !!/ | ♕ 花組 | ♕ 月組 | ♕ 雪組 | ♕ 星組 | ♖ 観劇 | ♖ 宝塚雑話 | ♖ コンサート | ♖ ストプレ | ♖ ミュージカル | ♖ 歌舞伎 | ♖ 狂言/能楽 | ♖『エリザベート』 | ♖『ベルサイユのばら』 | ♖博多座。 | ♖宝塚観劇- 宝塚大劇場 | ♖宝塚観劇- 東京宝塚劇場 | ♖宝塚観劇-DC・青年館・ACT | ♖宝塚観劇-バウ・青年館 | ♖宝塚観劇-中日劇場・日生・オーブ | ♖宝塚観劇-全国ツアー | ♖宝塚観劇-博多座 | ♖宝塚観劇-梅芸メインホール・ACT | ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 | ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- | ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 | ♗ 宙組 風と共に去りぬ | ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 | ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 | ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA | ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 | ♗宝塚宝石箱 | ♘ 京極夏彦の本 | ♘ 波津彬子の本 | ♘ TONOの本 | ♘ あさのあつこの本 | ♘ 本の話 | おでかけ。 | つぶやき。 | 凰稀かなめ - ouki kaname | 凰稀かなめ - 1789 | 凰稀かなめ - The Beginning | 大和悠河- yamato yuga | 大和悠河- セーラームーン | 大和悠河- 糸桜 | 大和悠河- 南の島に雪が降る | 大和悠河- 細雪 | 大和悠河- CHICAGO | 大和悠河- Dream Ladies | 大和悠河- プロミセス・プロミセス | 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る | 大和悠河- MOON SAGA | 大和悠河- 土御門大路 | 大和悠河- My One and Only | 大和悠河- GULF | 大和悠河- Dream Forever | 大和悠河- 100年のI love you | 大和悠河- 風を結んで | 大和悠河- 綺譚・桜姫 | 大和悠河- まさかのChange?! | 大和悠河- 戯伝写楽 | 大和悠河- カーテンズ | 大和悠河-宝塚卒業によせて | 大和悠河-宝塚時代 | 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review | 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) | 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review | 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) | 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review | 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show | 宝塚観劇iii-A/L | 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ | 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) | 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review | 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) | 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE | 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show | 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review | 日々のこと。 | 映画・TVドラマ | 音楽