カテゴリー「宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review」の8件の記事

2006/12/11

「維新回天・竜馬伝!」について思うこと。

とうとう明日で千秋楽ですね…(/_;)
サヨナラショー、どうだったんでしょうね。

さて、こんな時ですが、あらためて作品について思い出したことなどを。

12/2の11時公演。1階A席の後方で見ておりました。
…ら、お隣はご年配の男性のお2人連れでした。
(もしかしたら他にお仲間がいらしたかもしれません)

以下、ネタバレいたします。

続きを読む "「維新回天・竜馬伝!」について思うこと。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/09

些細なことですが・・・

・「維新回天・竜馬伝」で竜馬が手に持っている一輪の紅い花は「椿」ですよね?

・12/2の3時公演の開演前、紋付袴の男性や、はっきり龍馬&おりょうのコスプレの人とか
 ちらほら見かけて、何事?・・・と思ってましたら、

 京都龍馬会の会員さんたちの観劇イベントだったんですね。→京都龍馬会イベント情報

 この日は、外国人留学生のための宝塚観劇会の方もいらしてて
 いろんな視点からみる宝塚歌劇、「竜馬伝」にどんな感想をもたれたのか
 ちょっと興味がわきました。

・かしちゃんが銀橋で思いを込めて歌う「虹色の空」。
 いつも見ててくれたね♪が
 いつもいててくれたね♪と聞こえるんだとばかり思っていたら
 プログラムのショーの主題歌の歌詞ページに
 
   いつもいててくれたね

 とハッキリ書いてありました。がーーーん!
 (この期に及んでも、まだミスプリ?という希望を捨て切れません・・・涙)

檀れいちゃんの公式ブログが開設されたようですが、
 「笑っていいとも」出演の際、檀ちゃんの字が、「壇」となっていたのでしょうか?

 “皆さん、木へんの「檀」で覚えてくださいね”―――だそーです。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/07

ル・サンク vol.87

先週末ムラへ行き、観劇&お茶会に参加して
今週は月曜日から、ぼーーーっとしておりました。
気がついたら・・もう木曜日。
千秋楽まであと…?

ムラのキャトルでルサンクを買いまして、
毎日ぼけ~~~っと眺めております。

竜馬伝の脚本を読んでは泣いてます。(あほ?)

「わしとおんしは一心同体、死ぬ時は一緒じゃ!」以下がたまらなく好き。
読んでいると、かしちゃんの声が甦る~~~(涙)。
ココ、たにちゃんが良い顔をするので見逃すまいと目を離せなかったけど
耳はしっかりかしちゃんの声を聞いてました。

おなじくルサンクのショパンとサンドの舞台写真。

たにちゃんが可愛くてきゃ~vvだけど、
たにちゃんをみつめるかしちゃんのヒトメがステキ。
これなのよ~~!「睡れる月」で私を狂わせたかしちゃんの高貴な眼差し。
ああうっとり。。。。。

もっと見ていたかったです。。。かしたに。。。(;;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/05

見納めでした…。@宝塚

週末、ムラ(宝塚)へ行ってきました。
あまりに高揚してしまったみたいで、なかなか感想を書くまでにいたりませんが・・・
覚書程度に少々。

一ヶ月ぶりに観る舞台は、格段に良くなっていました。
何がちがうのか・・・わからないのですが。
何かが凄く変わっていました。

12/3の11時公演では、銀橋のかしちゃんの「虹色の空」にぐっときてしまって、
その後パレードの最後の登場で、泣きそうになってしまいました。
なんだろう。
かしちゃん、すごくオーラ(退団オーラ?)が出ていたような気がしました。

前回、ショーは全体を通すと平坦な印象を受けていたのですが
(クラシックばかりだから、仕方がないのかな~なんて思ってましたが)
今回は、見ていて気持ちが高ぶりました。

