カテゴリー「宝塚観劇iii- Paradise Prince + review」の18件の記事

2008/12/29

「もう1人の僕」

7歳で父親を亡くしたスチュアート。
夫を亡くしたという現実を受け入れられない母。
彼なりにそんな母と幼い妹を守らなければと思ったんだろうなぁ。

息子に亡き夫と同じ道を歩むことを願う母。
幸か不幸か、彼には才能と、へこたれずに頑張れる強さが備わっていた。
そこに目をつけた大人たち。

母の願いと自分の夢が同じではないと気づいたとき、
スチュアートは彼なりに母と話そうとしたのだと思う。
けれど、あの通り、母は聞きたくないことは耳に入れず
にっこり微笑んで上手に話を逸らす。
「そんなことより、あなたの好きなジンジャークッキーはいかが?」

描写から「機能不全家族」の状態が垣間見える。
そのわりに、スチュアートはめちゃめちゃ「いい子」に育っているんですよね。
いや、「機能不全家族」の子だから、「いい子」(=AC)なのか。

そんな彼の心の中で育ったのが、パラダイス・プリンス。
「どんなときも無邪気に笑うもう1人の僕」。
周りの期待を一身に背負い、
表面は笑っていても、心から無邪気に笑えなかった子ども時代を過ごしていたのだろうなぁ。

長い時間をかけて、機が熟して、ようやく母親に理解してもらえて良かったなぁ。
私には、そのハッピーエンドが、なによりも嬉しかったです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/12/28

今を生き抜くことは、きっと必ず明日へつながる♪

「Paradise Prince」と「ダンシング・フォーユー」終わりましたね。
あたたかくて良い楽だったとの報告に、ほっとしているところです。

私はムラのみで見ましたが、大きくなった悠河さんの姿に胸がいっぱいになったのと
同時にもう、ベルばらでもエリザでもなんでも来い!の心境になりました(笑)。
いまもその気持ちのままです。(^^)

昨夜は、楽をご覧になった方たちからのメールを待ちながら、
CSで博多座版「シークレット・ハンター」を見てました。
この作品、好きでした。
とうこちゃんが歌う主題歌で泣けたことを思い出します。

心の弱い人間への共感、自分の境遇と言い訳・・・
「心の弱い人間だっている」のくだり、泣けます。
だけど、守りたい人ができた時、彼(ダゴベール)は変わるんですよね。

続きを読む "今を生き抜くことは、きっと必ず明日へつながる♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/15

「全部は無理でも」

メールでいただく「Paradise Prince」の感想にじわじわっときています。
皆さん、いろんな思いを抱くみたいで・・・

今まさに、目標を定めて頑張っている人、頑張ろうとしている人にとっては、
かなり痛みも感じる作品でもあるようですね。
私が手放しで受け入れられるのは、気持ちが「応援する側」にシフトして
しまっているからでしょう。

そんな私にも、揺らぐ言葉や痛い言葉があったりします。
なんどか腰を据えて?感想を書こうと思いましたが、
書き始めるととても個人的になってしまうし重くなってしまうので、
書けないまま・・・

ケヴィンの「子どもはいいよなぁ」も、そうだったりします。
ケヴィンって、本当に良い家庭で幸せに育ったんだろうなぁなんて思います。
誰もが少しずつ、自分に重ね合わせて見てしまう作品なんでしょうね。

続きを読む "「全部は無理でも」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/11/28

「あなた、ゴミ散らかさない」

昨日宙組公演「Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー」をご覧になったichiyoちゃんから、
楽しかったと前記事にコメントをいただいて、それにレスを書いていたのですが、
長くなったのと、カテが違うので、こちらに移して、ちょっと付け加えました。
(・・・てことで、ichiyoちゃん、あしからず・・・(^^))

私もこの公演、とても楽しかったです。
劇場にいるあいだは、浮世の憂さを忘れていました。
まさに心の洗濯。
リフレッシュできました。

つっこみどころもあるけど、お芝居は力技の大団円だけど、一瞬一瞬を楽しめました。
舞台上の一人一人が、自分にできることをいろいろチャレンジしている雰囲気も。
随所に、タカラジェンヌという人たちの輝きが満ちていて、元気になれました。
見ていて清々しかったです。
東宝では、さらに皆が活き活きと、自分の色合いを深めているんだろうなぁ。

続きを読む "「あなた、ゴミ散らかさない」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/11/14

愛の獲物を狙ったように♪@ダンシング・フォー・ユー(宝塚大劇場)

