カテゴリー「♖ 宝塚大劇場」の121件の記事

2020/11/18

あの日の12月。

11月12日と13日に宝塚大劇場にて、宙組公演「アナスタシア」を見てきました。

アーニャ役の星風まどかちゃん、知ってはいたけれどほんとうに素晴らしいパフォーマーだなぁ。
開幕1週間にしてこの安定感。声の張り、伸び、コントロール。気持ちの良い歌声でした。

リトルアナスタシア役の天彩峰里ちゃんの愛らしいこと! ほんとうにそこにちいさなグランドプリンセスが存在していました。
祖母マリア皇太后(寿つかささん)に「私のいちばんのお気に入り」とハグされ、父ロシア皇帝ニコライⅡ世(瑠風輝さん)からも「今宵のさいしょのダンスの相手」としてエスコートされるなど大切に愛情を注がれて、尊重されて育ち培われた自尊心。それがのちの彼女につながっているなぁと思いました。

アナスタシアの長姉大公女オリガ役の愛海ひかるさん、娘役転向後のはじめての役でしたが笑顔輝く美人さんでドレスもよく似合って違和感なし(笑)。実咲凛音さんに面影が似ている気がしました。
次姉大公女タチアナ役の水音志保さん、宙組にこんな素敵な娘役さんがいたのか~♡ ほかの場面でもモブの中に素敵な娘役さんがいるな~と思うと彼女でした。大公女の豪華なドレス姿もとてもお似合いでした。これからどんどん注目したいです。

アナスタシアのすぐ上の姉大公女マリア役は、宙組にようこその潤花ちゃん。とても華があり目を惹きました。クラシカルな雰囲気もありお姫様役がぴったり。バレエの場面ではオデットとしてジークフリート役の亜音有星さんとの並びが夢夢しかったです。
白い生地に金の錦繍のドレスを纏ったこの三姉妹がとてもとても眼福で、私は目を離すことができませんでした。

アナスタシアの弟、幼い皇太子アレクセイ役は遥羽ららちゃん。アナスタシアの夢の中で語りかける場面はその鈴の音のような声と不思議な言葉が印象的でした。
そのアレクセイを平然とお姫様抱っこ?していたロマノフ家の鷹翔千空さん、涼しいお顏を少しも崩さずすごいなぁと思いました。
ニコライⅡ世役の瑠風輝さんも、リトルアナスタシアを(こちらはまさに)お姫様抱っこしていて、なんだかもうタカラヅカなんだけども、さらにその先の超タカラヅカといいますか、夢心地でした。

ロマノフ家のプリンスとして登場する4人の美麗な白軍服の男役さんは、秋音光さん、紫藤りゅうさん、留依蒔世さんそして鷹翔千空さん。大公女姉妹をエスコートする立ち姿も凛々しく優しく一滴の毒もなくこれはまさしくタカラヅカじゃなければどこで見るのかと。
このなかのいちばん若い人がドミトリー大公かな?と思ったけれど、彼は革命の時にはロシアを追放されていたのだっけ。
ではこのロマノフたちは、処刑された別の若き大公や公たちかなぁ。
まるで砂糖菓子のようにロマンチックなロマノフたちに陶然となりながら、その煌めきと幸福感がいっそうせつなくなりました。

彼らに富と幸福が集約されるシステムの陰で、お腹も心も満たされず凍えて走り回っていた少年がいたのよね。ペテルブルクの街で。(と心の中でもうひとりの私が囁きました)

続きを読む "あの日の12月。"

| | コメント (0)

2020/07/22

風に乗せて伝えよう変わらぬ気持ちを。

7月20日に宝塚大劇場にて花組公演「はいからさんが通る」を見てきました。

ようやく再開された宝塚公演の最初の演目、そして柚香光さんの大劇場トップお披露目公演。
私にとっては2月の星組公演以来の観劇・・と幾重にも待ちに待ったこの日でした。

れいちゃん(柚香光さん)の少尉のなんと素敵なこと。
指の先まで夢と薔薇と甘やかなものが詰まっているとしか思えない。
柚香光はタカラヅカでできています。

華ちゃん(華優希さん)演じる紅緒の愛らしさに頬が緩みました。
けなげさとその魂の強さに涙しました。
女子のおかれた立場の理不尽さに憤るもなにをどこからどうするべきかもわからなくて。
男の真似事をしてみたり八つ当たりをしてみたり強くならねばと気負ってみたり。
紅緒の忙しい気持ちにかつての少女は共感し愛おしく思いました。

そんな紅緒のとばっちりばかり受けている少尉なのだけど、彼が彼女を愛しいと思う気持ちが溢れんばかりにつたわり、そんな少尉もまた愛おしくてたまりませんでした。

異国の血を引く自分に向けられる周囲のまなざし、親に捨てられたと思う寂しさ、わけもなく自分がわるいのだと思うこども。
そんな自分を愛してくれる人たちに報いたいという思いが彼の生き方そのものになっているのも理解できてしまう。贖罪のために生きてしまう人・・。

そんな少尉を心の底から笑わせたのが紅緒なんだなぁと。
「あなたのせいよ!」と真っ向から食って掛かってくる女の子。それ自体は言いがかりでしかないけれど、はっきりと自分を主張する彼女が眩しく輝いて見えたのだろうなぁ。彼には絶対にもち得ないマインドをもっている女の子が。
そんな想像をめぐらせることができるれいちゃんの芝居がとても好きでした。
紅緒のことには少尉もほんの少しだけどエゴを出せるのだなぁと思えてうれしかったりもしました。

