カテゴリー「宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review」の4件の記事

2006/12/11

「維新回天・竜馬伝!」について思うこと。

とうとう明日で千秋楽ですね…(/_;)
サヨナラショー、どうだったんでしょうね。

さて、こんな時ですが、あらためて作品について思い出したことなどを。

12/2の11時公演。1階A席の後方で見ておりました。
…ら、お隣はご年配の男性のお2人連れでした。
(もしかしたら他にお仲間がいらしたかもしれません)

以下、ネタバレいたします。

続きを読む "「維新回天・竜馬伝!」について思うこと。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/05

見納めでした…。@宝塚

週末、ムラ(宝塚)へ行ってきました。
あまりに高揚してしまったみたいで、なかなか感想を書くまでにいたりませんが・・・
覚書程度に少々。

 

一ヶ月ぶりに観る舞台は、格段に良くなっていました。
何がちがうのか・・・わからないのですが。
何かが凄く変わっていました。

 

12/3の11時公演では、銀橋のかしちゃんの「虹色の空」にぐっときてしまって、
その後パレードの最後の登場で、泣きそうになってしまいました。
なんだろう。
かしちゃん、すごくオーラ(退団オーラ?)が出ていたような気がしました。

 

前回、ショーは全体を通すと平坦な印象を受けていたのですが
(クラシックばかりだから、仕方がないのかな~なんて思ってましたが)
今回は、見ていて気持ちが高ぶりました。

 

オーパス66は、前回観た時、ちょっとまりえさんが可哀想に思えてしょうがなかったのですが、
今回はだいぶそうでもない気がしてきました。
たにちゃんの拒否の仕方がやわらかくなったから?
たにちゃんの情けない度があがったからかな?
一歩間違えると、気分が悪くもなるシーンなので繊細に演じてほしいところです。
(まりえさんを拒む理由を考えると・・・まりえさんが可哀想になればなるほど、たにちゃん、嫌な奴だもの・・・)

続きを読む "見納めでした…。@宝塚"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック-感想の補足

昨日の自分の感想を読み返してみましたが、本当に…われながら、かなり眠かったのがまるわかり(苦笑)。
ほとんど頭使って書いてない・・・(^_^;) (順序もバラバラ・・・)

 

でも、意外と頭使わずに見るのが正解かも?という気もしなくもないです。お芝居もショーも。

 

そこに流れている「気持ち」を感じることができれば、それで良い、そういうお芝居&ショーだったような気がします。

 

何をどう受け取って、受け入れるか否かも見る人の心次第のような。
(どういった種類のリテラシーを持っているかによる…?)
言葉になったまんまじゃなく、その言葉の中にある真情を読み取ることができれば、かなり面白く見ることができるんじゃないかな。
頭を使うより、感性を使ったほうが愉しめる…そんな作品だと思います。
なので、感想を尋ねられたら、ひととおり言いたいことは言わせてもらいますが(…^_^;)、
さいごは「ぜひ、その目で確かめて」って言いたいです。

 

「期待しています」って瞳をキラキラ輝かせて言う人には、「軽い気持ちで、あまり期待しないで」って言ってしまうと思うし、
「面白くなさそうだから、期待しないで見るわ」と言う人には、「それがなかなか面白かったのよ」と言ってしまいそうな…
そういう位置にある作品かなぁ。(^_^;)

続きを読む "維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック-感想の補足"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック@宝塚大劇場-#1

初日と11/5の11時公演を見てきました。

 

お芝居は、駆け足で幕末史を追う感じで、このあたりの歴史に興味のない人は、初見でストーリーを追うのがちょっと大変かも?と思いますが、
簡単に幕末史のおさらいをして臨むと、結構わかりやすい展開になっていると思います。
コレ→コーエー定番シリーズ 維新の嵐でしか幕末史を知らない私でも、それなりにわかりましたので…。
(初日翌日に京都霊山歴史館で今季の特別展「龍馬と新撰組の時代」を見て、さらになるほど…でした)

 

娯楽性が強い作品に仕上げてありますが、それぞれの人物の、大切な人を思う気持ち、国を思う気持ち、が素直に描かれていて、笑いをとりつつも胸に来るシーンがいくつもありました。
それから、宙組の皆さんの日本もののお化粧もとっても新鮮で、見所かな。

 

ショーはコスチュームが綺麗で、それだけでまずワタクシ的に嬉しかったです。全体的に洗練された印象。シリアスとコミカルな場面が交互にあるような印象でした。

 

(以下、ネタバレいたします。すごくタニファン目線です…^_^;)

続きを読む "維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック@宝塚大劇場-#1"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 宝塚 大和悠河がいた宙組 \ 宙 組 !!/ ♕ 花組 ♕ 月組 ♕ 雪組 ♕ 星組 ♖ 観劇 ♖ 宝塚 ♖ コンサート ♖ ストプレ ♖ ディナーショー ♖ ミュージカル ♖ 宝塚大劇場 ♖ 東京宝塚劇場 ♖ 歌舞伎 ♖ 狂言/能楽 ♖TBS赤坂ACTシアター ♖『エリザベート』 ♖『ベルサイユのばら』 ♖キャナルシティ劇場 ♖シアターBRAVA! ♖シアタークリエ ♖シアタードラマシティ ♖三越劇場 ♖中日劇場 ♖九州厚生年金会館 ♖佐賀市文化会館 ♖北九州ソレイユホール ♖北九州芸術劇場大ホール ♖博多座 ♖国際フォーラムCホール ♖大野城まどかぴあ大ホール ♖大阪城ホール ♖天王洲銀河劇場 ♖宝塚バウホール ♖宝塚観劇-全国ツアー ♖宝山ホール ♖帝国劇場 ♖広島文化学園HBGホール ♖御園座 ♖愛知県芸術劇場大ホール ♖新国立劇場中劇場 ♖日本青年館ホール ♖梅田芸術劇場メインホール ♖歌舞伎座 ♖渋谷区文化総合センター大和田さくらホール ♖熊本市民会館 ♖福岡サンパレス ♖福岡市民会館大ホール ♖青山円形劇場 ♖青山劇場 ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 ♗ 宙組 風と共に去りぬ ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 ♗宝塚宝石箱 ♘ 京極夏彦の本 ♘ 波津彬子の本 ♘ TONOの本 ♘ 本の話 おでかけ。 凰稀かなめ - ouki kaname 大和悠河- yamato yuga 大和悠河-宝塚時代 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show 宝塚観劇iii-A/L 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review 映画・TVドラマ 音楽