オーパス66は、前回観た時、ちょっとまりえさんが可哀想に思えてしょうがなかったのですが、
今回はだいぶそうでもない気がしてきました。
たにちゃんの拒否の仕方がやわらかくなったから?
たにちゃんの情けない度があがったからかな?
一歩間違えると、気分が悪くもなるシーンなので繊細に演じてほしいところです。
(まりえさんを拒む理由を考えると・・・まりえさんが可哀想になればなるほど、たにちゃん、嫌な奴だもの・・・)

続きを読む "見納めでした…。@宝塚"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック-感想の補足

昨日の自分の感想を読み返してみましたが、本当に…われながら、かなり眠かったのがまるわかり(苦笑)。
ほとんど頭使って書いてない・・・(^_^;) (順序もバラバラ・・・)

でも、意外と頭使わずに見るのが正解かも?という気もしなくもないです。お芝居もショーも。

そこに流れている「気持ち」を感じることができれば、それで良い、そういうお芝居&ショーだったような気がします。

何をどう受け取って、受け入れるか否かも見る人の心次第のような。
(どういった種類のリテラシーを持っているかによる…?)
言葉になったまんまじゃなく、その言葉の中にある真情を読み取ることができれば、かなり面白く見ることができるんじゃないかな。
頭を使うより、感性を使ったほうが愉しめる…そんな作品だと思います。
なので、感想を尋ねられたら、ひととおり言いたいことは言わせてもらいますが(…^_^;)、
さいごは「ぜひ、その目で確かめて」って言いたいです。

「期待しています」って瞳をキラキラ輝かせて言う人には、「軽い気持ちで、あまり期待しないで」って言ってしまうと思うし、
「面白くなさそうだから、期待しないで見るわ」と言う人には、「それがなかなか面白かったのよ」と言ってしまいそうな…
そういう位置にある作品かなぁ。(^_^;)

続きを読む "維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック-感想の補足"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック@宝塚大劇場-#1

初日と11/5の11時公演を見てきました。

お芝居は、駆け足で幕末史を追う感じで、このあたりの歴史に興味のない人は、初見でストーリーを追うのがちょっと大変かも?と思いますが、
簡単に幕末史のおさらいをして臨むと、結構わかりやすい展開になっていると思います。
コレ→コーエー定番シリーズ 維新の嵐でしか幕末史を知らない私でも、それなりにわかりましたので…。
(初日翌日に京都霊山歴史館で今季の特別展「龍馬と新撰組の時代」を見て、さらになるほど…でした)

娯楽性が強い作品に仕上げてありますが、それぞれの人物の、大切な人を思う気持ち、国を思う気持ち、が素直に描かれていて、笑いをとりつつも胸に来るシーンがいくつもありました。
それから、宙組の皆さんの日本もののお化粧もとっても新鮮で、見所かな。

ショーはコスチュームが綺麗で、それだけでまずワタクシ的に嬉しかったです。全体的に洗練された印象。シリアスとコミカルな場面が交互にあるような印象でした。

(以下、ネタバレいたします。すごくタニファン目線です…^_^;)

続きを読む "維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック@宝塚大劇場-#1"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/11/01

大和の見る夢~♪

今朝のCSニュースで宙組大劇場公演のお稽古場の様子が流れましたが・・・

大和に吹く風~ 大和の見る夢~ って慎太郎さん(たにちゃん)が歌ってませんでした???

今日帰ってからもう一度見直そうっと。。。
いろいろ興味を惹いたこともありましたが、それはまた今夜にでも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/14

坂本竜馬と中岡慎太郎。

Ryomashin公式サイトで次回宙組大劇場公演「維新回天・竜馬伝!」の主な配役が発表になりましたね。

たにちゃんは、中岡慎太郎なのか~!