原作を読んでいた頃はこんなに少尉の気持ちを考えたことがなかったなぁと思ったり。
そもそもその頃のご贔屓は蘭丸と冬星さん、そして環さんだったなぁと思い出しました(笑)。
舞台で見る少尉と紅緒は、漫画で見ていた時よりもけなげさとせつなさが増していた印象でした。私が彼らよりうんと年上になったせいでしょうか。つい泣かされてしまうのは。
時代背景もなんだかリアルにかんじられました。ぜったいにあり得ない少女漫画の設定なのに・・。でもそこにリアルが見えたなぁ。

見ていると愛おしさが次から次へと溢れてきて、2人のお芝居に引き込まれていきました。

続きを読む "風に乗せて伝えよう変わらぬ気持ちを。"

| | コメント (0)

2020/02/24

守るべきものは。

2月17日に宝塚大劇場にて星組公演「眩耀の谷」と「Ray」を見てきました。―― の感想のつづきです。

瀬央ゆりやさん演ずる謎の男の正体は薄々察せられるものがありましたが、ほんとうに謎なのはなぜ彼は礼真を・・・?ということでした。
終盤にその理由が明かされるわけですが、そこがちょっと腑に落ちないといいますか。

血統だけではないはずですよね。血統だけでいうなら瞳花だって該当するし、ほかにも末裔は幾人もいそうです。なにより瞳花の幼い息子だって。
礼真の資質こそ相応しいからですよね。そこがふわっとしてた気がします。対比させる誰かとかがいたら面白いのになぁ。
愛月ひかるさん演じる管武将軍がもっと亜里の謎に踏み込む野心的な人物として描かれていたらなぁ。瞳花を通じてなにかを悟って動いているとか。

幼子をめぐる話の流れがなんともすっきりしないのです。管武将軍の無情さ、保身のための計算高さをあらわすだけの道具になっているようで。
瞳花も。美しく舞っている場合じゃない気がして。我が子を思う気持ち。母の嘆きはそんなものではないのでは。もっと主体的にかかわろうとする意志が見たかった。

管武将軍、幼子、瞳花。
このあたりの描き方、焦点の当て方が物足りなく感じます。
演じる方の力でなんとか埋めてもらうしかないのかな。来月もう一度見る予定がありますので期待したいです。
(が、新型コロナウィルスの蔓延も甘くみてはいられない状況で、今回が唯一の観劇であったかもしれません)

謎の男を演じる瀬央さんは、ごく普通の男のような雰囲気から話がすすむにつれていわくありげになっていくかんじが面白かったです。


宣王を演じる華形ひかるさんは、私欲でうごく狡猾そうな暴君の雰囲気。
巫女の敏麗を演じる音羽みのりさんは、宮殿の女性の誰よりも強い力をもっているように見える臈長けた女性。
宣王の妾妃瑛琳を演じる小桜ほのかさんは目ぢからのあるクールな印象の女性で、敏麗とは姉妹らしい。

この姉妹の目的もいまいちわからなくて。
宣王が「黄金の谷」に心動かされる人間であることは熟知しているのですよね。
瑛琳を寵妃にするために画策しているということなのかしら。
もしかして瞳花が盲目となったことにもかかわっていたりする? それは飛躍のし過ぎかな。
すんごくアクの強い婀娜な姉妹だったので印象的なのですが、思い返すとなにがしたかったのかよくわからない(笑)。
けど見応えのある姉妹で気になりました。

春崇役の有沙瞳さん。語り口調が優しげで、そしてお上手です。
ラストのしあわせそうな笑みが印象的で忘れられません。彼女のおかげで満足して良いものを見たわ~~としあわせな気持ちで幕間をむかえました(笑)。

印象的といえば、礼真をいざなう神さまの使い、小鳥か蝶かと見紛うようなしなやかに舞い踊る動きが美しくて。
あとでプログラムを見ると、水乃ゆりさんかな?
星組はデキル娘役が多くて層が厚いなぁとしみじみ思いました。


さて、ショー「Ray」について。
これは中村B先生、本望だろうなぁと思いました。
ロックもジャズも歌いこなす琴ちゃん(礼真琴さん)。シャウトもウィスパーも思いのまま。ヴォーカリストだわ。

MUSIC AND DANCE, SONG AND DANCE,DANCE,DANCE ‼︎なショーで、 素材で勝負って感じのスピーディーなショーで楽しかったです。
手拍子も裏打ちでノリやすくてよかったです。(「アクアヴィーテ」の頭打ちがずっと違和感で・・楽のウィスキーボンボンまでも涙)
なんというか、まさしくショーを楽しんでいる!という気分。

で気分がのったところに登場する愛ちゃん(愛月ひかるさん)。
ナニソレ。
ナニそのハットの被り方。ナニそのスーツの着こなし。ナニその長い脚のさばき方♡
正しく宝塚だわ~~~~♡

正統派エンターテイナーと正統派タカラヅカが交互にきて、なんだかムヒムヒ笑っちゃうショーでした。
そしてどっちついても踊る踊る踊る!星組生。
新生星組ってこうなんだ! まさしく新しい星組をお披露目されたかんじがしました。

