カテゴリー「♖宝塚観劇-DC・青年館・ACT」の18件の記事

2018/02/05

望もうと望むまいと。

1月28日と29日に日本青年館ホールにて宝塚歌劇宙組公演「不滅の棘」を見てきました。

見応えのある舞台に満足でした。
愛ちゃん(愛月ひかるさん)と宙組出演メンバーがこの作品をここまで高めてくるとは。

2週間前にシアタードラマシティで観劇した時に、愛ちゃんがそうとう歌を鍛えてこの作品に臨んだことが覗え、大千秋楽まで歌いこめばさらによくなるだろなと思っていましたが、その予想を遙かに超える進化を遂げていました。
歌声に味わいが出てきたなぁというのが率直な感想です。細かいですが、愛ちゃんの「リラック↑ス↑↑↑」の『ス』が好きです。
ドラマシティでここがいま一つと思っていた女装場面も格段に良くなっていて、その場面を最高に楽しめました。

舞台を楽しむにあたって役者の声の良し悪しは重要ですが、そこに課題がある愛ちゃんはこのままそれを克服できなければその先へ進むのは難しいのではないか、と思ってしまうことも正直ありました。
が、それに真正面から挑み応えてきた姿を目の当たりにして、もうこれは報われるところまでちゃんと見届けなければいられないと思いました。
そうなることを願わずにはいられません。


ヒロインの遥羽ららちゃんは歌い方がドラマシティの時よりも初演のふづき美世さんに似ている気がしました。
そして私はやっぱりららちゃん演じるフリーダ・ムハが魅力的で好きだなぁと思いました。
アグレッシブではきはきとものを言い、スタイルが良くてショートボブとボディラインを意識した衣装がとってもお似合いで。
幼くして両親を失い愛されている実感のないままに育って(魅力的な娘だから周りから愛されているんだけど)、つねに前のめりに何かを求めていないといられない女性のようでした。
そこに現れたエロールの自分へのまなざしに愛を感じちゃったんだなと思いました。どういう種類の愛しみかもわからずに。
だけどそれこそが彼女がもとめていたものなんだなぁとも思えます。

続きを読む "望もうと望むまいと。"

| | コメント (0)

2018/01/20

愛の痛み。

1月10日(水)にシアター・ドラマシティにて宝塚歌劇宙組公演「不滅の棘」を見てきました。
初演をCS放送で見てとても好きになった作品で、いつか生の舞台を見てみたいなぁと思っていたので、愛ちゃん(愛月ひかるさん)のエロールで再演が決まった時はとても嬉しくてすぐに遠征を決めました。

初演では、エロールの厭世的なニヒリズムと独特のナルシシズムに引き込まれた記憶があるのですが、今回の再演ではまったく印象の異なるエロールがそこにいました。
傷ついた魂を抱えて戸惑い愛の痛みに苦しむ愛エロールの姿がとても印象に残りました。

大物感、スター感というタカラジェンヌには有利な持ち味がありながらも課題もある愛ちゃんですが、課題の一つ、歌をそうとう鍛えてこの舞台に臨んだなぁという印象を受けました。声がよく伸びているなぁと思いました。
ドラマシティの楽まで、そして日本青年館の楽まで歌い続けたらさらによくなるだろなという期待が持てました。
欲を言えば表情豊かに裏声を使えるようになるといいなぁと思います。
初演のエロール春野寿美礼さんが印象に残る場面で裏声を駆使されていたので、その記憶が甦ってしまいつい比較してしまうのは否めないかな。春野さんのリラックス♪がいまでも脳裏に浮かんでくるほどなので。

春野寿美礼さんは音色の美しい楽器のような声をお持ちだったので声を聴くだけで場面や感情を理解できる気がして、正直歌詞の細かなところを私はよくわかっていなかったのですが、今回の再演ではこんな歌詞だったのか!という場面が幾つもあり、それが新鮮でした。
宙組版は芝居の感情を丁寧に表現しているのかな。細かいところで演出もちがっているかも?
圧倒されるよりもじわじわ入ってくる感じに心を揺さぶられました。
同じ作品なのに演じ手が変わることで受け取るものも変わるのが再演の面白さだなと思いました。