今月は、CSで陽月華サンのロングインタビューがOAされています。

 

感想→「めんどくさいやっちゃな~~(~_~;)」

 

常に自分を客観視する自分がいるんですね。
純粋でキラキラ好きで頑張り屋さんの白ヒヅキさん、自信がなくてネガティヴな黒ヒヅキさん・・・
が1人の人格の中で喧々諤々やり合っているみたい。
自分の中で折り合いをつけるのが大変そう。
でも、白ヒヅキさんも黒ヒヅキさんもイイ。可愛いぞ(^^)と思います。

 

悩みながらも前向きに、ここまで頑張れたヒヅキさんはエライな~と尊敬します。
一見ニューエイジみたいだけど、中身は意外と古風。
これからも何が出てくるかわからない、びっくり箱みたいな陽月さんに期待してます。

 

 

と…時間があいてしまいましたが、ショーの感想のつづきです。
ネタバレします。

続きを読む "愛の獲物を狙ったように♪@ダンシング・フォー・ユー(宝塚大劇場)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/10

運が良けりゃ♪@ダンシング・フォー・ユー(宝塚大劇場)

宙組中日劇場公演の日程を見て、悩んでいるtheoです。
むーん。むーん。むーん。(~_~;)

 

千秋楽は行きたいけど、偶数月の20日前後は仕事のほうでいろいろ忙しく…
でも、なんとか行きたいゾ。
でも、2泊は無理かなぁ~~~
お茶会は日程的に無理なので、どこか平日に1~2泊で行きたいけれど、
2月のシフトが確定しないと無理だなぁ。。。
・・・とか考えたら、
現時点では、楽と楽前日の2日分しかチケット申込みできないなぁ。とか。

 

そろそろ出演者や配役の発表もありますよね。
ちょっとドキドキですよね。
(うめちゃんは、悠河さんの相手役なのか?とか)
(オスカルはどうするんだーー???とか)

 

さて、大劇場公演のショーの感想のつづきです。
ネタバレの予定です。

 

続きを読む "運が良けりゃ♪@ダンシング・フォー・ユー(宝塚大劇場)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃えるような愛が宙を染めるように♪@ダンシング・フォー・ユー(宝塚大劇場)

どんよりとしたお天気がつづいて、気分もどんより。
11月は私にとって心身ともにヤバイ季節。
(日照時間が気分に影響するみたい)
周囲に訃報がつづいて、それもどんよりの原因かも。

 

職場は仕事量が尋常じゃなく増大して非常事態宣言。
私は直接関係のない部署だけど、人員の確保が日常業務より優先。
もっと手馴れていれば、難なくこなせるのだろうけど、いっぱいいっぱいでちょっと涙目。(~_~;)
マイ・アイドル(上司)が心の支えです~~~(^_^;)
(昨日は課内は上司と私の2人で、ちょっとうれしかったり。。。オイ、、、)
(だって、どんなに忙しくても彼女が和ませてくれるんですもの)
(刺々しい雰囲気も彼女の一言で変わる♪)

 

落ち込んだ時もパニックの時も、愉しみだけは常に追い求めるtheoちゃん。
軟弱者で小心者ですが、実は意外に強かたくましいのだった。(^^)

 

ってことで…本題。
ショーの感想のつづきです。
ネタバレしていると思います~

続きを読む "燃えるような愛が宙を染めるように♪@ダンシング・フォー・ユー(宝塚大劇場)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/11/06

いま君に愛を~♪@ダンシング・フォー・ユー(宝塚大劇場)

宙組大劇場公演「Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー」が終わってしまいました。
見るたびに、自分の薄皮が剥がれていくようなお芝居とショーでした。
元気をもらえて、とても好きでした。

 

・・・と、自分の感想を読み返すと、いつもおんなじことば~~~っかり書いてる…(^^ゞ
「好きなおかずばっかり」状態・・・汗。
あれもこれも、好きなおかずはいっぱいあるんですが、どうしても一番好きなおかずのこと
ばっかりしゃべっちゃう性(さが)なの・・・・・・

 

・・・ってことで、忘れないうちにプログラムを追って感想をメモっておこうと思います。

 

では、「ダンシング・フォー・ユー」の感想から。
(ネタバレになると思います)

続きを読む "いま君に愛を~♪@ダンシング・フォー・ユー(宝塚大劇場)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/04