綺城ひか理さんも天華えまさんも歌うまっ。
極美慎さんもそういうニュアンスで歌えるんだ。
この世代の男役さんの充実ぶり、凄いなぁ。

男役さんに負けていない、それぞれが半歩前に出ているような勢いの娘役さんにも驚きます。
娘役さんがカッコイイ(笑)。

そして名も知らぬ下級生にも綺麗なひとたちがたくさん。(星組下級生の舞台化粧技術すごい???)
そして踊れる。歌える。驚き。
ほかの組にだってチャンスさえあえば踊れる歌える生徒さんたくさんなのかもしれないけど、とにかくこれがいまの星組なのねと。
いろいろ瞠目するショーでした。(詳細はあまり覚えていない・・・笑)

星組はたまに見るせいもあると思うけど、下級生だと思っていた人の成長に驚きます。
星組さんは育てることに長けているのかなぁなんて思いながら帰路につきました。

来月もう一度見れることができますように!

| | コメント (0)

2020/02/21

真実を知るには勇気がいる。

2月17日に宝塚大劇場にて星組公演「眩耀の谷」「Ray」を見てきました。
期待の新トップコンビ礼真琴さんと舞空瞳さんの大劇場お披露目公演。チケットを手に入れるのは難しいかなぁと思っていたのですが、宙組東京千秋楽観劇の翌日に日にちを絞ってプレイガイドの先行にエントリーしてみたら幸運にも観劇が叶いました。

「眩耀の谷」はお芝居としては初の謝珠栄先生の大劇場作品でした。
古代の中国が舞台の作品として、音楽も舞踊も舞台美術も素晴らしいものでした。それを表現している星組の皆さんも。
凄いものを見たわと思いました。

宙組公演「エル ハポン-イスパニアのサムライ-」を見て、人を育てるということが明日への希望だなぁとしみじみと思ったのですが、この「眩耀の谷」を見てさらに、命をつなぐ次世代への愛が連々と人を生かしているのだなぁと思いました。
主人公が民を扇動し殲滅されゆくさまを美化する「メサイア」が美しければ美しいほどエモーショナルであればあるほど受け容れ難かった私には、この主人公礼真(礼真琴さん)の苦悩するさま、そして彼の決断に深く共感しました。

礼真の瞳には、そこに生きている人々の姿が見えている―― そう思いました。
生きるために、次代に命をつなぐために、虐げられ傷ついた民たちが必死で銀橋を渡っている姿に心迫るものがありました。
彼らを護るため目を配る男たちにも。
生きるということがどれほど尊いか。それを見せられたような気がしました。
有沙瞳さん演じる春崇がそれを象徴しているような役で幸せな気持ちのなかで終幕を迎えることができました。

「まことを知るには勇気がいる」
自分が真実と思っているものは、都合よく修正されたそれではないのか。
おそらく主演の礼真琴さんのお名前にも掛けられた“マコト”という言葉を噛みしめながら、この時世だからこそいっそう心に響くものがありました。

礼真琴さんは父母を敬愛し、尊敬する人の言葉に素直に感銘をうける純粋な青年丹礼真を全身全霊で演じてらっしゃいました。
礼真として民を思う気持ちはそのまま組を思う気持ちとも重なって見え、この役を通じて彼女自身が大きくなるにつれ、さらに深みのある作品になる予感がしました。

見ているとどんどん湧いてくる謎と、それが解けていく面白さ。
あのとき意味があるとも思わなかった礼真の行動にちゃんと意味があったのか!とか。(金属で叩くと火花が散る黄鉄鉱は「愚者の黄金」とも呼ばれる)
このさき公演を重ねてネタバレが浸透してしまってからは、内面を表現する芝居が勝負かなと思います。
磨かれていくことでさらに面白くなる作品だと思います。

ヒロインの瞳花を演じる舞空瞳さんは、一族の王の妹で舞姫の役。
可憐な彼女にぴったりな役かと思いきや、盲目にされ、しかも幼い子どもと生き別れてしまった悲しい女性の役。
彼女にとってこの役は挑戦だなぁと思いました。女性として言い尽くしがたい悲惨な憂き目に遭ったという実感は正直まだ伝わってこなくて、セリフの上だけになってしまっている感はありました。
盲目の役ということで目ヂカラを封印されてしまうのも難しいところかなぁ。星組には目ヂカラのある娘役さんが多いから(小桜ほのかさんとか音羽みのりさんとか小桜ほのかさんとか)つい薄い印象になってしまうのも気の毒な気がしました。
彼女がどうこの役を掴んでいくかで作品も深まっていくだろうなぁと。
盲目ながら舞う姿はとっても美しくて彼女の魅力が発揮されていました。ラストシーンで礼真と並ぶ姿も美しい対でした。

管武将軍役の愛月ひかるさんは、まだまだ本領発揮とはいかないかなぁというのが正直な印象でした。
まだお芝居が臆病というか。
もっと礼真の心酔が当然に思える武将としての器の大きさやキラキラ(ギラギラ?)したカリスマ性が見えたらいいなぁ。
そこからのギャップが見せどころじゃないかしら。
そうすると礼真の苦悩の理由に説得力が増すと思います。
コスチュームの似合いっぷりはさすがでしたので、役に相応しい色気も加味して魅せてほしいなと思います。

ひきつづき謎の男役の瀬央ゆりやさんについて書きたいところですが、健康管理も社会的責任なご時勢、睡眠時間確保のため、後日にいたしたいと存じます。

| | コメント (0)

2019/12/12

おまえの決心は俺が見とどけてやる。

12月9日と10日、宝塚大劇場にて宙組公演「El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-」と「アクアヴィーテ(aquavitae)!!~生命の水~ 」を見てきました。