長身で抜群の等身に真っ白なスーツやテールコートにトップハット、17世紀風コスチュームのどれもが良く似合っていた愛ちゃん。いやもうさすがだなと(笑)。
キザる愛ちゃんのしぐさや表情に懐かしい人が重なり私は少々感無量。
白いファーコートにソフト帽は似合いすぎてとても堅気には見えないなと(笑)。きゃーというより息をのんでしまいます。
世界を股に掛ける著名なシンガーというにはお行儀が良すぎて崩れたところがなく、隙がない着こなしが美貌の若頭みたいだなと思いました。
とてもソリッドでステージで女装するキャラではない気がするんですよね。
あの場面は春野さんだから活きた気がするので、愛ちゃんには愛ちゃんの個性を活かした意表をつくステージシーンに変更しても面白かったんじゃないかなと思います。

愛エロールは女性の扱いに手慣れているけど自ら望んで女性と親密になっているようには見えなかったです。目的のために女性を利用しているような。女誑しの甘さより端正さが勝るなと思いました。
甘い蜜よりも火遊びを求める女性が集まってきそう。

花組版は有無を言わさず感性で納得させられるのが魅力でしたが、この筋道重視でやや重い芝居のかんじが宙組らしいなと思いました。凰稀さん時代朝夏さん時代の宙組を見てきた私には馴染み深いかんじがします。
そして男役のキザりや目線のやり方、舞台化粧やスーツの着こなしには大和さん時代大空さん時代の香りを感じました。
そんな宙組の血脈を宿す愛ちゃんに強い思い入れを抱いてしまう私はやはり宙組ファンなんだなぁとしみじみ思いました。

(次の大劇場公演「シトラスの風」で湖月わたるさんの位置=3番手ポジションに立つ愛ちゃんを想像してワクワクします)
(逆にそうならなかったらどれだけガッカリするでしょう。。。なんのための「シトラスの風」再演かってなると思います)
(頼みます。ほんとに(>人<。)

続きを読む "愛の痛み。"

| | コメント (0)

2007/03/27

狙う獲物は眩しすぎたあなた~♪(齋藤節?)

25日の2公演と26日のお昼の公演を見てきました~
はぁ~~~~~~~~(放心状態)

(以下、ねたばれ含みます)

続きを読む "狙う獲物は眩しすぎたあなた~♪(齋藤節?)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/24

君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#7

フィナーレを盛り上げるノリの良いテーマソング。
B×Wの素敵なお衣装。(靴と手袋もブラック×ホワイト)
この素敵なフィナーレの最後に悠河ちゃんが降りてくると思うだけでもうドキドキ。

うめちゃんとのデュエットダンスもうっとり。
ちょっと変わったリフトなんかもあったり。(おおっ!)

いままで、トップコンビのデュエットダンスを、素敵だなーすごいなーと思って
見ていましたが、自分の贔屓ジェンヌさんがそれをやるというのが
こんなにドキドキするとは思いませんでした。

うっとりドキドキっていうのもあるのですが、
無事千秋楽までたどり着きますように…という祈るようなキモチのドキドキも。
悠河ちゃんもうめちゃんも皆も・・・
恙無く、毎公演を駆け抜けてほしいです。

一度カーテンが閉まり、再び開くと一列に並んだ出演者の皆さん。
その真ん中に、悠河ちゃんがいます。(うるうる)

すっしーさんのちょっととぼけた温かいご挨拶のあとに主演者の挨拶が。
見ている私も緊張しました。(^_^;)

CSでも流れていますが、とても立派な挨拶で、オバチャン泣けちゃいました。
(生真面目に「“宙組の”大和悠河です」って言ったりするのには笑ったけど)

書き忘れたけれど、開演アナウンスの拍手と笑いもそうだったけど
温かい客席の雰囲気にもうるうるしてしまいました。
(悠河ちゃんが、おフランス語発音で「La comedie musicale“A/L”」って言うものだから…)
(もうっ・・たにちゃんたら気取っちゃって…ってかんじ?ここで笑いをとっちゃうのが悠河ちゃん?)