「パパを心から尊敬している」

宙組大劇場公演「Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー」の千秋楽を見ました。
見るたびに、自分の心を鎧っているものが剥がれ落ちていくような作品で
千秋楽には本当に自分自身を愛したいと思える私がいました。
家族がいるから今の自分があることを、有り難く思いました。

 

ショーでは元気溌剌、やんちゃ全開、エゴイスト系の色気を放ちまくる悠河さんに圧倒され
めろっっめろにとろけてしまいました。

 

退団する下級生を見つめる悠河さんの優しい瞳にこちらまで癒されるような心地がし、
標語みたいなリフレインの明るい挨拶に笑い・・・
本当に良い千秋楽でした。

 

東京では、きっとさらに良い舞台になっているだろうなぁという希望に満ちた思いで劇場を後にしました。
お稽古開始まで短い期間ですが、ゆっくりと過ごしていただきたいなぁと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/31

許されぬ愛の罠にいざなうように♪

もう…めろっっめろになっています。
ワイルドでキュートな稀有な個性に。
濃度も粘度も増しているのに透明度があるってどういう事?

 

ハロウィンの今日の公演は、ハロウィンパーティーのシーンで魔女の帽子鬘(赤毛)で登場のスチュアート。
「魔女です」と自己紹介してました(笑)
ケヴィンに「誰?」と訝しがられて、「バイト先の人」とキャサリンが答えていましたが、彼女もちょっと引いてたぞ(笑)
とっても怪しいバイト先の人でした〜(^_^;)
でも髪をかき上げる仕草が妙にツボってしまった私です。
あのたまらないニュアンスをお伝えする能力がないのが残念です。

 

みっちゃんラルフ登場の場面。
昨日は「ウララ〜ウララ〜(中略)〜私はアニメのオタクです♪」(11時)
3時公演は、東京ブギウギの替え歌で(笑)
スチュアートも絡めないテンションで、絡んでくれないスチュアートに「絡みにくい?」って聞いてました。スチュアートもたまらないみたいで素で笑っていた気がします。
今日は、ボニョの替え歌でした。
ますますグレードアップするラウルに懐の深ーいスチュアートの絡み、必見です。

 

 

(追記)
記事タイトルですが、“ピストレロ”の中の歌詞なんですけど、
「許されない罠」なのか「許されぬ愛の罠」がリエゾンして聴こえるのか、
ちょっとわからないでいたのですが
何度か聴いていたら、悠河さんは「許されない罠」と歌っているような気がしてきました。
(2008.11.4)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 宝塚 大和悠河がいた宙組 \ 宙 組 !!/ ♕ 花組 ♕ 月組 ♕ 雪組 ♕ 星組 ♖ 観劇 ♖ 宝塚 ♖ コンサート ♖ ストプレ ♖ ディナーショー ♖ ミュージカル ♖ 宝塚大劇場 ♖ 東京宝塚劇場 ♖ 歌舞伎 ♖ 狂言/能楽 ♖TBS赤坂ACTシアター ♖『エリザベート』 ♖『ベルサイユのばら』 ♖キャナルシティ劇場 ♖シアターBRAVA! ♖シアタークリエ ♖シアタードラマシティ ♖三越劇場 ♖中日劇場 ♖九州厚生年金会館 ♖佐賀市文化会館 ♖北九州ソレイユホール ♖北九州芸術劇場大ホール ♖博多座 ♖国際フォーラムCホール ♖大野城まどかぴあ大ホール ♖大阪城ホール ♖天王洲銀河劇場 ♖宝塚バウホール ♖宝塚観劇-全国ツアー ♖宝山ホール ♖帝国劇場 ♖広島文化学園HBGホール ♖御園座 ♖愛知県芸術劇場大ホール ♖新国立劇場中劇場 ♖日本青年館ホール ♖梅田芸術劇場メインホール ♖歌舞伎座 ♖渋谷区文化総合センター大和田さくらホール ♖熊本市民会館 ♖福岡サンパレス ♖福岡市民会館大ホール ♖青山円形劇場 ♖青山劇場 ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 ♗ 宙組 風と共に去りぬ ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 ♗宝塚宝石箱 ♘ 京極夏彦の本 ♘ 波津彬子の本 ♘ TONOの本 ♘ 本の話 おでかけ。 凰稀かなめ - ouki kaname 大和悠河- yamato yuga 大和悠河-宝塚時代 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show 宝塚観劇iii-A/L 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review 映画・TVドラマ 音楽