前回11月22日23日に見たときは、うまく咀嚼できないまま飲み込んでしまったような腑に落ちない印象を受けていたのですが、今回はぐいぐい引き込まれて集中して見ることができました。
ストーリーを追いながら集中して見ていると、あっそうなんだ、なるほどの連続。どの場面もどのセリフも、見逃すのが聞き逃すのがもったいなくて、ビューポイントも多々。目が足りない。となりました。

真風涼帆さん演じる主人公(蒲田治道)が内省的なサムライというキャラクターなので、役柄的に受け身なため、周りが強く押さないと強く押し返せない。周りの芝居しだいで起伏が乏しい作品になってしまうように思います。
前回見たときよりも周囲の人たちの気持ちが強くなっていたのが集中して見られた理由じゃないかなと思います。

とくにエリアル役の桜木みなとさんが変わったかも。より漫画的に押し気味に治道とかかわっていってた気がします。ひとの話など聞いちゃいない(笑)。一方的なエリアルに、そんなつもりはないのに巻き込まれてしまう治道が好きでした。
さらにもっと過剰にナルシストに演じてもいいのではないかしらと、そのほうがぜったいにたのしい(笑)。

それから、はる役の天彩峰里ちゃんも漫画的な役づくりが活きているなと思います。
今回は、ほかの奴隷に売られた女の子たちもキャラが濃くなっていて、みんなでわちゃわちゃしている場面がたのしかったです。それぞれにちゃんとキャラがあるのだなと。ロベルタ(花音舞さん)やアレハンドロ(芹香斗亜さん)とのかかわり方にも個性が見えました。

ドン・フェルディナンド役の英真なおきさんはいわずもがなで心得ていらっしゃる。目つきからセリフ回しから絵に描いたような下種が過ぎる悪党。こんなふうに演じられたらたのしいだろうなぁ。
ドン・フェルディナンドの手下の黒マントの軍団が、前回見たときよりもカッコよくなってました。スタイル良い人たちがマントを翻す姿は眼福。(下級生だと思っていた人たちがどんどんカッコよくなってきてて焦る~でも帽子が目深でいまいち判別がついていない私です・・涙)
せっかくなので、次に出てきたときにも誰が誰とはっきりわかるキャラづくりにするといいのになぁと思います。
あの悪辣な奸物ドン・フェルディナンドの手下となるような人たちだから、それは一筋縄ではいかない気性とか裏事情がありそう。

ヒロインのカタリナ役の星風まどかちゃんが情感豊かになってていてすごいなぁと思いました。肌色と合わないなぁと思っていたドレスもすっきりとして見えました。
なのに、まどかちゃんが存分にヒロイン力を表現できる場面がないのだよなぁ。
剣術の稽古を通じて治道との心の距離が近づく場面とか、治道の帰国が決まった知らせをうけて心揺れる場面とかは描かれていないのですよね。
2人が剣術の稽古をしているはずの時間に、宿屋の女の子達と使節団の若者たちが元気にエイヤー!やっている場面を見ている場合じゃないのよ私は~!(可愛いけど)

一緒に観劇した初見の友人も、意識が飛んだときに肝心な場面(治道とカタリナが心通わす場面)を見逃してしまったと思ったと言っていました。
いやいやいや、そもそもそういう場面がないのです。びっくりですよね。
どうやらこの物語りは、私たちが思っているのとは異なるロジックではこばれているようなのです。
それゆえに初見では上手に咀嚼できなかったのだと思います。

ストーリーを追いながら気づいたことですが、この作品は、少年漫画の流儀で見ないとだめなんだと。
「死に時を探して無為に生きていた主人公が、マストアイテムを得て覚醒する」物語なのだと。
そのアイテムが、守るべき人、倒すべき悪、ライバル、そしてトモダチ。
目的が達成されたとき、おのずと恋も成就する。そういうロジックなのだと。
(だから恋愛模様の展開にはあまり場面を割かないのだろうなぁ)
守るべき人とは、主君であったり愛しく思う人であったりですが、あちらがどう思うかは関係なく、自分がこの人と決めた人のこと。
ライバルはこの作品では変則的で、主人公は意図せず勝手に巻き込まれてる(笑)。トモダチもまぁそうかも。

基本的には翻弄され型の主人公で、内省的な恋愛体質なので、彼を動かすには突拍子もない人物や出来事が必要なのだと思います。
アレハンドロみたいなトモダチが。
宿屋の主人におさまっても、いろんなもの(事件)をアレハンドロが持ってきそうだな。そのたびに巻き込まれる治道、みたいな-その後のイスパニアのサムライ-のスピンオフが見てみたいなと思います。(こんどこそマカロニ・ウエスタンになるかな)
もちろん、もれなくエリアスと藤九郎(和希そらさん)がくっついてきますね。 

続きを読む "おまえの決心は俺が見とどけてやる。"

| | コメント (0)

2019/11/29

血路はこの手で開く。

11月22日と23日に、宝塚大劇場にて宙組公演「El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-」と「アクアヴィーテ(aquavitae)!!~生命の水~ 」を見てきました。

「エルハポン」は日本物と洋物の両方の宝塚を楽しめる作品でした。つまり真風涼帆氏の魅力を二倍堪能できるってわけです。
なにを着てもお似合いの真風さん。登場後一瞬にして脱ぎ捨てるためにだけに着用したと思われる菊花の縫取りのマントとか!(笑)。