隣の友人も、沢山拍手をくれてました。
カーテンコールは皆と一緒にスタンディングしてました。
たのしかったわ~と、次はお嬢さんを連れて来ようとも言ってました。
それがどんな風に実現するのかわからないけれど、ぜひぜひ次はお嬢さんと来てね。
私がんばってチケット取るから。(^_^;)

しあわせいっぱいで友人と別れて、
しあわせいっぱいで出待ちをして、
初対面のたにファンのWさんと遅い夕食をとりながらタニちゃん話で盛り上がりました。

気がついたら、23時10分前!
23時から、スカステでマミさんとのトーク番組が~~~!!!!(焦)と
メアド交換も忘れて慌ててホテルに戻りました(笑)。
(…でも、Wさんとは同じ系列ホテルだったので翌朝無事連絡がとれました~)

一生に一度の、悠河ちゃんのお披露目公演の初日。
充実しすぎてあたふたあたふた…でも本当に幸せな1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/22

君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#6

昨夜のつづきです。

(以下、ネタバレいたします)

続きを読む "君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#5

2幕は、ぐいぐい引き込まれて、時系列に沿った記憶がありません。
てなわけで思い出した順に綴りますね…(^_^;)

(以下、ネタバレいたします)

続きを読む "君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#4

1幕終了後、友人はたにちゃんのことを「噛んでもゆるせる(笑)」と言ってました。
(それって、タニ落ちの第一歩??)
ストーリーは強引だけど(笑)、といいながらそれも喜んでくれているみたいでした。

そう…強引なんですよね、展開が(笑)。
まるで少女漫画のように。
それも、マーガレットや少コミ、白泉系じゃなくて「なかよし」系。
着替えて髪型を変えただけなのに、なぜ目の前の美少女戦士(or怪盗○○○○)がクラスメイトだとわからない?!系(笑)。
でも、それにこだわったら面白くないっつーやつです。
こういう作品は、愉しむツボをまちがえちゃいけません。

この作品のツボは・・・それぞれやりすぎるくらいのキャラクター芝居と絶妙でコミカルな間。
齋藤先生のオタッキーなセリフとアイテム&仮装パーティのコスチューム(一部)。
そのときどきの登場人物たちの切ないキモチ、
そして、役者のルックスと放たれる魅力!(これ大切)
作品のあちこちに仕掛けられているチープで甘い罠。(高尚の反対)
この魔法にかかってこそ、愉しめる作品だと思います。
(これから、芝居がこなれるにつれて、アドリブやハプニングの対処とかも楽しめそうです)

友人にトップ娘役の子は、池銀のイメージガールで、梅田の駅にいっぱい顔が出ている子よ~
と言ったら、「ああ!」とわかってくれたみたい。
(ちょうど阪急梅田駅にはうめちゃんがいっぱいでした)
娘役だけどオトコマエと言われててね~と言ったら、
「あーそれで、この展開(笑)」と納得してくれました。
新しい雰囲気のコンビねとも。(えへへ。そうでしょ?)
友人のとっても感触の良い反応に、うれしくなりつつ、2幕へ。

(ちっとも本題にいかなくてゴメンナサイ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/19

君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#3

DC公演「A/L」初日、1幕の感想です。

(以下、ネタバレいたします)

続きを読む "君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/17

君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#2

- #1の書き忘れ -
初日前日のお稽古待ちの出、悠河さんは会服(組服)をお召しでした。

感想 → うーむ。とても私と同じモノとは思えない・・・
私が着ると、背中に赤子がいるみたいなのですが
悠河さんには赤子はいませんでした。(←当然!)
生物として違いすぎて、着こなしの参考にもなりませんでした。

さて、初日。
入りの前に、梅田のキャトルに行きました。
11時半くらいだったと思うのですが、ツアーバッグは見当たりませんでした。
私にではないのですが、店員さんが「明日また入荷します」といわれてたようです。
なので、他のグッズはひと浚いして、ツアーバッグは会場で買うことに。

入りの悠河さんは、ゲツヨルでも着ていた金色のスーツ。
ファン1人ひとりから、お手紙とバラとともに
「おめでとうございます」とかけられる言葉に
「ありがとうございます」と返してくださって、とっても感激でした。
サングラスも外して、王冠を被せてもらった時のお顔がとても良い表情でした。
良いモノ見れたわ~~)^o^(と大感激のtheoさん。

悠河さんが楽屋に入って行かれて、私はたに友さんたちと別れて
大阪のordinary people(笑)の友人と合流。
一緒にランチして、初日の観劇は、この友人とします。
昔、安奈淳さんに憧れていた人なので、宝塚に偏見はない人です。

梅芸前の公演チラシ入れに「A/L」のチラシをみつけて
「今からこれを見るんだよ♪」とおしえたら(その程度の予備知識の方でしたので)
数枚手にとってバッグにしまっていました。
中高生の娘さんたちがいるので、見せてあげるのかな?
ジャニーズや歴史ファンなお嬢さんたちに、どう見えるのかな。(ドキドキ)