ということは、竜馬と慎太郎の友情に焦点があたるのかな。
先日CSで見た「RYOMA」にくらべて、長州の人たち(桂小五郎サンとか)のエピソードが減っちゃうのかな。
2幕から1幕ものに変わるから、どこか削らなくてはいけないのだろうなと思っていたけれど。


さて、上のボケボケの写真ですが・・・
銅像の立っている方が竜馬さん、しゃがんでいる方が中岡慎太郎さんです。
もっと綺麗な写真はこちらで見られます。→ 京都霊山護国神社のサイト

なかなか凛々しいっすよね、慎太郎さん。

続きを読む "坂本竜馬と中岡慎太郎。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

宝塚 凰稀かなめがいた宙組 宝塚 大和悠河がいた宙組 \ 宙 組 !!/ ♕ 花組 ♕ 月組 ♕ 雪組 ♕ 星組 ♖ 観劇 ♖ 宝塚 ♖ 歌舞伎座 ♖ コンサート ♖ ストプレ ♖ ミュージカル ♖ 宝塚大劇場 ♖ 東京宝塚劇場 ♖ 歌舞伎 ♖ 狂言/能楽 ♖TBS赤坂ACTシアター ♖『エリザベート』 ♖『ベルサイユのばら』 ♖キャナルシティ劇場 ♖シアタードラマシティ ♖中日劇場 ♖北九州芸術劇場大ホール ♖博多座 ♖宝塚バウホール ♖宝塚観劇-全国ツアー ♖日本青年館ホール ♖梅田芸術劇場メインホール ♖福岡サンパレス ♖福岡市民会館大ホール ♗ 宙組 白夜の誓い/Phoenix宝塚 ♗ 宙組 ベルサイユのばら-オスカル編- ♗ 宙組 ロバート・キャパ/シトラスの風 ♗ 宙組 風と共に去りぬ ♗ 宙組 うたかたの恋/Amour de 99 ♗ 宙組 モンテクリスト伯/Amour de 99 ♗ 宙組 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA ♗ 雪組 ベルサイユのばら-フェルゼン編-特出 ♗宝塚宝石箱 ♘ 京極夏彦の本 ♘ 波津彬子の本 ♘ TONOの本 ♘ あさのあつこの本 ♘ 本の話 おでかけ。 お知らせ。 つぶやき。 凰稀かなめ - ouki kaname 凰稀かなめ - 1789 凰稀かなめ - The Beginning 博多座みちあない 大和悠河- yamato yuga 大和悠河- 売らいでか! 大和悠河- セーラームーン 大和悠河- 糸桜 大和悠河- 南の島に雪が降る 大和悠河- 細雪 大和悠河- CHICAGO 大和悠河- Dream Ladies 大和悠河- プロミセス・プロミセス 大和悠河- 薔薇降る夜に蒼き雨降る 大和悠河- MOON SAGA 大和悠河- 土御門大路 大和悠河- My One and Only 大和悠河- GULF 大和悠河- Dream Forever 大和悠河- 100年のI love you 大和悠河- 風を結んで 大和悠河- 綺譚・桜姫 大和悠河- まさかのChange?! 大和悠河- 戯伝写楽 大和悠河- カーテンズ 大和悠河-宝塚卒業によせて 大和悠河-宝塚時代 宝塚観劇iii- 薔薇に降る雨 + review 宝塚観劇iii- 外伝ベルばら-アンドレ編- + show(中日劇場) 宝塚観劇iii- Paradise Prince + review 宝塚観劇iii- 雨に唄えば(宙組) 宝塚観劇iii- 黎明の風 + review 宝塚観劇iii- バレンシアの熱い花 + show 宝塚観劇iii-A/L 宝塚観劇ii- 不滅の恋人たちへ 宝塚観劇ii-THE LAST PARTY(宙組) 宝塚観劇i- 維新回天・竜馬伝!+ review 宝塚観劇i- コパカバーナ(博多座) 宝塚観劇i- NEVER SAY GOODBYE 宝塚観劇i- 炎にくちづけを+ show 宝塚観劇i-ホテル ステラマリス+review 日々のこと。 映画・TVドラマ 雑感 音楽