初日があけて1週間足らずだったのですが、作品全体の目線が定まっていないような印象をうけました。まだ演者の皆さんのエネルギーがどこに向かっているのか行方知れずというか。盛り上がりのないまま大団円になっちゃった?という印象。
真風さん演じる治道が、おのれの死に方をさがしているような気持ちに抑揚の少ない役のせいもあるかもしれないけれど、台詞が単調に聞こえて心に引っ掛かって来ないと言いますか。
藤乃(遥羽ららちゃん)との場面がいちばん好きだなぁと思ったのは、たぶんこの時の治道の気持ちがいちばんリアルに伝わってきたからかなぁと思います。
過去の場面と現在とで、治道の心情にもっと緩急がつくといいのになぁと思いました。

いちばん心動かされたのは、治道がカタリナ(星風まどかちゃん)をドン・フェルディナンド(英真なおきさん)の館から救出する場面でした。
あのときもこんなふうに愛しいひとの手を取って、敵から護り戦い、血路を開きたかったよね・・・。
かつて叶わず残した悔いを、いまこのとき実現できている彼の姿にきゅんとしました。一度は死んだ彼の心が息を吹き返す瞬間を見ているようで。
生きていたら、昔の自分ができなかったことができる日がくる。それを希望と呼びたいと。
ラストシーンにもその希望がかんじられて温かいものが心にひたひたと満ちてくるようでした。エリアル(桜木みなとさん)も藤九郎(和希そらさん)もきっと今日の自分が持っていないものに手が届く日がくるよねと。

願わくば、まどかちゃん演じるカタリナに最愛の夫を亡くした女性の憂いとか漂う情感とかあるといいのになぁと思いました。元気に働く宿屋の女将さんなんだよなぁ。
それから、肌を黒く塗り過ぎな気がしました。どういうルーツの女性だろう。

治道とカタリナ、とおく東の最果てから辿り着いたサムライとスペインの街道筋の宿屋の女将、まったくかけ離れた文化や死生観をもっているはずなのに、内側にはたがいに通ずる悲しみや虚しさを抱いている・・・。そのたがいの心のうちを見つめ合う視線が見えたら良かったなぁ。
喪服を脱ぐ決意をするところ、治道と街で逢うときの気持ち、彼女のなかの頑なな花蕾が段階を経てほころんでいくような色めきが見えたらなぁと思いました。
なにゆえ誰がためにフェルディナンドのもとへ行こうとしているのか。しめっぽい女性に演じないところは好きだったけど、ただ正義感の強い勇ましい女性に見えてはつまらないなぁと。
ラストで、彼女は心から治道とともに生きたいのかな、打算じゃないのかなと疑ってしまったのですよね。それじゃああまりに治道が間抜けに見えてしまうから。そんなことはないと思いたい。

それと今回のお芝居、ショーを通じてなのだけど音響が悪く感じました。
お芝居では効果音がやけに大きく響いて、逆にセリフがマイクに乗らず聞き取りにくくかんじました。
セリフが単調に聞こえたのはそのせいもあるのかも。ニュアンスの変化を拾いきれていなかったのではと思いました。
2公演、ぜんぜん別の席でそうかんじたのですが・・・。気のせいかな。

お話自体は好きなので、細部に引っ掛からずにお芝居をたのしめますように。(あのラストはなんどでも見たいです)

| | コメント (0)

2019/05/27

風が吹けば当てるかもしれない。

5月23日に宝塚大劇場にて、宙組公演「オーシャンズ11」を見てきました。
繰り返してしまいますが感動作ではないけど見て損はない楽しい作品だなぁと思いました。
かっこいい男役さんたちを見られるというのがなんといっても美味しいなぁと。

真風さんはお化粧が綺麗だなぁ。それに表情が大人っぽくてかっこいいなぁ。と思いました。
ほんと、求められている自分をわかっている人だよねぇ。自己プロデュース力が凄い。
ラスティががんがん行っている時はスッと引いたり。場を読むよねぇ。
テスが一生懸命に訴えている時は口を挟まず言い終わるまで待つ。・・みたいなところ好きです。
(私の頭の中で真風さんとダニー・オーシャンが区別できなくなっていました・・笑)
なんというか、真風ダニーは女性を鼻で笑ったりしないところが素敵だよねぇと思います。
抑制が効いているところが大人っぽくて色気があるなぁと。紳士だよねぇ。
・・・いやいやちょっと待って。紳士的でも詐欺師だった。気をつけなくちゃ。

人間的な魅力は半端ないけれど、冷静に考えたら前途ある若者たちを詐欺仲間に引きずり込もうとしたり、まだ人生経験の浅いピュアな女性に自分の価値観を押し付け判断力を揺るがせてコントロールしようとするろくでもない人じゃないの。
本能に従えと言うのも勝算があるからですよね。自分の雄の魅力に自信あり。相手に対する効力が自分にはあると確信あり。
そんな自信を持ち続けていられるのも、自分の力量を発揮する場数をいくども踏んできた経験があるからだろうなぁ。
でもほんとうにそうなのか。ダニーにだって結果はわかりはしないから常に一か八かの賭けであることには間違いはないのか。
確実性と不確実性の狭間でどんな顔でいられるか。そんなとき内心はどうあれ揺るぎなく存在して見せるところがダニーの魅力なんだなぁ。
いやだけど、その賭けに出る前に打てる手(心理戦)は打っているところはやっぱり駆け引き上手の勝負師なんだなぁ。
「風が吹けば当てるかもしれない」――― 風吹かせちゃうでしょ、自分で。
まだ若くて己の判断力に揺らぎのあるテスが勝てる相手ではないのよ。
なのに自分で選ばせた結果にしちゃうところが詐欺師の本領。ほんと用心しなくちゃ。
その人詐欺師のままけっきょくなにも変わっていないのよと誰かテスに教えてあげてほしい。
・・て余計なお世話か。彼女が場数を踏んでなんとかするしかないのかも。