DCについても、まだ開場まで時間があったので入り口横の珈琲館でひとしきりおしゃべり。
(私はトイレが近くなると困るので、頼んだコーヒーには手をつけず…(^^ゞ)

開演アナウンス前におたのしみがあると聞いていたので
急いでツアーバッグを購入して、客席へ。

席に着き、これからいよいよ、たにちゃんのお披露目公演の開幕だぁ・・・・と思うと
ドキドキがおさまらず、友人の話にも気がそぞろでした。(ゴメンナサイ)

(次・・#3からはネタバレします)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

君はそこにいるのに~DC「A/L」初日遠征記#1

仕事が、毎月月間スケジュールで進行しているもので
お正月休みのある1月、もとから日数の少ない2月のあとに来る3月はいろいろと押してて
たまってて、ほんと気が焦ります。

そんな中、月半ばに、仕事を休んで「A/L」の初日を見ようと計画。
この日に至るまでの私、本当に記憶があやしいです。
月ダルの福岡公演の友会先行申込みもすっかり忘れていました。
(昨日気がついた~(>_<)。)

初日前日、仕事を終えて新幹線に。
時間的に舞台稽古の出には間に合わないだろうと思っていたのですが
21時過ぎに新大阪に到着。大阪に向かう電車待ち中に携帯を見たら、
「まだですよ。ダッシュだ!」
「急げば間に合うかもしれませんよー」
と親切なタニ友さんたちからのメールが。

大慌てでDCに向かったら、まだスタンバイもかかっていなくて
エントランス付近に顔見知りの皆さんを発見!
そこでおおよそ30分以上待ってからスタンバイ。

待ち待ちて、そこに悠河さんが・・・!(←もうここから平常心を失くしてしまった私)
慌てて書いたお手紙を渡したら、代わりにちっちゃなロフトの袋をお手渡しに…。
うわぁぁぁん。前日から来てよかった~~~(>_<)。。。。

こんなふうに、私の夢の時間ははじまりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 | 宝塚 大和悠河がいた宙組 | \ 宙 組 !!/ | ♕ 花組 | ♕ 月組 | ♕ 雪組 | ♕ 星組 | ♖ 観劇 | ♖ 宝塚雑話 | ♖ コンサート | ♖ ストプレ | ♖ ミュージカル | ♖ 歌舞伎 | ♖ 狂言/能楽 | ♖『エリザベート』 | ♖『ベルサイユのばら』 | ♖博多座 | ♖宝塚観劇- 宝塚大劇場 | ♖宝塚観劇- 東京宝塚劇場 | ♖宝塚観劇-DC・青年館・ACT | ♖宝塚観劇-バウ・青年館 | ♖宝塚観劇-中日劇場・日生・オーブ | ♖宝塚観劇-全国ツアー | ♖宝塚観劇-博多座 | ♖宝塚観劇-梅芸メインホール・ACT | ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 | ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- | ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 | ♗ 宙組 風と共に去りぬ | ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 | ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 | ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA | ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 | ♗宝塚宝石箱 | ♘ 京極夏彦の本 | ♘ 波津彬子の本 | ♘ TONOの本 | ♘ あさのあつこの本 | ♘ 本の話 | おでかけ。 | つぶやき。 | 凰稀かなめ - ouki kaname | 凰稀かなめ - 1789 | 凰稀かなめ - The Beginning | 大和悠河- yamato yuga | 大和悠河- 売らいでか! | 大和悠河- セーラームーン | 大和悠河- 糸桜 | 大和悠河- 南の島に雪が降る | 大和悠河- 細雪 | 大和悠河- CHICAGO | 大和悠河- Dream Ladies | 大和悠河- プロミセス・プロミセス | 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る | 大和悠河- MOON SAGA | 大和悠河- 土御門大路 | 大和悠河- My One and Only | 大和悠河- GULF | 大和悠河- Dream Forever | 大和悠河- 100年のI love you | 大和悠河- 風を結んで | 大和悠河- 綺譚・桜姫 | 大和悠河- まさかのChange?! | 大和悠河- 戯伝写楽 | 大和悠河- カーテンズ | 大和悠河-宝塚卒業によせて | 大和悠河-宝塚時代 | 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review | 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) | 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review | 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) | 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review | 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show | 宝塚観劇iii-A/L | 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ | 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) | 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review | 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) | 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE | 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show | 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review | 日々のこと。 | 映画・TVドラマ | 音楽