続きを読む "風が吹けば当てるかもしれない。"

| | コメント (0)

2019/04/28

夢を売る側に。

4月25日に宝塚大劇場にて宙組公演「オーシャンズ11」を見てきました。
この公演は、105期生の初舞台公演でもありました。

11時公演の幕間に礼真琴さんの星組次期トップ就任の発表を知り、2幕の初舞台ロケットを見ながら10年前のちょうどいまごろ私は95期生のロケットを見ていたんだなぁと、あの頃の初舞台生からトップスターが生まれる時が来たのだなぁと感慨深いものが込みあげてきました。
フィナーレでは、宙組95期現役生のずんちゃん(桜木みなとさん)、ゆいちぃ(実羚淳さん)、まりなちゃん(七生眞希さん)がクールに男役ナンバーを踊っている姿があり、10年という月日がこれほどにタカラジェンヌを・・・とさらに勝手に感動しておりました。

「オーシャンズ11」は、ストーリー自体は単純でとりたてて感動作ではないけれどノリの良いナンバーと男役のかっこよさを堪能できる嬉しい作品でした。
宙組にはいかしたいい男(役)がこんなにいたんだ。私が気づかない間に・・・。(なんで気づかないかといったら・・・まぁその)
下級生にいたるまでスーツやタキシードを着てキザったり自分なりの男役に果敢に向き合っている姿は清々しくも微笑ましくも頼もしくもありました。
数年後の姿が楽しみだなぁと思いました。そしてこの先の10年も私は宝塚を見づづけていられるのかなぁなどと感傷的になってみたり。

歌、ダンス、容姿、芝居・・・etc.etc.夢を売るタカラジェンヌが魅せてくれるものは様々ですが、この作品をもっとも引き立てているものは役者それぞれの「男役(娘役)としての魅力」だと思います。1人1人いかにキャラ立ちして自分の個性と絡めて魅力的に演じるかが肝だなぁと。
容姿・役作りに個性がある人ほど美味しいなと。それで明暗が分かれてるなぁというのが、初日から6日目に私が見た印象でした。
すでに爆発している人、いろいろ試して楽しんでいる人、掴みかけて試行錯誤しているように見える人・・・。

主演のダニー役の真風さんのさすがの男役力。
ユニセックスで妖しく美しい魅力を感じる男役さんは何人も覚えがあるけれど、男性のしなやかな色気を感じさせる男役さんはなかなか稀かと思います。それをまさに真風さんに感じました。
いつも余裕綽々に見える彼がテスにだけは必死が見えたりうっかり焦ってしまうところ、天を仰ぎ見るようなしぐさ、すこし崩した姿勢、テスに対して前かがみなところ・・・いちいちカッコイイ♡と思いました。

キキちゃん(芹香斗亜さん)ラスティのこの路線は美味しいなと思いました。
口数多くて調子よくて真風さんとのバディ感がいいなと。こういうタイプはちょっと真面目にものを言うとかんたんに株があがるのよ(笑)。
いいところをさらっていく役だけど、それをちゃんとものにしているから美味しいのだなぁと思います。
そういえば組内正2番手がラスティを演じるのは初なのだっけ。真風ダニーとの銀橋の掛け合いは新ナンバー、フィナーレの小池作品名物の歌唱指導と、過去のラスティ役より見せ場が増えていて瞠目。

ずんちゃん(桜木みなとさん)のベネディクトはこれまでになく苦戦しているかもと思いました。
テスに裏の顔を見破られて豹変した時の歌はクセがあってとっても良かったです。
そこにいたるまでのキャラクターの輪郭がはっきり見えなかったなぁと。

繊細な表情を見せるところはさすがなのだけども、その前段階の胡散臭さが薄いから神経質さだけが際立ってしまうかんじかな。
見せ場である「夢を売る男」の場面が公務員のように見えてしまったのだけど、シングルのスーツのせいもあるかなぁ。
アメリカの成功者って見た目をとても重視して自己プロデュースしているイメージがあるので、自分の弱点が見えるスーツは選ばない気がするのだけど。自分をどう見せたいのか謎だなぁこの人は・・・と思いました。
若々しく輝いて見せたいのか、安定感のあるマッチョに見せたいのか、スマートでインテリジェンスに見せたいのか。
何歳くらいの何系のアメリカ人の設定なのかな。浅黒い肌の意味はどういうことかな。名前からすると父系は英語圏の白人っぽいけど、ほかの遺伝子も入っている設定かな。
なにを原動力にのしあがってきた人なのかな? ギャンブル好きの父と陰で泣いていた母に対してどれほどの感情を持っているのか。それはネガティブなものなのか。愛着か軽蔑か。
ダニーにスロットマシンを揶揄されて「最高の機材を揃えているんだ」反論するところなど、凄くベネディクトのコンプレックスが現れているセリフだと思うけど、そこに違和感なく繋がると良いなと思います。
ダイアナに押し切られているのもどういう関係?と思いました。ダイアナのどこに魅力を感じているのか。名声? 要求がはっきりしたところ?
そしてなぜテスに執着しているのか。トロフィーワイフをほしがるマッチョには見えないし。(そもそもまどかちゃんのテスの魅力が明確じゃなかったのもあるけど)
「うーん、この人がわからない・・・」で1回目の観劇が終わってしまったので、次回の観劇でどう変わっているのか楽しみにしていようと思います。

ヒロインのテス役の星風まどかちゃんもまだまだいまいちキャラクターがはっきり見えなかったなぁと思います。
エコプリンセスはあのようなドレスを好んで着るだろうか?と思いました。そもそもまどかちゃんはねねちゃん(夢咲ねねさん)ではないのだから、まどかちゃんに似合うドレスで魅了してほしいなぁとも思いました。
健康的なミニのセパレーツとかベビードール風とかのほうが似合うんじゃないのかなぁ。手足が長いから。ラストの白いレースのドレスは素敵に見えました。
11時公演のフィナーレのデュエットダンスで、真風さんがまどかちゃんの顔に掛かっていた何かをほほ笑みながらとってあげていたのがとてもステキで、真風さんのこういう表情を見せてくれるまかまどコンビはやっぱり良いなぁとときめきました。

11メンバー以外のカジノの客たちもディーラーたちもエルチョクロもほんとに魅力があって目が足りなかったです。
自分の見せ方を知っている上級生はさすがでしたし、これからの生徒さんたちにとっては自分の見せ方を学べる良い機会なんじゃないかなぁと思いました。そういう意味では次回の観劇、リピートが楽しみな作品だなぁと思います。この作品後の次回作にそれがどう活きるかも。
愉しくて作品を通じて役者さんたちのポテンシャルを感じられてわくわくするという点で、この作品が宙組にあたってよかったなぁと思いました。

| | コメント (0)

2018/11/10

なにかを探し迷い路をゆく。

11月4日と5日に宝塚大劇場にて、宙組公演「白鷺の城」と「異人たちのルネサンス」を見てきました。
5日は大劇場公演の千秋楽でした。

両作品とも、いつも見ている宝塚作品を思い描いていると初見で戸惑ってしまうところもあったのですが、4週間ぶりに見るとそんなことはまったくなくて、どっぷりと世界観に浸って見ていました。

「白鷺の城」は神泉苑のチョンパからなんだか涙涙で自分でも可笑しいくらい感動していました。
私はどうやら玉藻前(星風まどかさん)の心を勝手に想像してうるうるしてしまうようです。
吉備真備(真風涼帆さん)に恋をして遥々大陸から日本まで渡ってきたのに、気がついたら恋しい人はこの世にいなくて。
人で非ざるものが人に恋をして、けれども人とは生きる時間がちがっていて・・。そのせつなさ(涙)。
義長の最期を語る八重の姿にかつての自分を重ねて歌うところなどはたまらなくて。
葛の葉の場面もその心境を表す舞踊が涙を誘いました。
初っ端のチョンパの華やかさ、そして真風さんの安倍泰成の見目麗しさに心が大きく振り切ってしまい、さらにありえない美丈夫の吉備真備に魂が飛び出そうになってその居所が定まらなくなってしまっているせいか、その後はちょっと心を押されるだけで感情が高潮のように溢れてしまったのかもしれません

異種婚姻譚、転生譚というだけでも私は弱いのですが、こんなにも美しい人たち、美しい背景、せつない音楽でやられちゃあもう涙を垂れ流すほかにすべがありませんでした。
そして真風友景さんの包み込むような優しさ。たとえ恋しい相手であっても牙を剥いて見せる妖狐と知っていても心を開かせようと正面からみつめる瞳。
「あなたを手放さぬ」と言う強い意思に見ている私はドキリとさせられて。
そして玉藻がもうすこしで懐に入ってきそうなところで・・・。まるで1人異世界から来たようなほんと場違いな無三四めに~

友景と玉藻は悲劇で終わったけれど、百年以上の時を経て平和な時代の市井の男女に生まれ変わって祭りの夜に出逢うとか(泣)。
ともに人で、年の頃もほどよくて、それだけで(涙)。この世の出会いは奇跡に満ちているのだなと。
戦でも謀でもなく、祭りに情熱を傾けられる至福。
そんな2人の手を、かつて泣く泣く息子を突き放さざるを得なかった母だった人と同じ面影の人がニッコニコで繋がせるとか。
胸がいっぱいで笑い泣きでした。


そして「異人たちのルネサンス」。届かない向こう側。
私がこの作品を好きなのは迷いの中にいて辿り着けていない人に共感するからかもしれないなと思いました。

自分のメインテーマがわからず彷徨いつづける天才。
完璧主義なのかな。愚直なまでに求道者で。
真理を追い求め作品に完成のピリオドをまだ打てないでいるようで。

続きを読む "なにかを探し迷い路をゆく。"

| | コメント (0)

2018/10/16

罪の中で生まれた私の産声。

10月8日と9日に宝塚大劇場にて宙組公演「白鷺の城」と「異人たちのルネサンス」を見てきました。

「異人たちのルネサンス」は悲しいお話だけどどこか優しさを感じるのが私は気に入っています。
あれは主役のレオナルドを演じる真風さんの持つ優しさなのかな。
どうしても受け付けない箇所というのがないので、役者の芝居を通して物語に入っていけます。
もっと上手く描く手法もあるかもしれないけれど、私にはなによりも描かんとしているものが胸に響くかどうかが大切な気がします。
(宝塚らしいパフォーマンスがもっと挿入されていたらなぁとは思いますが)

初見では、登場人物たちのそれぞれの心の闇を想像しながらストーリーを追うのが面白かったです。
演者の内面の在り方で物語が広がる作品だなぁと思いました。
カテリーナが「ゆるしを請う」子になった具体的なエピソードがなかったので、そこがいちばん妄想ポイントでした。
グイドが意図的にそう育てたってことだよねと見終わってからもぐるぐると考えました。

2回目の観劇では、登場人物たちの心がぐっと近く見えた気がして、初見にはなかった感動を覚えました。
天才の青春を見た感じ。
田渕先生の作品に共通しているのは心傷つきうずくまっている人が人との関わりを経て彼(女)なりに立ち上がり前に進もうとする姿が描かれていることだけど、あらためて私はそこに惹かれるのだなぁと思いました。

葛藤の中でレオナルド(真風涼帆さん)が自分が絵を描くことの意味を見つめ、かつての自分に重なる者に心を寄せ、他者に心を縛られ身動きできなくなっている想い人を解放したいともがく、その彼の心の動き、在り様に惹かれました。

登場人物たちの心の有り様や過去は、セリフよりもアリアの歌詞に込められていることが多く、初見では気づかなかったことに、2回目以降の観劇でその歌詞が頭に入ってくることで気づいたように思います。
その点では1回しか見ない人にはやさしくないかもと思います。

庶子の生まれで兄弟とは分け隔てをうけて育ち、またその才ゆえに家族からも気味悪がられたレオナルド。
そんな傷ついた少年レオナルドが前を向いて歩けるようになったのは、芸術や研究への没頭、そしてヴェロッキオ夫妻の愛情と工房の仲間の存在のおかげなんだろうなと。
それがわかるヴェロッキオ(松風輝さん)の場面が好きでした。
「その才能を邪魔する優しさなどもう棄ててしまえ」という優しさ。
このあたりが凄く田渕先生の作品らしいなと思いました。

いつも工房に集う皆の心とお腹を満たすことを気にかけている優しい奥さん(花音舞さん)も。
寂しい子どもにとって「食べていくかい?」と優しく声をかけてもらうほどうれしいことはないのじゃないかな。
立派な大人になったレオナルドにも同じように「食べていくかい?」と。
なにを考えているのかはわからなくても、なにか重いものをレオナルドが心に抱えていることがきっと彼女にはわかるのだなぁ。

そんな夫妻に彼の優しさも育まれていったのではないかな。
だからこそ彼はサライ(天彩峰里さん)のことを見捨てられないのだろうな。
そして立派に成人し芸術家として才能を発揮しているいまでも、彼の心の中にはかつての傷ついた少年が住んでいるのだろうなと思います。
だから彼はあの後もきっといつかサライをゆるすのだろうと思います。

彼がカテリーナの瞳の中になにを見たのか。3回の観劇では曖昧だったので、次回の観劇ではそこをしっかりと感じたいなと思いました。
彼が求める『少女』とはなんなのか。
わたし的にはいまの彼女をそのまま受け止めてあげてほしいと思ったのだけど、そういうこととはまたちがうことなのかな。
芸術家の目は、本質を見抜くということなのかな。

それにしても芸術家の要求は高度で多大だなぁと銀橋での独唱を聴いていて思いました(笑)。
だからこそ尋常ではない深い飢えと苦悩を抱えてしまうのかな。

続きを読む "罪の中で生まれた私の産声。"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 宝塚 大和悠河がいた宙組 \ 宙 組 !!/ ♕ 花組 ♕ 月組 ♕ 雪組 ♕ 星組 ♖ 観劇 ♖ 宝塚 ♖ コンサート ♖ ストプレ ♖ ディナーショー ♖ ミュージカル ♖ 宝塚大劇場 ♖ 東京宝塚劇場 ♖ 歌舞伎 ♖ 狂言/能楽 ♖TBS赤坂ACTシアター ♖『エリザベート』 ♖『ベルサイユのばら』 ♖キャナルシティ劇場 ♖シアターBRAVA! ♖シアタークリエ ♖シアタードラマシティ ♖三越劇場 ♖中日劇場 ♖九州厚生年金会館 ♖佐賀市文化会館 ♖北九州ソレイユホール ♖北九州芸術劇場大ホール ♖博多座 ♖国際フォーラムCホール ♖大野城まどかぴあ大ホール ♖大阪城ホール ♖天王洲銀河劇場 ♖宝塚バウホール ♖宝塚観劇-全国ツアー ♖宝山ホール ♖帝国劇場 ♖広島文化学園HBGホール ♖御園座 ♖愛知県芸術劇場大ホール ♖新国立劇場中劇場 ♖日本青年館ホール ♖梅田芸術劇場メインホール ♖歌舞伎座 ♖渋谷区文化総合センター大和田さくらホール ♖熊本市民会館 ♖福岡サンパレス ♖福岡市民会館大ホール ♖青山円形劇場 ♖青山劇場 ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 ♗ 宙組 風と共に去りぬ ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 ♗宝塚宝石箱 ♘ 京極夏彦の本 ♘ 波津彬子の本 ♘ TONOの本 ♘ 本の話 おでかけ。 凰稀かなめ - ouki kaname 大和悠河- yamato yuga 大和悠河-宝塚時代 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show 宝塚観劇iii-A/L 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review 映画・TVドラマ 音楽